2014年9月
『藻から石油生産』 Sep. 30, 2014 ▲Top
 将来、石油が枯渇した際の代替品として藻に注目が集まっている。藻の中には、体内に油を溜め込む種類があり、 この性質を利用して藻から油を大量生産する研究が進んでいる。いすゞ自動車がミドリムシという藻の仲間から作った 油を燃料に使う実験を始めた。ミドリムシは、光合成で栄養を作る生物だ。大きさ0.1mmほどの大きさで、池や田等に生息。 菜の花が種に油を蓄える様に体内に油をためる性質があり人工照明を当てて培養すると、体重の約3割の油を蓄えるという。 デンソーもシュードコリシスチスという青ノリの仲間の藻を利用する。体重の約3〜4割の油を溜めるという。IHIも、 飛行機のジェット燃料を藻から作る研究をしている。こちらは高速増殖型ボツリオコッカスという藻で、体重の約5割に のぼる油の多さが強みだ。各社が藻に注目するのは、藻は限られた面積で大量に培養できるので、油を大量生産できる 可能性がある。しかも藻の油の成分は石油に近いといい、関係者は石油代替品の有力候補と口をそろえている。

『御嶽山噴火』 Sep. 29, 2014 ▲Top
御嶽山噴火  御嶽山は長らく死火山だと思われていたが、1968年から活発な噴気活動を始め、気象庁の刊行した 日本活火山要覧では、活火山当時の噴火の記録のある火山及び、現在活発な噴気活動のある火山に 該当する77火山のひとつであった。これまで噴火予知は、平常の警戒レベルだった御嶽山が今回思い がけず噴火した。今回の噴火は、地下のマグマが上昇して起きる噴火ではなく、マグマで熱された 地下水が沸騰して爆発した水蒸気爆発と見ている。火山研究者によると噴出した岩石や火山灰の分析で、 マグマが冷えて固まったガラスなどの成分は検出されなかった。専門家はしばらく監視が必要だが、 マグマの噴出のように長期にわたる警戒は避けられると見ている。噴火は27日午前11時52分 頃に発生し、一夜明けた28日長野県警などの捜索隊は山頂付近で倒れている登山者らを発見。31人の 心肺停止、内4人の死亡を確認。噴火により多数の登山者らが取り残されたが、夜までに約230人が下山。 40人超は山小屋等に留まり、岐阜県側の26人は28日に全員下山した。

『日本選手の醜聞』 Sep. 28, 2014 ▲Top
 韓国で開かれているアジア大会では、日本選手のメダル奪取で盛り上がっている。中でも 萩野公介選手の金メダル4冠達成などは、誇らしい日本選手のイメージを盛り上げてくれた。 しかし、同じ水泳選手による不名誉な事件を起した富田選手のカメラ窃盗・逮捕の報道には 驚かされた。冨田選手は25日昼、競泳会場の文鶴水泳場で練習後、プールサイドの記者席に あったカメラ1台を盗み、持参していた袋に入れて持ち去ったという。会場内の監視カメラの 映像を解析した警察から日本選手団に連絡が入り、本人も犯行を認めた。今大会は100m平泳ぎ で4位、26日の50メートル平泳ぎは予選落ちだった。追放処分となった為、今大会の選手団 名簿から外され、成績も抹消される。日本を代表する選手が、海外まで出かけて人のものを 平気で盗むと言う、貧しい心が許せない。

『危険ドラッグ』 Sep. 26, 2014 ▲Top
 今年上半期に全国の警察が危険ドラッグ関係の事件で摘発した乱用者は116人に上り、うち80.2%が 薬物犯罪の初犯者であった。危険ドラッグは1袋(約3g)数千円と安く、街頭の店舗などで簡単に入手 出来る気軽さから、他の違法薬物への「入門ドラッグ」と呼ばれており、その実態が浮き彫りになった。 初犯の乱用者のうち47人は麻薬取締法や薬事法違反の疑いで、31人は使用後に車を運転し、人身事故を 起こして摘発された。危険ドラッグの成分は覚醒剤に似た興奮系と大麻に似た鎮静系に分けられるが、 違法薬物と化学構造の一部が異なっていることから、薬事法の指定薬物の対象から外れていた。しかし 違法薬物と同等以上の催眠・興奮・幻覚作用などの成分を含み、治療法の確立していない薬物も多い為、 違法薬物以上に危険という指摘もある。実際に吸引・飲用者による交通事故や死亡事件が増え始め、 意識障害や嘔吐・痙攣などによる緊急搬送の事例が、前年から10倍の469人に増えた。今年6月には池袋で 脱法ドラッグを吸引した男の乗用車が暴走、死者1人・重軽傷者7人を出すという事故が起こり、翌7月、 厚労省と警察庁は脱法・合法・ハーブという名称呼称を「危険ドラッグ」に改めた。

『萩野の金』 Sep. 25, 2014 ▲Top
水泳三国志  アジア大会の21日の競泳男子200メートル自由形で萩野公介が驚異的な逆転スパートで 金メダルに輝き、韓国水泳界のスーパースター朴泰桓の狙っていた金を奪取した。韓国の新聞は、 「日本の新鋭が予想を覆し、異変を起こした」と驚きの報道をしていた。韓国ではこれ迄、 朴泰桓と中国の孫楊による「一騎打ち」の予想報道だった。萩野について『水泳三国志』 との見出しを取り、日中韓によるレース展開を詳しく伝えていた。韓国の新聞東亜日報は 「萩野公介選手のパワーみなぎるラストスパートで金を獲得」と表現し、萩野の談話として 「2人の巨人に勝てるとは思わなかった」と紹介していた。

『アルツハイマー病』 Sep. 24, 2014 ▲Top
 高齢者に於ける認知症の最も一般的な原因はアルツハイマー病と、脳卒中または脳への 血液供給の変化によって生じる、血管性認知症です。アルツハイマー病の経過はすべての 人で同じではないが、症状は共通の段階を経て現れます。殆どのアルツハイマー病の人で、 最初に症状が現れるのは60歳以降です。アルツハイマー型認知症の人は最終的に、身体機能の 低下に伴い、殆どをベッドで過ごすか寝たきりになる場合があります。通常見られる症状は、 コミュニケーション能力の喪失、体重減少、痙攣発作、皮膚感染症、嚥下困難、うめき声をあげる、 睡眠時間の増加、排便・排尿障害等。アルツハイマー型認知症に対しては近年治療薬の開発に よって薬物治療が行われるようになってきたが、現在のところ根本的治療薬は見つかってない。

『パーキンソン病』 Sep. 23, 2014 ▲Top
 中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合も増えると言われているパーキンソン病だが 3ヶ月ほど前に、親友が突然自動車が暴走しそうになり、身体症状に不安を感じて病院に係った。 いつもの仲間とコーヒーブレイク後、車を動かそうとしたら突然暴走させてしまったと言う。 幸い、事故にはならなかったが、家族から車を取り上げられ、医者の詳しい検査による結果は パーキンソン病の疑いとなり入院した。主な症状は安静時の手足のふるえ、手足の曲げ伸ばしが 固くなる、無動・動作緩慢などの運動症状だが、様々な全身症状・精神症状も合併するもの。 入院から2ヶ月以上経ち家族に電話で様子を聞いたところ、退院まではまだ数ヶ月かかると言う。 彼は、私より若干若いが同年代だ。医学書によるとパーキンソン病とはアルツハイマー病に ついで頻度の高い疾患と考えられていて、日本では難病(特定疾患)に指定されている。何とか 病状が回復することを祈っている。

『危険ハーブ』 Sep. 22, 2014 ▲Top
 世の中に出回っているハーブと言われるものには合法ハーブもあります。ラベンダーや ミント、バジルなど良く知られている植物は、色々な効能を持っているとされる薬草です。 リラックス効果やリフレッシュ作用、デトックス作用が期待できるとして、人気もあります。 一般的な薬草はリラックス効果の高い物で、香り成分が脳や血液に送られることによって、 その成分が免疫系や神経系、ホルモン系に働きかけます。薬草には強い効力を発揮する成分も あります。よく合法と呼ばれる事で、安全な薬草成分と思われますが、決して安全なものでは ないのです。東京都では別名「脱法ハーブ」と呼ばれています。それら効力には個人差が あるので注意が必要です。種類によっては身体に合わない物もあり副作用が心配されます。 簡単な気持ちや興味本位で試すことはとても危険な行為です。

『認知症行方不明者』 Sep. 21, 2014 ▲Top
 認知症が原因で、徘徊して行方不明になるお年寄りが増えていて、全国の警察 関係が把握している高齢の行方不明者は、昨年1年間で10,322人と発表されている。 このうち98%の人は警察の搜索で判明したが、151人については今年4月末時点でも 所在は判明していない。前年の不明者と合わせると258人に上る。警察は家族等から 「行方不明者届」を受理し、認知症の不明者を捜すことになる。昨年中に所在が 分かった人のうち、受理から1週間以内に見つかった人が9,949人で、6,443人は 受理当日に判明していた。一方で1〜2年後に発見されたのは11人、2年を過ぎて いた人も32人いた。発見時に生きていた人は9,509人、388人は既に死亡していた。 残りは、親戚宅に立ち寄っていた等、行方不明でなかったことが判明した。

『ips細胞』 Sep. 20, 2014 ▲Top
 かって理化学研究所の小保方晴子さんのSTAP細胞の論文で真偽が話題となり 騒がれたが、一方、京都大の山中伸弥教授らが研究を進めてきたips細胞では、目の 難病患者の細胞から作製したips細胞を網膜の細胞に分化させ、本人に移植する 世界初の手術を先端医療振興財団と理化学研究所が実施した。この手術は、網膜の組織が 損傷するために視力が落ちたり、視界がゆがんだりする加齢黄斑変性の70代女性に対し、 患者本人のips細胞から作った細胞のシートを、網膜の下にある傷んだ細胞と不要な 血管を取り除いたうえで、右目に移植したもの。入院していた患者は無事病院を退院した と発表した。今後は数カ月ごとに視力や眼球、移植したシートの状態を検査しながら、 治療方法の安全性や有効性を確認していくという。

『教師の犯罪』 Sep. 19, 2014 ▲Top
 新潟県内の小学校に勤務する20代の女性教諭が拾った現金を警察に届けず、そのまま着服、持ち帰り インターネットのフェイスブックに「3千円拾いました。大切に使います」と書き込んでいた。今年7月に 新潟県教育委員会にフェイスブックを見た会員から情報提供が行われた。県教委の聞き取りに女性教諭は 「浅はかなことをした。使い道は覚えていない」と話し、県教委は女性教諭を戒告処分としたと明らかにした。 FBの投稿はその後削除された。また同県教委は7月に、飲酒後に運転して信号機に衝突したとして、同県 十日町市立十日町中学の教諭(50)を懲戒免職処分としている。十日町署が道交法違反容疑で捜査しているが、 最近のニュースに教育者の犯罪が多いことに驚いている。

『平均寿命』 Sep. 18, 2014 ▲Top
 昔は「人生七十年、古来まれなり」と言い、人生70歳を一区切りとして古希のお祝いをして来た。 厚生省の発表では、日本人の平均寿命はグングンのびて、20年から11年間に実に15年も延び、今年は いよいよ70歳を越えると言うめでたい年になるだろうと見る。と言ってもそれは女性のことで男性の 寿命は女性の寿命より短いのは世界共通の事で、日本人男性の平均寿命はやっと65歳になる見込みだ。 寿命が延びた原因はなんといっても良い薬ができ、治療技術が進んだからです。死因から見るとガン、 高血圧の文明病や事故による死亡、自殺等は年々増えているが、昔多かった結核や脳卒中、心臓病、 肝硬変等が急激に減り、相殺しても死亡率は減ってきた。この傾向からみて、寿命を伸ばすことを 妨げる要因は見当たらないので、女性だけに留まらず男女共人生70歳超えの宿願は達するだろう。

『肩こりの原因』 Sep. 17, 2014 ▲Top
 私は、昔から肩がこったと言う体験は殆どありません。結婚したばかりの頃の家内は よく肩が凝ったと言っては、私に肩叩きや、肩もみを要求していましたが、最近そんな ことを言わなくなりました。いつの間にか肩こりは無くなったようです。通常肩こり の原因と言われているのは、・メガネが合わない、・洋服が重すぎる、・枕が合わない、 ・冷房の効かせ過ぎ、・悪い姿勢でのパソコン操作、・同じ姿勢で一部の筋肉だけ使った、 等が挙げられるが、実は内臓に病気がある場合、肺尖部のがんや、心筋梗塞や狭心症等の 心臓病、胆石症、胃潰瘍、胃がん等もあり、頑固な肩こりが続く場合には、病院で詳しく 調べてもらったほうが良いでしょう。

『昼寝』 Sep. 16, 2014 ▲Top
 最近、仕事中の社員に昼寝を認める制度が増えていると聞く。眠気が起きたとき、我慢しながら 仕事に集中しようとしても、思考力が落ちてくるのは避けられない現象だ。そんな時ホンの少しの 時間でも寝ると頭はスッキリと回復して、仕事の効率が上がるもの。もし運転中に眠気を感じても 我慢して運転を続けると、頭は突然の危機に対応できず、大事故を起こした例は枚挙に暇がない。 そんなことから、最近昼寝を奨励する企業が増えている。IT系企業等では、昼休みの1時間は、 会議室や宿直室等に長椅子等を並べ、昼寝スペースとして開放しているところがある。JR東海でも 運転の安全性維持の観点から、運転士や車掌らに仮眠を推奨し仮眠室も設けている。私もこれまで 30年近く毎日20〜30分程度の昼寝を実行している。食後30分程度は、食物を消化する為に肝臓が 一番働く時間帯で、その時間に昼寝するのが最高の効果で、活力回復に貢献するのは間違いない。

『誤報通信』 Sep. 14, 2014 ▲Top
 先日、埼玉県加須市役所の「かぞホッとメール」の登録者に対し、突然「当地域にゲリラ・特殊部隊攻撃の 可能性があります。屋内に避難してください」というメールが発信された。発信元の危機管理防災課によると、 誤ってホッとメールの登録者のうち、安全安心情報を利用している4250軒に、このメールを送信したと言う。 無論こんな一斉メールを受け取った市民は大混乱したと思うし常識では考えられない内容だ。市は5分後に 「ゲリラ攻撃メールは誤って送信したものです。大変申し訳ございませんでした」と謝罪メールを出したと言う。 誤報メールについては、防災行政無線の受託業者によるソフト改修中に、誤って配信してしまったとのこと。 戦争中でもない日本で、突然こんな緊急情報を受け取った市民はどう対応すれば良かったのだろう。 これでは狼少年の例となって、実際の緊急時には誰にも信用されず、お詫びでは済まされないことになる。

『非常用空気電池』 Sep. 13, 2014 ▲Top
非常用空気電池  福島県いわき市にある古河電池は、東日本大震災を体験した教訓から、避難所でも充電できるよう設計した 非常用空気電池を開発した。商品名は「マグボックス」と言い、水を入れるだけでスマートフォンを最大30回 充電出来る非常用マグネシウム空気電池である。正極に酸素還元触媒を付け、負極を難燃性マグネシウムで、 水を入れると化学反応が起きて電気が発生する。水2リットルあれば最大5日間発電し、海水や汚れた水でも OKだ。1辺が約23cmの立方体で、水を入れた時の重量は約3.6kg。凸版印刷との共同開発で外箱に段ボールを 使い、水を入れる内側をラミネート紙とし、利用したあとは可燃ごみで捨てられるよう環境に優しく工夫した。 発売は12月からで、価格は1万円程度とし、主に地方自治体に売り込む予定としている。最近、色々過去に経験 のない災害が多いだけに、一般家庭でも緊急用非常電源として需要があると思われる。

『真実でない朝日新聞』 Sep. 12, 2014 ▲Top
 世界中に日本人の非道な行為と断罪された慰安婦問題が、戦後70年経っても引きずっているのは 朝日新聞が、真実でない報道を修正せず、だんまりを決め込んできた為だった。最近やっとあれは 真実誤認だったと取り消したが、世界は長い間その朝日新聞の記事を元に日本人の悪行と思ってきた。 今回、福島原発の事故対応に関して、吉田昌郎所長の命令に違反、原発撤退と報じた記事の誤りを認め、 木村伊量社長が遅きに失したがやっと謝罪した。朝日新聞社長が自らの新聞記事の間違いと責任を認めた のは初めてであるが、ではなぜ慰安婦問題の報道間違いを今頃謝罪したのか、そこには朝日新聞の傲慢さ があるのだと思う。これで、朝日新聞の記事は、噂話も想像上の話も、真実の如く脚色し上げて世界を 騙してきたと断言できる。

『デング熱』 Sep. 7, 2014 ▲Top
ひとすじシマ蚊  東京代々木公園から始まったデング熱騒動は留まる事なく、感染者が全国に広がっている。 初期の段階では、海外で蚊に刺されたことで感染した患者が、代々木公園を訪れ、公園に生息 している蚊に刺されて広まったのが始まりと推測されるが、デング熱ウイルスに感染した蚊が、 瞬く間に代々木公園付近一帯の雑木林や竹林の樹の洞や竹の切り株などに溜まった水等で繁殖 したものだろう。日本での出現期は5月から11月ごろ。蚊の吸血行動は雌が産卵の為に行うもの である。したがってオスは血を全く吸わないが、メスとともに人体に飛来する。オスもメスも 通常は花の蜜を主なエサとしている。問題のひとすじシマ蚊は、一般にヤブ蚊とも呼ばれる 胸部の背面に一本の白い正中線とW字状の斑があり、体長は4.5mmほど。感染した蚊が冬を生き 延びることは無いので、年内に殲滅出来ればひとまずデング熱騒動問題は解決されると見ている。

『検索ソフト』 Sep. 5, 2014 ▲Top
 インターネットで何かを調べたい時、あなたは検索ソフトに何を使いますか?私は昔から何となく ヤフーを使っています。グーグルも捨てがたい機能があるのですが、実際の検索はやはりヤフーの方が 使いやすいと感じています。専門の調査会社が全国の20〜50代の男女600人に、聞いたところ、1位は ヤフーで62.8%、グーグルは31.9%とわずか半分に過ぎなかった。またヤフーと回答した男性は55.3%で、 女性は70.4%。グーグルと答えた男性は40%、女性は23%だった。ヤフーはトップにニュースや天気予報、 ヤフオクなどの情報がずらりと並んでいる。利用者は、バリエーション豊富な情報からネットサーフに 進みます。一方グーグルはトップに検索ボックスがポツンとあるだけ。検索目的のユーザーを対象に、 余計な情報を表示していないのだ。グーグルはロボットを使い世界中のサーバーから情報を集め整理し データ化し、情報量が多く検索スピードが速い。ヤフーはトップにニュースや天気予報、ヤフオク等の 情報が並び、利用者は豊富な情報からネットサーフィンに進んでいるのだ。

『頭の裂傷事件』 Sep. 4, 2014 ▲Top
 私の若い頃の話だが、ある時出張で大阪支店に行った時、本社から届いた商品を支店の全員が コンテナーから荷下ろしをしていた。丁度着いたばかりの私も一緒に手伝うことにした。荷下し に不慣れな私には商品の重量が意外に重くて、思わずお手玉をしてしまった。落とした荷物は、 トラックの下に転がった。慌てて拾って持ち上げた時、思い切り頭に衝撃を受けて荷物と共に 倒れた。立ち上がろうとしたら、頭から地面に鮮血がボタボタと落ちた。運悪く落ちた荷物を 持ち上げた頭上はコンテナーの扉が開いていたのだ。鉄扉の角は硬く尖り、見事に頭が割れた のだった。幸い頭骨に異常はなかったが、頭の怪我は異常に出血が多かった。すぐ病院に行き 消毒と白い包帯をぐるぐる巻きにして、出張も取り止めて帰宅した。家では3歳の娘が私の頭に 巻いた白い包帯を見て、痛がる原因は包帯だと思い込んだ。以来、娘は包帯は痛いものと覚え、 大きな怪我をしても包帯を嫌がる様になり、どんな怪我でも絆創膏で処置するしかなかった。

『デング熱』 Sep. 2, 2014 ▲Top
 デング熱を巡っては、東京都と埼玉県の10代から20代の男女3人の国内感染が確認されていたが、 感染者は合計34人になっている。いずれも代々木公園周辺を訪れた後、発熱などの症状を訴えた。 感染の可能性は、デングウイルスを保有する蚊に刺された可能性があるようだ。発症により一過性の 熱性疾患で、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を起こしている。 治療法は無く、今は対症療法が主体で、急性デング熱の症状を軽減する為の支持療法を行っている。 軽度または中程度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は点滴静脈注射や 輸血といった治療を用いている。最悪、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、 または血漿漏出を引き起こし、デングショック症候群の出血性ショックを引き起こすこともある。

『感動の高校軟式野球』 Sep. 1, 2014 ▲Top
 日頃は、あまり軟式野球が話題になることは少ないが、今回のケースは改めて軟式野球の難しさを 感じた試合だった。第59回全国高校軟式野球選手権大会の準決勝戦の中京対崇徳は、互いに得点が 取れず、無得点の試合が続き、4日間に渡り延長50イニングと言う長期戦になってしまった。両軍の 投手は中京の松井が709球、崇徳の石岡は689球、ともに4日間50イニングを立派に完投した。結果として 相互に、一人の投手が投げ続けると言う過酷な試合であった。プロの世界ではあり得ないが、高校生 と言う若さ故、50イニングの連投も耐えられたのだろう。しかも勝ち残った中京は、次の決勝戦にも 再び連投の松井が出て好投し三浦学苑を破り、見事に優勝を果たすと言う前代未聞の快挙を達成した。 これまで硬式の全国高校野球選手権大会の最長イニングは、1933年の中京商―明石中の延長25回が記録 として残されている。

Home