2014年6月
『世界遺産』 Jun. 30, 2014 ▲Top
 世界遺産に登録される事は、その環境形態を保存し続ける事が目的であり、観光を促進 させることが趣旨ではないのです。ところが現実は、世界遺産になったことで有名になり 観光客がどっと押し寄せてきます。合掌屋根で有名な白川郷では、登録された事で観光客 が殺到し以前の数倍の人が訪れているそうです。ところが白川郷には一般の住民が普通の 生活をしているのですが、世界遺産なのだから誰もが見たいと、世界中から観光客が押し 寄せて、カメラを構えて家の中や生活を撮り回り、住民にプライバシーも何も無くなって いると言う。保全目的で世界遺産登録された環境が、保全出来なくなっていく現象に、何か 歯止めを掛けないと意味が無いという矛盾が起きている。

『メバルの出汁』 Jun. 29, 2014 ▲Top
 この所、天候が不順で夜釣りもなかなか予定通りいく事が出来ないが、それでも雨さえ降らなければ 日暮が来るころから、そわそわと気分が落ち着かない。お天気に関わりなく家の中は蒸し暑さで居心地 悪く海風に吹かれるほうが気持ちよい。釣った魚で一番美味しく戴いているのは大きなチヌではなくて メバルだ。家の近くで釣れるメバルは、これまでそれほど大きなメバルが釣れることは少なかったが、 今年は、20cmオーバーが何度か釣れている。釣ったメバルは帰る前に、釣り場の岸壁にまな板を出し 持参の包丁で腸を出して、身肉の鮮度を保って帰るようにしている。家の料理には醤油の煮付けを頼み、 メバルの出汁で必ずナスを煮てもらうのを楽しみにしている。メバルから出るダシは、ナスの煮物には 最高の味を期待できる。昨夜も釣ってきたメバルでナスを煮て貰ったがとても美味しかった。

『ワールドカップ終』 Jun. 26, 2014 ▲Top
 日本にとってのワールドカップブラジル大会は早々と終わった、日本は緒戦のコートジボワールに 負けたことで志と異なるスタートを切ってしまった。得意とする細かいパス回しで攻める戦い方は、 見ていて安心なのだが、ボールを支配する事は出来ても、敵のゴールポストに入れられない。決定的な シュートが打てないのでは勝つ事は出来ない。最後のコロンビア戦でも圧倒的な時間を敵陣で戦いながら、 ゴールに失敗した球が敵側に回ると、一気にカウンター攻撃で攻め込まれ、正確にゴールを奪うやり方で、 日本は翻弄されてしまった。積極的な攻撃に集中する日本は、ザック監督の作戦指示だろうが、守りに弱く、 コロンビアに難なく4点を献上する始末だった。日本敗退の原因は、日本選手のゴールを狙うシュートの 不正確さと、守りの弱さと監督の采配にあった。これを反省し、4年後のワールドカップに期待しよう。

『ワールドカップ』 Jun. 20, 2014 ▲Top
 ワールドカップブラジル大会、日本は緒戦にコートジボワールに負けているので、第2戦のギリシャには何としても 勝ち点を取りに行かなければならなかった。第1戦では積極的な攻めが出来なかった反省があったので、ギリシャ戦 では、終始積極的にボールを支配し、戦いの内容としてはギリシャを翻弄していた。しかし、戦前からの評判通り、 ギリシャの守備は堅くて、なかなかゴールを成功させられなかった。ギリシャの選手は肉弾戦から反則を取られて レッドカードを受けて退場となり人数的には日本優位であったが、ギリシャの守備は堅かった。結局最後まで双方の ゴールはならず、引き分けとなり、勝ち点1を分け合った。この日、同じC組のコロンビアはコートジボワールに 競り勝って2連勝、決勝トーナメント進出に前進した。負けたコートジボワールは1勝1敗となり、日本にとって 最終戦でコロンビアとの戦いに全力を賭け、勝ち点3を取り決勝戦に勝ち残るのみである。

『寝不足』 Jun. 15, 2014 ▲Top
 日本の真裏側のブラジルでFIFAワールドサッカーが始まり、今や日本チームの初戦開始まで 数時間後に迫り、更にアメリカでは全米オープンゴルフも第3ラウンドを迎えて佳境に達し、日本 の松山英樹が予選2日目では2位迄行くなど、上位を望める位置にある。深夜早朝からのテレビ観戦 に寝ている暇が無い状態である。サッカーはここまでの日本勢は強化試合を好調にこなしてきて本選への 期待が高まっていて、見逃す事が出来ない。松山英樹選手は直前の試合では接戦を制して優勝を果たす等 好調を実証しているし、予選ラウンドの戦いは、あの難しいコースで大きなミスも無く慎重に戦い 抜いて来た。本日は早朝5時半から中継が始まったばかりだが、スコアを見ると前半に大きく崩れて 4打落としている。解説の青木によると強い風に惑わされて距離感が合わなかったようだ。この後は 中継を見ながら声援を送るが、明日の最終戦に巻き返しの期待を掛けたい。

『炊飯の失敗』 Jun. 11, 2014 ▲Top
 最近は、自動炊飯器でご飯を炊くので失敗をする事がありませんが、昔はお釜や飯ごう炊飯等で、 慣れないご飯を炊いて芯が残った事が良くありました。お米の量に対して水が少なかったり、研いで すぐ炊いたりすると芯のあるご飯が炊けて仕舞ったりしたものでした。これは米粒の澱粉の中に 十分な水分が浸透できずにα化されない部分が残ったからです。そんな時お婆ちゃんから教わった 方法は、小さじ1〜2杯程度の日本酒を振りかけて弱火で蒸らすか、電子レンジ加熱しても良いです。 無論お湯でも良いのですが、お酒のほうが風味が良くなります。芯の残ったご飯は味気ないですね。

『バターの色』 Jun. 9, 2014 ▲Top
 バターの色は何色かと聞かれると大抵の人は黄色と言う人が多い。実はバターを作るための牛乳には 色々な色があるのだ。牛乳の色に違いが付くのは、餌にした牧草に含まれるカロチノイドに依るもの。 但し、牛乳の色は判り難いが、バターにすると違いが判りやすい。黄色いバターは主として夏の青々と した牧草を食べた牛から絞った牛乳から作ったもの。白っぽいバターは、冬の寒い時期カロチノイドの あまり含まれない干し草を食べた牛の乳から作られたもの。本来季節によって色に違いが出るバターだが、 品質を均一にするために製造過程で色素を加えて調整することも多い。また、植物油を原料に作られる マーガリンは白っぽいが、バターに似せて着色していることもある。

『続・野菜』 Jun. 6, 2014 ▲Top
 私たちが日常で食べている野菜類のルーツを遡ってみると、それぞれ野生の薬草に行き当たる 事が分かります。昔から薬効があるとされ、山野で摘んでいた野生の草花がやがて身近な処で 栽培され、食べ易いように改良されて現在の野菜になってきたものです。従って野菜は薬である と言い切っても言い過ぎにはならないでしょう。例えば青菜類は風邪や貧血に良いとか、フキは 咳を鎮める、シイタケはコレステロールを排泄させる、ごぼうはセルロース、リグニンなどの 食物繊維を多く含んでいるので整腸作用を促進し、コレステロールを抑えて動脈硬化を防ぎ、腸内の 発ガン性物質を吸着して大腸ガンを予防する働きがある。緑黄色野菜の代表格で人参はカロチンが 豊富で、すい臓ガン、肺ガン、動脈硬化等を抑える効果があり、血中のカロチン量が多いとガン 発生率が低くなります。れんこんはビタミンCが豊富で、ガン予防に効果的です。この他薬効のある 野菜は多いのです。

『牛乳』 Jun. 5, 2014 ▲Top
 パックに詰められた牛乳には高温殺菌のものと、低温殺菌のものがあるのをご存知でしょうか。高温殺菌とは 120℃で約2秒間殺菌したものを言います。また、低温殺菌とは65℃以下で30分殺菌したものです。低温でゆっくり 時間を掛けて殺菌したものは乳酸菌が破壊されませんが、高温殺菌の牛乳では、乳酸菌は80℃で死滅するのでその 働きは全く望むことは出来ません。牛乳を飲むときに、温めると表面に薄い膜が出来て飲みにくい事になります。 理由は牛乳の中の脂肪分が加熱によって凝固するたんぱく質と結びついて出来るもので、温度が60〜65℃になると 出来るものです。薄幕の味はよくありませんがこれを捨ててしまうと牛乳のたんぱく質と脂肪分を失ってしまいます。 温める途中で牛乳をむらなく混ぜるとたんぱく質と脂肪の損失を防ぐ事が出来ます。

『野菜』 Jun. 3, 2014 ▲Top
 食事に含まれる色々の栄養源のバランスに野菜は欠かすことが出来ない。肉や魚等は、保存も 利くので冷凍などの保存で間に合わせているが、困るのは野菜類だ。野菜はビタミンの補給源と して欠かす事の出来ない食品だが、新鮮な野菜を買い込んで置いても、ビタミン類は日ごとに減少 していくのです。調査研究の結果、キャベツの場合、ビタミンCは3日で12%、6日で21%も減少 したという。ものによっては室温23〜36℃に置いた野菜類のビタミンCは3日間で半減し、1週間 経つと10%以下しか残っていなかったと報告されている。ビタミンB1も保存で減少するし、ビタミンB2は、 日光に当たると壊れてしまいます。ビタミン類の減少を食い止めるには冷蔵庫に保存する事は当然だが、 食べるだけ買って早く食べる事が大切です。

『瀬戸内海賊物語』 Jun. 2, 2014 ▲Top
 瀬戸内には、昔から村上水軍にまつわる海賊の伝説が残されている。私たちNPO「元気!プロジェクト」が活動する 新居浜市の離島、大島にも村上水軍の末裔が住んでおり、昔、瀬戸内の海運業でとても栄えていた事が知られています。 その頃の大島で活躍した村上水軍の頭領、村上義弘の邸宅が大島に残っていて、2年前に瀬戸内海賊物語と言う映画の ロケが行われ、大島の住民も参加して映画撮影に協力しました。この度、その映画、瀬戸内海賊物語が公開されたのを 機会に、希望者を募って大島の村上水軍の足跡を探訪してきました。村上邸には現在人は住んでいないが、大島公民館の 館長に依頼して、邸内を開放して戴き、昔の風情を鑑賞することが出来ました。映画の撮影には中村玉緒さんも出演し その時のメイキングビデオを見た後、邸内に保存されている種子島式火縄銃や、長い槍などを見て、当時を偲ぶことが できました。現在大島には老齢化の進んだ住民が280人程生活しているが、幼い子供達や働き盛りの人達は、フェリーで 新居浜市内の学校や勤め先に通い、老人達は名産の白いもの栽培と僅かな漁業で成り立っている静かな島暮らしでした。

Home