2014年2月
『携帯電話』 Feb. 27, 2014 ▲Top
 最近、街に出て回りの人達を観察すると、殆どの人は携帯電話機を持っていて、その携帯の機種は 圧倒的にスマホ系と見受けられる。実際に、ビデオリサーチインターラクティブ社の調査結果では、 70歳以下の成人の約半数がスマートフォン所有者で、携帯電話の出荷台数はすでにスマホが70%近くを 占めると発表している。私のように昔ながらのガラケーを使っている人は、肩身が狭い思いがする。 但し、よく考えれば、ガラケーにも利点があり、バッテリーの持ち時間が長い事が挙げられる。スマホ は大型画面の為に、消費電力量が多く、頻繁に充電をする必要があります。現実にスマホを持って 外出すると、絶えずスマホの画面を覗いてチェックする事から、バッテリーは1日持たない事が多いが、 ガラケーなら2〜3日は楽に長持ちする。また、スマホはデータ通信料金等が加算され、毎月の基本料金 だけで6000円前後かかるが、ガラケーの待ち受け専用契約なら1000円前後と安く済む経済性が大きい。

『森元首相発言』 Feb. 26, 2014 ▲Top
 オリンピックが終わり、ソチオリンピックに参加した日本選手団が25日午前、チャーター機で 成田空港に帰国した。フィギュアスケート男子を日本選手で初めて制した羽生結弦、スノーボード 女子パラレル大回転銀メダルの竹内智香らと共に浅田真央も成田に降り立った。真央はショート プログラム16位と出遅れた。しかしフリーでは3回転半ジャンプに成功するなど自己新の142.71点 をマークして6位に入賞し、演技終了の瞬間には涙を浮かべた。真央はSPの失敗で不安や恐怖心も あったけど、乗り越えての最高の出来にほっとしたのと、うれしさからと涙の理由を振り返った。 また2020年東京五輪組織委員会会長の森喜朗元首相が「あの子は大事なときは必ず転ぶ」などと 発言したことについては、「失敗したくて失敗している訳ではないので違うかな、と思いました」と。 さらに「今は、ご自身の発言に後悔しているのでは」と笑顔で、大人の受け止め方をしてみせた。

『緑黄色野菜』 Feb. 25, 2014 ▲Top
 一般に、緑黄色野菜と言うと緑色や黄色、赤色などの色の濃い野菜と捉えられていますが、 厚生労働省により、原則として「可食部100g当たりカロテン含量が600μg以上の野菜」と言う 基準が決められています。トマトやピーマンなどは、可食部100g中のカロテン含有量が実際は 600μg未満ですが、食べる回数や量が多いことから、一応緑黄色野菜に分類されています。 カロテンには体内の活性酸素を減らす抗酸化作用があります。また、β-カロテンは体内で、 必要な分だけビタミンAに変換されるので「プロビタミンA」とも呼んでいます。緑黄色野菜には カロテン類だけではなく、ビタミンCも豊富に含まれ、ほかにビタミンK、葉酸、ミネラルなどを 多く含んでいます。その為厚生労働省が2000年に策定した「健康日本21」では、野菜摂取の 目標量を「1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上」としています。カロテンは脂溶性で、 油類といっしょに摂取した方が吸収され易いので、料理法を工夫しましょう。

『浅田真央』 Feb. 23, 2014 ▲Top
 ソチオリンピックで、浅田真央が本人の期待通りに行かなかった原因は、いろいろ有ったと 思うが、何よりも金色のメダルを思い浮かべていただけに、この大会を6位で終わったままで 引退するには心残りだと思う。確か昨年4月には、ソチオリンピックの後は引退の意向である と言われていた。改めて20日のフリーが終わった後の記者の質問に、2018年平昌オリンピック に挑戦をするかを問われ「出来ません」と答え、五輪は今回が最後となる考えを示していた。 しかし、3月26〜29日さいたまスーパーアリーナを控えており、22日の取材では今後の進退に ついて、まだ何も考えていないと明言を避けていた。この侭では引き下がれない真央としては、 今季最後の大会の、世界選手権全て終わってから決断するという気持ちがあって当然だろう。 真央フアンの我々としては、改めて引退の最後は花道を真央スマイルで幕を引いて欲しい。

『真央の涙』 Feb. 22, 2014 ▲Top
 フリーの演技が終わった瞬間、真央の目に溢れんばかりの涙が浮かんだ。観戦していた 観衆は、真央の完全な演技に大拍手で賞賛していた。バンクーバーでの銀メダル獲得に 流した涙は、惜しくも金を逃したと言う悔し涙だった。ソチでは真央しか出来ないトリプル アクセルで絶対に金メダルをと目指していたのに、団体戦の失敗でメダルが取れず、挽回 を目指した筈の個人戦SPにも失敗を引き摺り、ジャンプの殆どが中途半端で過去に無い 最悪の点数しか出せなかった。私はこれ以上真央を苦しめては可哀相とメダルは望まず フリー演技は敢て直視しないで静かに結果を待った。さすが真央は今度は開き直り、長年 練習してきた技を信じて自信を持って演技し見事やり切った。今回メダルこそ無かったが これぞ世界の真央という最高の演技を披露してくれた。完璧にやり切れた真央が流した 嬉涙に、思わずもらい泣きしたのは私だけではなかったことと思う。

『竹内智香』 Feb. 21, 2014 ▲Top
 ソチオリンピックの女子スノーボードパラレル大回転で、私にとって全く予想もしていなかった竹内智香 と言う選手が予選を全て素晴らしいタイムで勝ち進み、残る決勝は金か悪くても銀メダルと言う展開に、 驚きで注目していた。この競技について私は、この日までそれ程強い選手が居た事を知らなかった。 解説によると竹内選手は06年トリノ五輪で9位に終わると、強い欧州の選手と同じレベルになりたいと、 単身スイスに留学し、5年間スイスナショナルチームと共にトレーニングを積んでいた。 彼女は妥協を許さない負けず嫌いな性格で、スノーボードで勝つためにはどうすればいいかを常に考えて行動 してきた。それでも3度目となるバンクーバー五輪も13位と惨敗した。2012年から活動拠点を日本に戻し、 身体能力の強化に力を入れ、欧米選手に負けないスタミナと体力をつけてソチに臨んだ。決勝1本目は見事に 先着し、金メダルに王手を掛け2本目に臨んだ。2本目も順調にゴール近くまで来た時、迫る相手に焦ったか、 惜しくも転倒し無念にも金に見放された。しかし、このオリンピックで女子初の銀メダルは大健闘、誇らしい 戦いだった。

『訪日外国人』 Feb. 20, 2014 ▲Top
 中国や韓国政府の反日政策のあり方も影響し、昨年は両国を含む日本への外国人旅行者が 激減していたが、政府観光局の発表によると、1月に日本を訪れた外国人旅行者が推計で、 94万4千人だったと発表している。この数字は前年同月比41.2%増で、1月としては過去最多 である。中でも中華圏の観光客が、1月末からの旧正月休暇が追い風となり、大きく増えた。 東南アジア圏の観光ビザの緩和や、円安による割安感が浸透してきたことも後押ししている。 韓国は、東電福島原発事故による放射能汚染と共に汚染水問題による不安を取り上げ、昨年 10月以降日本への旅行を控える政策を取った事から、前年を下回る旅行客だったが、9%増の プラスに転じている。国・地域別では、1位韓国が25万5500人。2位台湾が19万6900人、3位 中国が15万5700人だった。観光立国を目指す日本としては、2020年東京五輪に向けて官民で 「おもてなし」に期待をかける余地は大きそうです。

『電子レンジ』 Feb. 18, 2014 ▲Top
 長年使い慣れてきた我が家の電子レンジがついに動かなくなった。最初は何故電源が入らないかと 色々調べてみたが、ついに判らずじまい。万一自力で直しても、機器の異常から爆発や火災が起きても いけないので新しいものを購入する事にして、ネット調査で一番価格の安い業者に発注した。ネットで 調べた日は、関東方面で豪雪の情報が飛び交っていたが、発注のタイミングは午前中の早い時間だった。 発注元からは受注を確認した直後すぐ、発送の手配をした様で、正午には商品を発送したと通知が来た。 その日の夜には大雪が降り、関東・東北方面の道路は異常な積雪で、あらゆる輸送は大混乱が生じて いた。私の発注した電子レンジは、幸いその直前に混乱の区間を無事通過したようで、四国の我が家に 翌日の午前中に配達された。お陰で注文確定から24時間で、はるばる750kmの区間を商品が届いた。 恐らくあの日午後の発注決定なら、肝心の商品発送はその日の夕方になり、折からの豪雪による主要 道路の通行止めで、さらに数日間の配送遅れが生じた事であろう。

『認知症』 Feb. 15, 2014 ▲Top
 50歳を過ぎて、性格が変わったように見えたら、認知症が疑うべき病気のひとつである。 認知症は神経変性による認知症と、脳血管障害による認知症の2つに大別できると言う。 年を取る事により神経細胞の減少で脳が萎縮し、神経や精神に障害を起こすようになります。 そこで、脳の前頭葉や側頭葉前方の萎縮により前頭側頭型認知症になると、初期の段階から 性格に変化が見られる。それは、怒り易くなる、疑い深くなる、身嗜みに気を使わない、 暴力を振るう様になる、落ち着きがなくなる、異常にこだわりが強くなる、周囲の事を 考慮せず好き勝手に行動する、社交的でなくなる等の行動が見られるようになる。幻覚を 見たり妄想を抱くこともある。また、脳の神経細胞が壊れて起こる物忘れも代表的な症状だ。 認知症で最も多いアルツハイマーは、海馬の萎縮が一般的な現象として起きるようになる。

『世界遺産登録の富士山』 Feb. 14, 2014 ▲Top
 昨年4月30日、長年の夢、富士山の世界文化遺産登録が事実上決まり、日本中が沸き立った。しかし 他の世界遺産にはない特別の注文がついた。イコモスは富士山の様々な環境問題を指摘し、2016年2月1日までに 「保全状況報告書」を提出せよというのだ。主な項目は、上方の登山道の受け入れ能力を研究する。 上方の登山道およびそれらに関連する山小屋、トラクター道の総合的な保存手法。 噴火又は火災の発生時において機能する危機対策が緊急に必要。 構成資産の内部及びその周辺の関連性を妨げる開発に対する制御として
富士五湖畔の建築物、動力船、ジェットスキー、不適切な駐車  忍野八海の低層建築物 白糸の滝の完全性を弱める店舗や売店  三保松原の海岸防波堤 富士宮口5合目施設背面の景観と調和した修景  吉田口5合目施設のデザインの改善 多種多様な標識や看板、電柱  登山道へ向かう自家用車 山麓に沿って厳格な開発制御など、 厳しい問題点が挙げられている。

『手の指先』 Feb. 13, 2014 ▲Top
 女性にとって、冬場は冷たい水仕事の多い台所では手のケアに色々気遣いが大変だ。冬は気温や 湿度の低下で、肌の水分が蒸発しやすく、かさつきが起こりやすい。このかさつきを放置すると、 皮膚が硬くなり、表面に亀裂が生じ、強い痛みを感じるようになる。いわゆる「ひび」「あかぎれ」 が手の表面に一杯出来て、ひどくなった状態だ。皮膚科医によると、モニター試験で手荒れの状態 を確認すると、痛みを伴う頑固なひび・あかぎれのある人は、同時多発的に色々な場所で亀裂が 生じており、マイクロスコープで観察してみると、肉眼では見えにくいゴミや糸くずなどの異物が 付着していたと言う。私の家内も指先のひび割れが、洗濯物の取り入れの際、布の繊維に絡んで 困っていた。それを防ぐためにバンドエイドを貼ってあげたが、うまく指先に馴染まず、考えた 末、ゴムの指サックを装着させて凌いでいるが、いい方法を模索している。

『ソチ オリンピック』 Feb. 12, 2014 ▲Top
 日本国中がメダルを期待して、応援してきたソチオリンピックだが、あと一歩のところで到達できず 予想のメダルから全て見放されていた。金は確実と信じていたフィギュアスケートの浅田真央がジャンプの 着地に失敗、今度こそメダルをと臨んだモーグルの上村愛子も健闘及ばず。男子スピードスケートでも、 メダル確保なら所属会社が賞金を約束されていた加藤粂治、長島圭一郎は、好スタートも最後の伸びが 足らず敗退。最大の期待を掛けていたジャンプの高梨沙羅も無念の飛距離で、あと一歩メダルを逃した。 しかし、日本最初のメダルはスノーボード男子ハーフパイプで、史上最年少の平野歩夢が銀、平岡卓が 銅メダルを見事に獲得してくれた。平野の好成績に熱くなったか、これまでの五輪2連覇のホワイトが 実力を発揮できずメダルに届かなかったのは、年下の若者に負けたくないと言うプレッシャーだろう。

『東京都知事選』 Feb. 11, 2014 ▲Top
 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選は9日、投開票が行われ、元厚生労働相の舛添要一氏が初当選で 都知事選は決着した。選挙戦当初は小泉氏が脱原発を旗印に、自らは後ろに回り、政界引退から20年近く経ち 76歳と言う高齢の元首相の細川護煕氏を引っ張り出し、郵政民営化の是非で圧勝した2005年の再現を狙った。 今回の都知事選には新人16人が立候補。舛添氏を細川氏と宇都宮氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏らが追う 展開になった。東京五輪のあり方や高齢化社会に向けた対策、首都直下型地震に備える防災対策などが争点で、 宇都宮氏や細川氏らは脱原発を前面に打ち出した。しかし東京都民は景気や福祉、防災などに選択の軸を 置いた形で、原発政策を最大の争点に据えることに失敗した小泉・細川陣営は、狙った票をとる事は出来 なかった。舛添氏は自民、公明両党の他、民主党を支持する連合東京からも支援を受け、厚労相の経験から、 少子高齢化や景気・雇用、防災などの対策を強く主張し都民の支持を得て圧勝したのは当然の成行きだった。

『高速料金変動性』 Feb. 8, 2014 ▲Top
 国交省は、高速道路の渋滞状況に応じて、路線毎の通行料金を上げ下げする変動料金制の検討に 入った。ETCと混雑状況を把握する「ITSスポット」と呼ばれる通信機器の普及により通行量の 渋滞路線に応じて料金を上げ、すいている路線の料金を下げる事で車両を迂回させて交通量の分散を 促すと言うもの。例えば現在の首都高速道路のETC搭載の普通車の料金は、500〜900円に固定して いる。通常料金が700円の区間なら渋滞時は900円に上げる等の情報をETCやカーナビを通じて知らせ、 別ルートの利用を促すといった展開を想定している。時間帯により高速料金が変わると、利用者の混乱 を招く可能性もある。当初は路線によって渋滞したりすいたりする時間帯を特定し、料金を上げたり 下げたりする時間帯を固定する方法も練る。14年度に具体策の検討に入り、15年夏をメドに制度設計を 完了。16年度から首都圏、17年度から近畿圏の高速道路で導入を目指すと言う。

『風邪対策』 Feb. 7, 2014 ▲Top
 今年は世界的に異常なほどの寒波が押し寄せています。日頃健康には自信のある人も油断すると 風邪を引く恐れがありますから注意が必要です。万一風邪気味と感じたら、まず安静にし保温に 気を配る事です。次に十分な栄養を摂ってひどくなる前に早く直す事がポイントです。風邪を引くと ビタミン類の消費が激しくなります。ビタミンA、B類、Cを含むレバー、豚肉、緑黄色野菜等を よく摂るようにしましょう。更にたんぱく質は自然治癒力を高めるものなので普段以上に摂ります。 卵、鶏肉、魚、豆腐等の良質たんぱく質を、消化し易い形で調理します。そして風邪を引くと汗を 大量にかく事があり、身体の水分を消耗するので、十分な水分を取るよう気をつけましょう。

『ダイエット』 Feb. 6, 2014 ▲Top
 ダイエットを試みる人に主食の、ご飯やパン、麺類などを抜く人がいます。しかしこれらには でんぷんと呼ぶ糖質が多く含まれています。体脂肪を分解してエネルギー源にする為にこの糖質 からの分解物が必要なのです。ご飯なら1杯、パンなら1枚はどうしても必要です。また穀類 には、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、植物繊維等も含まれていて重要な供給源でもあります。 穀類はお腹を満たす満足感も得られる効果もあります。ダイエットに主食を抜くより必ず食べる 事が生理的肝心なのです。また、ダイエット中でも甘いものが欲しいときは洋菓子より、和菓子 の方がいいのです。洋菓子は砂糖の他に高エネルギーのバターやクリームが使われ肥満に繋がり やすいですが、和菓子はお米、あずき、寒天、きな粉等の繊維質が多く、不要な栄養成分を抑え る働きや血中コレステロールを調節する役割を果たしてくれます。但し食べ過ぎない事が大事。 

『カット野菜』 Feb. 5, 2014 ▲Top
 日常的な生鮮野菜などの購入時に、少人数家族ではキャベツや白菜など丸々大きな単位で購入するのは 食べきれないとか、価格や利便性を考慮して半分とか1/4にカットしたものを選ぶ場合がある。切り口が 見えているのでいかにもフレッシュに見えるが、実は衛生面には気になる点があります。野菜はカット される事により呼吸作用や代謝反応が活発化し、品質低下が著しく進むのです。食品法では青果物に分類 され、今のところ法的規制はありませんが、加工工場の現場では衛生、品質管理に神経を使っています。 品質保持は常に5度C以下の温度に守られていますが、消費者としてはカット野菜は腐敗しやすいものだ ということを頭に入れて、肉や魚などと同様に注意して扱うことが安全と言えます。 

『減塩』 Feb. 4, 2014 ▲Top
 高血圧や脳卒中を防ぐため塩分の取り過ぎに注意するのは良いが、反対に尿、便、汗等で塩分が身体から 排出される量を補いきれないと血圧が下がり、循環機能が低下して身体がだるくなり、活力も低下します。 また、減塩は薄味と思い込んでいる人が多いのですが、味付けは味の調和が必要なのです。その為には、 塩分を制限したら同時に他の調味料も減らさないと調和の崩れた味付けになってしまいます。薄味にすると 塩分とともに糖分も減らす事になり健康食になる訳です。薄味をカバーする料理のコツは、酢やレモン汁 を使ったり、生姜、ゴマ、海苔、ゆず等、香りの良いものを使う事も秘訣です。 

『アルコール』 Feb. 3, 2014 ▲Top
 お酒の好きな人は、飲み過ぎによる健康を守るために、気をつける事が有ります。お酒が原因で アルコール性肝炎を起こす人の食生活の特徴は、たんぱく質や脂肪の摂取量が極端に少ない事です。 摂取総カロリーに対するアルコールによるカロリーが多い為に、肝臓に障害を起こし易いのです。 同じ飲酒量なら、たんぱく質に富んだ食事の方が、血中アルコールの消化が早く、その分肝臓の 負担が少ないのです。日頃高脂肪食の人は、低脂肪食よりも血中アルコールが長く体に滞留し易く なるので、日頃から脂肪の取りすぎにならないよう気をつける事が大切です。また、同じ量の たんぱく質を摂るにしても動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を混ぜる事により動物性脂肪の 摂りすぎを防ぐことが出来ます。肉が好きなら高たんぱく、低脂肪の赤味肉を選ぶ事です。そして 野菜類でビタミンもたっぷり食べて栄養のバランスを摂ることが大切です。 

『尿路結石』 Feb. 2, 2014 ▲Top
 しばしば突然の激痛を伴う尿路結石の痛さは「痛みの王様」といわれるくらいに激烈な痛みを 伴うことが多い。わき腹や背中側あたりの激痛であり、倒れこんだり、ときに痛みにより失神する 患者がいるほどの痛みです。結石というのは多くの人が、しばしば出来ているものではあるが、 出来た結石の大きさが尿管よりも小さい場合は自然に尿管内を移動して排尿とともに排出され、 痛みも発生せず、本人は何ら問題を感じていない。だが、できた結石の大きさが尿管と同等又は それより大きい場合、尿管を塞いでしまい、腎臓で尿が作られるにつれ腎臓から結石の位置まで の圧力が高まってゆき激痛が発生するのです。尿路結石は日本人では4人に一人が一生に一度は 経験するという。尿路結石は再発も多く強い痛みの発作を伴う事が多い。この再発防止には米ぬか 療法が効果的です。米ぬかを毎日20gずつ食べ続けるという単純な予防方法です。米ぬかに多量に 含まれるリンがカルシウムと結合するため、結石になり易いカルシウムとシュウ酸等の結合を阻止 する働きがあると言われています。 

『ご飯と味噌汁』 Feb. 1, 2014 ▲Top
 日本人の食生活は平均的には和食党が多いと思います。私も小さい頃から家での朝食は白米の ご飯に味噌汁とお漬物が当たり前でした。実は、ご飯に味噌汁の組み合わせは栄養学的には実に 相性が良いのだそうです。味噌は大豆を蒸して潰し、麹と塩を混ぜて発酵させて作り人間に必要な 必須アミノ酸の内のリジンを多く含んでいます。実はお米には他のアミノ酸はあるのにこのリジン は不足しているのです。従ってご飯と一緒に味噌汁を食べれば、お互いに補い合ってたんぱく質 の質を高めあっているのです。人間の知恵とは実に合理的に働いていて、何気ない食生活の中でも こうした栄養のバランスが長年の間に巧みに組み合わされているのです。 

Home