2014年12月
『探し物』 Dec. 30, 2014 ▲Top
 年のせいで物忘れが多くなり、1日に何度も探し物をすることがある。大事なものを 分かりやすくと考えて、特別な場所に置いた積りが、その特別な場所が分からなくなり、 探し回る事がある。先日、携帯電話がいつもの置き場所から見つからなくなり、自分で 電話を掛けてベルが鳴るのを試したが、何処からも音が聞こえない。きっと何処かに落とした と思い込んだ。警察の遺失物係りに連絡したが、届出がないので諦めて、電話会社に事情を 連絡、悪用されないよう契約を破棄した上で新しい携帯に取り替えた。2ヵ月ほどして、 日頃あまり着用しないベストを箪笥から出して着たときポケットから無くした携帯が出てきた。 そのベストは2ヶ月前サイクリングに出かけるとき一度だけ着たもので、箪笥に仕舞った事を すっかり忘れていた。無くした携帯に電話をして探した時も箪笥に仕舞っていた為ベルの音が 聞こえなかったのだろう。既に新しい電話機に切り替えた後なので無用物となってしまった。

『たばこの臭い』 Dec. 29, 2014 ▲Top
 喫煙者は、タバコの煙が非喫煙者にとってどれほど不快なものか分からないだろう。 逆に、非喫煙者にとっては、特に喫煙で吐きだれた煙と匂いは堪らない不快なものだ。 先日、京都市のバスの運転手が禁止されている車内で喫煙したとして停職6か月の 懲戒処分受けた事が報じられていた。報道によると、この運転手は8月に終点で乗客が 降りた後、バス車内で喫煙。10月にも、営業運行後の車内で計2回たばこを吸っていた。 服務規程で車内での喫煙行為は禁止されている。「車内にたばこの臭いが充満していた」 との乗客からのメールで8月の喫煙が発覚。9月に研修で指導を受けたが、又も10月に 車内で吸っていたのを同僚に見られたという。市交通局は「市民の信頼を大きく損なう 行為で遺憾。違反を繰り返すことのないよう乗務員の再発防止を徹底する」としていた。

『こむら返り』 Dec. 26, 2014 ▲Top
 昨夜、寝返りを打つとき足をひねった瞬間、突然激しくふくらはぎが攣った。余りの痛さに思わず 悲鳴をあげた。攣った瞬間、痛くてどうしていいか分からず息を止めて痛さに耐えた。ゴルフなどで 攣る事は時々体験したことあるが、深夜寝ている時は初めてだった。痛さを必死に耐えて我慢して しばらくすると、嘘のように痛みが無くなった。念のため、しばらくふくらはぎを揉み解してから寝た。 翌朝、こむら返りについて調べて見ると、ふくらはぎの筋肉が急激に収縮したり、太ももや足の裏、 指など、色々な箇所でこうした症状が出ることがあるらしい。主な原因は冷え、筋肉疲労、脱水だ。 足が冷えると血管が収縮し、血液循環が悪くなるため、筋肉が収縮して足がつりやすくなる。また、 普段使い慣れない部位を急に動かすことで筋肉が疲労し、収縮することがあるようだ。

『ぽち袋』 Dec. 25, 2014 ▲Top
ぽち袋  今年も残り少なく、やがて新しい年が始まる。子供たちにとってお正月の楽しみはお年玉だ。昔から年の 初めのお祝いとしてお年玉を袋にいれて与えたものだが、バブル期頃にはお年玉の金額が多くなり、社会 問題化した事がある。高度成長期からお年玉総額はほぼ右肩上がりで増えていたが、97年ころをピークに、 その後はおおむね横ばいとなってきた。かって関西では祝儀袋の事をポチ袋と言って来たが、『ぽち』という 意味は『小さい』『わずか』というニュアンスで、少額のお金を入れることが前提の『ぽち袋』は、語感的にも 受け入れ易い。祝儀袋ほど大げさではなく、子供が受け取るお年玉の額を抑えたいという大人の思いと 合わせて、多種多彩のぽち袋が販売されるようになって来た。今ではお年玉を入れる袋を「ぽち袋」と呼ぶ ことはすっかり定着しているようだ。

『証拠隠滅』 Dec. 24, 2014 ▲Top
ハードディスク  小渕優子衆院議員の小渕事務所のデタラメ政治資金問題で、特捜部が10月に政治資金規正法違反容疑で 元秘書の折田謙一郎前中之条町長宅や後援会事務所などを家宅捜査した時、会計資料を保存したパソコンの HDD がドリルで穴を開けて破壊されていたことが分かった。小渕事務所は特捜部の強制捜査が入った時、 捜査には全面的に協力すると言っていた。パソコンのデータは、通常の削除作業では、データの保存場所を 記録するインデックスを書き換えるだけで一度書き込まれた元のデータは残されている。証拠品となるHDDを ドリルで壊す乱暴な証拠隠滅は、絶対知られたくない最重要データであった事は明白だ。コンピュータの HDDをドリルで壊すことを指南したのは誰なのか、特捜部はこうなったら徹底的に捜査すべきである。

『STAP細胞』 Dec. 20, 2014 ▲Top
 世界中の科学者が、未来の医療界に大きな貢献が期待できると注目していた小保方氏の、STAP細胞の 再現実験はついに日の目を見る事はなかった。世界中が注目した論文発表から約11カ月間、小保方氏が 言った「STAP細胞はあります」は証明できなかった。STAP細胞が存在しないのならなぜ万能細胞の証拠 となる写真などを論文に記載出来たのだろうか。小保方氏が言うSTAP細胞の正体は胚性幹細胞を誤認 したと言う疑いが強まっている。STAP細胞問題の背景には小保方氏の未熟さだけでなく、指導的な立場 だった共同研究者による検証が不十分だったことなど、多くの複合的な要因も潜んでいる。理研の中には この問題の為に自殺者まで出ている。今回の検証実験の打ち切りで幕を下ろすのではなく今後の追加調査の 結果も踏まえ、科学界の手本となる再発防止策を打ち出し、信頼回復に全力をあげなくてはならない。

『フライング』 Dec. 19, 2014 ▲Top
 陸上短距離競争ともなると、スターターの合図で走り出す時、スターターのピストル音、スターティング ブロックのセンサー、ゴール地点を写すカメラが全て連動している。トップクラスの選手ともなると1/100秒の スタートの違いで順位に大きな差を生み出す。その為、スタートブロックには精密なフライング判定機能が 組み込まれている。走者のブロックに対する圧力変化は常に監視され、スタート時間外に一定以上の圧力変化が あるとスターターに知らせ、場内に電子音が流れる仕組みになっている。従って観客の見た目にはフライング と見えなくても、フライングの判定が下りる場合がある。実際にスタートの合図の後、0.1秒以内の動きは フライングと判定する事に設定されている。走者がスタートの合図を聞いて、身体が動き始めるには、 それ以上の時間が掛かるとしている為、0.1秒以内の動きはヤマを掛けてスタートした事になるのである。

『絵馬に願い』 Dec. 18, 2014 ▲Top
絵馬  神社に行くと、必ず合格祈願とか好きな人との結婚願望等の絵馬が数多く懸かっている。 神様に絵馬を奉納する習慣は、奈良・平安時代ごろからあったとされている。しかも、 本来は生きた馬を奉納していた。古くは馬は神様の化身や神様の乗り物であり、神馬 として奉納し神社には馬殿や神厩舎と呼ぶものを建てていた。しかし生きた馬を奉納 するのは大変なことから、やがて木彫りや焼き物の馬に、後に簡略化して絵に描いた 「絵馬」として納めるようになったもの。本式の絵馬は幅が1m以上あるものだったが、 現在主流となったものは「小絵馬」というもの。絵馬には願い事など書くが、本来 名前は書かないのが本当らしいが、書いている人は多い。

『イエローカード』 Dec. 17, 2014 ▲Top
 年末が近づき、酒を飲む機会が増え、酒に酔って路上で寝てしまう「路上寝」の多い 沖縄で、沖縄県警浦添署が考えた作戦が「路上寝イエローカード」だ。気候が温暖な、 沖縄では酒に酔った結果で路上寝をする者が多いらしい。酔ったまま路上寝をすると、 事件や事故に巻き込まれる可能性も高い。そこで考えたのが路上寝イエローカードで、 本人の恥ずかしい寝姿を写真に撮り、ポケットに入れて置くカードで、酔いが覚めて 気付くと、恥ずかしい姿が映されたカードが入っていると言うもの。このシステムを 考えた沖縄県警浦添署管内では、今年698件(10月末現在)の110番があったと言う。 さて、効き目はあるだろうか。

『二日酔い対策』 Dec. 16, 2014 ▲Top
 一番の対策は、肝臓の代謝能力を超える量のアルコールを飲まないことです。ただ、 それが出来ないから、巷にはこうすれば酔わないといった対策があるのです。牛乳を 飲むと胃に膜ができて酔わないと言う説がありますが、医学的には全く根拠はない。 但し、牛乳に含まれるタンパク質は肝機能をアップさせ、アルコール分解を促進する 作用があるので、あらかじめ飲んでおくことは有効。締めにカレーを食べると言う説は 医学的根拠がある。カレーに含まれるターメリックはウコンのことでウコンに含まれる クルクミンという成分は、肝機能を高めてくれます。生卵を飲むといいと言うのは卵白の タンパク質にも、肝機能を高める効果があります。「ジャガイモのすりおろし汁」は、 ジャガイモに含まれるビタミンCがアルコール分解で発生した活性酸素を除去してくれ、 利尿作用のあるカリウムも豊富に含んでいる。マイタケのみそ汁も、マイタケに含まれる βグルカンが肝機能をアップする働きがある。

『第47回衆議院選挙』 Dec. 15, 2014 ▲Top
 選挙が終わってみたら、与党が2/3を占める圧倒的な勝利に終わった。与党の政策提案に 対し、批判するばかりで具体的な解決案も出せなかった野党勢力に対し、国民の審判は厳し かった。民主党の海江田万里党首は、見事に落選し国民は彼を見捨てた。元首相の菅直人も 小選挙区では票は得られず、比例代表でやっと首を繋いだが、地元民は選挙期間中も冷や やかに扱っていた。渡辺喜美も父親の代から50年間も渡辺王国を築き、カリスマ性を発揮 してきたが、多額の借入問題で東京地検特捜部に告発状が提出され、みんなの党の解党から 無所属での出馬は、完全に地元の支持を失っていた。しぶとく残ったのは小沢一郎だ。岩手の 地盤はまだ彼の存在を支えて当選させたのは、他に代わる相手が居なかったという事なのか。 これで、安部政権はこれまでの諸政策を安定路線で進めることが出来る地盤固めが出来た。

『期日前投票』 Dec. 14, 2014 ▲Top
 本日が、衆議院議員選挙の投票日であるが、天候悪化を考え昨日に期日前投票を済ませておいた。 以前は、投票日に旅行や個人的な用件等が重なって投票できなかったことがある。本来なら当時でも 不在者投票制度があり、所定の手続きをすれば、選挙権を放棄することなく事前の投票をすることが 出来た。しかし正規の期日に投票が出来ない理由を明確に申告する必要があり、その理由を申告する 手続きが面倒で、つい権利の行使を放棄したことがある。それは多くの有権者にとっても同様であり 投票日の棄権者が多かった。2003年に有権者が投票する要件を緩和する形で期日前投票制度が新しく 設けられた。新しく始まった期日前投票も、理由の申告には根堀り葉堀り聞かれた時代もあり、苦しい 言い訳を考えたものだが今は事前に準備された理由項目が印刷され簡単に申告出来る様になっていた。

『飲酒運転』 Dec. 13, 2014 ▲Top
 年末が迫ってくると、仲間や職場等の付き合いで飲む機会が増えてきたと思う。 新聞、TVのニュースを見てると、懲りもせず飲酒運転で事故を起こし、人や物に 被害を与えている様子に何故だろうと思ってしまう。飲酒運転が原因で運転免許を 取り消し等の処分を受けた人を対象に、兵庫県警が聞き取り調査をした結果が発表 されていた。勤め人の半数が職場を解雇されたり、退職したりしていた。飲酒運転が 仕事に及ぼす影響の大きいことがわかる。飲酒運転をしてしまった理由を尋ねると、 「捕まらないと思った」が51%、「少量なので大丈夫と思った」が36%、「代行・ タクシーはお金がかかる」が13%等で、飲酒運転に対する意識の低さがうかがえる。 飲酒運転は、相手だけでなく自分の人生を狂わせる危険な行為。絶対にやめてほしい。

『紳士』 Dec. 11, 2014 ▲Top
 日本語の紳士のことを、英語ではジェントルマンと言い、我々がイメージするのはタキシードに シルクハットとステッキを持って歩く姿か、馬車に乗った高貴な英国貴族を思い浮かべます。では、 紳士という日本語にはどのような由来があるのかご存知だろうか。聖徳太子は603年に冠位十二階 という制度を定めました。当時の役人の能力に段階を設けて、能力のある者を高い地位に登用し、 その階級の区別が一目で分かるように色の違った冠を用いました。役人たちは、礼服の腰の部分に 「紳」と呼ぶ大帯を締めていました。実は、これが「紳士」という言葉の由来であり、この大帯を 締めていた人たちは社会的地位のある人や、高潔な人であったことから紳士という代名詞が生まれ、 明治の文明開化の頃に一般に使われる言葉になったのです。

『神社ではなぜ柏手』 Dec. 10, 2014 ▲Top
 神社へお参りする時、何故拍手(かしわで)を打つのでしょうか。魏志倭人伝によると、 偉い人に会ったときは、手を打つという記述があり、現代で言えば握手のようなもので、 魂振(たまふり)と言って手を叩く音で神様を招き、お互いを祝福すると言う意味がある。 神社で拍手を打つのは、ここからきた風習で、神様を招くために手を打って音を立てます。 神前での手順は、まづ軽く会釈をします。賽銭を投じ鈴を鳴らします。頭を深く腰を曲げ 二拝します。右の掌を、左に対して少し引き、手を合わせ柏手を二回打ちます。ここで、 祝詞(みことのり)又は願い事等を行います。最後に一回、頭を深く下げて終わります。 2礼、2拍手、1礼です。神道の葬儀では、音を立てず静かに手を合わせ忍び拍手をします。

『ビールの継ぎ足し』 Dec. 9, 2014 ▲Top
 世はまさに忘年会のシーズンですね。みんなが集まって会が始まると最初は乾杯ですが、 大抵は、最初はビールからと言うのが定番。ビールの乾杯で喉を潤して、後は各自好みの 飲み物に展開するでしょう。ところでビールの継ぎ足しは良くないと言われます。理由は 実はビールの継ぎ足しは酸化を早めて味を落とすことからなのです。ビールを上から継ぎ 足すとグラスの中でビールをかき乱して空気を混ぜ入れることになり、酸化作用を活発に する訳です。グラス表面の泡は、酸化を防ぐ役目にもなっています。飲み干すときは泡を 残しておき、次のビールは静かに入れて泡で空気に触れないよう蓋の役割をさせましょう。

『鶏の唐揚げ』 Dec. 8, 2014 ▲Top
 鶏のから揚げは、簡単そうだが実はとても火の通り難い肉なのです。見た目外側がこんがりと 揚がったように見えても、上げてみると中はまだ生だったと言うことが良くあります。たっぷりと 油を使って揚げる場合は、沈んでいた肉が浮いてきたら引き上げ時です。お肉の中の水分が抜けて 軽くなり浮かんでくるのです。また、肉に火が通ると油の音も変わってきます。始めのうちは、 ジュウジュウとやや重い音で、油の泡もまだ全体に広がっていますが、次第にピチピチと軽い音に 変わってきます。泡も肉のまわりだけに集まって来るので、それが揚がった時期を知らせています。 万一、中がまだ生っぽいときは、キッチンペーパー等の上に乗せて、レンジで2分ほど追加加熱 すると美味しく食べられます。

『ボケ防止』 Dec. 6, 2014 ▲Top
 老人性痴呆症(いわゆるボケ)は脳の萎縮性痴呆と血管性痴呆の2種類があるそうです。 日本人は脳卒中等による血管性痴呆が多く、ある程度は食事療法の積み重ねによって改善 することが出来ます。大豆たんぱくを主成分にした高たんぱく食は、血管のしなやかさを 保ち、脳卒中を引き起こし難くします。また、魚の高たんぱく食は血圧を下げ過剰に摂った 食塩を排泄し脳卒中を予防します。中高年になってからも高たんぱく食を十分摂っていると 脳卒中は予防できるのです。但し腎臓病の人は、たんぱく質のとり方には注意が必要です。

『電子レンジ』 Dec. 5, 2014 ▲Top
 電子レンジによる調理法は、食材に含まれている水分を利用して茹でたり、蒸したり、 煮たりすることができます。他の加熱器具に比べて、短い時間で加熱でき、水を使わないので 無機塩分の残存率が高くビタミンも壊れ難いのですが、生臭味が残ってしまいます。但し、 ラップに包んで料理した後、水に晒せばあく抜きと色止めが出来ます。仮にほうれん草を 100g洗って2分間加熱し、水にさらした場合、5分間煮沸して1分間水に晒す過去の料理法に 比べて13%以上もビタミンCの残存率が高いそうです。電子レンジは上手に使いましょう。

『納豆』 Dec. 4, 2014 ▲Top
 よく、食事時が来ると妻から何食べたい? って聞かれた。大抵は何でも良いと無責任に 答えるが、聞いた妻はどうすればいいか困っていたのがよく分かる。でも、60年間も一緒に 過ごしてきて、妻の作る全ての料理は食べてきたので、わざわざ聞かれても私も困るのだ。 そして、結果は納豆にご飯だけの時がある。納豆は蒸した大豆に納豆菌を振りかけて発酵 させたもの。納豆菌の働きでたんぱく質が消化されやすく、日本人の食生活では欠かせない 食品だ。納豆菌は消化酵素を分泌するので、一緒に食べた食品も消化しやすくする効果が ある。納豆菌はビタミンB2を作るので健康食品として最高なのだ。食事の献立に困った時 妻は、体に有効な食べ物として納豆を選んでいたのだろう。

『DHA』 Dec. 1, 2014 ▲Top
 DHAとは、ドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)の略称で、不飽和脂肪酸のひとつ。 日本の近海で捕れる魚は200種程有り、どの魚からもDHAが摂れるが、特にイワシ、サンマ、カツオ、 マグロ等、背の青い魚はDHAが豊富です。DHAを摂取すると頭が良くなると言われているが、その魚の 摂取量は、DHA量にして毎日0.5〜1.0g程度が目安です。イワシ(20cm)なら2尾、マグロのトロなら 2切れ、ブリで1切れ、サバなら半身、サンマ1尾に相当します。生で食べた場合のDHA量を100%と すると、煮たり焼いたりすると80%、油で揚げると50%にまで減少します。これは加熱で減るのでは なく、DHAは調理中に脂と共に煮汁や油に出てしまうのです。魚のDHAをロスなく食べるには刺身が 最高という事になる。煮る場合は、煮汁も一緒に食べるようにすればDHAを余すことなく摂れます。 毎日の食卓に魚料理を一品加えるだけで、子供の頭の働きがよくなる基礎造りが出来ます。

Home