2013年8月
『家族』  Aug. 31, 2013 ▲Top
 家族がひとつの家に住まっている頃は、一家揃っての食事や行楽は毎日が楽しい日常だった。子供たちが 夫々大きくなり、新しい家庭を持ち、遠く離れて暮らすようになると、皆が集まる機会は段々少なくなり親子 団欒の機会は数年に一度と言う程になった。昔と違って手紙でのやり取りがなくなった代わりに、電話・メール に加えて、スカイプによるビデオ通信がお互いの顔を見ながらのバーチャル団欒になっている。それでも生の 団欒に比べると、何となく味気ない空間だった。孫たちも成人し、親と離れたこともあり、家族世帯が合流する 機会も更に少なくなった今年、夫々の休みを繰り合わせて、老夫婦の元に集まった。親子3代の家族の団欒は 真に楽しい時間で、子供の頃から皆で楽しんだ魚釣りなど久しぶり堪能した。時が過ぎて夫々また元の生活に 戻っていったが、久しぶりで楽しんだひと時は新しい思い出を作った。別れの時、涙を流しながら手を振って 見送る妻の姿は忍びなかった。

『飲みニケーション』  Aug. 27, 2013 ▲Top
 飲みニケーションとはお酒を飲んで交流を深めること。「飲」と「コミュニケーション」から成る合成語。 日本の新入社員サラリーマン500人に対し、飲みニケーションについてアンケート調査した結果がある。 調査した内で80%の人が上司や同僚と飲む機会には積極的に参加したいと答えている。理由は職場内の 人間関係をスムースにしたいと言うのがトップ。続いて仕事に関する情報や、参考になる話が聞ける。 更には先輩や上司と親しくなりたいと言う思いから、ヒューマンリレーションシップ(HR)に期待している。 海外ではどんな状況かと言うと、アメリカ等では車社会なので飲み会等は殆ど無いようだ。イギリスや ドイツでは社員同士で飲む機会はあっても、仕事の話や上下関係の話はしないようだ。日本独特のお酌 や無理強いしての一気飲みの習慣は無いので普通にストレス解消が目的なのだろう。

『酒飲み』  Aug. 25, 2013 ▲Top
 酒を飲む上で健康に気をつけなければならないのは、お酒に弱い人より、むしろ強い人だと言う。 酒を飲んでも顔が赤くならない人は、訓練によっていくらでも飲めるのでアルコール依存症になり 易く、自ら自重することが大事だ。日ごろアルコールに強くて酔い難い人は、つい飲み過ぎる 事により、肝硬変や肝臓機能障害をはじめ、糖尿病、膵炎などの膵臓障害、消化管、循環器系、脳、 末梢神経障害など全身の臓器に障害が起こりやすい。最近増えているのが脂肪肝。肝臓に中性脂肪 がたまって起こり、成人の3人に1人が罹っていると言われる国民病である。知らぬ間に肝硬変等 に発展する可能性があるが、自覚症状が分かり難く、肝臓で分解仕切れないほどのアルコールを摂取 すると脂肪ができなくなり、肝臓に蓄積されて脂肪肝につながる。その為、肥満と繋がり易く、高血圧、 高血糖、高脂血症の原因にもなるといわれ、メタボリックシンドロームの大きな要因になっている。

『イチロー』  Aug. 23, 2013 ▲Top
ヤンキースのイチロー  ヤンキースのイチローが、ついに21日の第1打席に左前打を放って日米通算4000本安打と言う偉業を達成した。 1992年オリックスにプロ入り。日本時代の通算9年で1278安打を記録。2001年に米のマリナーズに入団。12年に ヤンキースに移籍し、10年連続で200安打を達成。04年には歴代シーズン最多の262安打を放った。これまでの 日本人選手では張本勲が日本プロ野球史上屈指の強打者とされ、通算安打は3085本で日本記録である。張本勲は イチローがたとえ日米通算4000本安打を記録しても、日本記録保持者は私ですとコメントしているが、その理由 として「メジャーリーグの野球は日本の野球よりもシーズンの試合数が多いからイチローの通算安打は参考記録 にしかならない」としている。かくなる上は、大リーグ通算4000本安打以上を達成した大リーガーの、ピート・ ローズの4256安打とタイ・カッブの4191安打を越えて、真の野球世界一の記録を目指して欲しい。

『猛暑に注意』  Aug. 16, 2013 ▲Top
 今年の流行語となってしまった「かって経験したことの無い異常○○」には、降雨量や、異常気温等 日本全国各地で大きな話題となっている。連日の猛暑から、熱中症の患者が増え続けている。熱中症は、 体温調節をする発汗作用がうまくできない高齢者と小さな子供は特に注意が必要だ。更に熱中症だけで なく暑さによる日焼けや皮膚アレルギーの危険、心疾患や肺疾患、脳卒中などの既往症がある人は健康 な人より特に暑さには弱い。子供は体温調節を司る中枢の機能が未発達なので、大人より頻繁に水分や 休憩を取ることが必要である。また子供は身長が低いため道路の照り返しは、大人より高熱を浴び易い。 ベビーカーなどはなるべく座席が高い風通しのよい構造のものを選ぶ事や、体に触れる金属素材は、高熱 を受けて、皮膚の弱い幼児は火傷になり易い。遊園地などでも、金属の遊具は高熱に焼けている場合 があるので注意が必要です。

『カップヌードル』  Aug. 14, 2013 ▲Top
 最近、インドの即席麺市場が急成長しているという。インドと言えば、カレーというイメージが 強いが、日本で生まれた即席麺文化が、はたしてインド社会にどのように浸透しいるのだろうか?  世界で最も即席麺が消費されている国は中国。440億3000万食で世界全体の消費量の4割強を占める。 やはり麺文化の長い歴史と、多くの人口を抱えているのがその要因。次いでインドネシアの141億食、 日本の54億1000万食とランキングは続く。これが過去5年間で不動のトップ3である。上位で特に 目立つのがインドの躍進。08年は14億8000万食でブラジルよりも低い11位だったが、その後、急速に 成長し、12年にはほぼ3倍の43億6000万食に増加し一気に5位に浮上した。12億人以上の人口の多さや、 対象顧客と目されている中間層の今後の増加を考えたら、インドでの即席麺市場はまだまだ伸びると 予測されている。

『厚さ1mmのスピーカー』  Aug. 11, 2013 ▲Top
 京セラは、世界最薄型スピーカーの開発で、薄型テレビに搭載するスピーカー市場に参入すると発表した。 従来のスピーカーはダイナミック型と呼ぶ電磁コイル式が主流で、構造上厚さ20〜30mmが薄さの限界だった。 従って大画面の薄型テレビでも厚さに限界があった。今回の京セラの薄型スピーカーはセラミック圧電素子 を利用。圧電素子を使ったスピーカーとしては煙探知ブザーやイヤホンに使われているが、音域が狭く出力も 弱いため、テレビなど映像・音響機器には不向きだった。京セラは圧電素子の薄膜を6〜8層積み重ねて出力を 高め、特殊な柔らかい樹脂フィルムで覆い、音を増幅させた。新型スピーカーは縦3.5cm横6.5cmで、重さは 7gで薄さは1mm程度。価格はサンプル品で2〜3千円だが、量産が進めばコイル式に比べコストは安く出来る。 現在通信機器の主流になって来たスマホやタブレット向けに市場を拡大し主力製品のひとつに育てる方針だ。

『富士山入山料』  Aug. 10, 2013 ▲Top
 世界文化遺産に登録された富士山には、毎年多くの登山客が訪れているが、入山者の数に比べて 付帯設備が十分でなく、また登山者のマナーの悪さもあり、ごみや脱糞の始末が問題になって来た。 今後、世界遺産としての品位を保ち、多くの外国人にも心地よい富士山の環境を提供するため、 試験的に入山料を取る実験をした。7月25日に始まった入山料の試験徴収が8月3日で終わり山梨、静岡 両県は、10日間で徴収に応じたのは3万4327人で、金額は計3412万9822円だったと発表している。 両県は午前9時から午後6時まで、4つの登山口付近に集金箱を置き、1人千円の「富士山保全協力金」 の支払いを呼び掛けた。登山者は任意に支払えば良い事になっていて、約6割が入山料を支払った。 川勝知事は富士山入山料の具体的な使途について、12月に開催予定の「富士山世界文化遺産協議会」の 作業部会で最終方針を取りまとめることを明らかにした。最終決定は来年1月の同協議会になる見込み。 一方、徹夜で山頂を目指す「弾丸登山」について、山梨県の横内正明知事は、夜間の登山道の規制などを 検討する意向。

『スマホチルドレン』  Aug. 7, 2013 ▲Top
 インターネット依存症について問題視したが、更に問題はスマホチルドレンだと言う。 携帯電話の所持は小学4年生からが多い。その時期から塾通いが始まり、野球やサッカー などの部活や塾通いの連絡の為に子どもに携帯電話を持たせる親が多い。携帯電話所持者 の内、スマホ率を見ると、中3だけ見ると3分の1がスマホを所持している計算だが、殆どの 学年で男子のスマホ率が高い。実際に生徒に聞くと男子はYouTubeと言う動画サイトの人気 動画を見ていると言う。問題は彼らの言う動画とはいわゆるアダルト系動画である事が多い。 フィルタリングが設定されていないスマホは、無修正の動画を何の制約もなく見られるのだ。 スマホによって影響を受ける当事者は、もはや中高生ではなく小学生だとされている。 当たり前の様に子供にスマホを与えている親は、そんな子供の実態を知っているのだろうか。

『インターネット依存症』  Aug. 4, 2013 ▲Top
 最近、携帯やスマホの普及によって、中高生のインターネット依存症が問題になっている。ネットの ゲームやメールのやり取りから、自分の意思で止められないと言う状況をインターネット依存症 として全国で50万人を超えると言う調査結果を厚生労働省の研究班が公表している。同じ調査で 20歳以上の成人の推計値に比べて、中高生のインターネット依存症は約4倍と発表している。 これら若者達が、特にはまっているLINEのやり取りでは、発信した相手が既読するとすぐ返信 してくるチャット状態になり易く、お互いにその状態から抜け出せなくなり長時間に亘って続く 結果となる。また、その反対に既読の表示があるのに、なかなか返事が来ない既読無視の相手に いつまでも返信を待つストレスから仕事や勉強が手に付かなくなり、人間関係に大きな障害が 起きる元にもなっている。あなたはインターネット依存症になっていませんか。

『ドライバーの飛距離』  Aug. 1, 2013 ▲Top
 私がゴルフを本格的に始めたのは24〜25歳ころだった。体型は身長165cm、体重48kgと痩せて非力で あったが、その分、スイングでは大きく回転させて捻ることが出来たのか良く飛んでいた。ハンデも あと一息でシングル入りが見えていた。人と比べて自慢出来るのはドライバー飛距離で、昔のパーシ モンでもキャリーで250yは飛び、150yなら9番アイアンで良かった。そんなゴルフも精々70歳頃迄で、 シニア入り辺りから、急激に飛距離が落ちてきた。78歳の今では、練習場で180yまでドライバーを飛 ばすのも精一杯となった。先日、自分のスイングをビデオでチェックした結果、インパクト時に体重が 乗っていないことと、フォロースイングが小さくなっている事に原因がある事が判明。改めてこの 2点に重点を置いて打つ練習をして見た。この数年、いつの間にか体の回転が小さくなっていた事から、 直ぐには昔の様に戻せないが、徐々に体の回転が戻り始め、飛距離も回復しスコアも良くなってきた。 飛距離の回復はまだ相当努力が必要だが、体の捻り回復により不可能ではない事を実証して見たい。

Home