2012年10月
『逆走行』  Oct. 31, 2012 ▲Top
 最近、高速道路で進入方向を間違えて本線を何キロも逆走行してしまった結果、対向車と大きな衝突 事故を起こしたケースが発生している。普通に走っていれば、あらゆる方法で逆走を防止する様にと 誘導看板が出ていて、直ぐに間違いに気づく筈である。警察の調べでは逆走者の殆どは認知症の患者と 勘違い、思い違いの結果だそうだ。実は私も10年ほど前、四国から東京へと向い名神高速道路を夜中に 走行中、京都を過ぎた辺りでどうしても眠たくて我慢しきれなくなり、大津のサービスエリアに入って 寝た。やがて目が覚めたので、元の本線に戻るとき、半分寝ぼけ眼で進入路を勘違いして入ってきた 道路へ其のまま戻った。本線合流道路へと進んで行くと、本線前方から来る車は全てヘッドランプが こちらへ向かっている事に気づき、慌てて元来た道をバックして戻り、改めて進入路を確認し直して 反対方向へハンドルを切り替えた。幸い夜中だったので、進行方向から向かってくる車のヘッドランプ がこちらを向いていることで間違いに気づくことが出来た。万一本線進入の際、対向する車が無かっ たら其のまま走ってしまった可能性もあり、その時は気づいても、正常な対応が出来たかと考えると 冷や汗をかいたものだった。

『猫舌』  Oct. 30, 2012 ▲Top
 猫を飼う人にとって、餌を与えるとき熱いものは食べない事を猫舌と言って良く知られている。 猫は冷めた餌以外は絶対に食べようとはしない。人間は火を使って加熱する事を発見して以来、 熱いものを食べるのに特別の違和感は持たないが、中には熱いものが苦手の人はいる。通常の人 より舌や上顎など口腔内の温感神経が敏感であったり、口腔内の粘膜が弱く、上顎や歯肉が熱傷 による水疱が出来易い事や、粘膜が剥離することが原因として挙げられる。火を使って調理をす る事のない動物達は、猫だけでなく犬や猿やライオン等でも熱いものを口にする事はない。但し 人に飼われる事に慣れたペットの中には、多少熱くても食べる動物も有ると言う事である。

『軽自動車』  Oct. 29, 2012 ▲Top
 今回初めて軽自動車を買う事になった。生まれて初めて買ったマイカーは中古車ながら ドイツの大型車オペルカピタンだった。型は古かったが、元は会社役員用として乗られて いた車だったので手入れは良く、長い間乗ることが出来た。但し大型とあって税金が高く 安サラリーマンとしては負担が大きかった。当時は仕事柄営業用として会社がガソリン 代を負担してくれたので、その点で維持費は助かった。それ以降乗り継いだ車は、いつも 普通車だったが、50年目で初めて軽自動車のオーナーとなる。これまで大きな事故には 遭遇していないが、軽自動車で不安なのは、華奢な車体の為、万一事故に遭った時に身 を守れない事だけが心配である。

『車の買換え』  Oct. 28, 2012 ▲Top
 現在乗っている車は5年前、それまで乗っていたトヨタライトエースから買い換えたものでトヨタ エスティマの中古車だ。走行10万キロに近かったがディーゼル仕様の外観程度は良好で、これまで良く 走ってくれた。車種をバンタイプに拘ったのは、埼玉の娘と孫達が遥々四国まで夏休み毎に来てくれた 時は、お礼に帰り道中あちこち観光をしながら私が車で送っていく事を目的にしていたので、土産荷物 も十分積める事が条件だった。今は、孫達もすっかり大きくなり、遊ぶ目的で来る事は殆ど無くなった。 最近車の馬力が落ち、バッテリー寿命に加え燃費も悪くなり、大きな車の必要性も無い事から考えた末、 税金や経費も安く上る軽自動車に買い換える事にした。以前頼んでおいたセールスから、お勧めの中古車 を見せに来てくれた。ダイハツのワンボックスカーアトレイで75000km走行ながら、無傷の外観とエンジンは 快調で、カーナビも付いている。販売条件は、タイヤとバッテリーを新品に交換し諸費用込みで39万円で どうかと言うので納得した。納車は1週間後の予定だ。私の年齢から考えてこの車が最後の買い物だろう。

『便器の向』  Oct. 27, 2012 ▲Top
 最近は洋風の水洗便器が増えてきて、昔からの和式便器は公共のトイレ以外ではあまり見掛けなくなった。 洋式と和式の大きな違いは便器の設置方向にある。和式では入り口から奥へ向かって排便する方式に対し、 洋式では、排便するスタイルは入り口に向かって行う方式だ。昔、初めてアメリカを旅行した時、小用を 足す為デパートのトイレに入った。トイレの中で小便器を見つけて用を足す前にその後ろを見たら、腰から 下は見えない囲いの中に、恐らく座って用を足していると思われる男性がこちらを向いて新聞を読んでいた。 私は小用を足しながら後ろから見られているこちらが恥ずかしい思いをしたが、彼らは平気で大の用を足し ていたのだ。後で聞くと、アメリカでは戸を完全に閉ざされたトイレでの犯罪が多いので、足元と顔が見え るドアが当たり前だとか。和式スタイルでも、インドネシア等は金隠しのない便器なので、用を足す方向が 判らなかったが、設置場所は奥に詰まった場所にあり、日本の様に奥へ向いて座るには目の前の壁が近すぎ、 入り口に向かって排便するのが正しい方向と判断できた。

『水分摂取』  Oct. 26, 2012 ▲Top
 熱暑の夏場は汗もかくし喉も渇くので小まめに水分を摂らないと体に支障を起こす事になる。水分を 多く摂る事によるダイエット方法もある。体に水分は必須のもので摂り過ぎと言う事はないと思いがち だが、限度を超えて飲んでしまうと体に悪影響を与える事がある。体にとって水分を摂りすぎると体内 血液のミネラル分が薄くなり、その結果細胞バランスが崩れ、低ナトリウム血症などを起こして水中毒 になることがある。水中毒を起こすと意識障害や痙攣、最悪なら昏睡状態から死に至る場合もある。水 中毒を起こすまで摂取する量は、実際に飲める量ではなく、腎臓の悪い時や統合失調症に伴う事が多い。 水中毒まで起こさなくても、体にむくみや下痢、頭痛が起きるのも水の飲み過ぎによる症状で、胃腸や 腎臓にも負担をかける事になる。実際には汗や尿の量にもよるが水分は1日2リットル位を何度かに分け て必要なだけ効率的に摂取することが大切である。

『ビールかけ』  Oct. 25, 2012 ▲Top
 テレビなど見ていると、スポーツチームの選手達が優勝したときなど、大量のビールをかけ合って 喜びを表現するシーンを見ることがある。あのビール掛けは、いかにも勿体無いし、本物のビールでは、 目に沁みて痛くて我慢できないと思うが、実際本物のビールだけでなく、目に入っても痛くないように 薄めてあったり、ただの炭酸水だったりとチームによって様々らしい。日本のプロ野球で最初にビール かけをしたチームは1959年、リーグと日本シリーズ共に優勝した南海ホークスだと言われている。 その時は、メジャーリーグの優勝チームがロッカールームでするシャンパンかけをしていたものを、 日本では高いシャンパンは使えないのでビールにしたもの。F1の表彰式ではシャンパンファイトとか、 シャンパンシャワーと言って馴染みの光景。フランスのモエというシャンパンメーカーがスポンサー だったレースで、イメージ戦略として「モエ・エ・シャンドン」を提供、そこから多方面に広まった。

『中国流の礼儀』  Oct. 24, 2012 ▲Top
 世界の常識では、正式の招待を受けたらプレスの効いた清潔な服装で行くのが相手に対する礼儀だ。 しかし、中国では皇帝に招かれた宮廷の高官は、家に帰って着替えて行くが、実はその服には料理の あぶらがこびりついて光っていた。理由は皇帝様のお招きで食べた食事はとても美味しくて、つい 我を忘れて頂いた為こんなに汚してしまいましたと言う意味があったのです。食事の時のマナーも 日本とは逆で、食べたテーブルの上や、床の上には出来るだけ食べ散らかすのが、料理が美味しかった と言う表現なのだ。以前、私も現地で招かれた宴席で、貝殻や海老の皮や魚の骨など、空いた器に綺麗 に入れて置いたら、隣の中国人から、目配せがあってテーブルの上や床に撒き散らかされて驚いた事が ある。それは中国流の正しい礼儀作法だと言われた。

『スピードガン』  Oct. 23, 2012 ▲Top
 車で走っていて、突然お巡りさんに止められてスピード違反切符を切られたり、野球中継等でピッチャー の投げたボールのスピードが、即座に画面に表示される場面がよく見られる。動いている物体のスピードを どの様にして計測しているのだろう。よく、近付いてくる救急車のサイレンの音は高く、通過して遠ざかる 時には低くなるが、それをドップラー効果と言い、進行方向の音波は波長が短く周波数が大きくなるためで ある。野球の球速測定やスピード違反取締りに使われるスピードガンもこの原理を応用したもの。スピード ガンは測定する対象に向けて特定のマイクロ波を放射する。移動している物体から反射してきたマイクロ波 との周波数の違いをマイコンで計算し、瞬時にスピードを表示するという仕組みである。スピードガンは正 面からの測定が最も正確であるが、野球の球速を計る場合、正面からは無理なためバックネット方向の斜め 後ろから行っている。電光掲示板に表示する球速の測定はバックネットやフェンスに固定して設置してある ことが多い。主審の後ろに置かれているパラボラアンテナはそれである。

『切手のり』  Oct. 22, 2012 ▲Top
 切手を貼るとき、殆どの人は舌で舐めて貼っているが、あれって大丈夫?気になるので調べて見た。 郵便サービス案内センターに問い合わせてみると「切手の裏面についている糊は、特に人体に影響は ございません」と答えている。当初切手の裏のりにはデンプン等が原料のデキストリンが使われていた。 しかしデキストリンのりは、湿気に弱く、すぐ丸まりくっつくという欠点があった。昭和33年1月から 現在のポリビニルアルコールを主成分とした切手に変更されている。このノリは湿気に強く人体にも無害。 現在では世界中で使われている。このノリは切手や印紙以外にもいろいろな製品に使われている。洗濯糊 や化粧品等のクリーム、ダンボールや製本時の接着剤、紙のコーティング剤、各種のフィルムなど。 まあ、いくら有害ではないと言っても食べ物ではないので舐めるのも程ほどにした方がよい。

『招き猫』  Oct. 21, 2012 ▲Top
 福をもたらす縁起物としてよく知られる招き猫。招き猫と言って色々な形があり招き猫を収集している 愛好家も少なくない。招き猫の発祥には多くの説があるが、東京世田谷にある豪徳寺の話が有名だ。 江戸時代、彦根藩藩主井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかると、この寺の飼い猫が門前で 手招きする様な仕草をした事から寺に立ち寄り休憩した。すると突然雷雨が降り始め、結果として雨に降 られずに済んだ直孝は、荒れていた豪徳寺を建て直す為に多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。 これが縁でお寺は井伊家の菩提所として栄え、井伊直孝の法号にちなみ豪徳寺という名前になった。後に 豪徳寺は猫寺とも呼ばれ招福猫児という人形が作られ人気となり、これが招き猫となった。因みに一般的 に右手を挙げている猫は福や金を招き、左手を挙げている猫は人を招き、手をより高く挙げている方が 御利益があると言われている。

『お墓』  Oct. 20, 2012 ▲Top
 お墓の原型はお釈迦様がご入滅された後、埋葬された地に建てられた卒塔婆であると言われている。 江戸時代に角塔墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔で層塔の形状を踏襲したものが主流であった。 日本で一番ポピュラーなお墓の形は、和型墓石(角塔)と呼ばれるもの。3段に重ねられた石を基本と する形状は、江戸時代頃から普及したもので、位牌の形に似ているのが特徴。墓石の構成には意味が ある。文字を刻む一番上の竿石は「天」、二番目が「人」、三番目が「地」を表している。 お墓の形状自体が世界観・宇宙観を表現したもので地に立ち、天に見守られて自分たちが生きている、 という感謝の気持ちが込められている。墓地は土地購入ではなく、永代使用料を払い権利を得ると言う システムになっている。遺骨は自分の土地に勝手に埋葬することは法律で禁止されている。そのため 墓地用に認可された特別な土地と成っている。固定資産税も相続税もかからず土地転売も出来ない。

『単車』  Oct. 19, 2012 ▲Top
 普通自動車の事を4輪車と呼び、2輪で構成されているスクーターやオートバイの事を単車と呼ぶ。 自動車の4輪はタイヤの数でそう呼ぶが、トラック等、6輪以上のタイヤがあっても大型4輪という。 しかし、2輪車のことを何故単車と言うのだろう。戦前のオートバイにはサイドカーが付いて、運転手 以外にサイドカーにも人が乗るタンデムと呼び、サイドカーを外して運転手だけで乗る状態をソロと 言い、日本語に訳すると一人乗り、すなわち単独で乗る単車と呼ぶようになったもの。単車の意味は 1輪ではなく単独と言う意味だった。日本では許されないが、昔、台湾で1台の単車に一家5人が乗って 行楽地に来ていた光景を見たことがある。それは50ccバイクで運転手の夫の前に子供を乗せ、後部座席 の妻は背中に子供を背負い、運転手の夫との間に一人乗せて合計5人乗りだった。実に効率的な乗り方 で生活の知恵と感心した。

『たんこぶ』  Oct. 18, 2012 ▲Top
 頭など体の一部分を何かにぶつけた時、ぷっくりと膨らんでたんこぶが出来た経験があるだろう。 たんこぶの正体は、ぶつかった衝撃で出来た小さな傷口から出来た青あざと同じ様な内出血である。 頭のたんこぶは、腕や足を強く打った時に出来る青あざと違い、筋肉が無く脂肪も少ない頭部はすぐ 頭骸骨、さらに毛細血管が多いこともあって外部からの衝撃で血管が切れやすい。軽度なら血液中の 血漿が染み出してコブになり、損傷が大きいと赤血球等も出てきて赤いコブになる。ぶつけた場所 が向う脛のように筋肉の少ないところでもコブが出来ることがある。通常、たんこぶの内出血は時間 が経つと再び血管に吸収され消えていく。但し強いダメージを受けた時は消えないこともあり、その 場合は切開や注射器で中身を抜き取る処置が必要。また骨が損傷を受けていたり、その内側の血管が きれていることもあるので、正しい診断を受けることが必要だ。

『フライング』  Oct. 17, 2012 ▲Top
 陸上競技に於けるスタート時のフライングは、競技に於けるタイムに大きな影響を与える事から、 非常に厳しい判定が求められている。トップクラスでは、100分の1秒の争いをしている事になる。 現在採用されている方法は電子式の時計で、スターターのピストル音、スターティング踏切盤の センサーに加えて、ゴール地点を監視しているカメラが連動している。スターティング踏切盤には フライング判定機能が設けられている。走者の踏切盤に対する圧力の変化を常に監視し、スタート 時間外に一定以上の圧力変化があれば、スターターに知らせ場内には違反信号音を流す仕掛けに なっている。従って場内の観衆には見た目に異状スタートが分からなくても、フライングと判定 されることがある。人がピストルの音を聞いて反応し、足が動くまではそれ以上の時間かかると 考えられているため、0.1秒以内なら山をかけたと判断されるが、0.1秒以上の時間が経ってから のスタートはフライングとはされないことになっている。

『マラソンの距離』  Oct. 16, 2012 ▲Top
 マラソンで走る距離は第7回アントワープ大会(1920年)までは、40km前後と一定していなかった。 その中で第4回ロンドン大会が42.195kmだった。本来42kmで設定していたが、王女アレキサンドラの 「スタートを城の窓から見たい、ゴールは競技場の我がロイヤルボックスの前に」との注文で42.195km になったと言う。後に第8回パリ大会から、マラソンの距離を固定しようということになったとき、 ロンドン大会での42.195kmが採用されたのです。ではどの様にして半端な距離を測っているかと言うと 国際的に統一たのが「自転車計測法」。検定を受けた3台のメーター付き自転車に「自転車計測員」 という人が乗り、道路の縁石から一定の距離の場所を走っていく。自転車の走る道を示す線が残って いる大会もある。そしてこの3台の計測結果の平均値を使用している。0.1%の多目の誤差、つまり42m 以内のオーバーならば公式のコースとして認められる。

『マンボウ』  Oct. 15, 2012 ▲Top
 海の生物の中で、信じられないような不思議な体形をしている魚である。水中を泳ぐ為には 水を掻き、思う方向に素早く動く為の尾びれは絶対に必要と思うが、この魚にはそれが無い。 ただ、水の中をぷかぷかと漂っているだけなのだろうか。実は上下に張ったひれを左右に振って 巧みに泳ぎ、危険が迫った時には猛スピードで泳ぐことも出来る。大型なら3メートルにもなる マンボウなら、海面から1メートル位の高さまでジャンプすることも出来ると言う。エサは動き の遅いクラゲなどが主な食べ物。積極的に活動しない為、繁殖行為も偶然の出会いしか無い。 1回に3億個もの卵を産むが、成長するのはそのうちの1〜2個。成体数が少なく大型で標本に することも難しいことから、知られている割には殆ど研究が進んでいない不思議な魚なのである。

『孫の手』  Oct. 14, 2012 ▲Top
 最近は、ダイソーに代表される100円ショップで、孫の手を見つけることが出来る。竹を削って、 先が手の平を少し曲げた形で、小さい子供の手を思わせる所から孫の手と呼ぶのだと思っていた。 孫の手は、背中など手の届かないところが痒い時に、まるで孫に背中を掻いてもらっているような 便利なもの。実は孫の手には伝説があり、古代中国の仙人の話が集められた「神仙伝」という書物 の中に「麻姑」という女性の仙人が出てくる。麻姑は鳥の爪のような長い爪を持っており、これを 見たある男が「あの爪で痒いところを掻いてもらったら気持ちいいだろうな」と思った。しかし仙人 である麻姑様が私ごときの背中を掻くわけがないと納得したという話があり、ここから転じて麻姑 の手が当て字で「孫の手」となったという。

『マネキン』  Oct. 13, 2012 ▲Top
 デパートや洋品店の店頭等に立つ等身大のマネキン人形には、顔立ちや体系はどう見ても日本人に 見えないものがある。エキゾチックな顔立ちと、長い足で抜群のプロポーションは商品を引き立て、 購買意欲を誘う作戦である。最近の女性マネキン人形の場合、標準的なもので身長が172〜176cm、 バスト82〜84cm、ウエスト58〜62cm、ヒップ85〜88cmといったところらしい。また人気ファッション モデルのプロポーションから顔まで忠実に再現したマネキン人形も増えてきている。マネキンという 名称はフランス語からの由来で、人体解剖模型などを意味するmannequin(マヌカン)からきたもの。 但しマヌカンは「招かん」に通じて縁起が悪いと言う事から「招金」とかけてマネキンとした等と 言われている。マネキンは人形の呼び方以外にも、衣装モデルや店頭で商品紹介をする販売女性の 意味でも使われている。

『アイドリング停止』  Oct. 12, 2012 ▲Top
 車の排ガス規制と、燃費改善、騒音防止等を考慮して、自動車業界でアイドリングストップが 話題になった事がある。現実に自動車メーカーでは信号待ち等で一定時間車が停車すると、自然に エンジンが停止する設計も進んでいる。アイドリングストップが理想的に行われると、14%程度燃費 が向上する。エンジン再始動時にかかる燃料と、5秒間エンジンを停止することで節約される燃料の 量がほぼ等しいので、5秒以上停車する場合は、アイドリング・ストップした方が燃料消費が少なく なると試算されている。但しエンジンの始動時には、一般的に排ガスの量は増えます。ディーゼル車 における窒素酸化物の排出量の調査では、20秒強のアイドリングに相当するという結果が出ている。 最近の調査では一々エンジンを切る方が環境に悪いという結果も出たとか。15秒以上停車する場合、 エンジンを切ったほうが二酸化炭素の排出量は確実に少なくなるのだが、赤信号のたびにエンジンを 止めると、再発進する時に手間がかかり、渋滞がひどくなる。結果として二酸化炭素の排出量が増えて しまうと言うことである。

『天気予報』  Oct. 11, 2012 ▲Top
 私の妻は、以前から天気予報を自分の体の神経痛で占い、予測するのを得意としている。 持病で足に神経痛の症状を持っていて、その神経が痛むと低気圧が近づいていて天気が崩れると 言う。理由は、天気が悪くなる時の大気の状態にある。天気が崩れるとき、低気圧が来て気圧が 低くなることが多いのだ。気圧が低くなると言う事は、四方八方から大気圧で押さえられていた 人の体がその圧力から少し開放されるということになる。それによってからだは少し膨張 します。すると、神経を始めとするからだの内部も当然膨張する訳だ。神経痛とは神経が近くの 骨、関節などの組織に圧迫されたり、当たって痛むことが多いので、その圧迫が激しくなるのだ。 だから、痛みが強くなります。逆に天気の良い時は高気圧が来ていることが多く、大気の圧力は 高くなり、からだの組織は圧縮されます。神経細胞も、周りの組織も圧縮されるので、神経が 圧迫される度合いが小さくなり、痛みから解放されることから天気の予報が出来るようだ。

『白い歯』  Oct. 10, 2012 ▲Top
 最近の芸能人に、人工的に白い歯にしている者が居る。昔から美しいものに明眸皓歯と 賛辞の言葉を充てている。歯並びが綺麗で汚れや色素沈着のない白い歯は美しいが、歯本来 の色の話で言えば健康で丈夫な歯と言う意味では、やや黄色い歯の方が優れていると言う。 歯は、内側のやや黄色っぽいアイボリーの象牙質を、外側のエナメル質が覆っている構造。 エナメル質は石灰化が進んで硬ければ硬いほど透明度を増す。つまり丈夫な歯ほど象牙質の 黄色が目立ち、逆にエナメル質が弱いとエナメル質が白く濁り、白い歯になると言う訳だ。 審美歯科等で歯を白くするブリーチングには、幾つか種類があるが、レーザーや薬品で エナメル質の表面に細かい凹凸を付けて白く見せる方法や、象牙質自体を漂白する方法が 使われている。

『睡眠発作』  Oct. 9, 2012 ▲Top
 自動車の運転を職業としている人が十分な睡眠時間を取ったにも関わらず、居眠り運転を して事故を起こす事があると言う。この場合、生まれつき自然に居眠りをしてしまうと言う 病気である可能性がある。病名はナルコレプシーと言うもの。まだ原因は解明されていない。 主に15歳前後が多く40歳以上の発症はまれである。症状はふつうの居眠りによく似ている。 只、その程度が並外れて酷いのだ。 講義中などでも必ずと言ってよいほど眠ってしまう。 酷い者になると、会話中でも何でもほとんど眠り通しである。この病気では、しばしば脱力 発作を合併する。それは急に身体がぐにゃぐにゃになる発作である。ことにそれは、感情を 強く動かしたときに起こり易く、笑ったり怒ったり驚いたりした途端、全身の力が抜けます。 ただし時間がたつと自然に力が回復するのです。治療を行っていない状態で自動車の運転中 に発作が起きると重大な事故の原因となりうるため、日本睡眠学会では、治療によって改善 されるまでは車両運転を控えるべきであるとしている。

『石鹸』  Oct. 8, 2012 ▲Top
 ひときわ暑さが身に沁みた今年の夏だったが、少しでも町を歩くと不愉快な大汗をかいた。 肌着をびっしょりと濡らした汗は体に張り付き不快感は我慢できなかった。家に帰り急いで シャワーを浴びて汗を流すと、すっきりと暑さを凌げるが、欠かせないのは石鹸だ。種類は 米ぬか石鹸、竹炭石けん、シラスを使った石けんなど最近はオヤッと思うほど色々な材料に よってつくられた石けんが多い。石けんの発明は古く、昔は動物の脂と灰を混ぜて作っていた らしい。古くは洗髪用が主で、石けんを使える身分は王侯貴族などに限られていたらしい。 香水は香りを撒き散らすことで汗で匂う体臭を変えてしまうが、石けんは水と一緒に臭いを 洗い流す消臭のはたらきがある。若い頃、町ですれ違う浴衣姿の女性から、ほのかに香る石鹸 の匂いは、男心をときめかす風情を感じたものだった。

『アク』  Oct. 7, 2012 ▲Top
 日頃食べている食品には通称アクと呼ばれる渋み・苦み・不快な臭いなどの元で、食用には 不要な成分が含まれている。野菜に含まれるアクは灰を使ってアク抜きをしていたことから 「灰汁」と書いてアクと読んでいる。アクは体に悪いという印象があるが、普通に食べる量で 影響が出るものではない。アク抜きは、あくまでも色と味を良くするためのものである。 タケノコやホウレン草に含まれる「えぐ味」のシュウ酸、キュウリに含まれる「苦味」のアル カロイド類、おなじみ「渋味」のタンニンなどがアクの元だ。代表的なホウレン草に含まれる シュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げるアクであるが水溶性なので茹でると殆ど取り除ける。 肉の血や浸出液に含むタンパク質、遊離アミノ酸などもアクの成分であると考えられている。

『ゴカイ』  Oct. 6, 2012 ▲Top
 魚釣りに使う餌は、場所により、魚により、人によって異なり、当然釣果にも影響する。 餌にも、生き餌と冷凍餌や疑似餌もあり、当然使い方も異なっている。動いているものなら 何でも飛びついて捕食する魚には、疑似餌が一番適切だし、動きの遅い魚は、餌を見極めて 食べる習性があるので、新鮮で生きた餌でなければ食ってくれない。私の釣りはもっぱら 静かな港の中を釣り場としているので、対象魚には新鮮な生き餌を使う事が多い。夜釣りに 行くときには、ローカルでは朝鮮ゴカイと呼ぶ青いそめを使っているが、日本ゴカイに比べ やや大きい種類で、その分生きもよく釣り針に刺すとき鋭い歯で噛み付かれる事がある。 我々の指は、ゴカイに噛まれたぐらいでは驚かないが、孫や家内などを連れて釣りをする 時は、朝鮮ゴカイは噛むから嫌だと騒ぎになる事がある。歯のある頭を切り落としてつけ れば済む事なのだが、ぬるぬるして動きも早いのでそれも難しく、結局はこちらの手間が 掛かって自分の釣りに専念出来ないことになってしまう。

『利き足』  Oct. 5, 2012 ▲Top
 人には生まれたときから右利きか左利きか、どちらか利き腕が存在する。日本人には右利き が多いようだが、外国人には左利きも多い様で、サインなどする映像を見ていると、左手にペンを 持ち、見事に書いているのを見かける。漢字の縦書きは、右側から書き始めて左側へ書き進める ので、左手で筆を持ち右側から左へ書いて行くには自然かも知れないが、英語などのスペルは、 左から右へと綴っていくので、見ていて不自然さを感じ、書きあがりは癖のある字に成っている。 説によると、足にも利き足があり、右足と左足には夫々役割があって、体のバランスを取るとき 利き足がコントロールしているらしい。その説によると、右足は一般に左足と比較すれば敏捷 に動かすことが出来き、体のバランスを取るときに役立っているらしい。これに対して左足は、 体重を支えるという役割のほかに、歩いたり走ったりするときに進むべき方向を決定していると いう役目だそうだ。例えばエレべーターを降りるとき、無意識ながらまず最初に踏み出す一歩は ほとんど左足だという。一度試して見て下さい。

『みかん』  Oct. 4, 2012 ▲Top
 暑かった夏が過ぎ、まもなくコタツに入って過ごす季節が来る。日本の風物詩ではコタツに入ると 家族皆でみかんの皮を剥いて食べる姿が目に浮かぶ。年末なら家族揃ってコタツで紅白歌合戦を見 ながらみかんを食べている事だろう。この時食べるみかんは、大抵温州みかんだが、中国の温州に 因んでウンシュウミカンと命名されたとされるが、実は温州原産ではなく日本の鹿児島県原産と推定 されている。実は温州みかんには、種がないのにどうして増えるのかというと、単為結実性と言う 性質にあり、接木(つぎき)によって増やしている。カラタチの木にみかんの枝を接木して新しい みかんの木にするのだ。温州みかんは主に関東以南の暖かい地域で栽培されている。温暖な気候を好み、 柑橘類の中では比較的寒さに強く、日本で一般的に使われているカラタチ台では2〜4mの高さに 成長する。

『赤道』  Oct. 3, 2012 ▲Top
 地球儀を見ると、丸い地球儀の南北を分ける真ん中に赤い線が入れられて、赤道と呼んでいる。 日本語で赤道なら、英語なら Red Road と言うのかと言うとそうではなく、equator と言う。 equal(イコール)というと分かりやすいが、equatorは等しく分けるという意味。ではなぜ日本では、 赤道と呼ぶのだろうか。昔の中国の天文学では、天球上で太陽が通る道を黄道(光道)、月が通る 道を白道と呼んでいた。他の呼び方では黒道や青道という様な色の道があり、その一つが赤道と 言う訳だった。赤道は、太陽が真上を通るとされる地球上のライン、つまり北と南の半球を分ける 南北回帰線のことで、天球図では赤い線を引いて表現していた事から赤道と呼んでいる。

『中国韓国問題』  Oct. 2, 2012 ▲Top
 今や、竹島問題の韓国、尖閣諸島問題の中国台湾は、日本領土と認めないばかりか、国が 後押しして、連日デモや日本製品のボイコットや各種交流事業も全て中止するなど、日本を 排斥し続けている。にも関わらず、日本は全くのノー天気なお人良しで、先週のプロゴルフ 競技は、男女共に中国と韓国の選手に優勝と上位入賞を与えて、高額の優勝賞金を持ち帰らせた 。どちらの国の国民もこの勝利には快哉を叫び、日本を罵倒したことだろう。それでも日本 は喜んで迎え入れて、無用なお世辞を言って賞金泥棒に熨斗をつけて渡すと言うナンセンスは あきれてものが言えない。日本プロゴルフ協会は、何を考えているのだと言いたい。向こうが 日本とのあらゆる交流を断絶する以上、日本の賞金をかける競技への参加もボイコットする べきだ。彼らに高額の賞金を与えたり、スポンサーの賞品を渡すのは、何の意味も効果も生ま ない事を知るべきだ。

『蚊取り線香』  Oct. 1, 2012 ▲Top
 暑い夏の間、風通しに窓を開ける事から、活躍した蚊取り線香もぼつぼつ用済みになってきた。 蚊取り線香は、かつては除虫菊を原料とし、これに含まれるピレトリン、ピレスリンという殺虫 成分を熱で拡散し、煙で運ぶという仕組みだった。現在の蚊取り線香はこれまでの除虫菊に代わり 合成化合物のピレスロイド系アレスリン等が使われている。また、電気式蚊取り器に使われている 殺虫成分もアレスリンが多い。主にマット式とノーマット式の2種類があり、マット式は薬液を 染み込ませたマットを熱したプレートの上に置き揮発させている。ノーマット式は薬液の入った ボトルの上部の芯をヒーターで加熱して揮発させる仕組み。ノーマット式の方が一度にセット できる薬液が多く、60日や90日という長時間を謳う製品が可能となった。

Home