2012年 1月
『バッテリー』  Jan. 31, 2012 ▲Top
 車のバッテリーは、冬場に性能が低下する事は良く知られている。私の車は7年前に 購入した時、既に10万キロを走行した中古車で、バッテリーも相当弱っていたと思う。 数年後の冬の寒い日に、エンジンが掛からなくなり、安い中古バッテリーに交換して 急場を凌いだ。しかし購入時点で2年程度が寿命ですよと念を押されていた事もあり、 先日の寒い朝出かけようとした時、再びエンジンは掛からなかった。仕方なく修理屋に バッテリーの手配を頼み出掛けるのを止めた。思いついてバッテリーを外し自宅にある 12VのDC電源に繋いで充電を試みた。まる1日の充電後、再び車に取り付けたところ、 気持ちよくエンジンが掛かった。充電によって何とか電池寿命が延びたので、頼んで おいたバッテリーの注文を中止、バッテリーの充電で復活した事を話して理解してもらった。 その後、車は快調に走っている。

『まな板』  Jan. 30, 2012 ▲Top
 台所仕事で、魚を料理して直ぐに肉を切り、サラダにする野菜も続けて刻みたいと 言う時、夫々の臭いが気になるからと、1枚のまな板を度々洗いながら使うのは効率 が悪い。手っ取り早く仕事を続けるには、まな板をラップで一巻きして包んで使い、 その都度、ラップを剥がして捨てれば、素早く次の料理に取り掛かれます。またラップに 頼らずまな板を綺麗に洗ったのに、魚や肉の生臭い臭いが残っている時は、レモンや 柑橘系の皮で擦って水で流すと臭いはすっきりと取れます。更に週に1〜2度たわしに 食塩をつけて流水で洗うと清潔になります。この時、熱湯などのお湯を使うと、逆に 臭いがまな板に沁みこむので、必ず水を流しながら洗うことがポイントです。

『ダイエット(4)』  Jan. 29, 2012 ▲Top
 ダイエットには、過激な運動をする無酸素運動よりも、軽めで長続きする有酸素運動の方が、 より脂肪を燃やしてダイエットに向いている話をしてきた。体の余分な脂肪を燃やすには酸素 が必要だが、息切れするような激しい運動では、酸素の供給が間に合わない。酸素無しなので エネルギーとなるグリコーゲンや血中ブドウ糖が使われて、その間、脂肪の燃焼はストップ してしまう。運動によって効率よく脂肪が燃えてくれるのは、20〜30分続けられるような運動が 一番良いとされている。このように酸素の消費量の大きな運動の事をエアロビクスエクササイズ (有酸素運動)と言い、早歩き、ジョギング、スイミング、サイクリング等がある。

『ダイエット(3)』  Jan. 28, 2012 ▲Top
 ダイエット成功の秘訣は、代謝をあげることだ。代謝をあげるとカロリー消費は自然と増え て痩せやすい身体を作る元になる。基礎代謝は一日の消費エネルギーの70%近くを占めていて、 この代謝を高めるのが太らない体への一番の近道というわけだ。この基礎代謝量を体の部位別に 見ると、筋肉が約40〜50%、肝臓・胃腸・腎臓で約30〜40%、脳が約10〜15%、心臓が約5〜10% となっている。これから判るように、基礎代謝で消費されるエネルギーは、圧倒的に筋肉の為に 使われるている。必要な筋肉をつけるために、無酸素運動が良い。いわゆる、筋トレ、スロトレ、 短距離走などの運動がそれにあたります。そして、筋肉を付けて基礎代謝を高めた後は、有酸素 運動をして脂肪を燃やせば、エネルギーを消費して痩せ易くなる。ウォーキングやジョギング、 水泳などの運動を20分ぐらいを無理なく続けることが大切である。

『ダイエット(2)』  Jan. 27, 2012 ▲Top
 ダイエットに効果的と、野菜、果物などをサラダにして食べる人が多い。しかし、 サラダを食べるのに、マヨネーズやドレッシングを掛けて食べる人がいるが、あれは 高エネルギーなのだ。野菜サラダを山盛り皿に盛ってお腹一杯食べてダイエットと 思っているのだろうが、たっぷりのマヨネーズやドレッシングを掛けて食べたのでは 摂取エネルギーは相当なものだ。またサラダに盛り合わせる果物を野菜と同じ感覚で 食べているが、果物にはビタミンC、カリウム、植物繊維、そして糖質が多く含まれている。 実は糖質の中で最も果糖が多いので、体脂肪の主成分となる中性脂肪の元となる。 果物は糖質食品と言われ、お菓子に近い食べ物なので太り易い事を忘れてはならない。

『ダイエット(1)』  Jan. 26, 2012 ▲Top
 私も含め中年を過ぎた男女の殆どがダイエットには色々気を使っているだろう。 知っての通り、主食になるご飯やパン、麺類等にはでんぷんと呼ばれる糖質が多く 含まれている。体脂肪が分解してエネルギー源になる為にはこの糖質からの分解物 が必須だ。1食にご飯なら軽く1杯、パンなら1枚程度は必要なのだ。穀物には タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維等が含まれ重要な供給源になっている。 ダイエット中はとかく主食を抜きがちだが、必ず穀類を食べることが肝心だ。 ダイエット中は、食べたい慾求によってストレスが起き、甘いものを欲しがるものだが、 洋菓子は高エネルギーのバターやクリームを多く使っているので、米、あずき、寒天 、きなこ、ゴマ等を多く含む和菓子の方がよい。和菓子に含まれる食物繊維は栄養 成分の吸収を抑え、血中コレステロールを適当に調節するのでお勧めできる。但し、 くれぐれも食べ過ぎないことである。

『玉ねぎ』  Jan. 25, 2012 ▲Top
 玉ねぎを切る時、思わず涙を流したことありませんか。涙が出るのは 玉ねぎに含まれる硫黄を含んだ揮発性の刺激成分が目を刺激するからなのです。 刺激成分を防ぐには冷蔵庫などに入れて置き冷やしてから料理すると、 刺激成分が気化しにくくすることが出来ます。またボールなど水の中で 切ると揮発成分が水に溶けて、刺激成分が弱くなります。よく切れる包丁 を使うことも方法で、切れ味の悪い包丁は玉ねぎの組織を潰してしまい 刺激成分が出やすくなってしまいます、その他玉ねぎの茶色の外皮を剥いた 後、丸ごとさっと熱湯に通してから切ると、刺激成分が湯に溶けて出て 刺激臭が弱くなります。これらの合わせ技によって涙を流すこと無く玉ねぎ 料理が出来ます。

『ビタミンC』  Jan. 24, 2012 ▲Top
 身体にいいと言われるビタミンCを豊富に含んでいる野菜から、生ジュースを作ろうと ミキサーやジューサーを購入して頑張ってみても、肝心のビタミンCは期待通りには、 摂取出来ないことを知っているだろうか。実はビタミンCはとてもデリケートなので、 空気と結びつくと壊れやすい。ミキサー等で高速に攪拌すると空気中の酸素とビタミンC が簡単に触れ合い、肝心の酵素を壊してしまう。ビタミンCの為には、出来るだけこれら のことを考えて、低速で回転するジューサーを選ぶことが重要だ。ビタミンCは白血球の 働きを助け免疫力を高めて風邪などの感染症に対抗する。またウイルスの感染を阻止する インターフェロンの生成を助け、更に感染症を阻止してくれる。ビタミンCはコラーゲン の生成を助け、ハリのある肌を保つと共に、血管や骨なども丈夫にします。このように、 ビタミンCは身体にとって大切な働きをするので、有効な摂取法を考えよう。

『切腹』  Jan. 23, 2012 ▲Top
 昔の武士は自らの名誉と男の美学を演じる為、人前で腹を切り時によっては自ら腸を引き 出して相手に投げつけて果てると言う壮絶な死に方もあった。日本人の我々は昔から在る 切腹は男としての立派な死に方と、それが異常なものと感じない日本独特の文化である。 外国人から見れば自ら腹を切る等は最も残酷な死に方と思うに違いない。切腹は自ら息絶える までに時間が掛かり過ぎ、その間痛みに耐えなければならないので、介錯という方法で痛み を感じる時間を短縮させている。近年では三島由紀夫が日本の将来を危惧して切腹、仲間に 介錯させて死に至ったことが在る。但し彼の場合、介錯した者が初めての事で失敗し、首を 落とすのに3の太刀まで掛かったとか。三島はさぞかし苦しんだことだろう。

『焼き芋』  Jan. 22, 2012 ▲Top
yakiimo.JPG  昔は夜中、町の中をリヤカーで売り歩く石焼き芋屋をよく見かけたが、最近はあまり 見られなくなった。従って大好きな石焼き芋も、何かのイベントでもない限り食べる機会 がなくなった。平成以前の時代には、冬の時期に道路や庭の落ち葉を集め燃やしていたが、 そんな時さつま芋を一緒に良く焼いた。この方法は石焼き釜とは違い裸火を使うことから 火加減が難しい等の問題もあったが、上手に焼ければ甘い風味を味わうことが出来た。 しかし2002年12月に施行された改正廃棄物処理法によりゴミを野焼きすることが禁止 され、野外での焼き芋は出来なくなった。今は電子レンジでチンすれば簡単に焼き芋が 出来るが、実は美味しく芋を焼くには、間接的にゆっくり加熱することで、デンプン分解 酵素(アミラーゼ)がデンプンをブドウ糖に変えてくれる。その為、通常の焼き方よりも 甘く仕上がるのだ。実は電子レンジよりもオーブンでアルミホイールにさつま芋を包み、 時間を掛けて焼くと甘くて美味しい焼き芋が出来る。

『ダイヤモンド』  Jan. 21, 2012 ▲Top
 物質の中で一番硬い物はダイヤモンドと思い込んでいる人は多いのでは無いだろうか。 確かにダイヤモンドの硬度は最高のレベルにあるが、その硬さとは引っかき方向に対する 硬さで、その他の項目についてはとても脆い面が多いのだ。ダイヤモンドは劈開性を持って いて、ある特定の方向に対しては簡単に割れる(剥がれる)性質がある。原石を分割する際 にはこれを利用して加工している。さらに粘り強さや割れ難さを表す靭性は低く、ハンマー の衝撃で粉々になってしまう。さらにダイヤモンドは炭素の塊なので高熱で消えてしまう。 結局は炭素の結晶だから900〜1000℃以上で二酸化炭素になって固体は無くなる。一般的な 火災では酸素が十分に供給されないから表面が白く曇る程度だが、金庫に入れていた場合、 内部温度が高いうちに開けると、酸素が送り込まれた瞬間、二酸化炭素と化してしまう。

『マナー』  Jan. 20, 2012 ▲Top
 海外を旅行すると困る事のひとつは、日本でのマナーがそのままその国で通用しない事だ。 手で掴んで食べるというのは、今で考えるとインドとかアフリカの国とかいうイメージが強い が、食事に箸を使う文化は中国や日本で使いはじめた頃は、ヨーロッパでナイフやフォークが 使われ始めたのよりもはるかに古い。西洋料理の煩いマナー等にビビることなどないのだ。 こちらのほうがマナー先進国である。ヨーロッパの人達が食器を使いはじめたのも案外最近の こと。キリストの最後の晩餐の絵を見ると手づかみだし、中世の食卓でも、食べ物は直接手で 掴んで口に運び、食べ残しは床に捨てていた。床のごみは犬がきれいに食べてくれたという。 今でもインド系食文化が根付いている地域では右手で食べ、フィンガーボールの水で手の汚れ を洗っている。ナフキンは無くティッシュがあれば良い部類だ。

『透明な氷』  Jan. 19, 2012 ▲Top
 酒好きの人が晩酌でオンザロックや水割りを美味しく飲む為には、氷が必要だ。 店で出てくるような、透明に凍らせた氷を自宅の冷凍庫で作ろうとすると、工夫が 必要だ。水道水をそのまま凍らせると、水には空気、塩素、その他ミネラルが含ま れていて、凍っていく過程で空気や不純物は内側内側に追いやられていき最終的に 行き場がなくなって水と一緒に凍る。その時、水に溶けていた空気は凍らないので 気化して姿を現す。家で作る氷の内側が白いのは空気が気化してできた気泡なのだ。 また、中心部分には空気とともに不純物であるミネラルやカルキ等が含まれている 訳で、これが家で作る氷の匂いの元ともなっている。これらの要因を除いて透明な 氷を作るには、予め沸騰させてから冷ました水を凍らせると、透明な氷が出来る。

『解熱剤の効果』  Jan. 18, 2012 ▲Top
 今年は厳しい寒さと、異常な乾燥が続き風邪が例年より多発している。風邪を引いて熱が 出ると状況を見て解熱剤を服用するが、素人判断では服用するタイミングが重要だ。通常 ウィルス性の風邪やインフルエンザの場合、発熱はウィルスの活動を鈍らせ効果的に戦う ための自己防衛反応である。一般的な解熱剤はこの反応を緩やかに和らげるもので、体温を 一気に下げるという性質のものではないため、熱が下がり過ぎる事は無い。平熱の時に 使っても心配はない。しかし解熱剤を風邪の初期段階で使用して発熱を抑えてしまうと、 ウィルスと戦う環境を弱めてしまい、治るまでの期間が長引くことになる。逆に、あまり 我慢すると体力を消耗してウィルスと戦いきれなくなる。そこで解熱剤を使用するのは、 発熱の影響で体の不快感が強くなる38.5℃以上という時期を目安にすることだ。

『ゆで卵』  Jan. 17, 2012 ▲Top
 料理に使う卵は新鮮な卵を選んで買うのが常識だが、ゆで卵にすると新鮮な卵は茹でたあと 殻を剥くのがとても難しい。折角の新しいゆで卵なのに、剥き終わると表面は凸凹の醜い形に なってしまう。何故か新鮮な卵ほど薄皮(卵殻膜)が白身に張り付いて、殻が剥き難いのである。 新鮮な卵の卵白には炭酸ガスが多く含まれている。この新しい卵を茹でると外殻の気孔から ガスが出て行くのだが、その過程で薄皮と白身が強く結びつき、また同時に薄皮の水分も一緒 に奪って行くので剥き難いゆで卵となる。剥きやすいゆで卵を作るには、生んでから少し日数 の経った卵を使うと良い。また、茹でた後急いで冷水に浸けて冷やす事だ。すると茹で上がった 卵の中味が収縮して外殻との間に隙間が出来て剥きやすくなる。また殻を割った場所に水道水 を流しながら剥くと薄皮と白身の間に水が入り綺麗に剥けやすくなる。

『油を売る』  Jan. 16, 2012 ▲Top
 最近はあまり聞かない言葉だったが先日、知人の家で子供さんがお使いから中々帰って来ないのに 業を煮やして、あいつ、また何処かで「油を売っている」と言う言葉を耳にした。現代では油と 言えば精々ガソリンくらいの事だが、電気も無かった昔は、皿に油を満たして芯材を入れその芯を 燃やして明かりとしていた。町には行商の油屋が壷に入れた油を売り歩いていた。そして客の家の 油壺に移す時、粘度の高い油は糸を引いて切れが悪く、入れ終わるまで時間が掛かる事から、 待つ時間世間話をして接客していた。そんな事から時間つぶしする事を油を売ると言う表現が一般的に 使われるようになった。今、使われた言葉の油を売ると言う行為は、仕事をサボる状態を言うが、 昔の油屋は仕事の待ち時間を、お客の為に使っていた商売行為で、決してサボっていた訳ではない。

『肉と魚』  Jan. 15, 2012 ▲Top
 年をとって来ると、歯も弱ってきて肉類をよく噛み締めて食べる、と言うのが苦手になってきた。 家内に注文を付けて食事の準備には、いつも肉よりは魚料理を指定していた。良質のたんぱく質は 身体にとって大切な栄養素なので、肉や魚、豆類はとても必要な食物であることは理解していた。 しかし、肉類を一切食べないで魚と豆類だけで必要なたんぱく質を摂取出来るかと言えばノーで、 特に高血圧症の人にとっては血管の壁をしっかりと守る為には、肉類は必須の要素なのだった。 肉類を避けて魚と豆類だけでたんぱく質を摂取するにはアミノ酸のバランスを保つ事が難しくなる ので少しでも肉類が必要だ。コレステロール値の高い人が、肉類に含まれる脂肪分を心配して 食べない人も居るが、肉料理も1日に80〜100g程度なら問題は無い。それよりも極端に植物油や 魚を多く食べると、コレステロールの悪玉だけでなく善玉まで減ってしまい良くない。脂肪の 摂取にもバランスが大切で、肉類を食べる事は必要なことを正しく理解しておこう。

『カルシューム』  Jan. 14, 2012 ▲Top
 小魚を丸ごと食べるとカルシュームが摂れると信じている人が多い。それは真実ではなく、 やや間違った情報と言える。小魚の骨に含まれるカルシュームは、リン酸カルシュームが主で、 水に溶けにくく、胃の中で胃酸の成分によりリン酸イオンとカルシュームイオンに分かれた 物だけが吸収されます。かって健康な男性3名に小魚のから揚げ、煮魚、粉末を食べさせて 吸収率を測定した実験で、カルシュームの吸収率は食べた内の20〜30%に過ぎなかったと 報告されている。吸収率は粉末が一番良くて、から揚げは期待した程良くなかったようだ。 小魚の丸ごと食べると良いと言う説は、あまり効果的ではなかったと言えるようだ。

『ぼけ予防』  Jan. 13, 2012 ▲Top
 最近身の回りや同年代の友人、知人家族に老人性痴呆症らしいと言う話を多く聞く様になった。 私自身も喜寿を迎えて年齢的に言えば人事ではない。老人性痴呆症とは脳の萎縮性痴呆と血管性 痴呆の二つに分類出来るそうだ。日本では脳卒中等による血管性痴呆症が多く、ある程度食事 療法の改善で予防することが可能である。大豆タンパクを主成分とした高タンパク食は血管の しなやかさを保ち、脳卒中を予防する効果があります。また魚に含まれる高タンパク食は血圧を 下げ、過剰に摂った塩分を排泄し脳卒中を予防します。中高年になってからも、高タンパク食を 十分摂っていれば脳卒中を防ぐことが可能です。但し腎臓病の人はタンパク質の摂り過ぎには 注意が必要です。

『卵』  Jan. 12, 2012 ▲Top
 ゆで卵が大好きで、1日何個も食べると言う事で有名な坂○英○元投手だが、小さい頃家が 貧しくて卵が大のご馳走だったと言う。ある時、彼は東京〜新大阪の移動中に最高9個のゆで卵を 食べた、というほどの卵好きだ。でも卵にはコレステロールが多いから一度に一個以上は良く ないと警戒する人が居る。ところが肝臓には体内のコレステロール値を一定に保つ機能があり、 健康な人なら例え卵を1日5個、1週間食べ続けても血中コレステロール値は殆ど変化しない。 既にコレステロール値が高いと言う人でも、1日1個程度なら問題はない。卵は色々な料理に 利用することが出来、バラエティーに富んだ食材として大いに使えることを勧めたい。

『肉と野菜』  Jan. 11, 2012 ▲Top
 肉料理には必ず野菜かサラダが付け合わされて出てくるが、これには深い意味がある。 肉料理を食べると体内で燃焼してリン酸や硝酸などの酸性物質が多量に分泌されてくる。 これはアルカリ性の無機質と結合して体の中に障害が出ないようにしているが、無機質が 少ないと、酸の処理がうまく働かず身体に多く負担が掛かることになる。ひどい時には 体がだるくなる事がある。それを避けるためにアルカリ性の無機質の多い野菜類を食べる 意味があるのだ。この場合肉に対して食べる野菜は約2倍程度が望ましい量とされている。 即ち肉が100gなら野菜は2倍の200g食べるのが適量と言うことになる。

『下がり』  Jan. 10, 2012 ▲Top
 大相撲の初場所が始まった。いつも感じるのだが力士がまわしにぶら下げている暖簾のような 「下がり」というもの。如何にも邪魔に見えるあれは何のために付けているのだろうか不思議に 感じていた。激しい動きで最後は土俵に落ちてしまう余計なものと思ってしまう。今では力士が お尻を出して歩くのは当たり前のようだが、昔は力士も見る側も恥ずかしい不浄のものとされて いたようだ。実は元々は化粧回しをつけて相撲をとっていたらしい。相撲協会のHPにも「昔は 化粧まわしをつけたまま相撲をとっていた」と書いてある。現在の化粧まわしのようなものを つけて相撲をとっていたが、さすがに邪魔だったようでやがてそれが簡略化され、太い縄へ、 そして現在のような固めたヒモをぶら下げるようになった「さがり」は儀礼的だが、一応 下半身を隠すという意味があるらしい。紐の本数は縁起を考えて奇数本、最近は19本が基本と なっている。ちなみに、学生相撲や町相撲などでは下がりはつけない。

『貧乏ゆすり』  Jan. 9, 2012 ▲Top
 子供の頃、緊張した時など本人の意思と無関係に足が小刻みに震えた経験はある。まるで貧乏神が 執り憑いているかと思わせる揺れ方から、貧乏ゆすりと言って昔から嫌われる傾向にある。スポーツ 選手などが試合前の控え室などで緊張のあまり貧乏ゆすりをしている姿を見かけたことがある。貧乏 揺すりをする原因は、まだ完全に解明されたとは言えないが、いくつかの説がある。何かのきっかけ で筋肉が収縮し、それから起こる一連の伸張反射によって、脚の前後の筋が交互に収縮伸張を繰り返す ため。長く座っていると、下半身の血流が滞ってしまうので、それを解消するために反射的に貧乏 揺すりをするもの。気の小さい人や落ち着きのない人に多い動作だが、筋繊維や神経系の違いから男性 に多く女性には少ないとされている。それは男性の方が筋繊維が太く、血管を圧迫し老廃物が溜まり 易く、これを解消するためと言ったものや、脳梁の太さの違いによるものではないかと考えられている。

『車の運転』  Jan. 8, 2012 ▲Top
 日頃大人しそうな人がハンドルを持つと、信じられないような荒々しい運転をする人が居る。車に乗ると、 性格が一変するのに驚く事がある。特に女性の運転にそんな様子を感じるのだが、あれは日常生活で鬱憤が 溜まっているストレスが爆発するのだろうか。直進していて前方の信号が黄色になっているので、ブレーキ を踏むのかと思っていたら、思い切りりアクセルを踏み既に赤になっていても平気で走り抜けるとか、前方を 走る車が遅いと直ぐ車線を変えて追越すのも、見た目の性格とは信じられない側面を感じる事がある。車に 乗ると人の性格を変えさせるいくつかの条件を備えている。例えば優越感。歩行者や自転車に対する優越感や、 他の車より速いとか、或いは高級だという優越感や虚栄心などであろう。人より上位にいるという錯覚を 起こさせ、運転に慣れると自分の自由に制御出来る車はその人の支配欲も満たしてくれるのだ。

『新品タイヤ』  Jan. 7, 2012 ▲Top
 愛用のマウンテンバイクのタイヤが破れたので、新しいタイヤに交換した。タイヤには細いひげが目立った。 これまでも気がついていたが自動車のタイヤ等でも、新しいものには細いひげがあったが、自転車のタイヤにも 同じものがあった。なぜタイヤにひげがあるのか不思議だったので調べてみた。タイヤの製造には型に材料を 流し込んで作るが、自然に固まるままにすると空気が残る事もあるので、型には空気抜きの細い穴が設けられ、 圧力をかけて空気を抜いている。そこに入り込んだゴムがヒゲの正体なのだ。スピューと呼ばれるこのヒゲは タイヤの型が複雑なほど多く設けてある。スピューはタイヤの性能上は不要だが、スピューを本体に傷付けず にキレイに取るにはコストが高くなる。走行には全く支障なく、そのうち取れるのでそのままにしてあるのだ。 ちなみに高級タイヤではスピューの出来ない型を使ったり、スピューをキレイに取ったものもあるようである。

『サウナ』  Jan. 6, 2012 ▲Top
 毎日通っているフィットネスでの楽しみにサウナ風呂がある。スイミングで1000m泳ぐ事で約 1kgの減量効果があるが、それを更に減量を促進させるのにサウナの効用がある。日本での主流は ドライタイプのサウナ。その温度は摂氏80〜110度とすごい高温。人間が入ってもヤケドしないのは ドライタイプだから。ドライサウナは温度が高く乾燥した状態で汗をかくと蒸発する時に体から熱 を奪い、その層が高温から皮膚を守っている。サウナの効果はスポーツや労働による汗には及ばない が、その汗の中には疲労物質も多く排出され、その結果体調は良くなり、毛穴は大掃除されるので 肌もツルツルになる。更にサウナの効果の真髄は何と言っても温冷浴にある。高温のサウナで温めた後、 冷水をかけるのを繰り返すと効果は倍増する。温水浴→冷水浴→温水浴→冷水浴と何度も繰返すのを、 温冷浴という。この温冷浴は、かって「西式健康法」で確立された重要な柱の一つとなっていた。

『ビールの不思議』  Jan. 5, 2012 ▲Top
 私は本質的には酒好きではない。人様の生活習慣までは良くわからないが私には晩酌の習慣は 無く、日常の生活でも、余程何かの祝い事で無い限りアルコールの類を好んで飲むことは無い。 但し、外出先等で酒を飲む機会があれば、アルコールの種類としてはビールを選ぶ事が多い。 止むを得ず飲むことになると、ビールなら中ジョッキで5〜6杯は平気で飲める。この量は決して 少量では無いと思う。不思議なのは、その量の水だけを飲むのは苦痛だが、ビールなら飲める ところだ。酒の席だから楽しく飲めると言うことも有るが、実は生理的には水もビールも食道 から胃に入り、そこに一時蓄えられる所までは一緒。水は胃から十二指腸に少しずつ送られ小腸 から大腸を通る間に腸壁から吸収されている。しかし、ビール等のアルコールは、腸壁に吸収 されるだけでなく、胃からも吸収される。またアルコール分は炭酸ガスや砂糖を含むと、吸収が 早まるという性質を持っており、それらを一緒に摂ると更に吸収度が高まる。その上、利尿作用も あるので只の水とは違い、どんどん飲めてしまうと言うことなのだ。

『孫の手』  Jan. 4, 2012 ▲Top
 半年ほど前になるが、100円ショップで見つけた孫の手を買ったことがある。その時は 背中のかゆいところを掻く目的があったが、その後は本来の使い道もなく放ってあった。 ある時、エアコンのスイッチが部屋の隅の少し高いところに設置されていて、手前に置かれた 荷物が邪魔で手が届き難いことから、この孫の手が役立つことになって以来重宝している。 ところで、なぜ孫の手と呼ぶのかというと、先が手の形をしていて背中の痒いところにも 手が届き、まるで孫の小さな手で掻いて貰ったような所から付いた名前だと思っていたが、 実は孫は当て字で、中国の仙人の名前の麻姑が正しいらしい。麻姑は鳥の爪のような長い爪 を持っていて、その爪で痒いところを掻いてもらったら、さぞ気持ちいいだろうと言う所か ら付けられた名前。

『緑黄色野菜』  Jan. 3, 2012 ▲Top
 健康食品としてよく取り上げられる緑黄色野菜だが、見た目に色の種類が多い事も ある。代表的なものにニンジンやカボチャ、ブロッコリーなどがある。同じような 色物野菜のキュウリやセロリ、キャベツは緑っぽくても淡色野菜に分類されている。 厚生省が緑黄色野菜と定義しているのはβカロチンの含有量が100gあたり600μg以上 という数値。では淡色野菜は劣っているのかというとそれは違い、ビタミンCや 食物繊維が多く含まれ、やはり健康のために大切なもの。緑黄色野菜を格別取り上げる のは普段不足がちな野菜を食べることを勧める為のもので、緑黄色も淡色もバランス 良く食べる事が一番大切なのである。

『年始の来客』  Jan. 2, 2012 ▲Top
 私も長い会社勤めを終えて15年以上経ち、お正月に年始挨拶の客人を迎えることも 全く無くなった。遠い昔の学生の頃の事だが、父が勤める会社の社員をはじめ遊び仲間 の皆さんが、毎年正月には大勢我が家にご挨拶に見えるのが恒例だった。父はお酒に弱く 自身は余り飲めなかったが、来客の酒好きには豪華なおせち料理と酒類は十分準備していた。 ある年、珍しく洋酒やリキュール等を大量に仕入れて新年を迎えた事がある。元旦に家族 と恒例の神事を終えた後、どこかで仕入れてきたカクテルの造り方教本を元に、何種類 かのカクテルを調合していた。やがて静かになったので覗いてみると味見酒で酔ったのか その場で寝込んでいた。肝心のお客が見えた頃には応対が出来ず、代わりに私が挨拶して 父が調合したカクテルを奨め、準備段階で父が酔いつぶれた無礼を謝った。結局この正月は 父の接客は全くなしで、自慢のカクテルを自分で客に勧める事は出来無かった。

『謹賀新年』  Jan. 1, 2012 ▲Top
   辰年
kingasinnen.jpg

  皆様 お健やかに新春をお迎えの事と存じます。
  昨年は何かとお世話になり 大変ありがとうございました。
  本年もZENさんのホームページを
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
     平成24年1月              ZEN

Home