2011年4月
『原発事故』  Apr. 30, 2011 ▲Top
 予想を遥かに超えた地震と大津波により、多くの建物と市民を失った東日本大震災で、世界でも認められて いた原発の安全神話が覆された。その復旧の目途も立っていない中、世界中が原発の安全性の見直しを始めた。 新聞報道等によると、高成長に伴う旺盛な電力需要を賄う必要があると、将来の原子力発電需要をリードする 中国やインドでも、安全性の点検や地元住民の反発で整備計画が遅れる可能性が出てきたと報じている。 東電はこれまで福島原発は、あらゆる災害に対応した絶対安全を謳っていたが、その裏側では経済性も考慮して 想定した設計基準は1000年に一度の災害予測には対応しなかった。その意味では今回の津波被害は想定外だった。 しかし現実は、高熱を発し続ける核燃料を冷却するポンプが全て津波で破壊され、加熱した炉心は大爆発を 起こす結果となった。中国の温家宝首相は「原発の発展は安全を最優先しなければならない」と述べ、それが でき上がるまでは新たな原発建設計画の承認を暫定的に停止することを決めている。世界中の新興国に対し 強力に売り込みを推進してきた日本企業の原発建設計画は、安全性への懸念から波紋が広がってきた。

『栗羊羹』  Apr. 28, 2011 ▲Top
yohkan.jpg  昔から甘いものは大好きで、食事で腹一杯食べた後でも、大福もちや羊羹等、必ず一口食べてきた。 よく言う甘いものは別腹というものだ。最近好んで買ってくる羊羹に、愛知県豊橋市の杉本屋製菓(株) の栗ようかんがお勧めだ。1本400gのたっぷりと詰められた羊羹が、わずか298円と言う安さが魅力。 普通に言えば「安かろう不味かろう」と言うようなものでなく、たっぷりと栗の大粒が入って甘さも ほどほど、食べて満足の商品だ。商品の説明書きを読むと生餡の風味を損ねない急速加熱製法で砲金 加熱製法と書かれているが、厳選した豆を国内の製餡所で炊き上げ、風味の良さを活かす為に熱伝導性 に優れた砲金釜で急速加熱したもの。伝統的な本格派の棹ようかんを一番美味しく食べるのは厚切りが 一番とあり、説明書きの通りボリュームたっぷりの太棹ようかん。家族、友人と一緒に楽んでは如何。

『枕と睡眠』  Apr. 27, 2011 ▲Top
 自分に合った枕がないと、心地よい睡眠は取り難いものです。枕が合わないと眠れないと、旅行先に自分の 枕を持っていく人が居るほどで、枕が合わずに何個も試してみたけどどれも合うのがないという人もいます。 枕が自分の体に合わないと、体形をゆがめてしまったり、熟睡出来なくなる原因になってしまうものです。 調べてみると枕の歴史は数百万年前といわれているが、人類始まって以来の悩み事なのだ。枕がなかった 時代は、腕枕や手枕だったかもしれない。弥生時代には木の枕を使っていたことが判っているが、その当時 の日本では床で眠る生活やその後のちょんまげといった髪型によって箱枕という独特の枕が誕生したものだ。 箱枕は硬くて高さがあり、西洋人から見ると「なぜこんな枕を使うの?」と思ったかもしれません。しかし、 髪型を守るという役割があり、床でも眠られる日本人だから、硬い枕でも平気だったのかも知れません。

『サウナ』  Apr. 26, 2011 ▲Top
 毎日フィットネスクラブに通って体を鍛えているが、楽しみのひとつが最後の仕上げに、サウナで 思い切り汗をかくことにある。日ごろエアコンの効いた環境で過ごすことの多くなった現代社会では、 サウナによる発汗はとても健康的な効果がある。サウナの効果は、朝入るならば一日のウォーミング アップになり、夜入れば快適な安眠のために効果があります。またある時はストレス解消に、肥満減量に、 疲労回復に、血圧を下げる等、その目的によって入浴の条件は異なるが、入浴による効果が活用出来る。 一般にサウナの発祥はフィンランドとされていて、1000年の歴史があり、今ではほとんどの家庭に必ず サウナが設けられていると言う。サウナと一口にいっても、湿った空気で全身をあたためるものと、高い 温度の乾いた熱気を用いるもの、そして最近脚光を浴びている遠赤外線ヒーターを使ったもの等があり、 日本に伝わる古来からのかま風呂や、温泉の蒸気を利用した蒸し湯等も湿式サウナの一種である。

『ホルモン』  Apr. 25, 2011 ▲Top
 ホルモンと言えば本来は人体など生体内の臓器から作られて血液中に放出される物質と定義されるが、 血液中に放出されたホルモンは、血流を介して遠く離れた特定の器官や細胞へ至り細胞の正常な増殖や 分化、機能の維持等をしている。ホルモンは体のエネルギーにはならず、ビタミンの様な働きをすると 考えられる。但し、ビタミンは食事から摂取出来るが、ホルモンは食事から取り込むことは出来ません。 ホルモン焼きなどを食べてもホルモンは増えないのです。ホルモンは、副甲状腺、膵臓、副腎では、 自力で作られるが、卵巣や精巣などでは、下垂体の出すホルモンによって、はじめてその臓器特有の ホルモンを作る事が出来るのだ。男は、男性ホルモンによって男らしい体格になり精子を作り、女は、 女性ホルモンによって女らしい丸味を帯びた体形となる。他に血圧をコントロールするホルモン、血糖 をコントロールするホルモン、等、数十種類のホルモンが身体のなかで働いているが、人間の一生の間に 生産されるホルモンの量は僅か、スプーン1杯程だと言われている。

『コレステロール』  Apr. 24, 2011 ▲Top
 私達が贅沢な生活をしていると自然に肥満体型の、俗に言うメタボリックシンドローム現象に 陥り易い。そのメタボの象徴的な悪者扱いのひとつにコレステロールや中性脂肪が上げられている。 確かにコレステロールや中性脂肪が溜まると、いろんな病気の原因になることはよく知られている。 メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が付く、所謂「内臓脂肪型肥満」の場合、高脂血症、 高血圧、糖尿病など、様々な病気の原因となることは間違いない。しかし実はコレステロールは体に 必要な脂質なのである。人の体を作っている骨や筋肉、内臓、皮膚などはすべて細胞の集まりで、 その細胞膜を作っている物質のひとつが、コレステロールなのである。コレステロールが不足すると、 細胞膜が弱くなってウイルスなどが入りやすくなったり、血管の壁が薄くなって、脳出血を起こし 易くなる。コレステロールの働きは、ホルモンを作り出す元にもなり、生命活動を支えるのに必要な もので、コレステロールがないと正常にホルモンが分泌されません。また肝臓で胆汁酸の材料にも なります。胆汁酸とは、脂肪の消化や吸収を助ける働きをするもので、脂肪を代謝してエネルギー にするにもコレステロールが必要です。悪者扱いするコレステロールも、体内に一定量は必要な ものなのだと言うことを正しく理解しておこう。

『鳩害』  Apr. 23, 2011 ▲Top
 先週の事、ベランダにしつこくやってくる野鳩のつがいに対し、来る度に徹底的に大声や 大きな音を出して脅して追い払って、どうやら効果があったと思っていた。しかし、昨日朝早く いきなりベランダでクックークックーと鳩の鳴き声がした。窓から覗いてみると先日の鳩が アベックで手すりにとまっていた。急いで棒切れで叩いて追い払ったが、寝床に戻るとすぐ また戻ってきた。昨日はゴルフのコンペで、出掛ける前の準備もあるので、鳩に付き合いを している暇などないのに、追っても追っても繰り返し戻ってくるのには参った。ベランダには 鳩が嫌うというCDの円盤を何枚もぶら下げたり、カラスのフィギュアなど置いているが、 今日は全く効き目がなかった。結局、朝食を済ませてゴルフ場へ出発するまでの1時間半程の 間に4度ほど戻ってきた。それ以降は、出掛けたので気にしていたが、夕方帰って見ると鳩が 住み着いた様子は無く安心した。あれを最後に、他の場所に住処を見つけたのだろうか。 毎年のことながら、あの鳩の巣が決まるまでこちらも落ち着かない毎日だ。

『お茶』  Apr. 22, 2011 ▲Top
 我が家では、贅沢ながら以前住んでいた所沢駅前のお茶屋さんから毎月定期的に厳選された緑茶を 送って貰っている。自分達で飲む以外にお遣い物にも利用している。世界中で一番愛されている飲物 はコーラでもジュースでもないお茶だと知っているだろうか。世界中で飲まれるお茶は大きく分けて、 緑茶、ウーロン茶、紅茶の3種類に分類される。これらの原料は全て同じ茶の葉から作られるが、製法 の差が、色や香りや飲み方が違ってきた。日本人の飲む緑茶は茶の若葉を蒸してもんだり炒ったりして 作る。紅茶は摘んだ葉を広げて萎れさせ、ローラで葉汁を絞り出し、濡れた布で覆うと、葉に含まれて いる酵素が発酵して焦げ茶色の紅茶に仕上がる。ウーロン茶は半発酵茶で発酵させる度合いで様々な種類 に仕上がっている。お茶の主成分はカテキンで、全てのお茶に同じように存在する。カテキンには殺菌 作用やガン予防やいろいろの作用がある。他にカフェイン、テアニン、タンニン酸等も含まれている。 これらの成分が混ざり合って、3種類のお茶の美味しい風味となっている。

『肩の痛み』  Apr. 21, 2011 ▲Top
 今年はじめに飛行機でハワイへ行った時、長時間座っていた座席上のクーラーの 吹き出し口が、右肩に当たり続けた事が原因で、帰国後右肩が痛くて夜も寝られない 程辛い思いをしてきた。特に寒い夜は右肩を冷やさないよう懐炉等貼って暖めないと 痛さを我慢できなかった。気温が上がってきた最近でも肩を冷やさない事が大事だ。 医学書には殆どが自然に治るが痛みが激しい間は安静にすることが必要と書いてある。 無理に動かしていると一層炎症をひどくする元になるらしい。常にゆっくり動かせる 範囲を確かめながら動かし、徐々に動かす範囲を広げるようにする。肩はできるだけ 温める。冷えると血液の循環が悪くなり回復を遅らせる元になるのだ。風呂や温湿布 などで温めるのは気持ちが良いので、毎日のスイミングの後もサウナや風呂でゆっくり 暖めるようにしている。

『パソコン』  Apr. 20, 2011 ▲Top
 先月、我が家にとって新しい(但し中古品)パソコンをオークションで購入した。ソニーのVAIOで CPUがこれまでより速い3.6Ghzながら、とても安く購入できた。使い始める前に、メモリーの増設加工や DVDの追加設置、アプリケーションソフト類のインストール等、手を入れた。そしていよいよ本番稼動 に入る時に、それまで順調に動作していた画面が、突然真っ黒になり、何の表示もしなくなってしまった。 私は古くからパソコンを使いこなしていると思われているが、実はハードに関しては全くの機械音痴だ。 ハード的に不具合が発生するとお手上げになる。そしてこんな時、友人を呼んで見てもらうのが常道だが、 今回もお願いした。いろいろ調べてもらったらビデオカードがおかしいと分かり、彼の手持ちのカードと 交換して無事画面が表示するようになった。折角買ったばかりのパソコンがいきなりお釈迦になったと、 気落ちしていたが、困ったときの神頼みの友人には感謝だ。お礼に我が家手製のクッキーを差し上げて ささやかに感謝した。今このページの更新は早速そのマシーンで快調に行っている。よかった。

『フケ』  Apr. 19, 2011 ▲Top
 髪の手入れの悪い人が、フケだらけの頭をしているのを見ると傍に寄るのも嫌になる。 普通は頭皮から自然にはがれ落ちる表皮の一部で、健康な人でも頭皮の細胞は約1ヶ月で 剥がれ落ちるものだそうだ。不潔な頭は異常な速さでこの周期が訪れて剥がれるのが、 フケとなる。フケはカビの一種で、マラセチアフルフルという菌が、頭皮脂を食べて 出る遊離脂肪酸という物質が皮膚を刺激し、頭皮細胞の再生を異常に早めているのだ。 この菌を減らせるのが硝酸ミコナゾールが入ったシャンプーだ。シャンプーに広く使わ れているのはジンクピリチオンやピロクトンオラミンである。抗菌シャンプーでよく ならないフケもある。フケで悩む人の半分近くはシャンプーや整髪剤が肌に合ってない かぶれが原因と言われている。冬はどうしても空気が乾燥するのでフケは出易くなる。 フケには、ストレスやビタミンB不足等も関係しているので、ほうれん草などの緑黄 色野菜や豚肉、牛乳などを摂るといい。

『わかめ』  Apr. 18, 2011 ▲Top
 昨日の一言で書いたひじき狩りの際、海の中でひらひら揺らめいていたわかめを見つけ、 鎌で刈り取ってきた。わかめは密生はしていないので、浅瀬を伝い歩いて量を集めるのは 大変だった。それでも何とか袋一杯刈り取った。岸まで運んで、妻に渡したら、 何故かこれはわかめじゃないと言い、薄い葉っぱを食べて見て味もないと言われた。 確かに店で見かけるわかめに比べて、やや小ぶりなことと、多少頼りない感じなのが気に 入らなかったらしい。口論の末、茎の太い部分だけ残してぺらぺらの葉っぱを切り捨てて 持ち帰った。家に帰って、試しにと茎を茹でてサラダにして貰った。ひじきは全て干した ので、この日食卓に出たのは茹でた茎わかめのサラダだけだったが程よい歯触りでとても おいしかった。これなら次回はもっと本格的に採取してくることにしよう。

『ひじき』  Apr. 17, 2011 ▲Top
hijiki.jpg  昨日は気温もやや上がってきたのと、大潮の干底がお昼過ぎの時間帯だったので、 昼食後、市内の黒島公園東側の磯場に出掛けてひじき狩りをした。ひじきは波の荒い 海岸近くの岩場の潮間帯付近に繁茂し、春から初夏にかけて胞子嚢を付けて成熟する。 ひじきの収穫は、3月から5月の大潮の日に、鎌などで刈り取ると言われているので、 まさにその最盛期だった。ただ残念ながら、前回の大潮の日に先客に刈り取られた後の ようで、柔らかい芽の部分は少なかった。ヒジキは主に食材として利用し干ひじきとして 販売されていることが多い。生きている間は茶色か褐色だが、乾燥すると真黒になる。 干ひじきは、水で戻してから醤油、砂糖などで煮て食べるのがポピュラーで美味しい。 我が家では、かき揚げにして食べることも多い。ひじきを食べると長生きすると昔から 言われている。カルシウムが豊富で牛乳の約12倍。食物繊維が豊富でごぼうの約7倍あり、 鉄分もたっぷりで鶏のレバーの約6倍だ。ひじきはとても優れた栄養食品なのである。

『魚釣り』  Apr. 16, 2011 ▲Top
 魚釣りは夫婦共通の趣味で、今もシーズンに入ると良く釣りに出かけている。 妻とは新婚旅行で徳島県の鳴門から淡路島への旅の途中を魚釣りで楽しんだが、 夫婦での魚釣りはその時が初めてだった。就職当初の新婚時代は東京都内で生活 していたが、休日は房総半島や湘南海岸へ良く釣りに出かけた。勤務先が大森に なった時は湘南海岸の公団住宅に転居し、夜が明けると家から数分の海岸へ出て、 7時頃まで釣りをした後、家に帰りシャワーと朝食を摂り、電車で大森の会社へ 9時迄に出勤すると言う優雅な生活をした頃もあった。サラリーマン時代は大阪・ 山形など日本各地に転勤したが魚釣りは池、川、海と色々体験した。退職後は 生まれ故郷の愛媛県に帰り、海まで車で数分と言う住居から、魚釣りは夫婦に とって手っ取り早い楽しみとなっている。

『野鳩』  Apr. 15, 2011 ▲Top
 今日の一言を振り返って読んで見ると、この時期の話題に野鳩のことが度々出てくる ことに気付いた人も多いだろう。現在の住まいがマンションの7階で、ベランダは鳩が 止りやすい高さと環境が揃っているのだ。毎年繁殖期を迎えた、つがいの鳩がベランダの 手すりに止まって、うるさく鳴き始めるので急いで音を立てて追い返している。其の侭に しておくと、ベランダは鳩の糞で白く汚されてしまう。数年前にはベランダに置いてある 植木鉢の中に卵が産み付けられていて、その上では雌鳩が卵を温めていた。急いで鳩を 追い出して、後に残った卵を捨てて処理したが、なんとも後味が悪かった。 その後は、鳩除けに天敵の烏の姿をした置物を置いたり、虹色に光るCDをぶら提げた 効果等で、鳩が来なくなったが、今年はその効果もなく鳩が平気でやって来た。鳩たちは 何も実害のない鳩除けに慣れて恐れなくなった様で、なんとも賢い鳩に手を焼いている。

『足の甲の痛み』  Apr. 14, 2011 ▲Top
 昨日いつものスイミングから家に帰り、夕食後TVを見ているときに、何となく 右足甲の部分の骨に痛みを感じた。別にぶつけたり捻挫するようなことも無かった 筈だが、痛む甲部分を見ると少し腫れていた。歩くと甲骨の部分がとても痛かった。 痛む原因が思い浮かばないので其の侭にしていた。夜中にトイレに行く時、余りの 痛みにもう一度観察して見ると、夕方の時よりも赤く激しく腫れ上がっていた。病院に 行く時間でもないので、取りあえず買い置きの湿布薬を貼ってみた。湿布薬は冷たくて、 火照った患部に気持ちよく快適に寝られた。夜が明けてどうなったか患部を見ると 腫れが引いていて、歩いても昨夜の様な痛みは全く無くなっていた。甲骨の激しい 痛みと赤く腫れあがっていたのは何だったのだろう。不思議な症状だった。

『マスターズ』  Apr. 13, 2011 ▲Top
 アメリカジョージア州オーガスタで行われた今年の男子マスターズ ゴルフ トーナメント が終わった。日本からは今年で3回目出場の石川遼の他、池田勇太、藤田寛之、松山英樹 らが参加した。池田と藤田は予選突破ならず2日目で敗退したが、石川遼は-1アンダーで 予選通過。アマチュアとして日本人初参加の松山も+1のカットラインぎりぎりながら予選 通過、決勝に駒を進めた。3日目は松山が健闘して-3で18位。石川遼も何とか踏ん張って-1 で最終日へ。前日まで安定した強さだったマキュロイが最終日の後半崩れて圏外へ。一方 タイガーは終盤追い上げて一時は-10のトップに追付きもしやと思ったが最後は伸び悩んだ。 結局最終日スコアを伸ばし今年のマスターズを制した南アフリカのシュワルツェルがこの日 66で回り通算14アンダーで優勝した。期待の石川遼は念願の予選を突破し見事20位に入った。 アマチュアの松山英樹は最終18番でバーディを取り通算1アンダーの27位は世界に通用する 立派な成績だった。

『足が攣る』  Apr. 12, 2011 ▲Top
 毎日の習慣で、長年プールで泳いでいるが、時々ふくらはぎや足の裏が攣る事がある。 足の裏が攣る・足の指が攣る原因の多くはミネラル不足による筋肉の異常収縮と言われている。 炎症等でミネラル分を激しく消耗させる硝酸塩エアロゾルやスモッグの悪影響で起こることも あり、熱中症の前後で起こることもある。屋外で体を動かす時間が長い人は、中国の 大気汚染物質(硝酸塩エアロゾルやスモッグ)も原因の一つとして挙げられると言う。 静かに寝ている就眠時の、特に明け方や水泳などの運動中、妊娠後期(妊娠8ヶ月ぐらい) の女性に多く、透析患者にも下肢の攣りが多い。足が攣り、こむら返りが起きた時に 応急処置をしないと、ふくらはぎの痛みが出て、肉離れ(筋挫傷)を起こす場合もある。 ふくらはぎの肉離れの治療法として、キネシオテープが有効だ。キネシオテープとは 自然療法のひとつ。伸縮性のあるテープを痛いところや凝ったところなどに貼って、 人間本来の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりする。使用するテープを 「キネシオテープ」と呼び一定の伸縮性と、カラダにフィットする粘着性を利用します。

『塩分摂取量』  Apr. 11, 2011 ▲Top
 私は日常的に塩分は少量で平気な生活に慣れている。たとえば生野菜等のサラダ類等を 食べる時も、レモン、だいだい酢等の絞り汁があればそれだけで十分満足して食べられる。 お酢があれば塩気の調味料は全く必要ない。日本人の食生活には塩分の摂取量が多いので 気をつけないと高血圧の原因になり易い。またそれが脳卒中や心臓病を誘う原因にもなる。 料理は熱い内に食べると薄味で満足できるが、冷めてしまうと味が薄く感じるものだ。 出来るだけ酸味を生かした薄味で味付けし、蒸し物、焼き物にレモンやゆずの香りを生かし、 生姜、しそ、にんにくに海苔、ごま等を使って食べる。食塩の摂取量1日10g以下を目標に 抑える為に漬物やつくだ煮、干もの、練り製品等の加工食品を控え目にすることもコツだ。 日本人対象の国民栄養調査によると1日平均12.5gの食塩を取っていると報告されている。 お互いに塩分の取りすぎに注意をしよう。

『食生活』  Apr. 10, 2011 ▲Top
 若い頃の食生活は、年相応にパワーをつけたいと思う気持ちか、何となく肉食が多かった。 無論、何よりも肉類が好きだったことも大いにあった。年と共に、歯も弱くなり食べ物は いつの間にか固い物を避けるようになり、肉食から魚類を好んで食べるようになっていた。 これは、食べ物の嗜好というより成人病を避ける為の人間の自然現象かも知れないと思う。 魚に含まれる脂肪には、動脈硬化を防ぐ働きや、血栓を防いだり、血管の弾力性を保つ働き があるのだ。なかでもDHAという脂肪酸は脳の働きを維持し、記憶学習能力を高める働き があるといわれている。青背魚は特に積極的にとりたいもの。魚にはエイコサペンタエン酸 とドコサヘキサエン酸という高度不飽和脂肪酸が多く含まれている。これらは血液をサラサラ にし、善玉コレステロールをふやして血栓を防ぐ働きがあり、記憶学習能力を高め、脳の働き を活性化させることから、ボケの予防にも効果的。肉食もある程度は必要だが1日1食、魚 料理を食べることは理に適っている。

『仮設住宅』  Apr. 9, 2011 ▲Top
 東日本大震災によって、死者行方不明合わせると約2万7千人余と発表されているが、 家が崩壊したり津波で流された正確な世帯数はまだ実態は集計されていない。林野庁に よるとおそらく6万棟の仮設住宅が必要と想定していて、政府は一刻も早く仮設住宅の 建設が急務としているが、建設資材の不足が問題となっている。被災者が早期に必要と する仮設住宅建築に必要な合板や断熱材などは、農林水産省によると国内総生産量の内、 被災した東北方面がほぼ半数を占めている状態だ。材質やサイズ等メーカーは、短期間 に十分揃えるのは難しいと言う。生産ラインは急いで回復しつつあるが、まだまだ需要 に応じるため全国で探している状態だ。

『魚釣り』  Apr. 8, 2011 ▲Top
 気温もようやく上がり始め、公園の桜の花も咲き揃い人の動きも出てきた。 寒い期間は、魚の便りも少なかったが新聞などにも釣果の情報が見られるように なり、今年初めて重い腰を上げて近くの海へ出かけてみた。釣り場へ向う途中 釣り道具屋で餌を買い、コンビニで弁当と飲み物を仕入れて準備を整えた。 毎年釣果を上げているいつもの岸壁には数名の先客がいた。竿を出して餌をつけ 魚信を待ったが、1時間経っても餌はそのままだった。水面下を覗いても全く 魚影は見られない。1時間の間に岸壁をあちこちと移動したけど同じだった。 仕方なく別の場所に移動して数箇所試したが、結局この日は全て魚の気配はなく 道中にすれ違った釣り人達も同じ様子だった。まだ水温が上がりきってなくて 魚の活性が遅れているようだ。

『愛媛県議会議員選挙』  Apr. 7, 2011 ▲Top
 東日本大震災関連のニュースに一喜一憂している中を縫って愛媛県議会議員選挙が3日後 にやってくる。連日のニュース報道は被災関係が主力なので、一般市民にとって誰が立候補 しているのかの関心も低かった。私自身も役所からの広報もろくに見ていなかった。そんな 中突然電話が鳴り、候補者の事務所から投票を依頼する電話があった。日ごろ全く関心もない 候補者だったので、即座に依頼を断った。しかし候補者達にとっては、残された活動期間に 何とか有権者の票を取りたいと必死なのだろう。追いかけるように他の候補者からも続けて 2本の依頼電話があった。こちらは相手の名前を聞いた程度で投票する程の意思はないので、 丁重に断り、自分には支援している候補者のある事を伝えて諦めてもらった。今年の愛媛県 議会議員は7人の候補者が凌ぎをけずる接戦と伝えられている。候補者の中には既に何期も 議員を務めたベテランも居るが、32歳と言う若い青年が2名立候補している。これから先の 世代を担う議員には、ベテランより新鮮な若い人に頑張って貰いたいと夫婦で決めている。

『3週間ぶり犬の帰還』  Apr. 6, 2011 ▲Top
 東日本大震災の津波で流された沖合いで、漂流中の住宅の壊れた屋根の上に乗っていた 犬が発見されたニュースを見て、何と健気な犬かと感動した。救助した海上保安庁によると 気仙沼沖合い約2kmに漂流するがれきの中に浮かんでいた屋根に居るのを発見、犬は3週間 屋根に乗ったまま漂流していたと見られる。助けに来た隊員をみて犬は一旦逃げたが、特殊 救難隊によって助けだされた。犬には首輪が付いていたことから飼い主を探していたが無事 見つかり、引き取られて行った。飼い主の手に帰った犬は、とても嬉しそうに尾を振り甘える 仕草で喜んでいたのが印象的だった。3週間も海の上で、水も食べ物も無く良く頑張ったと 思うが、専門家によると、犬はこんな場合3週間ぐらいは飲み水、食べ物が無くても生き延び られると言う。強い生命力を持っているものだ。

『公衆無線LAN無料開放』  Apr. 5, 2011 ▲Top
 東日本大震災では多くの被災者が出たが、地震で潰され、津波で何もかも持って行かれ 身ぐるみ剥がれてしまった。彼らが困っているのは、停電もさることながら、携帯電話が 繋がらない等、一切の通信手段を失った事だった。家族や知人達との安全確認も出来ない 状態が続いていた。そこで、期間は限定的だが通信各社が高速インターネット接続を利用 できる公衆無線LANサービスを無料で開放する動きが始まった。NTT東日本、NTTドコモ、 NTTコミュニケーションズなどNTTグループ4社が東北6県と茨城、栃木、群馬、新潟、 長野各県にある公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」等を6月末まで無料開放する ことになった。ソフトバンクも同じようなサービスを考えている。これには被災者達が 携帯電話を集中的に利用している通信網を軽減する狙いもあると言う有難い思いやりだ。

『中国製電動自転車』  Apr. 4, 2011 ▲Top
 日頃から足の不自由な妻は、買い物に行くのにも自転車は生活の足として 必需品だ。平地で近場ならそれほど問題ないが、登り坂の多い墓参りなどへ 行く時は力が無くて大変だった。7年程前登り坂でも楽に走れる電動自転車を ネットで調べ、中国製ながらスペア電池付で約4万円程の安い新車を買った。 買った当初は日常で利用していたが、電動自転車の普及に伴い事故も多発した ことから、アシストで走る電動自転車以外自動で走る物は規制が厳しくなった。 この中国製電動自転車は、規制に関係なくパワーがあり過ぎるので、やむなく 利用を控えていた。先日久しぶり出して見たら、全体に赤く錆び車輪はパンクしていた。 仕方なく自分でパンク修理して正常に直した。改めて乗ってみると時速20km近い スピードが出て、まるでスクーターだ。もし警察官に止められればヘルメットの 着用と自動2輪車の免許が必要だろう。当面はペダルを漕いであたかもアシスト 式電動自転車風に乗れば良いだろうが、兎に角スピードの出過ぎが悩みの種だ。

『放射能汚染死体』  Apr. 3, 2011 ▲Top
 東日本大震災が起きてからもう3週間が過ぎた。震災直後から地元住民、消防、自衛隊、 全国から駆けつけたボランティア達が日夜を問わず被災者の捜索を続けているが、まだ 15,000人の不明者が残されている。捜索は難航しているが更に厄介な問題が出てきたのは、 福島第1原発の爆発により、その後発見される遺体には高い濃度の放射能汚染が認められた。 死後に放射能を被爆したと思われるが、収容するとき捜索者の2次被爆が心配されている。 厚労省によると、原子力安全委員会は遺体の体表面から検出される放射線量は遺体周辺の 環境と変わらないと指摘。遺体をビニールシートで包み放射能汚染の拡大防止をして収容 するよう求めたという。収容後の火葬や土葬に関しても、放射性物質が検出された遺体が 環境に与える影響はどうかと心配されている。身体や衣服の表面を布で拭くなどして除染 した後も、10マイクロシーベルト以上の放射線量が確認された遺体については、マスク や防護服などによる適切な防護措置を行っている。

『石川遼の賞金』  Apr. 2, 2011 ▲Top
ishikawa.jpg  新聞によると、ゴルフの石川遼選手は今回の東日本大震災の被災者支援のために、 今年のゴルフ大会の試合で得られる賞金の全てを寄付すると表明したと言う。 英国のタイムズ紙は一面でこの事を大きく取り上げて、「本物の一流の人物」だと 褒め上げている。またスポーツ面でもほぼ1ページを割いて、石川遼選手の写真と 共に人柄についての紹介をしている。現在石川遼選手はトヨタとの契約で年間8億円 の収入がある事を明らかにした上で、彼のステータスは更に高まると書いている。 石川遼選手としては、賞金以外にもバーディなどの賞金もあり、寄付金総額で2億円 を目標にしていると言う。マスターズ出場の石川遼に同道している父の勝美さんは、 被災地の復興には今後長い時間が掛かると思われるが、復旧の苦労が続く被災者と 共に、石川遼が一緒に戦い続けるイメージを作りたかったと説明していた。

『防災セット』  Apr. 1, 2011 ▲Top
 今回の東日本大震災で地震と津波を受けた上、福島原発の爆発炎上による放射能汚染と 3重の被害を蒙った被災者達にとって、寒さと飢えに喘いでいた。被災地から離れている 関東地方でも、ガソリン不足や原発のトラブルから計画停電や放射能汚染で水不足など 思わぬ不自由を味わっている。我々も今回は直接被災を受けた訳ではないが、この地も 東南海沖地震帯のエリアに居る以上、明日はわが身である。改めて防災セットを見直し て置く必要を感じた。飲料水は毎週近くの湧き水をボトルに汲んできて飲用しているのが 汲み置き分として役立つ。日常生活は車よりも自転車を多用しているので道路もガソリン も影響は少ないだろう。また懐中電灯はソーラー発電のものと小型ラジオもあり、常日頃 各種の電池買置きの備えは十分ある。照明用の電気は魚釣り用に購入した750wの自家用 発電機があり、容量に余裕があるのでパソコンを動かしテレビニュース見るのも不自由は無い。 住まいは、鉄骨10階建てマンションなので、地震に耐えられれば津波の心配は無いだろう。 こうして見直してみると、少なくとも今回程度の災害には何とか耐えられそうだ。

Home