2011年11月
『食事のマナー2』  Nov. 30, 2011 ▲Top
 国によって食事のマナーの違いは色々体験しているが、韓国ではその日の食事 のメニューとなるものは、最初に全てテーブルに出されている。日本や欧米のように 食べる順番にテーブルに出されることは無い。従って出ている料理を食べる順番は 好きなものから食べることになる。箸は細くて短いステンレス製が主流だ。また食器も ステンレス製が一般的だ。日本では嫌われるが食べものに箸を突き刺して口に入れるのも 違和感がある。日本では、食器を手に持ち、口に近づけて食べるのが上品とされるが、 韓国では食器を手に持つのは下品な食べ方とされている。従って汁物はスプーンで食べ、 食器を持つのは妓生(キーセン)又は側女等が持ち、ご主人の口に食べさせる場合だけである。 食堂等で出されるキムチは何種類も出てくるが、無くなればお代わりは自由に頼める。 焼肉等は野菜で包んで食べるが、葉っぱの追加お代わりも遠慮なく頼める。

『食事のマナー』  Nov. 29, 2011 ▲Top
 よく言われるが、国によって食事のマナーは色々異なるので、注意が必要だ。今から40年位前、仕事で台湾に行ったとき、現地の人に案内されて高雄近くの食堂で昼食を食べた。出された料理にはアサリのような貝料理が出てきた。私は、日本人の標準的な食べ方として、身を食べた後の貝殻は散らさない様に器にまとめて食べ終わった。ところが食事を終わった同伴者は、私の器の貝殻をテーブルの上や、テーブルの周りに撒き散らした。驚いた私が理由を聞くと台湾式には、美味しい料理を食べたという表現は、こうしてテーブルを汚し、テーブルの周りに食べ散らかすのが、料理に対してご馳走さまでしたと言う礼儀だと言う。国の風習がこれほどの大きな違いがあることを初めて知ったが、もし彼らが日本に来てこんな食べ方をしたら、きっと店から追い出されることだろう。

『ほうれん草』  Nov. 28, 2011 ▲Top
 昔、子供に人気のあったアメリカの漫画ポパイで、悪役と渡り合ってここぞと言うところで、 ポパイが取り出す缶詰からほうれん草を口に入れると元気百倍、力を出して悪者をやっつける 場面が印象的だった。子供心に、ほうれん草が力の源と思い込んでいた。しかし日本では 新鮮なほうれん草が何時でも手に入るので、ほうれん草の缶詰を見かけることは殆ど無い。 しかし広大なアメリカでは新鮮なほうれん草を、全土に流通させることが難しかった時代には、 缶詰のほうれん草が重宝されていた。アメリカ産のほうれん草の缶詰は色が黒っぽくて食感は ドロドロ、そのまま食べてもあまり美味しいものではなく、野菜嫌いの代名詞的な存在だった。 缶詰は今でも売られていて、水煮のほうれん草をぶつ切りにしたものだ。色も変わっているし 缶詰独特の臭いもある。缶詰からそのまま食べるのはまず無理のようである。

『大学OB対抗ゴルフ』  Nov. 27, 2011 ▲Top
 新居浜市在住の大学OBを対象にゴルフ大会をやって見ようとの話から始まった。当初は野球と同じ 東京六大学OBでの開催を企画したが、東大生と立教生の参加者が集まらず、関西圏OBも含める事で 平成11年3月、第1回は東西合わせて7校でスタート。爾来年々参加者が増えて会も盛大になってきた。 競技のルールは、各校何名でも参加自由で、ハンディキャップはダブルペリアとし、各チームの上位成績 5名の総合成績順位で争う。優勝チームは次回競技の幹事校として大会のお世話する事等が大筋で決まった。 試合を繰り返しているうち判った事は、上位5名の成績となるので参加人員の多い大学が有利と判り、 各チームは挙って参加人員の増強を図ってきた。初期には東大も立教もゴルフの出来る人は居たが、参加には 最低5名のメンバーを揃える事が出来なかった。幸い明治大学OBは遊びの達人が多いのでゴルフ経験者 も比較的多く、毎回参加者は不自由なく集まった。従って優勝回数も多いのは当然の結果だった。昨日 行われた第26回大会も明治大学の優勝となったが、今後も新メンバーを増やして常勝明治を目指したい。

『エントリー』  Nov. 26, 2011 ▲Top
 毎年年末になると地元CATVのユーザーに対する謝恩ゴルフ大会が行われてきた。参加費は無料だが 商品は多いのが嬉しい。通常の順位賞以外に、いわゆる飛び賞として、スポンサーからの商品が多数提供 されるので何かが貰える大会だ。昨年の私は、17位だったが、賞はソニーハワイアンオープンゴルフ大会 4泊6日間のツアー観戦だった。旅行費用約20万円の内容は素晴らしかった。今年も11月初めに受付案内が 郵便で来たので、何時もの仲間を誘ってメールで申し込みを済ませた。いよいよ1週間後に迫って来たが、 スタート時間や組み合わせの案内が来ないので少し心配していた。昨日大会の開かれるゴルフ場に行った 際、受付で今年は申し込まないのかと聞かれ、1ヶ月前にメールで申し込んであると答えた。しかし係りから 申し込みを受付ていないと言われ、メールが未確認だった事が判った。幸い、エントリーが漏れていたのを 気付く事が出来たので、急いで再申し込みした。それにしても絶対確実と思われたメールでの申し込みが 失敗していた理由が判らないが危ない所だった。

『寝耳に水』  Nov. 25, 2011 ▲Top
 よく聞くたとえ言葉に「寝耳に水」がある。意味は突然の出来事に驚くと言う例えだが、 言葉だけからでは意味が良く判らない。もし寝ている時に耳に水を入れられたと言う 事だとしたらとても驚くし、耳に入った水は身体にはよくない事なので大変だ。本当の意味は 寝ている間に洪水に襲われた時の事を言い、生易しくない大変さを表した言葉なのだ。昔は 堤防やダム等の治水が良くなかった。大雨などが降ると川が氾濫する事が多かった。そして 寝て居る時に水の溢れる音が聞こえて大騒ぎになる。それが突然の出来事に右往左往するので、 寝耳に水と言ったものだった。

『国技』  Nov. 24, 2011 ▲Top
 相撲を国技と思い込んでいる日本人が多いが、実は日本国内に正式な国技は存在しない。 日本古来の伝統の技は色々あり、古くから秘伝の技を伝えてきた柔道、剣道、弓道等、日本 人の精神修行の歴史がある。しかしそれも含め日本の国技は相撲だと言う法令や記録は無い。 相撲が国技であるという考えが定着することになった起源は、明治42年に両国に初めて相撲 常設館が完成した時、それが「国技館」と命名されたことにあるとされている。それは3代目 尾車親方が命名委員長板垣退助に提案し、了承されたものであるが、それは6月2日に行われた 開館式で、作家の江見水蔭が書いた披露文に「相撲節は国技である」という内容が書かれて いた事に由来したものである。現在使用されている国技館は二代目で、旧国鉄両国貨物駅跡地 に建設された。新国技館は地上2階、地下1階。総工費150億円。建設計画発表から3年間の歳月 をかけて完成した。

『シルバー』  Nov. 23, 2011 ▲Top
 田舎に住んでいると、シルバーシートに遭遇する機会はあまりないが、都会に出ると、混み合う 電車・バスの中では足腰の弱っている老人の為に、色の変わったシートが設定してあるのを見掛ける。 シルバーシート席と表示されていても、平気で若い人が座っているのも見掛けるが、シルバーとは どんな人を対象にしているのだろう。シルバーシートの設置は、昭和48年に当時の国鉄が通勤客の 多い山の手、中央、京浜東北線に設置し、50歳以上の人を対象に考えられたものと言う。50歳以上を 老人扱いしたと言うが、現在76歳になる私がシルバーシートに座るには、自分はまだ足腰は元気なのに と何時も抵抗感があり躊躇することが多い。年を取り髪の白くなった頭を銀髪と言う事から、老人を シルバーと呼ぶ言い方が定着したものだが、今では勤めが定年となり、年金を受け取ることの出来る 60歳以上をシルバーと呼ぶのが普通になっている。しかし今後、年金の受け取り年齢が引き上げられると シルバーの定義年齢は70歳ぐらいまで引き上げられるのだろうか。

『ハンカチ』  Nov. 22, 2011 ▲Top
 外出する時、必ず身に着けて出かけるもののアイテムにハンカチは必需品のひとつだと思う。 人前でさりげなく口をぬぐったり、汗や涙を拭く時も上品に使う事が出来る。代わりにティッシュ もあり得るが、袋から出す時のもたつきや、使った後のごみの捨て場に困ることもある。ハンカチ はその点、繰り返し使えるし、お洒落なグッズにもなる。何かを包む事も出来、ベンチに敷いて 座る時にも洋服の汚れを気にしなくて済む。人との別れの時に振るのもハンカチが役立つ。こんな 万能のハンカチは何時から活用され、そして何故四角い形になったのか調べてみた。ハンカチの元 を辿ると、ヨーロッパで帽子が無かった頃の女性が頭に巻いていた布らしい。フランスのルイ16世 の王妃マリー・アントワネットが国内のハンカチを正方形にするようルイ16世に進言、それが 法令化されたのだそうだ。

『盗品と質屋』  Nov. 21, 2011 ▲Top
 今から50年ほど昔の事になる。仕事の勤務先が大阪になり、住む家が見つかるまでの間、 単身で転勤し、会社の了解を得て知り合いの旅館に暫く世話になっていた。大した荷物も 無かったが、出勤の間、身の回りの品は無造作に部屋に置いていた。ある日、阿倍野警察署 から電話があり、貴方の8mmカメラは手元にありますかと言う。事情を聞くと、ある質屋に 持ち込まれたカメラは、貴方が買った販売店からメーカーに登録されていた事が判り本当に 貴方の物と判れば盗品と言うことになると言う。正直に届けてくれた質屋には、金銭的な 礼金を渡せば、貴方の手元に返るがどうするかとの連絡だった。警察の連絡があるまで私は、 盗まれた事にも気付いていなかった。盗品は自分の手元に只で返って来る訳でなく、金が 掛かることに違和感があったが、警察の勧めもあり5千円を質屋に払って取り戻した。結局、 得をしたのは泥棒で、質屋は元を取り、私は盗まれたカメラを取り戻すのに質屋に金を払い、 大損したのは私だけと言う事になった。世の中の仕組みはどうなっているのだろう。

『寝疲れ』  Nov. 20, 2011 ▲Top
 普通には、どんなに疲れていても一晩寝ると疲れは取れるものだ。ところが幾ら寝ても疲れが 取れないばかりか、寝る前より疲れが残ると言う人が居る。寝ている間に何度も寝返りを 打つのは、体の疲れている部分を色々な角度に姿勢を変えて疲れを取っている訳で、寝相が 悪いのではなく効果的な寝方をした訳なのだ。ところが、寝相の良い寝方だと、姿勢を変え ないで寝るわけで、同じ筋肉や関節が固定されてしまい、起きていた間の疲労箇所は何も 解消されない事になり、次に起きた時、寝る前よりも疲れが溜まった事になる訳だ。寝る時は 思い切り寝相悪く、度々寝返りを打つことで、満遍なく身体の角度を変えることは、疲れを 取る効果的な寝方なのである。そして疲れを十分ほぐすので良い寝方ということになる。

『亭主関白』  Nov. 19, 2011 ▲Top
 一般的に家庭に於いては、とかく邪魔者扱いされる男にとって、憧れて言う「亭主関白」の言葉だが、 1970年代の終わりごろ、さだまさしが歌ってヒットした「関白宣言」がある。亭主関白とは妻よりも 夫が絶対的な権力を持つ夫婦関係を言うが、現実にそんな関係は、家庭崩壊は間違いない。関白とは 語源を調べてみると、時の権力者の2番目の地位。つまり亭主関白も家庭では奥方に頭のあがらない 二番目の位置なのだ。その為か亭主関白は、威張っているだけで実質的な権限がない場合にも使われ ている。何れにしても、男女平等が謳われるようになってからは、女性が力をつけて、亭主関白という 言葉は皮肉や憧れとして使われることが多くなっている。今では「亭主関白」は男の見栄で言う言葉、 裏では家庭平和を望む愛妻家で「妻害対策」として言葉だけで楽しんでいる。

『逆立つ毛』  Nov. 18, 2011 ▲Top
 人は何か恐怖におびえた時、寒い時など毛が逆立つと言います。動物なども驚いた時や危険に 遭遇したり、敵に襲われたりした時、全身の毛を立てて身体を大きく見せる事があります。 そもそも、動物の皮膚には立毛筋という筋肉が良く発達していて、それが寒い日には一本一本の 毛が大きな角度をもって立ち上がるようになっている。そうすると毛の層が厚くなり保温効果を 持って寒さを防ぐ事が出来るようになっている訳だ。人間にも寒さに対して服を着るようになる 以前は、他の動物と同じように毛を逆立てた名残が、驚いた時、怖い時、寒い時等に鳥肌が立つ 事がある訳だ。ただ、今の人類には全身に体毛がある訳ではないので、相手を威嚇したり、寒さ を凌ぐ事などには役立たなくなっている。

『血液型』  Nov. 17, 2011 ▲Top
 以前も血液型に関する話を書いたことがある。人の血液型はA,B,AB,O型の4種類に分類されている。 基本的にはA型かB型かそれともABの混合型か、そうではない型をO型としているが、順番から何故C型 としなかったのかと疑問に思った。実はこの分類法を見つけ出したのは1901年オーストリアのカール・ ラントシュタイナー医師で、異なる血液型同士だと凝集反応のある事を発見。A抗原を持ちB型の血液 を凝集する「抗B抗体」を持つものをA型とし、B抗原を持ち「抗A抗体」を持つものをB型とし、 どちらの抗体も属さないものを当初はC型とした。ところが後にA・B両方の抗原も持つ血液型が見つかった。 それは「AB型」とした。そしてどちらにも属さないのをC型としていた血液型を、何も無い0「ゼロ」型 としたのだが、表示が紛らわしいので後にO型に決めたものだと言う。

『三行半』  Nov. 16, 2011 ▲Top
 今時の若い人達に通じる言葉かどうか判らないが、昔と言っても江戸時代の話だが、男が 妻に渡す離縁状を三行半(みくだりはん)と言った。当時は妻の側から離縁を申し出る事は 出来なったが男の側からの離縁には三行半の文字があれば良かった。一般的な文面として、 離縁する旨、離縁の理由、別れる妻に再婚の許可を簡潔に書いたものだった。当時の武家社会 では、武士の名誉を守る為、いつ何時切腹、果し合い等で命を落とす事になるか判らない事が あった。後に残る妻に対し正式に離縁を申し渡し、以後の生き方に自由を与える意味もあった と思う。では何故三行半かと言うと、結婚する時に、妻の実家に対し「娘を貰い受ける旨」 の文章が7行だった事から、離婚の時はその半分の三行半だったと言う説があるそうだ。

『姑の地獄耳』  Nov. 15, 2011 ▲Top
 人間は年とともに耳が遠くなるのは自然現象と言える。昔の会社仲間に若くして難聴になり 補聴器が必要な人も居るが、彼の場合は現役時代スピーカーの設計技師で毎日大きな音を聞いて 居たのが原因で職業病として難聴になったものだ。しかし普通でも年とともに人の耳は高音に 対して反応が弱くなり、性別で言うと女性の甲高い声は聞こえ難くなる。反対に男性の低い音 は比較的聞こえるようだ。昔から嫁が姑に呼びかけると聞こえない振りなのに、小声で悪口を 言うと良く聞こえていて、姑の地獄耳と言う。実は陰で話す声は低音で、用事があるときの 呼びかけは高音なので、姑の耳には高音は聞こえ難く、陰で話す低音は何となく聞こえたと言う 訳だ。決して嫌がらせではなく年のせいなので、変に勘ぐることは無いのです。

『ハゼ釣り』  Nov. 14, 2011 ▲Top
 最近度々近くの海に出かけてハゼ釣りを楽しんでいる。はぜの生息場所は河口近くの砂や泥が 広がる汽水域の底に生息している。海水と淡水が混じる汽水に生息する代表的な魚と言えよう。 今は、水温が低下し始める晩秋なので、越冬のために深海に移動する秋の落ちハゼになる頃で、 魚体も卵巣も大きく絶品だ。大体13〜20cmぐらいが成魚だが、時に25cm以上に育つものもいる。 姿に似合わず美味しい魚だ。手軽な天ぷら、空揚げがポピュラーな食べ方。内蔵にカルシウム、 ビタミンAを豊富に有している。日本中いたる所にいるが、魚屋では滅多にお目に掛かれない 魚なので食べたいなら自分で釣るしかありません。釣り場は足元に近い浅場がターゲットなので 短い竿でも良く、袖長の針に餌は小さめに付けるのがポイント。ハゼは餌を見つけると一気に 飲み込むので、小さいほど食べやすく、大きい餌は無駄な付け方といえる。私は2cm位に切って 付け、釣り上げたハゼから針を外す時、口の中の餌を引き出して2度3度と繰り返し使っている。

『無鉄砲』  Nov. 13, 2011 ▲Top
 周りの状況を何も考えず、無茶苦茶な事をすることを一言で無鉄砲と言ってきた。武器や鉄砲も 持たずに戦争行為を行えば勝てる訳が無いので、それを表現して無鉄砲と言うものと思っていた。 武器も鉄砲も持たないのだから無茶苦茶な行動と言う訳だが、実は本来、無鉄砲の語彙は違っていて 無手法と書くのが正しく、無鉄砲は当て字のようで、無点法の意味から来ているようだ。この場合の 点とは漢文を読む時日本語として判るように読むための、返り点と言われる訓点の無い事を指し、 漢文が正しく読めず無茶苦茶な意味になる事だ。ここから、無鉄砲の表現が始まったとされている。

『切れた靴紐』  Nov. 12, 2011 ▲Top
 以前、バンクーバー五輪のフィギュアスケートで、演技中の織田信成のスケート靴の紐が切れ 演技中止を余儀なくされ、競技を中断して切れた紐を直して演技を続けた。結果は7位に終わった。 入賞できなかった事を靴紐が切れた所為だと涙を流していたが、実はあの日、競技に入る前から 靴紐は切れていたらしい。昔からの迷信で、下駄や草履の鼻緒が切れると不吉の前兆とされて来た。 そこで、試合前ではあったが、靴紐が切れた事を言うのは不吉と、黙って切れた紐を繋いで試合に 臨んだ。それがトリプルループの着氷を失敗し、靴ひもが切れ手を付くと言う不幸に見舞われた。 もし、迷信など考えずに、試合前に切れた靴紐を新しい物に取り替えておけば、靴紐が切れる事も なく、着氷にも成功していたかも知れなかった。

『打診法』  Nov. 11, 2011 ▲Top
dasin.jpg  子供の頃から、お医者さんが患者の胸や背中に手をあて、指でトントンと叩いて診断するのを 不思議に感じてきた。聴診器やレントゲンやCT検査まである現代でも、風邪気味などで医者の前に 座ると最初にされる行為だ。いかにも原始的な診断方法だと思うが、どの医者にも同じ事をされて来た。 叩き方は、患部の表面を指で直接叩く直接打診、片手の指を当てその指を指で叩く間接打診(指指打診) など何種類かあると言う。打診法を発明したのは、オーストリア・ウィーンの医師で、酒場を経営 する父親が、酒樽の残りをトントンと叩いて中身を調べていたのを見て考えだした。胸の診断の場合、 正常な状態ならキレイに響き、血液や膿等が溜まっていると音が濁りあまり響かない。ガスが溜まって いれば音が異常に大きくなるなどを聞き分けているようだ。昔、結核が流行した時にはこの診断法が とても注目されて今に至っている。

『メンソレータム』  Nov. 10, 2011 ▲Top
 子供の頃から使い慣れた軟膏で、虫さされや、一寸した傷等に効き、重宝して使ってきた。 小さな容器に詰められたメンソレータムには、デザインされたリトルナースが描かれている。 モデルは世界的に人気のあった女優シャーリー・テンプルと言われリトルナースには家族の 優しさや奉仕という意味が込められている。メンソレータムは現在世界中で販売されているが、 リトルナースの絵のパッケージは日本と中国等数カ国だけで、海外からの旅行者が土産品として 買って帰ることも多いと言う。元はアメリカのメンソレータム社が19世紀に開発したもので、 同社とライセンス契約を結んだ会社が製造・販売した塗り薬の商品名で、現在は同社を買収 して親会社となったロート製薬が製造・販売権を持っている。私の子供の頃は近江兄弟社が メンソレータムの販売権を持っていて、見慣れた容器の絵柄はデザイナーの故今竹七郎氏 がリトルナースをデザインして人気を得たものとされている。

『腰痛の解消』  Nov. 9, 2011 ▲Top
 先日来腰の痛みに悩まされていた。20数年前の時の腰痛は結果的に急性肝炎の病状が 招いた腰痛だったので、病気の治癒で自然に腰痛は治った。今回の腰痛を考えて見ると 原因に思い当たる事が無く、又も内臓の病気を心配したが、身体の屈伸運動をしている 内に、痛みは解消してきた。考えられる腰痛の原因は、お祭りビデオ編集に夢中になり 過ぎて悪い姿勢を続けたのが良くなかったものと思われる。実際腰が痛いと言いながら 毎日のスイミングは平気で続けられた反面、椅子に座ると腰が痛かったのだ。改めて 身体の屈伸運動をしてみると、腰を曲げても手が床に着かなかったのが、運動を繰り 返して、手の平まで付くほど曲がるようになったら、腰の痛みは殆ど感じなくなった。 やはり、運動不足解消はスイミングだけではなく、全身を対象にした運動が必要な事を 痛感した。

『磁気健康器具』  Nov. 8, 2011 ▲Top
 テレビ・雑誌等で宣伝されている磁気健康器具は、何の治療効果も証明されていないという解説が 英国医師会誌に掲載されていた。磁気に効果があるという説もあるので、一慨に正しいとは言えない。 磁石をシールで貼り付けるもの、ネックレスやブレスレットの形で身に付けるもの等、磁石を使った 磁気治療器具。例えば肩に貼れば磁石の力で血行が良くなって肩凝りが和らぐ訳だが、磁気が血流に どう作用するというのだろうか。病は気からと言う様に気分の問題かも知れないし、磁力のお陰かは 判らないが、磁気健康器具を身につけていることで、体調が改善した人も確かにいるだろう。健康食品や 健康器具などについて一般消費者は関心はあるが知識が無い為、自分にとって何がよいのか判らない と言う現実がある。アメリカ・オクラホマ大学の研究でも、磁石による肩凝りなどの痛み緩和の効果は 確認できないし認められないという発表があった。磁石が効いたと言うのは、思い込みによるプラシーボ (偽薬)効果であり磁気による作用ではないのだということだ。

『腰の痛み』  Nov. 7, 2011 ▲Top
 20年ほど前、夜寝る時背骨の下の方が痛くて、腰の下に枕を敷いて背骨を伸ばすような 姿勢にして寝た事がある。特別腰を痛めるような事をした訳でなく、何故痛いのかも判らず 対処法としてそうしていた。しかしその直後、急性肝炎を起こして長期入院する事になり 背骨の痛んだ原因は肝臓が原因だったと考えられた。最近の数日、又も背骨に異常を感じて 腰の曲げ伸ばしがとても辛いのだ。寝る時は左右どちらか横向きに寝ないと、寝られない。 昔の肝臓を悪くした時に似た症状だ。昨日のゴルフは、背骨が痛くて十分腰を回せない状態 だった事もありスコアメイクに苦しんだ。もしかして、昔と同じ肝臓に影響を受けていると すると、病院で診察を受ける必要があるのだが・・・。ただ言える事は、お祭り以来写真と ビデオの編集に毎日没頭し、長時間パソコンの前で座り続けた姿勢が良くなかったと反省 しているが、それが腰痛を起こす原因の可能性が大きいのかも知れない。

『弘法も筆の誤り』  Nov. 6, 2011 ▲Top
 世の中には色々な名人が存在するが、どんな名人にも過ちを犯すこともあり、そんな 時に使う言葉に、「弘法も筆の誤り」と言います。おなじ様な意味の表現に「猿も木から 落ちる」などの言葉も有りますが、間違いを犯すはずがないものにも失敗はあると言う 例え言葉である。ご存知の弘法大師とは平安時代の僧侶で真言宗の開祖の空海のこと。 弘法大師は書の達人とも言われて有名でした。その弘法大師が実際に字を書き間違えた 話があったのです。それは京の都の大内裏に応天門という門がある。弘法大師は天皇の命令 を受けてこの門に掲げる額を書くことになり、書き終えた額を門に掲げてから良く見ると、 「応」の字の一番上の点を書き忘れていたのだ。この点を書き忘れた弘法大師は、おもむろに 筆を投げつけて点を打ったと言います。やはり大物はやる事が違うと感心した話が後の諺に 使われた訳だった。

『高齢者講習』  Nov. 5, 2011 ▲Top
 来年の2月3日の誕生日が来ると77歳の喜寿で、免許の書換え日だ。以前はゴールド 免許だったのが、何年か前に魚釣りに行った田舎道を走行中、速度制限の標識を 全く見逃した。運悪く町内30kmの速度制限を45kmの速度で走っていたとして罰金を 申し渡されゴールドの資格を失った。爾来3年毎の免許書換えと成った。先月末 公安委員会からハガキが来て、次回の更新を受ける日までに高齢者講習を受講する ようにとの通知だった。免許の書換えまでには4ヶ月以上あると安心していたが 念のため、受講する教習所に問い合わせて見たら、何と一番早い予約でも来年の 1月13日だと言う。それを聞いて慌てて、一番早い日でお願いすると申し込んだ。 のんびりしていると、間に合わなかった可能性があり冷や汗をかいてしまった。

『未亡人』  Nov. 4, 2011 ▲Top
 ご主人に先立たれて、独り身になった女性の事を、未亡人と普通に使っているが、実はこの言葉は 中国の古典に出てくる言葉で、2000年以上昔から使われている。昔の中国ではご主人が亡くなった後、 妻は夫に従うという観念があったという。その習慣に背いて未だ亡くならずに居る女性と言う意味だ。 夫を亡くして他人から慰めの言葉を貰って、自らは謙遜の意味を持って返した言葉なので、他人が 未亡人と言うのは、誠に失礼な言葉になるのだ。未亡人を表現する無神経な言い方には「やもめ」 「寡婦」「逝かず後家」等の言い方もあるが、何れもひどい言葉ばかりである。これらの言葉を研究 している学者から言わせると、女性を差別的に扱う言葉であるので、使い方に気遣いが必要だと言う。

『バスタオル』  Nov. 3, 2011 ▲Top
 毎日プールへ行く時に持っていくバスタオルが古くなって一部綻びが目立ってきたので、 真新しいバスタオルを下ろして持っていった。今までのバスタオルは、古いだけに何度も洗濯を 繰り返して使い込んで居るので、身体を拭く時の水分の吸収が良くて気持ちよかったが、 新しいタオルは何故か水分を吸収せず、むしろ水気を弾いているようで気持ちが悪い。タオル 工場では綿タオルを織る時、織り易いように糊の一種が使われているそうだ。糊を残したまま では出荷出来ないので化学薬品などで処理して落している。この際、糊と一緒にタオルに含まれ ているオイルやワックスなど柔軟成分まで落ちてしまうので出荷時、柔軟剤や抗菌剤を加えている。 これらがコーティング剤として働き、水をはじく原因になっているようだ。使い始めは何度か 洗濯を繰り返し、撥水剤を落とし吸水性の良くなった段階で使用すると気持ちよく使えると思う。

『自動検知式照明』  Nov. 2, 2011 ▲Top
自動照明器  私の住むマンションの玄関は、レイアウト的に入り口の空間は明り取りがない事から、 ドアが閉まっている時は、真っ暗である。外出する時は、玄関に入る時電気をつけて 玄関を出る直前に消すので問題は無いが、外から入った時は一瞬玄関は真っ暗である。 それでも昼間なら、ドアを開けた時外の明かりが入るので、スイッチの場所が分かるが 夜は、全く手探りとなる。先日、自動で人の気配を検知して電気が点く照明器具を購入 玄関に取り付けた。お陰で玄関ドアを開けると人を検知して電気がつき、数分間点いた あと自動的に消えるので全く手間が掛からなくなった。この便利さに慣れてきて困るのが 玄関で靴磨きやちょっとした雑用をしていると、突然電気が消えて真っ暗になる事だ。 照明の点灯時間は設定上最大の時間にセットしてあるが、何か用事をする時はどうしても タイマーの時間で終らず、真っ暗にされてしまう。そんなときは少し身体を左右に動かし 改めて人の検知をさせて、明かりを復旧させているが少しばかり面倒だ。もっとも正規の 電気を点灯して置けば問題ないのだが、ついそれを忘れて仕舞っているのだ。

『コーヒー』  Nov. 1, 2011 ▲Top
 私は昔からコーヒーを毎朝、大きなモーニングカップ一杯以上を飲む習慣がある。 通常の食事には、濃い目に入れたお茶を飲むが、朝だけはトーストパンにコーヒーは 欠かしたことが無い。コーヒーには砂糖は入れない。砂糖を入れるとストレスが増幅される そうだ。砂糖は身体にすぐ吸収されて、血糖値が上がるそうで、これを大脳はストレスに よる肝臓からのグリコーゲンの放出のためだと錯覚するのだ。イライラしている時に砂糖 入りの珈琲を飲むと、余計にストレス反応が強まってしまうので注意が必要だ。何といっても コーヒーは大人の飲み物だから、砂糖の味付けは無用だと思う。もう過ぎて仕舞ったが 10月1日がコーヒーの日だった。コーヒーは栽培から刈り入れ出荷までがおよそ1年で、 10月1日から翌年の9月までがひとつのサイクルになるので、社団法人 全日本コーヒー協会が 10月1日をコーヒーの日に決めたようである。

Home