2011年10月
『駅弁』  Oct. 31, 2011 ▲Top
 昔、塩を手で揉んでにぎった握り飯に海苔を巻いて、たくあんを2個ほどつけて竹の皮に 包み、風呂敷に包んで弁当に、黒い煙を吐く蒸気機関車に引かれた汽車に乗って旅をした。 私の学生時代、四国から夜行列車で一晩掛って東京に到着した。あの時代、駅に停車する ごとに、駅のホームで土地の名物駅弁が売られていた。日本初の駅弁は明治18年の東北本線 宇都宮駅でおにぎりにたくわんを付けて売られたのが最初だった。駅弁の値は5銭だったそうだ。 駅弁で有名だったのは昭和30年代に群馬県の横川駅で売られていた「峠の釜飯」が器は益子焼で お釜の形をしたもので、食べ終わってその器を家に持ち帰ってお土産にしたものだ。人気が あって、すぐ売り切れる事から駅に着くと我先にと走って行って買い求めたものだ。横浜駅で 売られていた崎陽軒のしゅうまい弁当も人気が高く、横浜を通るときは必ずお土産に買った。 弁当についている醤油の入れ物が、小さなひょうたん型をしていて、容器に描かれている顔の 表情が1個ずつ変化があり、それを集めるのが楽しかった。

『耳たぶ』  Oct. 30, 2011 ▲Top
 貴方は、熱いものに触ってしまった瞬間、あっつーっと、叫んで思わず自分の耳たぶをつまんで 冷やした経験はありませんか。それは自分で発見したか誰かに教わったか、耳たぶが人の体の中で 最も体温が低い部分であると知っていてのことだ。しかしこれが世界中で共通の方法だと思ったら 大間違いで、唯一韓国だけは日本人と同じ事をするようです。では、他の国で耳たぶをつまむのは どんな時かと言うと、アメリカ、オーストラリア、中国などでは耳たぶをつまむのは、耳が聞こえ ない事を相手に伝える動作だ。オランダでは、寛いでと言う意味であり、イタリアでは耳に触る ことは相手を侮辱する意味だそうです。知らずに耳たぶをつまんだ為に袋叩きにされたなんて事に ならないように気をつけよう。ちなみに東洋では福耳と言って、耳たぶが分厚く肉付きのよい耳は 福運があるとされている。

『食卓の塩』  Oct. 29, 2011 ▲Top
 手ごろな小瓶に入っていて、テーブルには大抵食卓塩が置かれている家庭が多いと思う。 出された料理に、もう少しだけ味を引き締めたい時などに、食卓塩はさらさらと使いやすい。 高い純度で精製し湿りにくく、更に炭酸マグネシウムや炭酸カルシウムを添加してサラサラ にしているからだ。台所で使う食塩は湿気を帯びて固まり易いが全く問題はない。台所で 料理用に使う天然塩や荒塩には、にがりもあり生産地によって独特の風味もある場合が多い。 ただ、使いやすいからと食卓塩を料理に使うと良くないと言われるが、添加物の為、例えば 澄まし汁に食卓塩を使うと白く濁ってしまう。また料理用の塩にはミネラルも多く健康にも いいが、食卓塩には「にがり分」が殆ど無いことから味に深みが出ないのである。

『賞品』  Oct. 28, 2011 ▲Top
 最近ゴルフ番組等を見ていて、優勝賞金ウン千万円などの他に、スポンサーから賞品1年分 等と称して渡される物がある。例えば缶ビール1年分なら、毎日缶ビール1本飲んだとして 365本分は、24本入り15箱程度と言う事なのだろうか。金額にすると精々4万円程度と 大した金額ではない。昔の宝くじなどでは、お米やお酒、醤油など生活必需品の賞品が多かったが 生活物資が不足していた時代には、お金よりも賞品のほうが喜ばれたものだった。しかし 物が有り余る時代には、賞品よりも賞金の方が喜ばれるのだが、スポンサーにとっては、現金 よりも直接商品を使って貰った方が、効果が大きいことなのだろう。

『メガネ』  Oct. 27, 2011 ▲Top
 日頃の生活には、メガネがないと字も読めず、遠くもぼけてよく見えない。プールへ 行くと、ゴーグルを掛ける関係でメガネを外しているが、人の顔はぼやけてしか見えて 居ないので、知った人達との交流はぼやけた人物像ながら、言葉や雰囲気から判断して 会話をしている。無論初めての人の場合は、残念ながら最初から顔の印象はボケた侭だ。 パソコンなどする時の遠近両用メガネが最近合わなくなっていて、前面のディスプレー を見るのにも顎を上げて、メガネの下の方から画面を見ている為か、疲れて仕方ない。 キーボードを見て、画面を見るときまでの顔の上げ方が異常に角度を変えるのが疲れて、 昔買って置いた100円メガネが役立っている。現実は左右の目に差が有り片側に乱視が 有るのだが、そんなことお構いなしに100円メガネでも暫く掛けていると、目のほうが 馴染んできて十分役に立っている。100円メガネをパソコン用に使ってから、首の疲れが 楽になった。わざわざ作った遠近両用メガネは15000円もしたのに・・合わなくなると 勿体無い話だ。

『勝手』  Oct. 25, 2011 ▲Top
 都会地や標準語では何と呼ぶのか正確には知らないが、こちらの田舎では、正面の玄関に 対して、裏側の入り口を勝手口と呼んでいる。勝手口は大体台所に近いところの出入り口を 指して言う。そもそも勝手口という呼び名はどこから来たのかと言うと、弓道から来た言葉。 普通、弓は左手で持ち、右手は弦を引き矢を番えるが、左手の手を押手と呼び、右手は勝手と 呼ぶ。左手に対して右手は自由が利く事から、女性が自由に出入りできる台所の入り口の事を 勝手口と呼ぶようになったらしい。なお、江戸幕府では、財布を預かる台所方の事を勝手方と 呼んでいた。現代でも勝手にするとか、勝手な人、勝手気ままと言う如く、自由に生きる事を 表現する時に使っているが、この言葉も弓道から来た言葉だったとは意外なところだ。

『四ッ葉のクローバー』  Oct. 24, 2011 ▲Top
 古い本を開いていたら、ポロッと何かが下に落ちた。何かが挟まっていたようで、落ちたものを 探していたら、昔見つけて本に挟んでおいた四ッ葉のクローバーだった。色はすっかり茶色くなった が、紛れも無く60年近く前に学生寮の庭で見つけて、恋人であった家内に送ったものと同じだった。 当時住んでいた世田谷の千歳船橋の寮の庭は、広くてバドミントンコートが取れるほどであった。 庭には一面、雑草の合間にクローバーが植わっていた。暇があると四ッ葉のクローバーを探していた。 そして、良く探すと四ツ葉も見つけたが、五ッ葉や六ッ葉も随分見つけた。彼女に送ったのは幸運 と言われる四葉を手紙に挟んで送ったが、五ッ葉や六ッ葉は葉は多いが幸運と言うより、異常だと 思って、別の所に仕舞っておいた。今回出てきた四ッ葉は、その時のものかどうかは判らないが、 昔はそんなものを探すのに熱中した事を懐かしく思った。四ッ葉が幸運をもたらしたか、今の家内 とは学校を卒業と同時に結婚出来たので、幸運の女神がいたのだろう。

『車の色と事故』  Oct. 23, 2011 ▲Top
 皆さんはどんな色の車に乗っているのだろうか。車の色によって事故を起こす確率が異なると言う。 車の色による事故率の研究者によれば、最も事故に遭いにくい色は銀色だと言われている。一般的な 白色の車を基準とした時、銀色の車が重大な事故に遭う確率は白の半分ほどだと言う。色が明るく 光の反射率も高いからではないかと考えられている。もしブルーなら事故に気をつけないといけない。 統計学的に見るとブルー系の色の車は事故に巻き込まれる確率が一番高いと言われている。ブルーや 紺色は自然界の色で、例えば海や川の水、空の色がそうである事はブルー系の色には癒し効果があり、 他の車のドライバーから見た場合、緊張感をゆるめて仕舞い易いのだ。それだけでなく、紺色などは 収縮して見えることから、存在感そのものが薄くなる傾向がある。実は黒い車が最も事故に巻きこまれ 難い色だと言う。黒と言うと何となく高級感があり、また乗っている人もそれ相応の人物と言うイメージ があり、他のドライバーは黒い車を見ると緊張し、意識し、事故に巻きこまれる確率を低くすると言う

『お豆腐』  Oct. 22, 2011 ▲Top
 昔、日本人の朝食と云えば、ご飯に味噌汁とたくわん、少し贅沢して焼魚と海苔くらいが ついたら立派な献立だった。今でもビジネスホテルなどの朝食と言えば、洋食ならトースト パンとコーヒー。和食ならその類だ。味噌汁の具は豆腐が定番だが、豆腐には木綿豆腐と 絹ごしがあり、印象として木綿豆腐は少し口ざわりがあって庶民派、絹ごしは滑らかな舌触り のいかにも高級で裕福な家庭向けのものと感じていた。実際は、絹ごし豆腐は、容器に豆乳 と凝固剤(ニガリ等)を入れて固めただけのものなので、水分を多く含み柔らかく滑らかな食感 になる。一方、木綿豆腐はこれを崩して内側に木綿などの布を敷いた穴あきの容器に入れ、 40〜50kg程度の圧力を加えて水分を抜いて作られるもの。ザラザラした表面は布の跡、丸い 突起は水抜き用の穴の跡という訳だ。 木綿や絹ごしという名前は見た目や食感を例えたもの。 ちなみに木綿豆腐は凝縮されているので、タンパク質や脂質、カルシウムなどのミネラル分 が豊富なのに対し、水分ごと固める絹ごし豆腐は水溶性のビタミンが豊富という違いもある。

『ビール』  Oct. 21, 2011 ▲Top
 日頃、不思議に思っている事がある。日常的に晩酌をする等、酒飲みの習慣があるわけではないが 酒の席になると、結構酒は飲めるほうだと思う。夏のビアガーデン等で一定の料金で飲み食い放題に なっていると、食べるものはそれ程ではないが、飲むほうはジョッキで6〜7杯は飲んでいる。 別に、いっぱい飲んでやろうという魂胆からではないが、大勢の仲間とわいわい言いながら飲むと 何時の間にか杯が進んでいて、気がつくとその程度飲んでいる。ビールだけでなく、焼酎の水割り、 お酒の類も時間が経ってみると結構な量を飲んでいる。不思議なのは、どんなに喉が渇いていても、 同じ量の水は絶対に飲めない。水だと身体が受け付けてくれないのだ。飲んだ水は胃から十二指腸に 少しずつ送られ、小腸から大腸を通るあいだに腸壁から吸収される。しかしビール等のアルコールは、 腸壁に吸収されるだけでなく、胃からも吸収される。またアルコール分は炭酸ガスや砂糖を含むと、 吸収が早まるという性質を持っており、それらを一緒に摂るとさらに吸収度が高まるそうだ。 その上、ビール等は利尿作用もあるので「トコロテン」の様な仕組みで飲めるのだろうか。

『遺跡見学』  Oct. 20, 2011 ▲Top
 新居浜市の太鼓祭り見物を目的に、茨城県からやってきた友人の為に、祭りの終った翌日、 昔の別子銅山の遺跡探訪の案内をした。我々の住む地元新居浜の歴史には、別子銅山の関わり が有った事は知っていても、最近の若者にはもっと詳しいルーツは知らない事ばかりだろう。 久し振り私も、この機会にマイントピア別子と、最近は東洋のマチュピチュと宣伝する様に なった東平(とうなる)の鉱山跡地を見学してきた。昔鉱山が栄えていた頃は、この高い山の 中に数千人の人達が働き、家族と生活していた様子を、展示品や記録写真で見ることが出来た。 当時は多くの人達が生活していた事から山肌は開発されて社宅が立ち並んでいたという場所も、 閉山後50年経った今は、跡地修復に植林されて、生い茂った樹木で見通せなくなっていた。 当時の様子を残された写真と説明員の話を聞いて、ツワモノどもの夢の跡としばし感慨に耽った。

『喧嘩鉢合わせ』  Oct. 19, 2011 ▲Top
 今年の新居浜太鼓祭りも無事終ったと言いたい所だが、実は大変問題の多い終り方だった。今年も 早い時期から、太鼓台同士の鉢合わせが囁かれれていた。かき夫達にとって長年の恨みが存在するのか、 これまでもその類の噂は毎年確実に行われてきた。鉢合わせには必ずけが人が出て、時には見物客が 巻き込まれて死者が出た事も度々あった。今年も報道に依れば多くの怪我人が出た様だ。今やすっかり 有名になった新居浜市の太鼓祭りは、全国から多くの太鼓フアンがやって来る。不案内の彼らに安全な 方法で太鼓祭りを見せる為に、近年有料の観覧席を設けているが、最終日の観覧席は前日より高額に 設定されていた。所が僅か数時間前に市内で行われたかき比べ会場で、計画的な喧嘩鉢合わせから1台の かき棒が折られ有料で見せる会場に、喧嘩の2台が運行取消しをされ、勇姿を見せる事はなかった。 問題は予め高い予約金を払って楽しみに待っていた観客に2台の不出場行為は契約違反であり、看板に 偽りありで、観覧料を返却すべき責任があると思う。

『太鼓祭り』  Oct. 17, 2011 ▲Top
 地元新居浜市のお祭りが始まっている。今年は地域毎の裏事情から、お祭りの開催日がバラバラと なり、これ迄市内統一太鼓祭りとして10月16〜18日の3日間行われてきたものが、今年は14〜18日と 5日間の長期開催となっている。本来秋祭りとは五穀豊穣を氏神様に感謝する慣わしから、特別の事情が 無い限り開催日は決まっていた。市内の大手企業も商店もお祭り期間は定休日として、従業員の祭り参加に 協力してきた。しかし近年少子化問題に端を発し、太鼓台の担ぎ手が不足し、重さ2.5トンの太鼓台を 担ぎ運行する事が難しくなって来た。そこで元地元出身者で都会に出ている若者を呼び返して祭りに 参加させるには週末開催で無いと休暇を取るのが困難との判断から、一部地域が祭りの日程を変える ことになった。そして祭りの日は、地元企業や商店街の店主なども店を閉めて祭りに参加するので、 この期間は殆どの市民は仕事を投げ打って太鼓台を担いでいる。今年は地域毎に分かれた開催の為、 義理や付合いから複数の地域に出向いて担ぎ役を引き受ける若者も多く、祭り疲れが後の仕事に響く事だろう。

『メガネ拭き』  Oct. 16, 2011 ▲Top
 私は若い頃、机に座って事務仕事など読み書きすると、直ぐ頭が痛くなり、医者の診断から遠視 が原因で頭痛を起こしていると判り、比較的早くから遠視用のメガネを掛けていた。メガネを常用 する様になってからメガネの汚れはとても不快なものである。何気なくメガネに触るとすぐ皮脂が ついたりして面倒なものだ。紙やハンカチで拭いてみても汚れが広がるだけ、うっかりすると レンズに傷が入ることになる。そこで眼鏡拭きという専用の布や紙があるのだが、普通の布とどう 違うのか。最近よく利用されているのが超極細繊維で出来た布。繊維の一本一本が非常に細く普通の 布に使われる合成繊維の太さに対して、超極細繊維なのだ。この細さで手垢や静電気による汚れを 簡単に取ってしまうわけ。さらに、超極細繊維の断面は円形ではなく三角形。弱い力でも汚れを確実 に吸着し、さらに拭き残しも非常に少ないという優れモノ。そして少量の水を含ませると頑固な汚れ も簡単に取れてしまう。

『風邪薬』  Oct. 15, 2011 ▲Top
 一般的に風邪を引いた状態とは、頭痛・発熱・のどの痛み・筋肉の痛み・咳・くしゃみ・鼻水 ・鼻づまりなどといった、いわゆるかぜ症候群の諸症状を指していて、医者による治療は対症療法 をとっているので、風邪に効く薬は無いのだそうだ。医者の診断で貰っている薬は、解熱鎮痛剤か 喉の痛みを抑える薬か栄養を補充するものなど、これと言う決め手ではない対症療法なのである。 これが最先端の医学なのだから、色々な民間療法が出てくるのも納得がいく。昔から日本では 葛根湯を煎じて飲んだり、生姜湯を飲んだり、ネギを首に巻いたりする。ポーランドでは玉ねぎを みじん切りにして鍋に入れ、砂糖を加えて煮詰めたものを飲む。イタリアではレモンをスライス して黒焼きにした物をおでこに張り付け、上から鉢巻で固定して寝る。フランスはグラス1杯の 赤ワインを半分位になるまで煮詰めたうえで寝る前に飲む。ブラジルでは生にんにくを糸で繋げて、 ネックレスのように首にかけるなど、国によって色々な秘法があり、それぞれ根拠のある治療法 なのだが、どの程度の効果があるか実際は分からない。

『曇り止め』  Oct. 14, 2011 ▲Top
 風呂場等で鏡を使おうとすると湯気で曇って何も見えなくなって困った事があるだろう。 水蒸気に溢れた風呂場では冷え切った鏡の表面に結露するので曇ってしまうのだ。夏場の 車でクーラーで冷やされたメガネを掛けて、外に出ると一気にメガネが曇って見えなくなった 経験があるのと同じだ。以前鏡の裏に弱い電流を流す事で鏡を暖めて曇らなくする方法があった。 効果はあるが電気代が掛かり、風呂場の為、電気製品によっては水気の多い所で配線が難しい ことに問題があった。最近知ったのがハイドロミラーと呼ばれるもの。鏡の表面を親水加工 することで、予め薄い水の膜を作ってしまう。浴室なら最初にお湯をかけて水の膜を作れば、 曇る事はないという訳で電気が要らない。

『コマーシャル』  Oct. 13, 2011 ▲Top
 民放の番組を見ていて不愉快になるのは、盛り上がった場面で突然番組が切られて、見たくも無い コマーシャルを見させられる時だ。ドラマやスポーツ番組等で最高の場面にコマーシャル が入ると、興ざめするばかりか、肝心のコマーシャル商品も恨みがましく感じてしまう。 視聴者からするとこんな時に・・、こん畜生!なのだ。しかも何本ものコマーシャルが続き その間にトイレに行って帰ってきてもまだ続いているほど長いのだ。さらに番組を心地よく 聞いていた音量が、突然耳障りな程大きな音になるのは何故だ? 細かい説明など毎回同じ コマーシャルなので、内容は判っているのに大きな音で繰り返されるのは御免蒙りたい。 通常番組からコマーシャルに入る瞬間は、信号がある筈なので、その信号をキャッチしたら 音を消すとか、音量を下げる機能付きテレビが出来てもいいが、業者は自らの首を絞める ことになるので、あえて作らないだろうな。

『ニトログリセリン』  Oct. 12, 2011 ▲Top
 ニトログリセリンと聞くと誰もが思い浮かべるのが爆薬だと思う。そのままでは不安定なので その安全性を高めて扱いやすくしたのがダイナマイトだ。発明者のアルフレッド・ノーベルが その特許により莫大な財産を残す事になった。後にダイナマイトは戦争に使われ多くの人命を 失う事になり、思わぬ成り行きからダイナマイトで得た財産を世界平和のために投げだして ノーベル賞を設立した。ところで、ニトログリセリンといえば狭心症の発作を押さえる薬、略称 「ニトロ」としても有名。そんなものを体の中に入れても大丈夫なのは、濃度が低いかららしい。 私自身、狭心症の持病を持っているので、常時身に付ける財布に入れて肌身離さず所持している。 ニトログリセリンは体内では静脈や動脈を拡張させる効果がある。狭心症は元々心筋の虚血による 酸素不足から起こるものだから、血管を拡張する事によって、心臓に戻る血液量が減り、血圧が 下がる。動脈を拡張することによって、心臓が使うエネルギーが減り負担が軽くなる。心臓を 取り巻く冠状動脈も広がり、心臓へ送られる酸素量も増えると言う訳である。

『柿』  Oct. 11, 2011 ▲Top
 柿の木は東アジアの固有種である。熟した果実は食用とし、幹は家具材として用いられる。 葉は茶の代わりとして加工され飲まれることもある。果実はタンニンを多く含み、柿渋は 防腐剤として用い、現在では世界中の温暖な地域で果樹として栽培されている。元々柿は日本 原産の果物と言われ、16世紀頃にポルトガル人によってヨーロッパに渡り、その後アメリカ 大陸等世界に広まって行ったもの。柿は胃腸の働きを整え、アルコールの分解を助け、二日酔い に効く他、美容や健康に優れた果物である。しかし一方では柿は体を冷やすから食べ過ぎては いけないと昔からよく言われてきた。実は体が冷えるというのは、正常な体温から下がると いう訳ではなく、柿に多く含まれるカリウムによる利尿作用、タンニンにより高い血圧を正常 にする作用を指すものである。適量なら便通を良くする効果もある柿だが、食べ過ぎると腹痛や 下痢を起こしやすくなるので注意が必要だ。

『土俵』  Oct. 10, 2011 ▲Top
 日本の国技と云われている大相撲は丸い土俵の中で戦う格闘技だが、この土俵の起源は信長の 時代だと云われている。相撲場のまわりを力士達が取り囲み、その人垣の中で相手を押し倒した ほうが勝ちであった。周りを囲んだ力士を人方屋(ひとかたや)と呼んでいた。江戸時代になり、 人方屋の代わりに五斗俵を円形に並べるようになり、その後今の形になってきた。今は土俵の上 には吊り天井が下がっているが1952年09月21日、日本相撲協会はそれまであった土俵の屋根を支え ていた4本柱を止めてつり屋根式に改造した。柱は観客の視界を妨げ、また力士が投げられた時、 柱に当たって怪我をする事もあったのだ。柱の代わりに屋根の四隅に青、赤、白、黒の房を下げた。 また、この年まで春、夏、秋の年3場所だったのを、翌年1月から初・春・夏・秋の年4場所制にし、 5月からNHKがテレビ中継を始めた。

『落雷の危険』  Oct. 9, 2011 ▲Top
 昔の知識では、雷雲が近づいたら身につけている金属類を取り払って避難すると良いと 教えられてきた。近くに高い木があれば、その影に隠れると雷は木に落ちて助かると思っていた。 しかし、実際はどちらも間違っていることが分かった。人間の身体には水分が多く導電性が高い。 人に落雷すると、頭から足を通って一瞬に地面に抜けて感電をする。身体に金属を付けていると 雷の電流は金属から分散し、一瞬のやけど程度で済むことが分かっている。導電性のある釣竿や ゴルフクラブなどが頭より高いところにあれば落ちる確率は上がるが、それ以外なら確率は殆ど 変わらない。高い木には確かに雷は落ちるが、その木から更に放電される為、傍に居ると非常に 危険で、その側撃雷による死傷者は多い。落雷の怖さは、直撃雷もさることながら、側撃雷が 油断できないので、落雷しそうな物の傍から出来るだけ離れることが安全である。

『きつねとたぬき』  Oct. 8, 2011 ▲Top
 関東のソバに対し関西はうどんが庶民の好む食べ物として定着している。うどん屋のメニューの 定番には、きつねとたぬきが主役だ。きつねは油揚げが好きと言う俗信は分かるが、たぬきが 天かすを好きだったかどうか分からない。何故か揚げ玉の載ったうどんを「たぬきうどん」 という。それには2つの由来が伝えられている。天ぷらの「タネ抜き」から「たぬき」とする ものと、もう1つは揚げ玉は無料サービスで客が自由に載せることが出来たのだが、いっその 事これも商品にしてしまおう、と言うことで「きつね」に対抗して「たぬき」と名づけたもの。 しかし、油揚げがきつねで、揚げ玉がたぬきと言う命名は全国共通ではない。大阪は油揚げうどん が「きつね」で油揚げソバが「たぬき」、京都では油揚げにうどん or ソバが「きつね」で あんかけにうどん or そばが「たぬき」、という具合にいろいろ。「きつね」に対して「たぬき」 という安直な決め方が案外のところかも知れない。

『北枕』  Oct. 7, 2011 ▲Top
 お釈迦様が亡くなった時、頭を北に向けて寝かせたことから、死者を弔う時、頭を北に 足を南に向けて寝かせるようにしている。そんな事から、健康な人が寝るとき北枕にする のはイメージ的に縁起が良くないと思われている。実は科学的に言うと、人を寝かせる時 南北に向けるのは健康的な方法と言える。地球には南北を軸にして地磁気があり、人の 体内に存在する鉄分を介して磁界が発生している。頭を北に寝ると、地磁気に逆らわない 自然な向きになるため、血液の流れがスムーズになる。死者を北枕に寝かせたのは、稀に 地磁気の磁界によって蘇生することがあったとも言われている。こう言う由来を考えると、 北枕はそれほど縁起が悪いものではないようだ。風水でも北枕は金運上昇をはじめとして 運気のアップする向きと言われている。

『海洋深層水』  Oct. 6, 2011 ▲Top
 自販機やコンビニ等で売られているボトルに海洋深層水と書かれた物がある。 海洋深層水とはどんなものかと言うと、通常水深200メートル以深の海中から採取される水と 定義される。海洋深層水は、人が生きるために不可欠なミネラル分を陸水よりも多種類含む だけでなく、陸水のようにダイオキシン等の有害化学物質に汚染されていないという特性を 持っている。この深さの層は太陽光が届かず植物性プランクトンが生息できないため、無機栄養素、 ミネラルが消費されず豊富。有害な細菌も無く、上層の水とほとんど混じり合わないため大気・ 水質汚染の影響を受けずに循環しているキレイで安全な水。対象となる海域、水深までパイプを 設置してポンプで汲み上げたら、イオン交換膜などで塩分を取り除く。必要に応じて硬度を調整、 飲みやすくして出来上がっている。細菌学的にも化学的にも清浄、ミネラルが豊富な海洋深層水 に目をつけた飲料、化粧品、食品業界などがこれを化粧品、入浴剤、飲料水、アルコール類、 水産加工食品などとして商品化している。

『緑黄色野菜』  Oct. 5, 2011 ▲Top
 日頃の食生活の中で、栄養学的にバランスの良い食物を摂る事については、緑黄色野菜を多く 食べる様にと勧めている。食卓に載った食材に色物が多いと、何となく満足感を得られるもの。 緑黄色野菜とは厚生省によるとβカロチンの含有量が100gあたり600μg以上という数値。ただ 同じ野菜でも品種や生育環境等によって分類が異なることがあるため、最近はカロチンが多く ビタミンAの元となる野菜を指す傾向がある。カロチンには体内の活性酸素を減らす抗酸化作用 があり、β-カロチンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるのでプロビタミンAとも呼ばれ ている。緑黄色野菜には他にビタミンC、ビタミンK、葉酸、ミネラルなどを多く含んでいます。 緑黄色野菜という分類は普段不足がちな野菜を食べることを勧めたもので、緑黄色も淡色も満遍 なく食べることが一番大切である。

『迷信』  Oct. 4, 2011 ▲Top
 日本にオランダからカメラが入ってきたのは170年前の鹿児島で、最初のモデルが藩主の島津斉彬で 撮影が6月1日だったことから、この日が写真の日とされている。まだ珍しかった昔、写真を撮ると魂 を奪われると言う迷信があり、それを信じて写真に撮られることを嫌う人もいた。三人で写真を撮ると 真ん中の人が死ぬという噂が信じられた。写真館にお客が3人で来た場合は人形を抱かせて4人にする というサービスがあった程だ。実は当時のカメラの性能に問題があり3人で撮る時、真ん中の人にしか ピントを合わせることが出来なかった。はっきり写る分、魂も多く盗まれると考えられたようだ。 実は3人で写真を撮るときは、大抵真ん中に年長者が来る訳で、確率的に言えば年長者が一番早く亡く なっていたと言うのが、最も考えられる理由のようだ。

『体内時計』  Oct. 3, 2011 ▲Top
 人には、体内時計で決まったサイクルで動くシステムが備わっている。人の世界には機械で 動く時計もあるので、その示す時間で動いている部分もある。しかしそんな機械も無い動・植物 などにも生物時計が存在して周期的なリズムで動いている。この周期をサーカディアンリズムと 呼ばれている。この体内時計の働きで1日の体温変化や睡眠、食事などが制御されているのだ。 1965年にドイツのユルゲン・アショフが発表した実験によると、人間が外界と隔離された環境で 数週間時計の無い生活をすると、その周期は24時間ではなく25時間だった。但し、その後の研究 で、人により±数時間の個人差があるとも言われていて、やはり1日24時間ピッタリとはいか ないようだ。人間の体内時計は、毎朝ほぼ同じ時間に太陽光などの強い光を目から感知、自らの 体内時計と照らし合わせて1日24時間とのズレをリセット、補正しているのであると言う。

『朝風呂』  Oct. 2, 2011 ▲Top
 朝風呂に入る贅沢な身分とは、歌の文句にある小原庄助さんの様なお金持ちのする事で、一般庶民 には夢のような高望みと思っている人も居るのでは。高級温泉地に繰り出して、ご馳走を食べ、酒を 飲み、疲労が最大限に溜まった未明の早朝に朝風呂に入って、体調を崩す患者が意外に多いと言う。 未明の温泉浴は飲酒により利尿がついて脱水状態となり、「自律神経の嵐」と呼ばれるように、体が 睡眠から覚醒への準備をするため内分泌系、自律神経系が激動する。血圧、脈拍、呼吸数、体温は 上昇し、コルチゾール分泌、血液粘度は増加し、さらに心臓の冠動脈の緊張は低下とまさに嵐のような 変化が起きている。生体にとって最も弱い時間帯で、多くの病気がこの時間帯に発生している。明け方や 未明に起こされると体調が悪くなる経験が誰しもあると思う。こんな危険な時間帯にわざわざ入浴しよう というのは自殺行為に等しいと思って頂きたい。

『牛になる』  Oct. 1, 2011 ▲Top
 最近の家庭で言われているかどうかは判らないが、私たち子供の頃、食事が終って直ぐ 横になると牛になると親から言われていた。その言葉の裏側にはどんな意味があったのか 大人になるまで知らなかった。以前その事について医学的な面で調べて見たら、全く根拠 がない事が判った。当然横になっても「牛」になる事はないが、生理学的に「胃に悪い」 と言う根拠は無いのである。胃袋は、体の中で左上から右下にかけて斜めに 下がっているので、食後はお腹の右を下にして横になるのは胃の機能としては良い訳だ。 また、胃の弱い人は食後、このようにして休むのが治療法の一つとなっている。私自身は 食後の肝臓の負担を軽くする為に、必ず30分ほど横になる習慣を実施している。では、昔 大人が子供に対して、なぜ「牛になる」なんて言ったのか。それは多分子供に行儀作法を 教えるための方便だったのではないだろうか。

Home