2010年12月
『忘年会』  Dec. 31, 2010 ▲Top
221230minami.jpg  毎年必ず恒例で忘年会を行っているパソコン仲間に「みなみ風」というグループがある。 昔と異なるのは、仕事の関係で、地元を離れてあちこちに散らばってしまったことがある。 たまに会えるのは、お祭りや年末に故郷に帰ってきたときだ。大晦日を控えて昨夜帰郷した メンバーで、急遽忘年会をすることになった。会場の予約を早めにしておけばよかったが、 皆の予定が確認できなかったので、ぶっつけ本番となった。昼過ぎからいつもの飲み屋に 予約の電話を入れてみたが、どこも予約満席と断られた。万一の場合はどこでも良いと は考えていたが、天気予報では夕方から雪も降り寒さが厳しいと放送されている。兎に角 どこか決めなければ路頭で迷うことになる。ネットで次々と当たって行ったら一軒見つかり、 すぐ予約した。鍋と飲み放題で4000円のメニュー限定だが無論座席さえ確保なら文句はない。 久しぶりの仲間との忘年会は、こうして楽しい話が弾んで夜を過ごした。いつも恒例の ビンゴゲームも楽しみ、目当ての景品を手にし、来年の再会を約束してお開きとした。

『大掃除』  Dec. 30, 2010 ▲Top
 今年も残すところ2日となった昨日は、朝のうち厳しい寒さだったが太陽が顔を出して 爽やかだったので、ベランダ周りと、窓ガラス等の拭き掃除を始めた。ベランダは前の日 の大風で、吹き溜まりにごみが集まっていたので、箒で掃くことにした。日ごろ放置して 金具が錆びていた為か、首の所で折れてしまった。仕方なく近くのスーパーへ出掛けて パーム椰子の箒を100円でゲット。ついでに塵取りも合わせて買った。早速家に帰り掃除を 始めたが風が強くなり、掃いたゴミがすぐ散らかってしまい塵取りに収まらない。仕方なく 水を撒いて、ゴミの飛び散るのを防いだが、今度は濡れたゴミは箒で掃くのが容易でない。 箒の跡には、縞模様の埃の痕が残り、なかなか上手く溝のゴミが集まらない。最後は仕方 なく細かいゴミは水を流して配水溝に流し込んで終わりにした。

『はこBOON』  Dec. 29, 2010 ▲Top
 先日来オークションの買い物が重なったので、軽くなった財布の足しにしようと逆にオーク ションに何点か出品した。最近全く使っていないDVテープ式のCANONビデオカメラと、CF ハードディスクメモリーのビクターのビデオカメラ、オリンパスのデジタルカメラを続けて 売り出した。夫々外観は綺麗だが、所詮発売から年数の経った品ばかり、スタートは遠慮して 安めから出品した。4日間の入札の最初は、なかなか寄りつきが悪かったが、終了時間の 間際に、ばたばたと競り上がり思わぬ高値で落札されていった。落札価格で請求する金額には、 送料も加算するので、出来るだけ安くしてあげたいと、今回初めて「はこBOON」を利用した。 これまでのユーパックでは、箱の大きさで料金が決まるが「はこBOON」は重さで決まるので、 包装の関係で嵩張るが、重量の無い物は、安く送る事が出来る。しかも発送申し込みはWebで 行い、後はコンビニに荷物を持ち込むと伝票の打ち出しも出来て、簡単に安く発送が出来た。 これは今後使えるシステムだ。

『年賀状』  Dec. 28, 2010 ▲Top
 先日近くの郵便局でお年玉付き年賀はがきのインクジェット紙200枚を購入して置いた。 はがき面の印刷デザインはあらかじめ考えておいたので、まづは200枚の印刷を済ませた。 年の瀬も迫り年賀はがき投函の期日も近づいたので、一昨日は前年の年賀状発行の住所録 とそれに対し応答のあったはがきの照合確認と、今年届いた喪中はがきの照合を済ませた。 その照合の終わった住所録データをUSBメモリーに保存しておいたのでパソコンにセット して印刷を済ませた。定型の印刷をしただけの年賀はがきでは、受け取る相手に年賀の 気持ちが伝わらない。毎年ながら一枚ずつ宛名を確認しつつその人の顔を思い浮かべて 一言書き添えるのを習慣にしている。今年も2日掛かりで全てに書き終えたので今日は 郵便局に投函に行く予定だ。

『百縁笑点街』  Dec. 27, 2010 ▲Top
hyakuen.jpg  新居浜市の商店街連合会と、まちづくり協働オフィスが中心となって、毎月行っている 催しが「百縁笑点街」と言う日曜市をやっている。日ごろ市民の足が遠のいている中心 商店街のアーケード通りに、思い思いで露天の商店を出し、商品には必ず100円で買える ものを出す事にしてある。百縁笑点街は朝8時から午後の2時過ぎまで開催されているが、 今年1年間やってきてある程度客足も定着してきた。朝の散歩がてらに見て回ると100円 に吊られて、いつの間にか両手に一杯になるほど買いこんでしまう。ただ価格が安いので 一杯買っても、なかなか1000円を超える事は無い。私がお目当てにしている店はちらし寿司 をパックにつめて1折100円と150円の2種類が売られている。私は150円、家内は100円の パックを買って帰り、美味しいので毎回お昼に家で食べるのを楽しみにしている。

『パソコンルーム』  Dec. 26, 2010 ▲Top
pasocon.jpg  私のパソコンルームは、僅か6畳ながら現在壁際にデスクトップパソコン3台と 反対側にベッドがあるので、とても狭い空間だ。つい数日前までは2台だったところに 新しいSONYのVAIOが追加された為だ。本来なら内1台は廃棄する予定だったが どういう訳か、新しいパソコンが入ってきたら、全て元気になってしまった。従って 3台を並べるために狭い空間を最大限に生かして整理配置した。左から新しいVAIO、 DELL、MOUSEの順に並んでいる。ビデオの編集等や、DVDのコピーなどの 作業中は、どうしても他のことが出来なくなり予備のパソコンが欲しかった。そこで 使える限りは活用する事にした。また今迄のパソコンには、メモリー容量一杯の領域を 使っていたが、台数が増えたので、アプリケーションやデータ類を分散して効率化を 図ったお陰で、夫々の動きも早くなった。

『パソコン』  Dec. 25, 2010 ▲Top
 長年、メインにしてきたDELLのパソコンは、日に日に電源スイッチの入り具合が悪くなって いた。早く立ち上げたいと焦ればあせるほど不調だった。そんな時はスペア用のMOUSEパソコンを 立ち上げて用を済ませていたが、不思議にこちらも最近原因不明の異常な症状が度々起きていた。 そこで思い切ってオークションでVAIOの出物を探して安く競り落とした。それが昨日入荷した。 本体は少し古いが、内部メモリーとHDDが大幅に容量UPしてあった。早速電源を入れたが初期化 されていてすぐには使えなかった。取りあえずメールのチェックには不調のはずのDELLに電源を 入れて見たら、何故か簡単に立ち上がり異常無く働いている。折角代わりのパソコンを買ったけど、 DELLが正常に動くのなら買う必要が無かった。その上不調だったMOUSEも今日は問題が全く起きない。 機械に意識は無いはずだが、異常が起きるときは全てのパソコンが不調になり、正常に動いている 時は全ての機械が正常に動くのは何なのだろう。不思議な現象だ。

『干し柿』  Dec. 24, 2010 ▲Top
hosigaki-3.jpg  毎年この時期になると、我が家のベランダには干し柿が並んでいる。今年は何故かマーケット で売られている柿が高くて、買うのを躊躇していた。たまたま近所の人とそんな世間話をした後 その方が、友人から分けてもらったと、丁寧にも一袋届けてくださった。今年は諦めかけていた 干し柿を遅まきながらベランダに干した。ところがそれを見つけた近所のムクドリが、やって来て ベランダの手すりに止まったので、急いで追い払った。しばらく見ていると、近くの電柱に数羽の ムクドリと、遠くのビルの屋上でカラスが狙っている様子。まさか一日中見張りをするのも大変 なので、昨年も効果のあったCDを数枚ぶら下げた。どうやらこれの効果があったのか、その後 鳥達の姿は見えなくなった。ぶら下げたCDは、風でくるくる回ると、太陽光線をピカピカと反射 し、鳥にとって嫌な物らしい。どうやらこれで干し柿を鳥から守る事が出来るようになった。

『黒幕』  Dec. 23, 2010 ▲Top
 昔からよく使われる表現に黒幕と言う言葉がある。黒幕という言葉を調べると、日ごろ 表面に出ず裏で計画したり指図する人とある。いわゆる闇の権力者だ。黒幕の語源由来は 歌舞伎などの舞台で用いる黒い幕に由来している。舞台では場面の展開や夜の場面を表現 するのに黒い幕を張った。その芝居が展開する裏では黒い幕の内側で活躍しているのだ。 今の民主党を見ていると、表舞台では菅首相がいてリーダーシップを取ろうとしているが 裏側で、小沢一郎があらゆる形で動きを操っている。まさに黒幕の存在である。黒幕は、 自らはものを言わないが、小沢チルドレンたちがあらゆる方法で小沢弁護をしている。 民主党はこのままでは自滅するか、小沢グループの言う挙党体制等はあり得ないので、 チルドレン達を連れて出て新党を作り分かれるしか無いだろう。

『サウナ』  Dec. 22, 2010 ▲Top
 毎日の日課として通っているフィットネスクラブには、運動の後入る風呂と、サウナの 設備がある。ここで毎日顔をあわせる人達の中には、特別運動はしていないが風呂とサウナ だけが目当てで来る人達もいる。1ヶ月4000円程度の会費でも特定の時間帯の利用に限られ るが、毎日利用できるのは、町の風呂屋に行くより断然安い。もし風呂だけではもったいないと 思うなら、歩行器や自転車でちょっと30分も運動すればメタボ対策にもなる。汗をかくのが 嫌なら、プールで歩くのでも足腰の運動になる。私も泳ぐのが楽しくて長年通っているが、 泳いだ後のサウナで過ごすのがもっと好きだ。サウナルームにはテレビがあり、スポーツや ニュース番組など見ながら、世間話に話が弾むのも楽しい。最近のサウナでの話題は海老蔵 問題と、民主党の菅首相と小沢問題が一番白熱している。サウナルームは暑いので長い話は 無理だが、大勢の人達が入れ替わる度に、同じ話題が語り継がれていくのがとても面白い。

『パワーウインドウ』  Dec. 21, 2010 ▲Top
 今時の車の窓は、スイッチひとつ自動で、全開から全閉まで一気に開閉する。 ハンドルを握る者にとって、運転中窓の開閉をするのにとても便利な機能である。 昨日のニュースによると、静岡県富士市で、車の後部座席の窓に首を挟まれて いる子供を通行人が見つけて救急車を呼んだという。運転席には市内の保育士の 女性が乗っていたが、携帯電話に夢中で子供の事故には気づかなかったと言う。 自動で開閉する窓は、間違えてもスイッチを押してしまえば最後まで閉まるもの。 ましてや、開いていた窓から顔を出して、気づかぬうちにスイッチが入ったと すると子供は何も出来ないで、死ぬまで窓は閉まり続けたことだろう。 一見便利な機能も、間違えるととても危険な機能であることを知るべきである。 窓に首を挟まれた花歩ちゃんは、病院に運ばれたが今も意識不明の重体だと言う。 無事回復してくれる事を祈りたい。

『民主党』  Dec. 20, 2010 ▲Top
 今の民主党は小沢一郎の駄々っ子ぶりにかき回され、何とか小沢氏を政倫審の場に呼び出して 国民に説明を迫ろうとしている。民主党幹事長の岡田克也は、知る人ぞ知るイオングループの 創業者岡田卓也が父親だ。男3人兄弟の真ん中で、長男はジャスコ社長の岡田元也だ。3男は 岡田家の仕事とは関係ない普通の新聞記者。2男坊の克也氏は真面目で頑固者と言うイメージ で捉えられていて、問題の小沢氏と直接会って政倫審の場に出るよう説得出来ると思っていた。 しかし小沢一郎は、今は裁判で告発される身、いづれ裁判で潔白を証明する積もりだと政倫審 に出席する事を拒んだ。岡田氏としては、政治と金の問題で国会運営も、統一地方選挙も旨く 行かないと詰め寄ったが、逆に小沢氏から選挙や国会運営は幹事長の責任だと言い返されている。 最後に菅総理と会って欲しいと要請したら用意はあるとなり、今日の会談が予定されているが、 小沢氏は当然政倫審はおろか、一切応じるつもりは無い。菅さんも困ったものだがどうする?

『パソコントラブル』  Dec. 19, 2010 ▲Top
 今年6月頃、我が家のパソコン3台が何故か次々トラブルが起こり、デスクトップの2台は リカバリーを掛ける事になり、そのうち1台はCドライブのHDD不良を取り替えて解決した。 その後トラブルも無く穏便だったが、最近また問題が起きて電源スイッチが、1度や2度では 正常にONにならないのだ。詳しく言うと、電源ボタンを押すと正常ならボタンの中のランプが 緑色点灯で正常にONだが、時に赤色ランプが付いた時は、正常に立ち上がらない。これまでも 時々そんな事があったが、押し直せば正常に立ち上がっていた。それが最近は何度も押し直しを しないといけなくなり、この数日は押し直しを数十回しても正常にいかず諦めて別のパソコンで 用を済ませている。今までのパソコン不調はソフト的問題だったが、今回はどうやら機械的不調 なのでついに寿命が来たのかも・・・

『湯たんぽ』  Dec. 18, 2010 ▲Top
yutanpo.gif  今年の夏は異常なほど暑い日が多かった。昔から夏が暑いと、反対にその年の冬は寒いと 言われている。恐らく自然の仕組みで年間の気温とか気象と言うのは暑さ寒さ、雨と乾燥 などはバランスするようになって居るのだろう。今年も12月に入ってから、急激に寒い日が 続いたので急いで電気ストーブや電気敷物など出してきた。夜寝る時の湯たんぽも出した。 私にとって、寝るときの湯たんぽは不可欠なのだ。昔スキーをしていて、新雪の積もった ゲレンデを滑っているとき、雪に隠れたブッシュに足を取られて転び、右足首を捻挫した。 その後の処置も悪くて、その部分は恐らく神経か網細血管が切れた等異常になったのだろう。 毎年冬の寒さは、この時捻挫した足首に響き、とても冷たくて寝られない。従って湯たんぽ を足元に入れてないと熟睡が出来ないのだ。今年も湯たんぽの世話になっている。

『年賀状』  Dec. 17, 2010 ▲Top
 平成23年度の年賀状受付が昨日から始った。郵便局では年末が迫ってからの忙しさをを 回避するため、早めの投函を呼びかけている。昨日は全国各地の郵便局で色々な行事を行い 早めの投函に訪れた利用客を歓迎する式典を行っていた。毎年の事ながらそのうちにと思って 居る間にもうあと半月に迫ってきた。我が家でも来年の干支を考えた年賀はがきの案を幾つか デザインして見たが、いまいちピント来ない。現役時代はまじめな文面に拘ったものだが、今は もう仕事の関係も無く格式ばった必要は無いので、少しソフトなデザインをと考えている。

『空襲警報』  Dec. 16, 2010 ▲Top
 昨日の韓国では、全土で北朝鮮による空襲を想定した空襲警報を発令し、市内の地下道や地下鉄などの 地下施設に避難する「民防衛特別訓練」を行っていた。私も昔、仕事の関係で韓国を度々訪れていた頃、 突然のサイレンによって、地下道に避難させられたことがある。やがて地上には戦車や装甲車、航空機等 を始め武装した軍隊が出現して実際の軍事状態を再現する訓練をしていた。たまたまホテルに居る時間帯 だと、部屋に留まって外に出る事は出来無かった。訓練は多分1時間程度で終了し、いつもの日常に復活 していた。また、当時夜は戒厳令が引かれて、12時を過ぎると一切外出は出来なくなり、万一家に帰る事が 出来なかった人は翌朝まで、その場に留まるか近くに宿を求めて過ごすしかなかった。目当ての異性と過ごして いたら、堂々とした理由によりよく朝まで居られる口実となった。また、今でも若者には兵役の制度があり、 私の仕事相手だった人も、中途半端な仕事の途中で兵役に出てしまい困った事もあった。平和が長く続いて いたので、すっかり忘れていたが、朝鮮動乱以降の韓国は北朝鮮との間に準戦時体制が続いていたのだ。

『一兵卒』  Dec. 15, 2010 ▲Top
 小沢一郎は、民主党の代表戦で菅さんに敗れたとき、今後とも一兵卒として 民主党政権を成功させるために頑張っていく。どうか皆さんのご指導を賜りたい と言った。本来なら菅代表を支えて、民主党を盛り上げていくのだと思っていた。 一兵卒の意味について辞書を引くと「一人の最下級軍人」「一兵士」「一兵」 「ある目的や人の指図に添って大勢の中のひとりとして下積みの仕事をする者」 とあるが、全て軍人向きの言葉だ。軍の命令を下級軍人はそれぞれ一兵卒として 敵に対峙して戦に勝つ事が義務なのだ。しかし、今の小沢さん自身はあまり多く を語らないが、選挙で小沢さんの資金を個人的に貰って当選した小沢チルドレン 達を操って政権内の混乱を図り、小沢復活を目論んでいる。このままの民主党 では国民の信頼を失うことは火を見るより明らかなのだが、如何するのだろう。

『小沢一郎』  Dec. 14, 2010 ▲Top
 民主党は政権を取るまでの功労者は間違いなく小沢一郎だったと思う。政界でも名だたる資金集めの 猛者だ。集めた資金にはあらゆる手段でかき集めたもので、きな臭い手段も多々あったはずだ。そして その資金を貰って当選した小沢ファミリーが今や民主党をかき回している。小沢氏は、口を開くたびに 自分にはやましい金はないと言い切っている。野党や民主党の多くの党員も堂々と政倫審で無実を証明 して欲しいと臨んでいるが、本人やファミリー達は、断固として反対している。正真正銘やましくない なら政倫審に出る事など恐れる事はないはずだが、実は複雑な事情があるのだろう。自らは民主党の 一兵卒として頑張るというが、本当に民主党だけの為を思うなら、この辺で身を引くべきだと思う。又 訳の分からないのは、今頃鳩山元首相が何故小沢一郎の応援をするのか。菅首相以下仙石官房長官迄を 引きずり下ろそうと画策している。此の侭では民主党は小沢一郎のため生き残れることは難しいだろう。

『マンション理事会』  Dec. 13, 2010 ▲Top
 私の住んでいるマンションは、新築の時に購入して以来24年目になる。出来たばかりの時 入居者による管理組合を結成し、初代理事長に選ばれた私を中心に、以後のマンション共有者 による運営を、スムースに行う為の各種管理規約などを制定しそれによって円満運営してきた。 役員の任期は1年とし各階毎の居住者が毎年交代で引き継いできた。今年1年理事を担当した 私達最後の理事会が先日行われ、来年度役員への引継ぎを行ったが、長年運営して来た理事会 に一度の出席もしなかった者が居る事が判明。その間マンションで起きた色々な問題を理事会 によって協議し、時には総会に諮って解決してきた。24年間には少なくとも各自3回以上は役員 を受け持ったが、一度も協力しない者には罰金で処罰すべきとの意見が出て、来年度の理事会 に申し送った。24年間自分の義務を一度も果たさず避けて来たのは、共同生活者としては問題で、 参加協力が出来ないなら、せめて金銭で解決する事を検討するよう提案した。

『市川海老蔵』  Dec. 12, 2010 ▲Top
 舞台以外の酒が元で、一般人との喧嘩に巻き込まれ、顔などに大怪我をした海老蔵に関して マスコミの報道が、毎日のテレビ画面を賑わしている。被害者だと思っていた海老蔵に対し、加害者 のはずの相手側が、医者の診断書をつけて、自分こそ被害者だと言う。どちらが正しいのか第3者の 我々には判断しがたいが、お互いに泥酔状態だったと言う証言からはどちらも信じられない。海老蔵を 殴ったと言う元暴走族がやっと警察に逮捕されたが、こちらは自分が殴った事を認めているが、原因は 海老蔵側にあったといい、海老蔵の態度が相手に殴られるほど、尋常ではなかった事が推察される。 新婚早々の麻央さんは、けなげにもテレビに頭を下げて謝っていたが、厄介な相手と結婚したものだ。 舞台は当分の間、謹慎することになっているが、今回の事件は2年前にスピリチュアル・カウンセラー の江原啓之によって予言されていた。その予言は本人も納得していたと言うが今後余程の反省が必要だ。

『腰痛解消』  Dec. 11, 2010 ▲Top
 今週始めに魚釣りに行った後、異変の起きた腰痛はその腰骨の周りをカイロで温めて 家で安静にしていた。その効果が出て3日目にはベッドから起き上がれる程に痛みが 引いてきた。一時、体を曲げ伸ばしするのも困難だったが、4日目の朝には屈伸で床に 手が付くほどまで可能になった。昨日予定されていたゴルフには、念のため腰の周りに コルセットを巻いて出かけた。最初のドライバーショットは、やや恐る恐る振った為、 球は大きくスライスし、飛距離も出なかった。しかし振った感触は良かったので、2打 目はいつもの通り思い切って振っても大丈夫だった。スコアもボギーで何とか収まった。 第2ホール160ヤードのショートはワンオンのパー。結局この後のすべてのショットは 思い通りに打てて、腰痛に関する問題はなく18ホールのラウンドは快適に回る事が出来た。 最初に腰の異常を感じたときに、無理せず患部を温めて安静にした事が全て効果があって 大きな問題にならなかったのは何よりだった。

『100円ショップ』  Dec. 10, 2010 ▲Top
 100円ショップは、手持ち無沙汰の暇なときに、特に用がなくてもぶらぶら歩くと、つい何か 買ってしまう楽しさがある。ある目的の物をつい最近買ったばかりなのに、僅かの期間を経て 覗くと、少しばかりデザインや材料の変わった物が置かれていて、また買ってしまう事がある。 元々僅か100円と言う安い物なので、ダブって買ったから困るとか損をしたという感覚はない。 100円玉1個で買い物を楽しめたと言う感覚だ。100円の商品は安かろう悪かろうと言う感覚は 印象の問題で、先日、日経新聞の調査によると10本100円のボールペンと、大手有名メーカーの 1本95円のボールペンの書き比べをしたら、全く遜色が無いばかりか、100円ショップのボールペン の方が、インキの減り方が少なく、長持ちしたと言う。安くてもしっかり用を足している事が 証明されたとあった。我々の認識を改めなければならないものだった。

『腰痛』  Dec. 9, 2010 ▲Top
 4日ほど前、久しぶり朝から無風快晴の天気に誘われて、近くの岸壁に釣りに行った。 狙いは、岸壁のメバルかチヌ又はアジ・イワシを期待して餌と竿を準備した。釣り場に 向かう途中のコンビニで弁当と飲み物を買い、準備は万全を期した。昼前が満潮と言う ことで、釣り場についてすぐ竿を出したが、いづれのターゲットも音沙汰がなかった。 昼食を挟んで4時間の間、釣り場を歩いて探ったが結局何も釣れなかった。家に帰って 体に異変が起きていることに気がついた。腰の周りが痛くて、体の自由が利かないのだ。 とり合えず風呂に入って体を暖めて寝た。翌日になっても腰の痛みは全く変わらない。 家内と相談して、腰の周りに懐炉を添えて一日安静にして見た。背骨の下の方を暖めた 効果が効いて、4日目には腰を曲げられるようになった。明日はゴルフの予定日だが、 果たしてラウンドに耐えられるか不安だ。今日も一日腰を暖めて安静に過ごしておこう。

『ハイビジョンとDVD』  Dec. 8, 2010 ▲Top
 昔からビデオ撮影が好きで、旅行するときや、イベント等があると必ず出掛けて 撮影し、それを編集するのを楽しんできた。以前は普通のビデオカメラでの撮影で 画像品質には不満があって、何とかもっと画像品質の高い、ハイビジョンテレビで 見られるようなビデオを撮りたいと思っていた。思い切ってヤフーオークションで 出物のハイビジョンビデオカメラを手に入れて、色々撮影しては編集に取り組んだ。 最初は慣れない事もあり、旨く編集できてないからDVDに仕上げても画質向上が 出来ないのだと思い込んでいた。しかしやってみるとDVDの画質レベルはカメラ が折角ハイビジョンで撮られていても、保存方式の関係で強制的に映像が圧縮されて、 通常のビデオレベルに落としていることを初めて知り、がっかりした。DVDに 保存するならハイビジョンカメラで撮影するより、レギュラーのビデオ撮影の方が 編集も時間が掛からず、あらゆる処理が手軽な事を知った。

『卓上カレンダー』  Dec. 7, 2010 ▲Top
 昨年のこの時期にも書いたが、友人の会社で毎年配布している卓上カレンダーが今年も 送られてきた。ボツボツ頼むころだと思っていた矢先のことで、手回しの良さに感謝だ。 この卓上カレンダーは大きさB6サイズ程度のコンパクトさで、12ヶ月のカレンダーに は毎日の予定が書き込めるように出来ていて、一番上の段には前月と来月のカレンダーも 印刷されていて、表示されている面だけで前後3ヶ月分を見る事が出来る。ボトム部分を 開くと自立させて卓上型となるが、ボトム部分を折りたたんでしまえば、壁などに留めて 使う事が出来る多用途型に作られている。来年のことを言うと鬼が笑うと言うが、早速 来年の1月13日から4日間予定されているソニーハワイアンオープンゴルフの観戦招待が 決まっているので、まずこの予定から書き込んだ。少し気が早いが、机の前の目立つ場所 に置いた。

『手帳』  Dec. 6, 2010 ▲Top
 年末が近づくと書店等の棚に色々な種類の手帳が並ぶ。今は手帳を必要と するほどの行動予定はなく、大抵は壁に貼ったカレンダーに書き込むくらいで 用が足りている。私がビジネスマンとしての現役時代、毎日のスケジュール管理 には能率手帳と呼ばれるものを使っていた。この手帳は一週間の単位の予定を 左側には時間目盛りの入ったページと、右側は自由に書ける様になっていた。 左頁は8時から12時までの時間管理が可能で、一日の行動予定を時間単位で 書き込み管理ができた。またビジネスでは必要不可欠なアドレス帳が付いていて、 240人分の情報が記入出来、差込式なので翌年の手帳にそのまま差し替えると 何時までも使い続けられた。手帳は1年間に何万回も開いたり閉じたりするので、 手帳の背には百科事典等にも使われている補強素材を使い1年間耐える強度を 保っていた。最近書店に並べられて居るのを見ても昔と大きな変化はない様だ。

『ねこばば』  Dec. 5, 2010 ▲Top
 人のものを盗んだり、ごまかした後、頬かむりして知らぬ顔をする行為をねこばばと 言う。猫を飼うと猫の不思議な本能に気がつく。生まれて間もない子猫でも、排泄を するとき、砂を掘ってそこに排泄した後、砂をかけて隠す行為をする。まだ誰も教えた 行為ではなく、子猫自らの本能だけで行うのだ。猫は自分の排泄物を隠すことで外敵 に自らの存在を知られるのを防ぎ、身を守る自然の行為なのだ。「ばば」とは、関西圏 で使われる糞のこと。ワープロの漢字変換で、ねこばばと入力すると不思議に猫糞と 変換することからも、通常に使われる言葉のようだ。私が小学生のころ、神戸から転校 してきた友人がババするのでトイレに行ってくると言われたとき、最初意味が分からず 不思議な言葉に聞こえた。意味を知ってからは、ねこばばが何であるかすぐ理解できた。

『DVD』  Dec. 4, 2010 ▲Top
 ビデオ撮影が終わると、以前なら編集してVHSのテープに録画して保存するのが 通常だった。しかし、DVDのディスクが一般的になって以来、テープは一切使わず DVDに保存するようになった。再生するときディスクはランダムアクセスが出来て 便利だし、扱われている画像はデジタルなので、コピーしても品質に劣化がないのが 特徴だ。その上保管する上でもスペースを取らない点も優れている。但しテープなら 何度も再録画出来るのに対し、DVD-RWでなければ一度だけで2度は録画できない。 最近気にし始めたのは、処理途中で意味不明のエラーが起きて、録画やり直しをする ことが多いのだ。録画途中で失敗やエラーが起きると、改めて新しいディスクに交換 することになるが、振り返って見ると意外に歩留まりが問題だ。エラーの原因は不明 だが、改めて録画し直している。失敗したディスクは残念だが捨てるしかない。

『喪中はがき』  Dec. 3, 2010 ▲Top
 年末が近づき、来年の年賀はがきの準備を始める時期が来た。今年も早いものは、 11月の中旬頃から喪中のはがきが来るようになった。既に届いた喪中はがきは20枚 に達した。年末迄にはまだ増える事だろう。ご本人が亡くなったと知らせてきたのは 奥様かお子様から。本人から来たものは、ご両親またはご兄弟が亡くなられたもの だった。悲しい知らせは、長年連れ添った奥様をなくされたというもので、特別の 悲しさが伝わってくるものだった。年末までにはまだ1ヶ月ほどあるので、まだこれ から来るものもあるだろう。毎年の事ながら年賀状の発送枚数は年々減っていくのが 寂しい現象である。

『ボランティア』  Dec. 2, 2010 ▲Top
 現役の仕事をしていた時代は、社内の色々な役割の中心にいて活動し、社外では 業界の団体や行政府との窓口となり、その推進や取り纏めなど進んでやってきた。 現役を退いてからは、過去の経験も生かして、行政との連携で一般市民レベルでの ボランティア活動が主流となっていた。しかし歳と共に前線での仕事は若い人に任せ 後方での支援が多くなった。いつの世になっても、何かどこかで人の役にたっている と言う事は生きがいになるし、人に喜ばれるという事は楽しいものだ。若い頃は人の 目に付く行動が多かったが、今は人の目に付かない所で頑張るのが密かな喜びとなり 自分の生き方になっている。今年取り組んだ新居大島プロジェクトの一つの目標だった 周遊マップの仕上げが最終段階になり、来週はもう一度大島に渡って調査し目的達成を 目指して頑張りたい。

『師走』  Dec. 1, 2010 ▲Top
 今年も今月一杯で終わる師走となった。今年を振り返って見ると、政治の世界では、頼り ない民主党の鳩山首相が沖縄の基地問題を解決できないまま、短い期間で菅首相に交代 したがあまり代わり映えのしない現実だ。不正な金の処理が国民に理解されないままの小沢 をどうにも出来ない菅首相には野党時代のような迫力はない。この頼りない総理にいささか 国民も幻滅を感じてきた。中国が尖閣列島問題で漁船が故意に衝突しても政治的には何も 解決出来なかった。挙句の果てに衝突の現場を写したビデオが、勝手にネットに漏洩して、 それを見た中国国民から、ビデオは映像処理された偽造だとまで笑われた。政府は何を 考えて映像の隠蔽をしていたのか分からないまま、正式公表の機会を全く失ってしまった。 菅さんは石に噛り付いても首相の座は降りないと頑張っているが、国際社会からは完全に 浮き上がっていることを知らないのだろうか。外交の席で相手の顔も見ず、膝の上の書類から 目も離さず話す姿は情けなかった。菅さんには期待できないが、さりとて自民党には今後に 期待出来る人材がいないのも困ったものだ。このままでは来年の日本はどうなるのだろうか。

Home