2010年10月
『ゴルフ』  Oct. 26, 2010 ▲Top
 明日から大学時代の同級生仲間とのゴルフコンペが茨城県で行われる。毎年続けてきて 今回が70回目となる記念大会だ。始めた頃のメンバーは大勢いたが、回数が増えると共に 天国へ先を急いだ仲間が増えてすっかり少なくなり、来年は喜寿だ。主要な幹事役が集まって 協議の結果今回を最後にすると言う事になった。優勝カップは持ち回りで、取り切りは 最後まで生き残ったものが取るという事になっていた。しかし、現実は毎回の優勝者が全国 のメンバーを集めて幹事役を続けるのも大変なので、今回で終わりにすることになったのだ。 私も毎回、四国から参加してきたが、今回は最後の閉めと言う事で沖縄の玉城君もはるばる 参加するとの事。懐かしい顔を合わせられるのも最後となると寂しいが、お互い長生きして いればまた、臨時の大会が召集される日もあるだろう。いつもの通り今夜の夜行バスで出発 する。関東地方はもう寒いと一報があった、風邪を引かないよう寒さ対策を万全にした。

『ビデオ編集』  Oct. 25, 2010 ▲Top
 昨日の一言では、新しいハイビジョンのビデオに添付されていたソフトでは編集に問題が 有ると書いた。ネットで調べて無料で提供されているソフトを何種類かダウンロードして、 それぞれ試してみた。中には使えそうなものもあったので、期待してテストを繰り返したが 現実は、日立のビデオカメラから取り込む画像のキャプチャー方式が対応せず、ファイル データでは拡張子が異なるため、ソフトと合わないなど、結局はカメラに添付されている ソフトを使うしか無いとの結論になった。そこで改めてソフトのマニュアルを細かく研究 してタイトルやスーパーインポーズの入れ方などは独自の方法を考えれば出来そうなことが 判ってきた。昨日は市内商店街の日曜市があったので、その様子をビデオ撮影して出来る限り のテクニックを入れてDVDに編集してみた。何とか使えそうだと判ってきた。

『ビデオカメラ』  Oct. 24, 2010 ▲Top
 今まで使っていたビデオカメラは、テープ記録式とハードディスク記録の両方式を 持っているが、テープ式は記録方式はデジタルでも、テープはシーケンスなので 途中で削除、追加等の処理は無理だった。その点ハードディスクタイプは、ランダム アクセスが自由なので、撮影に失敗した場合、いつでも削除出来、扱いが便利な所が 好みだった。最近もっと画質のいい映像に興味が沸いてきたので、オークションで 日立の60GBハードディスク内臓の中古ハイビジョンカメラDZ-HD90を購入した。撮影 して見て、画像のすばらしい事は判った。しかしカメラに付属していたソフトは、 写した画像データを取り込み、繋ぎ合わせてDVDまたはブルーレイディスクに焼付け る事は出来るが、タイトルを入れたり自由な編集の出来るソフトは無く、また今迄の 映像編集ソフトでは対応できないことが判った。折角パソコンに取り込んでも、何も 編集出来ない不自由さに、何ともならないじれったい状態だ。いいソフト無いかな・・・

『目標達成』  Oct. 23, 2010 ▲Top
 人はなにか事を起こそうとする時は、明確な目標を持っていないと道を誤ってしまい気付くと いつの間にか目的すら見失ってしまう。わざわざ目標を決めるぐらいだから簡単なものではない。 多分目標達成を目指して、歯を食いしばって一生懸命頑張るだろう。そして頑張った分だけ結果が 付いて来ればいいが、時には挫折してしまいそうになることもある。自分の目標に向かって集中 し過ぎると自分の事しか見えず、周りのことを忘れてしまい、人間関係を悪くする恐れがある。 たまには同僚や友人たちと心を開いて語り合い、酒を飲んで仕事を忘れて無に戻る瞬間も必要だ。 道で出会った人にも大きな声で挨拶も交わし、明るい気持ちで新たな取り組み方をしてみると 行き詰っていた問題が解け、遠かった目標が近づいてくるものだ。そこには心の余裕が生まれて 、気分転換が目標達成に効果を与えて呉れることだろう。少し哲学的だが身近に起きた事だった。

『衰え』  Oct. 22, 2010 ▲Top
 人間も年を取ると一見元気そうでも、体の至る所に障害が起きているようだ。最近思うのは 目の衰えだ。もしかすると白内障が起きているのか、時々目がかすんでよく見えない事がある。 眼鏡が曇っているかと、一生懸命レンズを拭くと気のせいか見えるようになる。しかし少し小さい 文字はどうしても読むことが出来ず、虫眼鏡が必要で手元から離せない。常用している遠近 両用の眼鏡はつい半年ほど前に作り直したはずだが、そんなに早く合わなくなったのだろうか。 それとも自分の目のレンズが曇っているのだろうか・・・。先日100円ショップで眼鏡の上に 被せて使う補助レンズを買ってきたので、見えにくい時はそれを着けて見るが、少し度が過ぎる のか、見えすぎて疲れて仕方がない。結局は適当に見えて、適当に見えない程度が疲れなくて いいようだ。何事も過ぎたるは及ばざるが如しだ。

『ビデオカメラ』  Oct. 21, 2010 ▲Top
 先日ネット仲間とゴルフをすることになった。記念の記録ビデオになるようにと、 プレー中の様子を一部始終撮影した。私は一緒にプレーしながらの撮影なので自分の プレーの順番が来るまでカメラを構えていた。同伴者の打席が終わるとやっとクラブ を握るので、自分の作戦は全く出来ないまま球に向かっていた。お陰で自分のスコア メイクは何時もの様な訳には行かなかった。最終ホールまであと3ホールという所で、 これまでのカメラアングルを少し変えてみようとプレーヤーの前方10ヤード程やや左側 の木の陰からカメラを構えていたら、何と打球がカメラの方向に飛んできた。どうやら ミスショットだった様だが、カメラのファインダーから見ていて、目の前に飛んできた 球は瞬間的に避けられたが思わず尻餅をついてしまった。カメラは放さなかったが尻餅 のショックで、それ以降ビデオの撮影続行は不能になった。家に帰ってからカメラを いじっていたら正常に戻った。多分倒れたショックで一時的異常が起きた様で、新しい カメラへの買い替えを覚悟していたのが助かってほっとした。

『祭り』  Oct. 20, 2010 ▲Top
 今年の新居浜太鼓祭りは地域ごとの事情で、ばらばら開催となり、結局は祭り期間が 4日間開催となった。祭りが始まると、カメラの他に撮影条件を考えて脚立が必需品と なり、背中にリュックサックを背負い、お弁当とドリンクを詰めて一日中走り回った。 市内の移動には交通規制を考えて、自転車とバイクがベストの選択だ。取材地点に着くと 帰りを考えて少し離れた所に自転車を止めてロックした。太鼓台の動きを考え太陽の位置 から逆光を避け、観衆の影響を受けにくい場所に脚立を置いて場所取りをしておく。この 対応は、自分の足場を確保できるので、途中脚立を置いたまま自由に撮影に移動した後も この場所に戻れば、自分の立ち位置を確保することが出来る。また、脚立に登ると視界が 広くなるが、万一後ろに観衆がいると、迷惑を掛ける事になるので、後方には樹木や石柱 や建物を背にする位置を取ることが必須だ。こうして4日間の祭りが終わったが、写した 写真は都合2000枚近くと、ビデオが約3時間の記録となった。今後整理して保存したり WEBで活用したりすることになるが、量が多いので大変だ。

『太鼓祭り』  Oct. 19, 2010 ▲Top
taikodai.jpg  新居浜市の秋祭りといえば、今や全国に知れ渡った感のある太鼓祭りである。 お祭りに太鼓台の山車が出る祭りは瀬戸内界隈には多いが、新居浜の太鼓台は 特別と言っていい。通称男祭りと言うが、何しろ喧嘩がつき物で、毎年怪我人も 大勢出るほど勇ましい男の祭りだ。昨年の喧嘩が祟って今年欠場した太鼓台も 多く出て、寂しい祭りとなった地区もあったが、我が地区では懲りずに今年も 派手に喧嘩があった。喧嘩をする太鼓台にはそれぞれの因縁があり、昔から 仲が悪いとか、昨年の喧嘩の決着が付いていないとか、昔喧嘩を売られたその 仕返しとか、色々な理由があるようだ。太鼓台は重さ2.5トンから3トン以上も あることから、通常の運行は車輪をつけているが、多くの太鼓台が集まる神社や かき比べ会場では、車輪を外すよう規制を受けている。しかし構わず車輪をつけて 入場する違反太鼓台が、喧嘩で暴れると動きが自在なので騒ぎの元になっている。 喧嘩のお陰で、運行予定の通りに行かず、最後は日没で中途半端な終わり方に なってしまった。今年の喧嘩で、来年の出場取り消しの出ないことを祈りたい。

『太鼓台のかき上げ』  Oct. 16, 2010 ▲Top
 新居浜市の秋のお祭りと言えば勇壮華麗な太鼓祭りの、かき比べが有名だ。 金糸銀糸で刺繍された豪華な布団締めや上幕・高覧幕で飾られた太鼓台は 高さ5.3m、長さ11m、重さ2.5〜3トンもあり、太鼓台には指揮者4人、太鼓叩き 2人、トップの重に4人を乗せて、それを担ぐかき夫は100〜150人である。 太鼓祭り初日最初のイベントは、上部地区内宮神社のかき上げで始まるが、 午前4時の打ち上げ花火の合図とともに、山頂にある神社までの登り坂境内を 担ぎ上げて行く。太鼓台には明かりをつけて、黄金の光を輝かせ、早朝のまだ 暗い参道を一歩一歩かつぎ上げて行く様は、真に勇壮華麗の言葉が似合う祭り の始まりだ。約30分かけて登り、神殿で神主によるお払いを受けて祭り期間の無事を 祈願する慣わしだ。

『チリ落盤事故』  Oct. 15, 2010 ▲Top
 地下600mの地中に閉じ込められた33人の鉱山作業員は、落盤事故発生から69日ぶりに見事全員が 救出された。閉じ込められた地中の空間は気温35度、湿度90%という過酷な条件の中でよく耐えられた ものと賞賛された。当初事故発生後2週間過ぎて、地上班が地中捜索の為のドリルを引き上げたところ、 先端にメッセージが結び付けられているのが見つかり、生存を確認したのが始まり。地下の作業員33人 は貯蔵庫に有った3日分の食料を、2日おきに小さじ2杯分のマグロの缶詰などを食べて生き延びていた。 チリ政府は直に食料などを地下に送るとともに、救出用縦穴3本の掘削を進め、うち1本が10月9日地下の 坑道に貫通。作業員の補助や健康管理に当たるため、最初に坑道に入ったのはゴンサレスさん。数回の 無人テスト後カプセルに乗り込んだ。約17分で坑道に無事到着。救出に喜ぶ作業員と抱き合った後、地下 で黙々とサポートを続け2日間で全員が無事に救出された。この落盤事故では日本からも「グンゼ」は スペースシャトルにも搭載した消臭機能や吸湿性に優れたTシャツとブリーフ33人分4セットを無償提供。 「ヤマザキナビスコ」も黒あめとミントキャンディーを20袋ずつ提供して作業員の救出劇を支えた。

『リボ払い』  Oct. 14, 2010 ▲Top
 日ごろ大型商品の買い物で金額が5000円を超える場合は、財布の中身を考えることなく支払い が出来るクレジットカードでの決済が多い。支払いのカウンターでカードを出すと、一括払い ですか、分割にしますかと聞かれるが、大抵は一括払いを指定してきた。しかし偶に大きな金額 の場合意味もなく2〜3回の分割を頼んだことがあった。最近カード会社から毎月一定額の支払い で済む、リボ払い申し込みを促すハガキが来た。出す前にたまたま銀行に行く機会が有り、相談 窓口で、このリボ払いの話をしたら、カード決済は便利ですが、わざわざリボ払いの分割にすると、 返済額の残高が何時も残るのでその分、金利が増えますよと言われた。調べてみると実際返済額 に対して借入額が多くなると利息ばかり払い続けて元本がほとんど減らないという状況に陥る。 消費者金融で多重債務に陥るのは大半がこのケースらしい。最近クレジットカード業界に於いて は顧客をリボルビング払いに誘導しようとする傾向が多いと言う。危うくカード会社の誘導に 乗せられる所だった。

『つづら淵』  Oct. 13, 2010 ▲Top
tuzurabuchi.jpg  私の住まいは若水町という地名だ。この地名の由来となるつづら淵と呼ぶ湧水が、我が家から 数分の所にあり1日の湧水量20トンの清水が自噴している。市街地の中心に位置するこの湧水は、 市の史跡に指定されており、昔から近隣住民の飲用に利用されてきた。伝統的に利用されてきた 湧水は、毎年1月7日に、その年の年男・年女が湧き出る若水を汲みあげて、一年間の無病息災や 五穀豊穣を祈願して、樽に汲んだ若水を子供達が台車で市内の一宮神社に運び奉納して来た。 これを「若水取りの神事」と言った事からこの辺りの地名を「若水町」と呼ぶようになった。 我が家でも毎週1度、大型ペットボトル20本程に汲み入れて、毎日のお茶やコーヒーの飲用に しているが、水道水では得られない美味しい味を楽しんでいる。一昨年北海道洞爺湖サミットが ありその時全国名水百選に『つづら淵』が選ばれ、平成の名水百選として新たに追加されました。

『筋肉痛』  Oct. 12, 2010 ▲Top
 最近ゴルフの練習場には殆ど足を向けたことがなかった。以前は1500円で打ち放題の料金制度 がある練習場に行くと、殆ど休まず打ち続けて600〜700発ぐらいは何事もなく打っていた。更に 打ち終わってからプールへ行って1000m泳いでも平気だった。日曜日に久しぶりに思い立って、 ゴルフバッグを担いで練習場へ出かけた。何時もの様に打ち放題のカードを買い求め打ち始めた。 最初は短いアイアンから軽く打って、徐々に長いクラブへと取り替えて打った。500発程打った ところで掌に豆が出来始めたので、あわててバンテージを巻いて保護したが、すぐに豆は潰れた。 それよりもふくらはぎが腫れてきて筋肉が硬くなっていた。普通こんなはずがないのだが、考えて 見れば1年近くこれほど激しい練習はしていなかった。油断したのは、毎日プールで泳いで体を 鍛えていると過信していたが、鍛えている筋肉が違っていたのだ。あの日以降プールで泳いで いても脚が攣れて、こむらがえりが起きる寸前なので、しばらく激しい運動を控える事にした。 今週末は、はるばる遠路から友人たちがゴルフに来る予定だ、早く回復させないと拙いことに なりそうだ。

『横田真一』  Oct. 11, 2010 ▲Top
 キヤノンオープン・最終日の昨日、今年の賞金王を狙う石川遼君は1位対グループの横田真一、谷原秀人と 最終組でスタートした。横田真一は1番で石川遼と共にボギーが先行したが、3番パー4で残り101ヤードの 第2打を直接カップインさせてイーグルと勢いに乗り、その後4バーディーで67をマークし通算14アンダーで 逃げ切った。石川遼は2番でバーディーパットを入れたが、3番以降バーディチャンスのパットをことごとく 僅かにカップを外し、8番ではボギー。後半10番では1メートルを外した上、まさかのボギー。この時点で トップ横田真一と4打差に開いた。13、14番連続バーディーで挽回したが15番でも残り1メートルがカップに 蹴られてパットに泣いた。それでも上がり16、17、18番を3連続バーディーで追い上げ、通算12アンダーで 単独2位に滑り込み、賞金ランク1位を守った。横田真一は13年19日ぶりに優勝した。1997年全日空オープン 以来のツアー2勝目は、優勝から次の優勝までの年数で最長記録を持つ長谷川勝治に次ぎ、トム・ワトソンと 並ぶ歴代2位タイの長期ブランク優勝となった。優勝の瞬間、奥さんと抱き合い二人で涙を流して喜んでいた。 38歳を迎える元選手会長の横田真一は06年にシード落ちの苦渋も味わったが、見事に復活を果たした。

『ミラーリング』  Oct. 10, 2010 ▲Top
 人は誰でも仲間や他人に対して嫌われるよりは好かれたいと思うものである。それだけでなく恋愛関係や 新しい人間関係をうまくやって行きたいと思う場合に、相手との心理学的なテクニックがある。その方法は 簡単で、相手と会話を交わしているとき、さりげなく相手のしぐさを鏡に映っているように真似をするのだ。 相手が顔を撫でれば、こちらも顔にさわり、髪を触ったら髪を触ります。ポイントはあくまでもさりげなく である。あからさまなマネだと相手に気づかれ、何をしているのかと疑われてしまう。こうして相手の仕草 を鏡に映したように返すことをミラーリングと言い、この動作は私はあなたに好意がありますという無意識の メッセージを送ることになる。これを相手が無意識に受け入れることでいい関係を築くことが出来るのだ。 さらにこのミラーリングを適用すると、反対に相手が自分に好意を持っているかどうかも分かる様になる。 特に食事の場等では、心理的な距離が縮まる場でもあるので、相手の動作に気を配り、同じような食べ方を することは相手を安心させて親近感を促すことが出来るので、上手く活用してみるといい。

『インターネット接続』  Oct. 9, 2010 ▲Top
 最近、我家のインターネットの接続環境が悪くてこの一週間ほど毎日色々な対応を試しては うまくいかずに苦労していた。なぜかある日から突然1台のパソコン以外はインターネット 接続が出来なくなっていた。ただし度重なるパソコントラブルで、止む無く何度かルーターの 接続を変更していた。それが原因で何かの設定が狂ったかと、ルーター以降のLAN環境の設定 を考えられる限りいろいろ変えてみたが、判ったことは3台のパソコンの内どれか1台はインターネット に繋がるがそれ以外はどうしても接続出来ない事が判り、インターネット接続の契約している CATV会社に電話して事情を話した。すると担当者の話では、以前は1台のケーブルモデム に対し副数台のコンピューターへの接続を可能にしていたが、少し前から、セキュリティの関係で、 ケーブルモデムに対し一台目の接続だけに条件変更していたとの事。ただし、それまで正常な接続が 出来ていたものは、そのままなら問題なく繋がっていた。しかしそれ以降、接続環境を変更した 場合、1台目以外は接続が出来なくなって当たり前だったという事が判った。そこで現在の状態 から正常に戻すための方法を、電話で指示を受けながらモデムとルーターの接続と電源の入れ方の 手順を確実に実行することによって今まで問題だったIPが正常に取れて接続出来るようになった。 お陰で、この一週間ほど悩みぬいた問題が一気に解消して快適なインタネットライフが戻った。

『生きている』  Oct. 8, 2010 ▲Top
 昔、私が長く勤めていた会社は音響関係だった。朝から晩まで(時には夜中まで)如何にして 良い音を出すか、如何に大きな音に耐えられるかなど研究していた。私の担当ではなかったが、 植物に音を聞かせると、実りが良いとか、甘い味が出るとか応用分野を研究していた者もいた。 そんな中から、やさしい音楽を聞かせるとまろやかなお酒ができるとか、牛の乳の出が良くなる といったことで、1980年代にはいろんな食品に応用されていった。実は音楽というものではなく 振動が与える影響が発酵や熟成を促したりする効果があったのだろう。会社の裏に設けた実験の 農場で葡萄を栽培し、24時間クラシックの曲を流していたこともある。知り合いの酒造会社でも モーツアルトの曲が良いとか言う社長がいた。人も小さい頃は子守唄で情緒豊かに育ったように 食物も生きている物なので、心地よい振動が成長の過程で素直でいいものを育てたものだろう。

『血管年齢』  Oct. 7, 2010 ▲Top
 血管年齢とは耳慣れない言葉だが、血流の悪さが原因で起こる体の不調には、冷えや肩こり、疲れやすさ、 むくみ、さらに心筋梗塞や脳梗塞などがある。血液がサラサラなら心配ないと思い込んでいる人もいるが、 実は血液だけでなく『血管年齢の老化』で起こるケースも多のだ。日本人の死亡原因のうちで、心疾患と 脳血管疾患を合わせた「血管事故」は、トップの「がん」に匹敵する問題である。血管事故の大きな要因は 動脈硬化だ。動脈硬化が進んだ血管は、硬く厚くなって柔軟性が失われた状態になる。そんな血管は内部が 傷つきやすく、やがて血圧の上昇を引き起こし、血管が詰まったり破れたりする血管事故を引き起こすのだ。 血管年齢が年相応である人はあまり心配しなくてもよいが、実年齢を上回っていれば、それだけ動脈が硬く なって血管事故のリスクが高まっているので、今すぐにも生活習慣を改めて、血管年齢を下げる必要がある。 血管年齢の老化原因には、加齢のほかに動脈硬化を進行させるタバコやコレステロール、メタボリック シンドローム、生活習慣病等があり機能的な老化を進める原因にはストレスや心理的な緊張等もあるそうだ。

『エネルギー・ハーベスティング』  Oct. 6, 2010 ▲Top
 身の回りの小さなエネルギー振動や光、熱、電磁波などを収穫して活用する技術を 「エネルギー・ハーベスティング」と言う。ごく僅かなエネルギーを有効利用するこの技術 に今世界中から大きな注目が集まっている。世の中のあらゆる機器や設備等の働きは 電力が必需品で電源が途絶えれば、全て動作が不能になる。例え機器が省電力化され ても電池の取り換えや廃棄の問題を解決できる環境発電技術が必須なのだ。周りの環境 からエネルギーを収穫(ハーベスト)して微小電力に変換する環境発電技術が進化すれば 得られる電力は微細でも、高効率で消費電力の低い無線送受信ICや電源制御用マイコン などの周辺機器が進化したことで使える段階に入りつつある。電力は非常に小さくても、 用途によっては1次電池も充電も必要なく動作し続けるという利便性から技術開発の課題、 将来有望な市場等、事業化が進められている。

『ヒアルロン酸』  Oct. 5, 2010 ▲Top
 最近のテレビコマーシャルで良く気づく事だが、老人向けの健康食品・サプリメントとして ヒアルロン酸の宣伝が目に余る。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持や クッションのような役割で細胞を守っていることはよく知られている。赤ちゃんの肌がみず みずしく張りがあるのは、ヒアルロン酸を多く含んでいるからであり、保水力に優るヒアルロン 酸は、皮膚の潤いを保つ化粧水、スキンクリーム、入浴剤などにも使われている。このように 人体の水分維持に貢献しているところから、それを補充するサプリメントとしてヒアルロン酸の 経口摂取を謳った商品が色々発売されている訳だ。しかし、ヒアルロン酸の経口摂取によるヒト での有効性については信頼できるデータは見当たらず、疑似科学の可能性があると言われている。 例えれば「頭髪を食べれば毛が生え、脱毛症は治る」と言った類のもので、幾多の研究が重ねられ ている育毛剤業界でも驚くほどの突飛な理論展開であるとも言われている。またヒアルロン酸は 経口摂取の安全性についても実証されていないと言う。

『スズメバチ』  Oct. 4, 2010 ▲Top
 昨日、長野市の郊外でマラソン大会があり、参加していた人達が突然スズメバチに襲われ頭などを刺される 騒ぎがあった。8人の小学生や15人の大人等33名が襲われ病院に運ばれたと報道されていた。スズメバチは、 非常に毒性の強いハチで、7月から10月にかけて活動し、巣が最も発達する9月上旬頃から神経が過敏に なり、非常に攻撃的になる。スズメバチは蜂のなかでも比較的大型の種が多く、性質はとても攻撃的である。 1匹の女王蜂を中心とした社会を形成しその防衛の為に大型動物でも襲撃する。スズメバチは巣の防衛行動 をもつため、巣から10m以内に近づくと警戒して接近者に襲い掛かる。その時、静かにその場を離れれば大事 には至らないが、騒いだり、はたき落そうとしたりすると蜂が興奮して危険な状態になる。興奮した蜂は黒い 色を攻撃のターゲットに狙うので、頭などの露出は避けなければならない。スズメバチに刺されて死亡する人 は年間約30人前後もいると言う。 間違っても巣には接近しないことである。

『万歩計』  Oct. 3, 2010 ▲Top
 日頃健康管理のためにウオーキングをしている人達なら、万歩計は必需品で無料で貰えるなら 大喜びする所だろう。年を取ってくると最初に衰えてくるのが足からなので、歩くことは健康 維持には効果的な運動と言える。その万歩計をお年寄りにプレゼントし、何時までも元気でいて 貰おうと考へ敬老の日に合わせて祝賀品としたのが滋賀県長浜市だった。ところが貰った老人達は 「寝たきりだから使えない」「足が弱った年寄りに、皮肉か」などと苦情が相次いだと言う。 歩数計を受け取った民生委員らも「受け取る側のお年寄りの気持ちを考えてない」「寝たきりの 人には、申し訳なくて渡せない」との不評だった。前年までは88歳、90歳と99歳以上のお年寄り には、民生委員を通じて1000円相当の物を贈っていたが、今年は対象者973人分を供給入札出来る 業者がなく、担当職員が考えた結果万歩計になったという。行政側担当者の思い付きが、本当の 思いやりの心に欠けていたプレゼントだった。

『にぎり寿司』  Oct. 2, 2010 ▲Top
にぎり寿司  しばらく寿司を食べていなかったが、偶々スーパーの食品売り場を覗いていて 旨そうなマグロの切り身が、一舟160円で並んでいるのを見つけた。ついでに大葉も 買い込んで家路についた。家内に頼んですし飯を用意してもらって、マグロのにぎり 寿司を握ってもらった。普通すし屋では大葉がマグロに巻かれている事は無いが、 我が家では、にぎり寿司は必ず大葉を巻いて食べている。回転寿司等では食べた すしの量は、食べ終わったお皿の枚数で分かるが、我が家では握った寿司をお皿に 置くと直ぐ私が食べてしまうので、一体どの位食べたか分からなかった。夜中まで お腹一杯だったので相当食べたのだろう。わさびが良く利いてとても美味しかった。

『日中問題』  Oct. 1, 2010 ▲Top
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善には、加熱している中国側漁民などの 動きで、中国政府も少し態度を緩め始めた様に見える。それは民主党の細野豪志前幹事長代理が29日突然 極秘に中国・北京を訪問した事もある。しかし菅首相や前原外相は記者団に対し、政府の判断ではないと否定 しているのは何故だろう? 細野氏は、中国側と太いパイプを持つている民主党の小沢一郎元幹事長に近く、 今回の訪中の背景には小沢氏の意向が働いていたような気がする。細野氏自身は、昨年12月の小沢一郎 元代表ら議員約140人による訪中団の事務総長として、中国側との折衝に当たっていたのが今回の動きに 繋がったものだ。昨日のニュースでは、中国側との接触結果がどうなったかは分からないが、細野氏を迎えて いた中国側は特別の車で迎える等VIP扱いの様な対応だったのは、中国側もこの問題解決の落としどころを 探り始めていたのではないだろうか。とにかく中国側の態度は思いのほか軟化してきた。

Home