2009年9月
『冷凍バナナ』  Sep. 30, 2009 ▲Top
 毎日午後からプールへ泳ぎに行っているが、火照った体で家に帰ってきて一番好きな食べ物は 夏ならカキ氷かアイスクリームだ。冷たい氷で、身体の汗が一気に引いていくのが分かる。しかし 暑い夏が過ぎると、冷たいだけの氷は敬遠し、今は我が家自家製の冷凍バナナが気に入っている。 寒い時期は、バナナを買ってそのまま食べるのも良いが、通常のシーズンはバナナの痛みは早く、 置いておくとすぐ黒くなってしまう。我が家ではそんな痛み始めたバナナは皮をむきサランラップで 包み凍らせておく。今の時期バナナは安いので、冷凍バナナ1本当たり30円程だ。アイスクリーム 等より安くて美味しい。今日もプールの帰りにスーパーに寄ってみたら、フィリッピンバナナが 一房9本で200円と安かったので買い込み、早速家に帰って冷凍にした。明日からの楽しみが出来た。

『バンカーショット』  Sep. 29, 2009 ▲Top
 ゴルフ暦はもう50年以上になる。始めたきっかけは、神経を使う仕事の関係で十二指腸潰瘍を患った ことがある。その治療の一端として、医者にスポーツを勧められ、興味のあったゴルフを選んだのだ。 若かった頃でもあり、仕事の無いときは練習場へも良く出かけた。好きなクラブはドライバーで、練習は ほとんどドライバーに偏っている。コースに出るようになってからは、スコアを纏める為に、ショートアイアン も少しは練習するが、あまり面白くないので、やっぱり自然にドライバーを打っていることが多い。 今でも練習場へ行くと、8割はドライバーを打っている。お陰でバンカー用のサンドウエッジ等は、殆ど 練習したことがないので、困るのは本番でバンカーに球が入ってしまった時だ。先日も快調なプレーで パーが続いていた時、パー4のホールで2打目の距離を間違えグリーン手前のバンカーに入れてしまった。 球はやや目玉気味で、しかもバンカーの土手が高くて難易度の高い事が予測された。恐れていた結果 は、なんと7回打っても出なかった。それ以上はギブアップの方が得策と考えて宣言し12打とした。その ショックは痕を引いて、次のロングホールでセカンドを2オンさせようとして無残にOBを招き、このホールも トリプルボギーとした。ギブアップの罰打をカバーしようとした事が余計に深手を負ったので、その後は 冷静にプレーし、そのハーフは何とか51で収まった。しかしバンカーショットを普段練習していなかった 事が一番の原因と深く反省し、今後は真剣に苦手のサンドウエッジの練習をしようと思っている。

『横綱朝青龍明徳』  Sep. 28, 2009 ▲Top
 今年初場所優勝は朝青龍だった。しかし春場所11勝4敗、夏場所12勝3敗、名古屋場所10勝5敗と 横綱としては不本意な成績で3場所を過ごし、秋場所前には朝青龍の時代も終わりかと囁かれていた。 マスコミの報道も、場所前の練習不足を理由に優勝の可能性は低いとしていた。しかし場所が始まると、 予想外に順調な白星を重ね、日を追う毎に強さも増して14連勝で千秋楽を迎えた。対する横綱白鵬は 黒星一つはあったが、千秋楽の横綱対決は、速攻の寄りで、土俵際左上手から朝青龍を投げ捨てた。 お互い相星となった優勝決定戦は、互い熱戦の末、朝青龍の上手投げで白鵬は敗れ、朝青龍24度目 の優勝となった。内閣総理大臣杯は就任したばかりでアメリカから帰国直後の鳩山由紀夫首相から 手渡された。朝青龍の四股名の由来は、高校在学時に世話になったという土佐市の青龍寺から付けた もの。また明徳という名前は自らの出身校である明徳義塾高等学校から名づけている。優勝回数24は 北の湖に並び、歴代第3位の成績である。白鵬に勝たせたかった思いから悔しいが、おめでとうと言おう。

『キャディフィー』  Sep. 27, 2009 ▲Top
 昔は月に3〜4回はゴルフをしていた時代があったが、勤めていた会社もリタイヤし、年金生活になって からは、可能な限り安いプレーに徹している。会員権を持つ所属クラブのメンバーとして、年会費を払う事で、 いつでもプレーは可能、非会員より安く利用できるが、グリンフィー、諸経費、カートフィー、キャディフィー等 食事抜きでも最低合計7000円程掛かる。もしキャディを付けなければ丸々約3300円はコスト削減をできる。 但し、ゴルフ場としてはプレーヤーの為に正規雇用しているキャディの稼働は避けられないので利用者側で 勝手に拒否は出来ない事になっている。ただ、最近キャディの減少で必ずしも全ての組に付けられない事情 も出て来て、特定の日はキャディの選択性が採られるようになった。既に長年のメンバーとしてコース攻略法 を知り尽くしている私達は、わざわざキャディの必要性はなく、この制度を利用してコストの安いキャディ無し プレーするようにしている。お陰で最近は僅か4000円台でゴルフが出来るようになり、費用の節減を図っている。

『大相撲秋場所』  Sep. 26, 2009 ▲Top
 今場所の大相撲予測では取り口の安定している白鵬の優勝が堅いと言われていた。しかし取り組みが 進むごとに、白鵬の戦いぶりには際どい相撲が目立ち、早々と1敗していた。一方、場所前の朝青龍は 練習不足から優勝候補には挙げられていなかったが、意外に取り口は元気で、圧倒的な強さを発揮し 全勝でここまできている。昨日の琴欧州戦では先場所、上手を取られて敗れているが、同じ失敗は繰り 返さなかった。先場所の相撲をテレビで見て、まわしを取られるとやられると思ったと分析していた。 立ち合いで当たってからいなし、身長のある琴欧洲が体勢を崩したところを、懐に飛び込み、最後は 左からのすくい投げで土俵に投げ捨てた。朝青龍のけいこ不足は事実だが、現状では朝青龍の強さも 本物だ。このまま、行けば千秋楽の横綱決戦が楽しみだ

『鳩山内閣』  Sep. 25, 2009 ▲Top
 民主党の大勝で、長年の野党から念願の与党となり、まだ日が浅いが、国民の期待度は 高まっている。就任後5日目で国連総会に出席した鳩山首相と、ファーストレディの幸さんの 印象はなかなか良かったようである。最初の首脳会談では温室効果ガス削減の中期目標 「2020年までに90年比25%削減」の表明に各国首脳から高い関心が寄せられ、演説には 拍手が送られたと報じられた。これで今回の一連の首脳会談で第1目標だった信頼関係構築に ついては一応の成功が認められた。しかし、連立を組んだ社民党や国民新党は、国際問題には 、お互いのマニフェストに未調整の部分があり、今後の政局運営には予断を許さない部分があり、 長い目で見守って行きたい。

『巨人V3』  Sep. 24, 2009 ▲Top
 セリーグのペナントは、ついに巨人の優勝となった。巨人フアンとしておめでとうを言いたい。今シーズンの 巨人は、当初から順調に勝ち進み、後半早々とマジックナンバーを点灯させていた。2位で追う中日も 首位に肉薄しては、直接対決で突き放される苦しい戦いで、マジックは瞬く間に減少して行った。 そしてマジックナンバー1になった昨日、巨人−中日の直接対決において5対3で、ついに引導を渡された。 巨人の3年連続優勝は、川上哲治監督が率いた1965年から73年まで9連覇して以来の連覇で、巨人の 1リーグ時代を含めると42回目となる。巨人軍を率いる原辰徳監督は3月のWBCで日本代表を2連覇に 導き、通算6季目の指揮をとる中で4度目のリーグ制覇を果たした。今年の巨人は若手の成長が著しく、 亀井、坂本、松本等の活躍や、ベテラン小笠原、谷、ラミレス等の大砲に加え得点力UPに功を奏した。 巨人としては、昨年の日本シリーズは西武との激闘の末、日本一の座は取れなかったが、今年は本気で 勝ち取るいという強い決意に満ちている。原辰徳・巨人軍の勝利を目指して最後までエールを送りたい。

『ブログの操作性』  Sep. 23, 2009 ▲Top
 ホームページの運営には契約サーバーの継続に高い費用が掛かることと、更新は意外に手間暇が 掛かるので、最近は簡単に出来るブログが大流行だ。ブログのシステムを提供している業者は沢山あり、 利用は原則無料であるが、それにはスポンサーが付いて広告を載せてあり、場所の提供は無料でも 人気の高いサイトはそれだけ広告の披露回数が多くなる仕掛けだ。ブログの開設には、正式のメール が登録されている人には、誰でも契約可能だ。ブログを始めるのに特別な技術を必要としないように、 予め色々なパターンの様式が準備されていて、組み合わせで自分独自の個性を実現できるように 工夫されている。現在私も興味本位から10個のブログを運営しているが、当初手軽だった操作性が、 いつの間にか、提供サイト側で改良されていて、慣れていた入力方式の手順が複雑になってきた。 これは新しい契約者にとってバリエーションの多さをアピールする為か、私には複雑になり過ぎて操作が 混乱し、続けるのを諦めたものも出てきた。

『高速道路の逆走』  Sep. 22, 2009 ▲Top
 最近高速道路での逆走事件がよく報道されている。高齢者の運転がその多くの理由らしい。 一般道路から、高速道路に間違って入ってしまい、気が付いた運転手が慌ててUターンして 引き返そうと逆送するケースや、認知症の老人が運転して、インターチェンジで道を間違える ケースなどがあると言う。実は私も経験が有るのは、深夜東京から東名・名神高速を走って 四国へ帰るとき、途中眠たくて居眠り運転の危険が感じられた。思い切って大津のSA に車を停めて、1時間ほど眠ることにした。やがて目が覚めて駐車場から車を出して本線に 戻る時、寝ている間に方向感覚を失い、無意識に入ってきた道路に戻っていた。本線に合流 地点まで来て、前方を見ると、ヘッドランプがこちらを向いた車が走ってきた。その時自分が 勘違いして逆走しかけていたことに気付き、後方を確認しながらバックで駐車場まで戻り、 正しい走行車線から正規の本線に戻った。あの時、前方からの車がなかったら、気付かず そのまま反対方向へ逆送していたことは間違いなかった。この例から言えば、逆走事件が 7年間で7146件も発生しているのは分からないでもない。何か構造的な対策を講じないと、 間違いは起き、事故に巻き込まれた側はとんでもない被害者となることは間違いない。

『ピロー枕とアイマスク』  Sep. 21, 2009 ▲Top
pilow.jpg  四国に住むようになって、昔住んでいた東京の友人達に誘われて、ゴルフや飲み会等に 出かけていく時に、何時も利用している交通機関と言えば、夜行バスだ。バスの運行時間 が夜寝ている間に着く時間的な無駄の無さと、格安料金が魅力的なのだ。先日も埼玉での ゴルフ大会に夜行バスを利用して、翌日の朝から始まるコンペに参加して優勝した。仲間は 夜行バスで来て優勝するなんて、良く身体が持つなと感心していた。実はその裏では役立つ グッズが旅行を支えていた。それはバスのリクライニングシートで寝る時、首を安定させる枕と ゆっくり寝られる様にアイマスクで無用の光を遮ることにあった。車の中で寝るとき、車の振動 や揺れ等で、首が左右に振れると、睡眠を妨げるが、振れを固定するピローの形状が効果的 に首を支えてくれる。更にアイマスクは外から入るあらゆる光を阻止し、更に視界を遮る事で 車内の雑音も感じ難くする効果があり、到着するまでの10時間で、十分熟睡が出来たのだ。

『お遍路さん』  Sep. 20, 2009 ▲Top
hisacchi.jpg  かねてより、趣味人クラブのマイフレンドとして交流を続けてきた、大阪のひさっちさんが 今年も四国88箇所遍路旅で、四国へやってきた。以前から一度はアイボールで会って見たいと 言うことから、昨夜の宿として予約ていた湯之谷温泉まで出かけて、初対面を果たした。 予め写真で、拝見していた通り、大きな身体に似合わず優しい心遣いで、迎えてくれた。 本当は、会って話が済めば帰る予定だったが、一緒に温泉に浸かってさらに話が弾み、 夕食にビールを飲むことになり車で帰る事を諦めて、泊まる事にした。急遽泊まる事にした ので、宿の主人に事情を話して、彼の狭い部屋に予備の布団を出して貰って、夜中まで 話込んだ。夜中にもう一度温泉に浸かってから寝た。前日の夕方5時頃から、翌朝まで 良く話が弾んだものだ。初対面の筈なのに、メールで長い間やり取りした結果なのか、 古い友人のような感じだった。朝食後今日の予定で香川県の雲辺寺までの50Kmの行程 を無事である事を祈念して握手で別れた。

『こむら返り』  Sep. 19, 2009 ▲Top
 昔からゴルフをしていて突然ふくらはぎが痙攣してこむら返りで、動けなくなる事が良くあった。 ゴルフだけでなく、夜中静かに寝ていて、こむら返りが起きた時は、目が覚めて七転八倒した 事もある。筋肉が収縮してカチカチになるが、そんな時、手でマッサージしたくらいでは納まらない。 先日埼玉迄ゴルフに行くのに、夜行バスで行った時、寝不足だった事と、暑さで脱水状態に なった事も併せて、途中で右脹脛にこむら返りが起きた。硬く収縮した筋肉を揉みほぐそうとしたが、 中々簡単には直らなかった。すると同伴者がポカリスエットを持ってきて、これを飲むと直ると 飲ませてくれた。話によると、暑さで脱水症状が起きると、体内のカリウムが不足して筋肉が 痙攣するのだそうで、ポカリスエットはそのカリウムを補給するので、短時間に痙攣が回復 すると言うのだ。藁にも縋る気持ちで、飲んだら不思議に痙攣は納まった。そしてその後は 水分の補給も心がけたこともあり、こむら返りは2度と起きなかった。お陰で最後までプレイが 続けられ、その日のベストスコアで優勝出来た。改めてスポーツドリンクの効用を見直した 出来事だった。

『電池切れ』  Sep. 18, 2009 ▲Top
 最近、特に多く体験する現象に、充電式電池の充電切れだ。先週は東京へ一週間ほどの 旅行があり、準備した機器として、デジタルカメラ、ビデオカメラ、電気かみそりと携帯電話が あった。いづれも一応、充電器はカバンに積めていったが、出発前にも夫々十分充電もした。 携帯電話は常時受信対応の為、電池は微弱電流が流れているとはいえ、発信の頻度が低い ので、1週間ぐらいは十分持つと考えていた。しかし5日目に完全放電となっていて、肝心の 時に使用出来なくて連絡が取れず大きな事件となってしまった。デジカメは、相当の撮影を したが、電池の残量を示す表示では、まだ余裕があると思っていたら、やはり最後の日に、 撮影の途中で電池切れのブザーが鳴り出して、最後は撮影が出来なかった。ビデオカメラ は、念の為、予備の電池を持って行ったが最初の電池で、最後まで用が足りた。不思議な もので安全と思っていた携帯とデジカメは、途中で電池切れになり、念のためにと予備まで 準備したビデオカメラは余裕があった。世の中なかなか上手く行かないものだ。

『携帯電話』  Sep. 17, 2009 ▲Top
 普段、知人や主要な連絡先の電話番号は携帯電話の電話帳に記憶させてあるので、 他の記録手段は全く考えていない。携帯の電話帳には、氏名のほか携帯、家庭、勤務先 等の電話番号だけでなく、メールアドレス、住所まで記憶させて、常時携帯しているので 何の不自由も無いと考えていた。先日旅先で娘に迎えに来て貰うため、時間と場所を 携帯で知らせる約束だった。ところが、いざ連絡しようと携帯を見たら、画面は真っ黒で、 どうやら故障か電池切れと思われた。傍にいた友人が持っていた携帯を貸してくれる事に なったが、娘への連絡は、私の携帯が動作しない限り、分からない事に気付いた。 他には、自宅に電話して家内に調べてもらうしか方法はない。幸運にも家内が在宅して いたので、娘に連絡してこちらの携帯が故障で、こちらからの連絡方法が無いと伝えて もらった。その後、近くの電話機器の店を探して事情を話し調べた結果、電池が完全放電 していた。充電をすれば回復可能と判り店の電源を借りて20分程充電した。無事に携帯 が動作するようになり、改めて娘と連絡が取れ、迎えに来てもらって事件は解決した。 今後の為に、緊急の場合の連絡先電話番号は、別の控えが必要な事を痛感した。

『連立政権』  Sep. 10, 2009 ▲Top
 民主党政権発足にあたり、政権を安定的に運営する為、社民党と国民新党を加えた連立政権 を樹立したい民主党鳩山由紀夫代表は、福島瑞穂党首と亀井静香代表と精力的に党首会談を 続け、3党の間の政策課題の調整を行いほぼ合意の目途がついたようだ。課題となっていた外交 ・安全保障問題については社民党の意向を入れ「沖縄県民の負担軽減の観点から日米地位協定 の在り方について見直し」を合意した。また今後与党内に「基本政策閣僚委員会」を設けて政策 調整し結果を閣議に諮る意思決定システムとすることも合意した。予算編成の基本方針などを策定 する「国家戦略局」は、当初は民主党だけで始め、社民党や国民新党も参加するかどうかは今後 検討することになった。新政権の具体的な人事案も着々と固まってきているようだが、民主党の 鳩山由紀夫代表が16日の特別国会で首相に選出された後に、正式発表が行われる予定だが楽しみだ。

『連立政権の難しさ』  Sep. 9, 2009 ▲Top
 長年の間、野党勢力として何でも反対と、世界情勢の成り行きにも頑固に反対意見ばかり 主張し続けてきた社民党には、与党となった民主党も連立政権への歩み寄りに先行きの不安 を感じて居るのではないだろうか。沖縄の米軍普天間飛行場の移設計画の見直しや日米地位 協定改定の交渉入りを目指すことを合意文書に明示するよう強硬に要求するなど、民主党を 悩ませている。海上自衛隊によるインド洋での給油活動についても、即時撤退を要求してきたが 一応現行法が期限切れとなる来年1月での撤退の線で合意したようだ。東アフリカ・ソマリア沖 での海賊対策に関しては自衛隊派遣を反対し、海上保安庁主体とする案で一致したようだが、 現実の問題として難しい海外での実務面ではむしろ不安を感じる。郵政民営化に見直しを要求 する国民新党とは話し合いが合意に達したようだ。民主党としては取り合えず、連立政権成立 を条件に新しい内閣のスタートに、何とか各党との合意点を見出せたようだが、この先の運営は 決して楽では無いと思うが、鳩山首相の技の見せ所だろう。

『対日講和条約の調印』  Sep. 8, 2009 ▲Top
 1951年9月8日、戦後6年が経って、サンフランシスコで対日講和会議が開かれ、その最終日 、日本と連合国側との間で「日本との平和条約」と「日米安全保証条約」が日本全権大使の 吉田茂首相により調印された。吉田茂はご存知麻生首相の祖父に当たる人だ。 講和条約の調印には、日本を含めて49か国が調印したが、中華人民共和国の不参加を理由に 会議の無効を訴え、ソ連の他ポーランドとチェコの共産圏3か国が調印を拒否した。 この平和条約により、連合国と日本国は今後、共通の福祉を増進し且つ国際の平和及び安全を 維持するために主権を有する対等のものとして、友好的な連携の下に協力する関係でなければ ならない。よって両者の間の戦争状態を解決する平和条約を締結したもの。

『指の爪』  Sep. 7, 2009 ▲Top
tume.jpg  3ヶ月程前、ゴルフの打ちっ放しで練習中に右手小指の先を痛めたので、布テープでテーピングを して一時的な保護をしていた。数日間その侭にしていて、テーピングを取る時、テープの粘着力が 強くて剥がれ難かったが無理して剥がした。ところが爪の根元の弱い部分を無理して剥がした為か 根元に内出血をして、暫くして爪の根元に血が滲んで痛かった。仕方なくもう一度新しいテープを巻き 直して更に数日後見ると、爪は根元から真っ黒くなり死んでいた。しかも生爪は浮き上がって来て 剥がれそうなのだが、爪の下は傷ついた皮膚があるので、今度は勝手に爪が剥がれないように、 しっかりテーピングし直した。3週間ほどしたら死んだ爪は完全に浮き上がっていたが、爪が無いと 指先が使えないので、其の侭様子を見ることにした。約1ヶ月ほどしたら、爪の根元から新しい爪が 伸びていて、死んだ爪の下に蘇ってきた。半分ほど伸びたところで、古い爪が簡単に取れ指先も 形が整ってきた。今では新しく伸びてきた爪が生え揃った状態だが先端には内出血した時の黒い 爪の跡が残っているのが判る。

『いもだき』  Sep. 6, 2009 ▲Top
21imodaki.jpg  瀬戸内地方では「新居のいもだき」として夏の終わりから、秋の初めの行事のことを言うが、新居浜市の 主として河川敷等の屋外で里芋と牛肉を鍋で炊きながら、グループや家族等で酒を飲みながら楽しむもの。 いもだきのルーツは日本全国各地に夫々にある。その中でも新米の餅といも煮を食べて収穫を感謝する 刈り上げ行事を起源とするのが、やまがたの「いも煮」が有名だがそれが広がって地域によって呼び名も 違っている。具材のいもは、発祥の山形や愛媛では里芋が使われるが、地方によってはジャガイモが 使われるところもある。また肉類は牛肉が多いが鶏肉や豚肉などが使われるところもあるなど、地域により 比較的手に入りやすい具材が使われてきた歴史の現われだろう。昨夜は新居浜市のインターネットグループ 「みなみ風」が、毎年の秋の恒例行事として国領川河川敷で行われ、秋の夜長を楽しんだ。

『水泳』  Sep. 5, 2009 ▲Top
 毎日の日課になっているスイミングクラブへは、午後の軽い昼寝をした後、1時頃から 水着と着替えをカバンに詰めて、自転車で出掛ける。プールまでは300m程のところを 2箇所の信号を越えて数分で到着する。受付で会員証を出すと、ロッカーカードを渡される。 ロッカーで水着に着替え、プールサイドで、シャワーをして、汗や身体の汚れを落としてから 水に入る。昨日は何時ものレーンは混みあっていて、先客の女性が3人たむろしていた。 一応会釈して、仲間入りの挨拶をしてから泳ぎ始めた。数回の折り返しをした頃、先客の 女性達は泳ぎ終わったのかプールを出たので、私1人になったと思っていたら、直ぐ男性が 1人入ってきた。この男性は抜き手を水に着水させる時、大きく水しぶきを上げる悪い癖が ある為、すれ違う瞬間、こちらのタイミングが狂って水を飲んでしまうことがある。普通は、 水中で勢い良く鼻から息を吐き、口から空気を吸い込むのだが、隣で大きな波を立てると 息継ぎを失敗してよく鼻から水を吸い込んでしまうのである。鼻から水が入ると、頭の芯に 響きとても苦しくなる。今日は隣の男性のお陰で、不愉快で苦しい泳ぎの一日だった。

『握り寿司』  Sep. 4, 2009 ▲Top
ajisushi.jpg  一昨夜の夜釣りで、ターゲットにしていたアジが予定通り釣れたので、新鮮なうちにと岸壁で、 生きている魚の腹から手で内臓を取り出し、身だけにしてクーラーに入れて持ち帰った。 家に帰ってから、改めて3枚に開いて背骨(別に保存して後で唐揚にする)を取り除き、更に 刺抜きで脇腹の小骨を全て取り除き酢漬けにして冷蔵庫に保存した。翌日の昼食時に寿司ご飯 を炊き、前夜酢漬けにしておいたアジをネタに握り寿司にした。流石に新鮮な魚だけにとても 美味しくて、寿司屋で味わえない幸せを感じながら戴いた。我が家では自分達で釣って来た 魚は、新しい内は刺身にしたり、握り寿司にしている。外道で釣れるふぐなども全て料理して 身を保存しておき、量が溜まってくると、ちり鍋にしたり、雑炊にして食べている。昨夜は アジの他に、食べごろのチヌも釣れたが、チヌは塩焼きにして昼の食事に美味しく戴いた。

『夜釣り』  Sep. 3, 2009 ▲Top
チヌ・サイズ35cm  昨夜久しぶりに家内を誘って夜釣りへ出かけた。最近の釣り場情報では家から近い漁港では チヌが釣れているとの事なのでその仕掛けと、家内にも釣れるアジもターゲットに餌を準備をした。 日暮れ前に釣り場に着いたので、早速アジ釣りのさびき仕掛けを用意し、撒き餌をした。 投入後すぐ、やや中型のアジがつれ始めた。釣り場に選んだ場所には大きな水銀灯が 点いているので、集魚灯の役割を期待したが、回りが暗く暗くなるにつれてアジの喰いは 悪くなった。代わりに大型のボラが集まって針にかかり、大暴れして仕掛けを何本も切られた。 仕方なく、さびき仕掛けによる釣りを止め、チヌ釣りに切り替え、結局大小3匹釣れた。 最後は満潮前後の潮どまりで納竿して帰路に着いた。久しぶりの夜釣りだったが、チヌ3匹、 アジ11匹、ボラ3匹、タナゴ1匹と十分満足な釣果があった。

『鳩山内閣』  Sep. 2, 2009 ▲Top
 衆議院選挙の結果は、圧倒的勝利を獲得した民主党に政権が移る事になり、鳩山内閣に 国民の期待が高まってきた。昨日行われた全国緊急電話世論調査では、鳩山由紀夫代表の 新首相について71%の人が期待すると答えている。この数字は昨年麻生政権が発足した時 の麻生内閣支持率48%を大幅に上回っており、自民党への期待度と、民主党への期待度に 大きな変化が見られる。特に鳩山政権に期待しないと言う回答は僅か20%だった。国民世論 は、麻生政権で嵩じた不満から、鳩山政権の国会運営を見極めたいと言う希望が現れている。 鳩山内閣が取り組むべき課題は、景気・雇用対策と、霞ヶ関役人による税金の無駄遣い一掃 など行財政改革、年金制度改革、社会保障等がある。麻生首相で、食傷した国民にとって、 鳩山由紀夫代表に期待されているものは、国民への説明能力、庶民感覚、リーダーシップ、 誠実さ・謙虚さ、政治倫理・清潔さなどである。今回の自民党大敗をうけて、次期自民党総裁へ の期待度では、1位が舛添要一、2位石原伸晃、3位石破茂などが挙げられているようだ。

『関東大震災』  Sep. 1, 2009 ▲Top
 1923年9月1日午前11時58分相模湾沖80kmを震源としてマグニチュード7.9の大地震が発生し、 千葉県から静岡県東部までの広い範囲に、日本災害史上最大級の地震被害を与えた。地震により 190万人が被災、死者・行方不明者は10万5000人余。地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なった ことから、136件の火災が発生した。また当時、能登半島付近にいた台風により、関東地方 全域で強い風が吹いていて、火災は地震発生時の強風にも煽られ市内に広まり、鎮火は2日後と されている。震源地に近かった横浜市では官公庁やグランドホテル・オリエンタルホテル等石造・ 煉瓦作りの洋館が一瞬にして倒壊し、建物内の者達は逃げる間もなく圧死した。建物被害は全壊が 10万9千棟、全焼が21万2千棟と記録されている。津波も発生し被害は太平洋側の相模湾沿岸部と 房総半島沿岸部で高さ10m以上の津波が記録された。山崩れや崖崩れ、それに伴なう土石流による 家屋の流失・埋没の被害は神奈川県の山間部から西部下流域にかけて発生している。震災後の 復興には、被害の大さから一時は遷都も検討されたが、政府としては『帝都復興の詔書』を出す事で 遷都をせず、山本権兵衛首相を総裁とした「帝都復興審議会」を創設する事で復興計画が動き始めた。 江戸時代以来の東京の街の大改革を行い、道路拡張や区画整理等インフラ整備も進み今の東京の 基礎が出来上がった。

Home