2009年7月
『世界水泳』  Jul. 31, 2009 ▲Top
 ローマで行われている世界水泳では、これまでの繊維を織った水着時代から、表面を ウレタンなどでコーティングした高速水着が注目されている。新しい水着は浮力を増し 水の抵抗の少ない点に特徴があり、著しい記録の更新が行われている。先日の国際 水泳連盟の総会で今年だけ認める事になった高速水着で世界新が続々と出ている。、 水着の選択で、勝ち負けが決まるのでは、選手自身が契約している水着会社に拘ると、 絶対に勝てない場合がある。勝つために選手はあえて契約していない水着を着用して タイムを出した選手もいた。確かに競技の世界では、本人の結果だけが大事で、契約 会社の開発したものが、競争に勝てないのであれば、選手はよりいいものを選ぶのは 仕方ない。ゴルフの世界でも、高反発で飛び過ぎるドライバーは非公認となり、公認の 低反発材料の飛ばないクラブと飛ばないボールで勝負しなければならない。その他の 競技でも新しい材料や形状で特別な記録が出るものは、公認されない場合が多い。 水泳競技は、来年以降材質及び形状には厳しい制限が行われる事になっているが、 もしかすると今年出た世界新は来年以降しばらく更新され無いかもしれない。

『アマチュア無線の日』  Jul. 30, 2009 ▲Top
  昨日7月29日はアマチュア無線の日だった。戦争中禁止されていたアマチュア無線が1952年の この日、全国の30人に無線局予備免許が交付されている。そしてその7月29日を記念して 1973年JARLはアマチュア無線の健全な発達と知識の普及を目的とした記念日と定めている。 その頃のアマチュア無線といえば、大きなアンテナ設備の必要な短波帯の通信が主流だった。 送受信機には真空管式の機器が用いられていた。私自身も遅ればせながら1970年に電話級 アマチュア無線技士の免許を受け、VHF144MHZ FMの開局申請をした。この頃トランジスター 式の小型機器が普及し始め、超短波帯の通信機も低価格で売り出されブームが起きていた。 更に高性能ビームアンテナも手軽に建設出来る等、超短波帯の無線交信は盛んになった。 当時関東地区では144Mhzの遠距離通信を目指す人達で関東VHF36会と言う組織化を図り、 奇しくも私はその組織の事務局長を担当した。全国各地の有力者とスケジュールを組んで日夜 通信距離の記録を伸ばしていった。1975年4月12日、JARLの協力を得て我々の組織を中心に 富士山麓の朝霧高原で第1回の全日本ハムベンションを企画し、常陸宮殿下をお招きして盛大 に開催した。写真はその時発行したQSLカードに利用したマークだが、思い出深いイベントだった。 私はもうリタイヤしたがJARLでは、今は大会の名称をハムフェアと変えて続いている。
----- 関連資料 , 関連リンク -----

『アイスバナナ』  Jul. 29, 2009 ▲Top
 バナナは好きで、行き付けのお店で見かけると必ず買ってくる。保存はバナナの房にフックを 掛けて、壁際等に吊るしておく。多めに買った時は日数が経つと、外側から黒く痛んでくる。 在る時外側の皮が真っ黒になっていて、中実も痛みすぎていた。その時、捨てるには勿体無い ので、全てのバナナの皮を剥いて中実を出し、サランラップで包んで冷凍庫に入れて凍らせた。 完全に凍らせたバナナは、カリカリに硬いのでしゃぶる様にして食べると、とても美味しかった。 以来この味が病み付きになり、痛みかけたバナナを安売りしているのを見かけると、纏め買い して冷凍して置く。いつもの日課として毎日プールへ泳ぎに行っているが、泳ぎ終わって汗で 火照った身体に何よりの楽しみとなっている。 お断りして置くが、こんな商品は決して売って いないが、暑い時の食べ物として絶対にお勧めである。特に腐りかけたような黒いバナナの 冷凍品が最高に美味しいです。皆様も是非作ってお試し下さい。

『異常気象』  Jul. 28, 2009 ▲Top
 関東地方の梅雨明けは早々と宣言されたが、西の方はまだ梅雨明けは宣言されていない。 この所、広島地方や山口県で大雨による洪水やがけ崩れ等で多くの被災者が出たばかり だが、北九州地方にも豪雨被害で死者が出ている。昨日は群馬県館林市で竜巻とみられる 突風が発生して駐車場で車約20台が横転などで怪我人も出た。近年、世界的に異常気象 が報告されているが、その原因と考えられているものに、温室効果、オゾン層の破壊、酸性雨、 エルニーニョ現象等が揚げられている。温室効果の犯人は、二酸化炭素だ。大気中の二酸化 炭素は、太陽の光はよく通すが、地面から出て行く熱線は遮ります。すると大気の下層の方は 温度が上がるのが二酸化炭素の温室効果だ。オゾン層とは、酸素分子と酸素原子の結合に よって出来た上空25km周辺のオゾン層は、有害な紫外線B波やC波をブロックしてきた。しかし、 約20年ほど前、南極上空でオゾン層に穴が開いた状態が観測された。酸性雨とは大気汚染 物質である窒素酸化物や硫黄酸化物が溶け込んだ雨を酸性雨と呼んでいる。森林の枯死その 他の被害をもたらし、生態系に影響を与えている。エルニーニョ現象とは、南米ペルー沖から、 日付変更線付近の赤道域で、海面温度が平年より高い状態が続く現象を言う。これ等の要素が 世界の異常現象を起こしていると考えられるが、これから先がますます心配になってきた。

『西瓜の日』  Jul. 27, 2009 ▲Top
 今日27日は西瓜の日って知っていましたか? 何故27と西瓜との関連があるかと言うと、 27を「つ(2)な(7)」綱と読む語呂合わせと、スイカの縦縞模様を綱にたとえてのことらしい。 西瓜の野生種はアフリカ中部の砂漠地帯に多く分布している事から、そこが原産地だろうと 言われてきた。エジプトには西瓜を描いた4千年前の壁画が今でも残されている。当時は 西瓜の種を食べていたようで、果物として食べるようになったのは地中海沿岸に広がって からと言われている。その後ヨーロッパで広まった後にアメリカへの移民が持ち込み本格的な 普及があり、色々な品種改良が行われた。アジアでは、紀元前にインドへ伝わり、シルクロード を経由して11世紀に中国に伝わっている。日本への伝来は天正年間にポルトガル人が長崎 へ持ち込んだと言う説があるが、弥生時代の遺跡から炭化した種が大量に出土している。 何れにしろ、江戸時代には日本全国に広まっていて、これまでに全国各地で品種改良が 行われて日本の風土に合った西瓜が生まれている。

『高速水着』  Jul. 26, 2009 ▲Top
 昨年来世界の競泳大会で、続々と世界新記録が生まれていたが、その理由は高速で泳ぐことが出来る 水着が原因だった。従来の繊維で織った布地の水着に比べて、イギリスのスピード社のレーザーレーサー を着用した選手が世界新記録を連発。今年はアリーナ社やジャケド社等欧州のメーカーが水着の表面 をポリウレタンなどで覆った水着が威力を発揮した。しかし、水着が公認されていない物を着用して 日本新記録を出した男子200メートル背泳ぎの入江陵介選手の場合、タイムは世界新記録でもあるが、 国際水泳連盟は未公認の水着だとして、世界新は認められなかった。この問題は、真のタイムを競う 競技が、いつの間にか水着の競争になってしまった所にあり、人間の能力よりも素材や製法で争う状態 になっていた。国際水泳連盟は24日、世界選手権開催中のローマで総会を開き、昨年以来開発競争が 激化している高速水着を制限する新規定案をまとめた。水着が体を覆う範囲を男子選手は腰から膝まで、 女子は肩から膝までと従来より狭くし、素材は織物のみとする。そして適用は来年初めからとなる。 これで水着による記録への影響が少なくなると考えられるが、今年一杯は今迄の高速水着を使えるため、 多くの世界新記録が出ると予想されている。

『シュワルツネッガー知事』  Jul. 25, 2009 ▲Top
 アメリカ・カリフォルニア州は今、約260億ドルの財政赤字解消を図るために悪戦苦闘している。 あと1年半の任期を残している元ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツネッガー知事にとって、 これまでで最も困難な問題を抱えている。この財政赤字を解消出来なければ今月、財政破たん することになる。そこで考え出したのが、州の刑務所に収容している犯罪者のうち、老人や病人 をはじめ、比較的軽い犯罪者を出獄させて、経費削減を図ろうという案だ。しかし犯罪者の多くは 刑を終えて出獄しても、半数以上が再犯で戻って来ると言い、現実は町の犯罪件数が増大して、 かえって犯罪者の取り締まりに経費は増えると市民の猛反対を受けている。また、広く市民に呼びかけ 経費削減案を求めている中に、州の公用車を減らす案があり、公用車にシュワルツネッガー知事の サインをし、それを高く売り出すという。有名な州知事なので最高にいいアイデアだと本人は乗り気 だが今後どうなるのだろう。

『日食撮影』  Jul. 24, 2009 ▲Top
 国内では46年ぶりとなる皆既日食の22日、県内でも部分日食が観測出来るとあって多くの市民が 期待した。県内では殆どの地域が薄雲の曇天だったが、時折、雲間から日が差し、空を見上げる人々 の姿があちらこちらで見られた。ピークの午前11時頃には、暗くなると思ったがそれ程でも無かった。 私が小学生の子供の頃にも、皆既日食があった事を覚えている。その時は父のフイルムの黒い切端 を貰ってフィルターにした。確か天気は良くて、はっきりと日食の瞬間を観測した。学校ではガラスの 破片に蝋燭の煤をつけてフィルターにするか、セルロイドの下敷きか、溶接機のマスクを薦めていた。 日食の最大の時は、一瞬周りは暗くなり寒さを感じた。周りで鳴いていたセミの声も一瞬静かになった。 今回の日食では朝からの曇天で観測は諦めていた。10時過ぎ、ベランダで洗濯物を干していた家内が 空を見上げて、日食が始まっていると報告してきた。雲があるのに、雲の合間に三日月が見えていた。 薄雲がフィルターの代わりになって、眩しくなく太陽の欠けて行くのが直視観測できた。急いでデジカメ を出し12倍のズーム一杯にし、マニュアルで絞り最大の8、シャッタースピード500にして撮った。 望遠が効いてカメラは手ぶれが激しかったが、シャッタースピードが速いため、全く支障がなかった。 撮った写真がこれだ。予想以上に巧く撮れたと我ながら満足している。

『バス切符』  Jul. 23, 2009 ▲Top
chiket.jpg  四国から東京へ出掛けるのに、一番効率的な乗り物は夜行バスだと決めている。バス代は片道10700円と、 他の乗り物と比べて一番安い費用で移動できるのが魅力的だ。今回山形での会合に利用し帰り道、所沢市の 娘の家に2泊した際、着ていた物の洗濯を頼んだ。その時復路のバスの切符をシャツのポケットから出し 忘れたのを知らずに娘は洗濯機を回した。結果薄い紙にプリントされた切符は、くしゃくしゃに千切れていた。 気付いた時は既に手遅れだが、切符については、指定座席の日付、座席番号等の控えがあり料金支払済み なので、当然乗車できると思い、バス会社に状況を電話で話した。しかしバス会社の回答は正規の乗車券 と認められない場合は、改めて支払いを要求するとの事だった。慌てて、洗濯機の中でばらばらになった 切符の欠片を集めて、ジグソウパズル並みの組み合わせを試みた。幸い、切符はチケットを入れる紙袋に 入れてあったので、外側の紙袋で挟まれた切符は、比較的印刷面が残されていた。1時間程かけて何とか 切符の印刷文字を頼りに95%程度の回復が出来た。やっと繋がった切符をビニールに貼り付け、裏表の 印刷が確認できる状態にして、当日のバス乗車の際、係員に状況を話して提出したらOKが貰えた。 一時は絶望的に思われた切符だったが、無事に四国まで帰り着いてホッとした。

『釣り情報』  Jul. 17, 2009 ▲Top
 魚釣りは夫婦共に好きなので、新聞やインターネットの釣り情報は暇さえあれば 隅から隅までチェックして、今何処で何が釣れているか情報を確認している。情報 では、土居町の蕪崎港でキスが釣れていると、ポイントまで詳しく書かれていた。 先週新居浜市の離島大島へ釣りに行った際、少し多めに餌を買って行ったものが 相当残っていたので、冷蔵庫に保存しておいた。しかし17日から山形県へ出掛ける ことが決まっていて、餌の事を考えると、昨日が保存の限界と急遽釣行を決めた。 お昼のお弁当はおにぎりを用意し、飲み水もたっぷり準備して、一路蕪崎港へ。 潮は丁度干底から満ち潮に変る時間で、釣果を期待して釣り始めた。情報に出ていた ポイント付近を二人で探ったが2時間ほど掛けても餌取り以外全く釣れなかった。 更におにぎりを食べながら、時間が過ぎたが情報とは違い過ぎるので中止した。 帰り道、過去に自ら実績のある黒島公園下に回り、竿を出してみたら、大きなキス が釣れた。調子に乗って数匹釣れたところで、餌が無くなり納竿。家に帰り新鮮な うちに刺身にして食べたが、とても歯ごたえがあって美味しかった。それにしても 釣り情報は、どこまで信用できるのか疑問に感じた。

『自民党』  Jul. 16, 2009 ▲Top
 国会終盤に来て、自民党の動きが活発になって来た。麻生降ろしの風が止まる事がない。 そもそも、東京都議選で自民党が大敗北を喫したが、選挙戦を通じて殆どの都議選候補者 の応援演説に出かけて行き、麻生の面を晒してどうだと自慢して見せた。そして、これまでの 都議選で私ほど選挙区を廻った首相は居ないだろうと自慢して、絶対の必勝を信じていた。 しかし、蓋を開けてみたら、投票率はこれまでにない出足であったにも関わらず、自民の票は 伸びず、民主党に過半数を取られてしまった。それでも麻生さんは、都議選の結果は国政とは 無関係で、私に責任は無いと言い切っていた。選挙活動当時は、一国の首相がこれだけ応援 しているのだから、絶対勝てると思い込んでいたKYぶりだ。麻生さんとしては、就任当時から 言葉のミスが多く、揚げ足を取られるような失言が続いた。主張はころころ変わるが、自分では 気が付いていないいい加減さは鼻についていた。衆院解散で、選挙に勝つ為には麻生さんが 邪魔になる自民党にとっては、早く首相の座を辞任してもらわないと、このままでは8月総選挙 は自民惨敗間違いないと必死だ。

『最低賃金』  Jul. 15, 2009 ▲Top
 最近の調査では、企業の収益が落ち、労働者の賃金を下げてでも生き残りを掛けて頑張っている 中小企業も多い。それでもまだ、生き残れる企業の従業員はいいが、倒産してしまった所は仕方なく 生活保護を受ける事になる。最新データでは、全国12都道府県で、最低賃金が生活保護の水準を 下回っている「逆転現象」が起きていることが判った。最低賃金とは、その国の労働者に対して適用 される制度で、多くの国では、労働者の基本的な権利として広く適用されているが、必ずしも全ての 労働者に適用されるものではなく、特定の層に対し減額や、適用除外が行われることがあると定義。 一方、生活保護とは、日本の政府・自治体が経済的に困窮する国民に対して生活保護費を支給する などして最低限度の生活を保証する制度である。これでは真面目に働くより、生活保護を受けた方が 生活が楽だと言うことになる。

『臓器移植法』  Jul. 14, 2009 ▲Top
 これまでは現在生きているが、人の臓器を貰って移植しない限り生き延びる事が出来ない患者が、 日本国内で人の臓器を貰うには、日本人特有の感情論が間にあった。既に自力では正常に生きて いく事の出来ない脳死患者からせめて臓器だけでも、現在生き続ける為に必要とする人に移植を させることが出来ないのかと長い間議論されてきた。今までの法律では未成年の子供の場合、既に 脳死状態にあっても、移植を望まない家族が拒否する限り臓器の提供は受けられなかった。臓器の 移植を待つ子供には、対応する臓器も当然子供の臓器である必要があった。いくら提供できる臓器 があったとしても、大人の臓器を、乳幼児に移植する事は出来ない。重い心臓病で移植が必要だった 聡太郎ちゃんは、日本国内法では臓器の移植手術が不可能で海外に求めるしかなかった。しかし 手術に必要な医療費約2億円が募金で集まるまでに時間が掛かり、やっと昨年アメリカに渡り、ドナー を待ったが、待ちきれず昨年12月に亡くなった。米国での移植を決めて渡航した直後だった。今回の 臓器移植法改正案成立により、15歳未満の幼児でも脳死が確認されれば、臓器の提供が可能になる。 これで高い医療費を払ってまで海外に出る必要は無くなったと言えるのだろうか。

『キス釣り』  Jul. 13, 2009 ▲Top
kisu.jpg  最近の釣り情報では、燧灘一帯でキスが盛んに釣れていると言う情報はあったが、現実は日中の 天気の関係で、出掛ける機会がなかった。先週は、日頃活動している地元異業種交流会のイベントで、 新居浜市の離島大島へ渡る事になった。その機会に大島の友人の船を出してもらって、キス釣りが 計画されて、11日、船でのキス釣りを楽しんだ。釣りをした場所は、香川県伊吹島周辺の股島と言う所。 大島から釣り船を走らせて約40分程だったが、幸い波はべた凪と天気は曇り空で直射日光の無い事が、 魚釣りには最高のコンディションだった。釣果は大満足で、25cm大のキスの他、タイ、ベラ、カレイ 等面白いほど釣れた。日頃の岸からの投げ釣りに比べて、水深30〜40mの深いところなので、小魚による 餌取りが居ないので、餌の効率がよくて、釣れた魚の数程も餌のゴカイは要らなかった。夜はバーベキュー で、大漁だった魚を焼いて食べた。翌朝も新居浜への渡船の時間まで、大島港の西側でキスの投げ釣り をしたが、船の釣りに比べたら、魚のサイズは半分以下と小さいし、餌取りが多くて効率が悪かった。

『多喜浜塩田』  Jul. 11, 2009 ▲Top
 今日特別講演で、「新居浜市の近代都市基盤を確立した多喜浜塩田」と題する話を聞いた。 私の子供の頃の記憶では、多分小学生から中学生時代頃と思うが、新居浜市の東部地区 一帯には塩田畠が広がっていたことを覚えている。広く開拓された砂浜に潮を引き入れ、天日で 乾かせた砂を、かき集めて、小屋の中で煮詰めて塩を作っていた。当時、澤津から垣生海岸、 更に黒島方面にかけての海岸線は、陸地の塩田以外に遠浅の砂浜が沖合いまで広がっていた。 昔この陸地一帯も遠浅の海岸を干拓して塩田にしたことは容易に伺えた。その頃、海水浴と 言えば澤津海岸や垣生海岸へ弟達を連れてよく出かけていた。引潮になると、海岸の干潟は 100m近い沖合いまで砂浜となり、砂を掘れば何処でもアサリやトリカイが沢山取れていた。 新居浜には別子銅山を中心にした工業と、この塩田を基にした産業が栄えて、瀬戸内でも屈指の 産業都市として栄えていたのだ。私は大学入学以来、東京で暮らすようになって新居浜地域の その後は知らなかった。今日の話を聞いて、塩田はその後時代と共に次々廃田となり、別子銅山 も採算の合う鉱脈は掘りつくして閉山になって行った。こうして新居浜市の一次産業の時代は 終わり、2次、3次の産業に形を変えて変遷発展してきたのを理解した。

『夜釣り』  Jul. 10, 2009 ▲Top
 一昨夜は梅雨の合間の雨上がりを見て、夜の8時頃から近くの岸壁に出掛けた。餌は 数日前に買ったゴカイがまだ少し残っていたのを、冷蔵庫に保存していたのでそれを 持って出た。着いた釣り場は先ほどまで降っていた雨のせいで先客は2組ほどだった。 車から釣り道具を出そうと思ったら、釣りの支度をしておいたベストを持って出るのを忘れ、 餌と竿以外に夜釣りのための小道具類が無かった。幸い前回夜釣りの時に使った竿は 車に積んであったのを思い出し、それを出して釣り始めた。しかし肝心の電気ウキが無い ので仕掛けを入れても、真っ暗な中、何処に仕掛けが入ったか、深さ等何も判らず手探り 状態で試した。幸い、運良く最初の当りを感じ釣り上げてみたら15cm程のメバルだった。 続けて、同じ様な場所に竿を入れたら、今度は少しサイズが小さかったが、やはりメバル が釣れた。いい加減な準備で来てしまったことを後悔しながら続けていたら、案の定 真っ暗な岸壁に糸を引っ掛け、ムリに引っ張ったら仕掛けが切れて仕舞った。折角釣れ 始めたのに代わりの仕掛けを作る道具が何も無い為、仕方なく納竿することにした。 残念ながら釣りはそれまでだったが、止んでいた雨もまた降り出したので諦めもついた。

『うどん』  Jul. 9, 2009 ▲Top
 夏場の暑い時期の食べ物はそうめんが好きな事は以前にも書いたが、合わせて うどんも好物で時期を問わず食べる事が多い。特に一人で外食をする場合は、相方 が居ないだけに気兼ねなくうどん屋に飛び込む。うどんのトッピングの好みとしては、 かき揚げか、きつねうどんを選択することが多い。油揚げの乗ったうどんをきつねうどん と言ういわれは、油揚げがお稲荷さんの好物だからと言う。ではたぬきうどんは、 てんかすがてんぷらのネタ抜き(ね・たぬき)からきていると言うらしい。うどんは元々 中国が始まりで、奈良時代に日本に伝わったとされている。うどんが食文化として定着 したのは江戸時代初期の事。ところが江戸時代中期になると、江戸ではうどんからそば に人気が代り、関西ではうどんの勢力が強くなり、西のうどんに対し東はそばという二大 粉食文化が形成される様になった。

『ナンパの日』  Jul. 8, 2009 ▲Top
 7月8日を、語呂合わせでナンパの日と言う。硬派、軟派の言葉から来たもので、男性が女性を 誘う行為を指してナンパすると言う使い方をする。近頃では女性から男性を誘う場合も稀にある。 女性側からのナンパ行為を、「逆ナンパ」とも言う。従って今日は見知らぬ異性を誘っても良い日。 ナンパと言う呼び方は、軽薄な印象があるため敬遠されることもあるが、「ナンパ行為」は男女の 出会いの一つの方法として古くから行われてきた。普通には繁華街の路上や、飲食店・居酒屋や、 ディスコクラブ、ゲームセンターなどが多く、1980年代後半から1990年代初頭のバブル景気の頃 には、ディスコクラブ等がその対象の場所として、都会の若者達に流行し有名になった。今時なら 合コンや出会い系サイト等が男女交際のきっかけを作ってるのだろうが、何となく陰湿さを感じる。 我々には、昔のナンパの方が、明るくて健康的な感じがするのは年のせいだろうか。

『七夕祭り』  Jul. 7, 2009 ▲Top
 今日は七夕。日本では古来からこの日は棚機(たなばた)と言い禊ぎ行事として、乙女が 着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々の穢れを祓って来た。 この日の為に選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺の 機屋(はたや)に籠もって神様の為に心をこめて着物を織った。この時に使うのが「棚機」 (たなばた)と呼ぶ織機だった。そしてこの行事を行う日が7月7日だった事から「七夕」と言う 当て字で書くようになったもの。七夕の飾りには笹竹を使うが、竹は1日に1メートル近くも 伸びるほど成長が早く、その強力なエネルギーに願いを託し、天に届くようにと祈りを込めて 飾りを付ける。笹飾りに付ける短冊には、朝露ですった墨で願い事や詩を書き、笹の小枝に 吊して、天に届くようにと気持ちを込めるのだ。

『ゴルフ』  Jul. 6, 2009 ▲Top
 昨日は、昔勤めていた会社の親睦目的で続いているゴルフコンペに参加した。 殆どの参加者はまだ現役組なので、若くて元気のいい男ばかりだ。若いということは、 腕力もあり、豪快なスイングで振ってくるので、飛ばしっこではなかなか敵わない。但し まともに当たればと言う前提なので、打った球が全て真っ直ぐフェアウエーに飛ぶという 訳ではない。我々年寄り組は、飛距離がない代わりにグランドシニアの特権で、前方の ゴールドマークから打たせて貰えるので、飛距離を稼ぐ事が出来る。またフェアウエー キープ率が高い点も有利である。結局上がって見れば、飛んでなんぼでは無い事が判る。 それでもゴルフは不思議なもので、年はとっても何とか若い者に負けたくないと言う意地が つい力比べをしてしまう。我々も力が入れば、打球の安定性は失われ、失敗してしまう。 昨日も力みすぎで失敗したホールもあったが、すぐ力まない振り方に戻し乱れを止めた。 結局はやはり年相応と言うことが一番なのだ。

『そうめん』  Jul. 5, 2009 ▲Top
 暑い夏が来ると、食欲に変化が起きて、食事が進まなくなってくる。いつもお昼は何にする? と聞かれると、つい返事が鈍り、冷たいそうめんでも食べるかと答えている。冷えたそうめんを、 器に盛って、緑の濃い細ネギを刻んで入れた出汁に生姜を効かせて食べる味はなんとも爽快な 味で、嫌がる胃の中にもつるりと入ってしまう。毎年だが、夏の間の昼食は殆どそうめんを 食べている。そうめんは奈良県桜井市が発祥の地と言われており、奈良時代に中国から伝来した 唐菓子の一つだったとされている。原形はもち米と小麦粉を細長く練り2本を索状によりあわせて 油で揚げた索餅(さくべい)と考えられている。平安時代には七夕に索餅を食べると熱病に罹らない という中国の故事に倣って、宮廷での七夕行事に索餅が取り入れられていたと言う。 室町時代には現在の形になったとされ、素麺の名が混じって用いられたが、やがて「素麺」の 呼び名が定着し、大和三輪そうめんとして有名。他に兵庫県の揖保川中流域の、たつの市 で生産される揖保乃糸も手延素麺として有名である。また徳島の半田そうめんはコシのある つるつるとした太めのそうめんとしても美味いと評判である。因みに我が家では揖保の峰と 言うそうめんが安くて美味いと気に入っている。

『北方領土』  Jul. 4, 2009 ▲Top
 戦後50年も経った今頃、何で北方領土をわが国固有の領土と明記した改正北方領土問題 解決促進特別措置法が参院本会議で全会一致で可決されのだろう。目的は北方領土の法的 位置付けを明確にすることで、返還運動への国民の関心を高める狙いだと言う。ただロシア側 の反発は必至で、イタリアで来週行われる予定の日ロ首脳会談にも影響を与える事は明白だ。 改正特措法は国の責務として「わが国固有の領土である北方領土の早期返還を実現するため、 最大限の努力をする」と規定。日本国民と4島のロシア人住民が旅券やビザなしで相互訪問する 交流事業の促進や、元4島住民の高齢化に伴う返還運動後継者育成支援も盛り込んでいる。 ロシア外務省は、法案の衆院通過について不適当で容認できないと日本を厳しく批判する声明を 発表している。ロシア下院も日ロ平和条約締結交渉の期待が失われたとして、撤回しなければ 交渉は行き詰まると警告する声明を採択している。北方領土をめぐっては、麻生太郎首相が ロシア側の不法占拠が続いていると答弁したことも、ロシア側が非難するなど日ロ間の溝が さらに深まっている。日本の外交はどうなっているのだろう。

『不快指数』  Jul. 3, 2009 ▲Top
 梅雨の真っ只中と見えて、ぐずついた天気が続いている。日中家の中に居ても何となく 肌がべたつき、汗が滲んでいる。気温の感じ方より、蒸し暑さなのだろう。気象用語で言う 不快指数が高いのだ。人の身体は暑くなると汗をかく。汗が体から蒸発する時に出る気化熱 で体から熱を奪い、体温を一定に保つように調節しているのだ。しかし湿度が高い為に汗が 蒸発し難くなり、体温が下がらない。そこで気温と湿度の組み合わせで実際に、体が感じる 暑さを計ろうというのが不快指数だ。計算条件として T :気温(℃)、U :相対湿度(%) と設定 
不快指数 = 0.81T + 0.01U(0.99T - 14.3) + 46.3 
気温が30度だと湿度が70パーセント位で、不快指数80。湿度が80パーセントになると 気温30度以下でも、不快指数は80になる。日本人の場合、不快指数が77になると不快に 感じる人が出はじめ、85になると93%の人が暑さによる不快を感じると言われている。

『トイレットペーパー』  Jul. 2, 2009 ▲Top
 今時の人達が、突然トイレットに新聞紙か広告の故紙を20cm四方位に裁断した物が 置かれていたら、何に使うものか戸惑うだろう。戦前の私達の家では、お尻を拭く紙と 言えば、そんな風に裁断された新聞紙は当たり前だった。良くてもわら半紙のざら紙 のような物を裁断して使っていた。戦後占領軍が日本に駐留する様になった頃から、 今のティッシュペーパーを目にするようになった。新聞紙をトイレで使う時は、良く揉み 解して柔らかくして置かないと、硬くてお尻に傷がつく恐れがあった。当時は幼い子供 だったので、何も考えなかったが、新聞紙で拭いたお尻は、きっと黒いインクが付いて お尻の回りは黒くなっていた事と思う。戦後の話だが、昭和48年頃産油国が原油価格を 大幅に引き上げることになった為、紙がなくなるという噂が流れ始め、マスコミの報道や 流言飛語による不安から、消費者は高値で沢山のトイレットペーパーの買占めをした。 手配の遅れた我が家では昔を思い出して、新聞紙を裁断して、トイレに置いた事が ある。ただ、実際は日本の紙生産は安定していて、生産量自体はほとんど変わらず、 パニックが発生した後はむしろ生産量も増加していた。やがて騒動は収束していき、 店の在庫量も通常の水準に回復したが、そんな時人の異常心理とは恐ろしいものだ。

『麻生政権の末路』  Jul. 1, 2009 ▲Top
 日本郵政の西川善文社長を、何としても辞めさせたかった鳩山さんが、頼りの麻生首相に 期待を裏切られて、敵は生き残り、自分は更迭されると言う悲しい結末に終わってしまった。 国民の税金を使って、巨大な箱物を沢山造った郵政省の後始末に、再建を任された西川社長 だった。しかし赤字経営の元をきる為、かんぽの宿をオリックスに二束三文で叩き売ると言う 暴挙は我々も許せなかった。幸い処分は止められたが、そんな判断を簡単に行うような者が 謝まって済む問題ではないと言うのが鳩山さんだった。日本郵政側は、株主総会で西川氏 の再選を決定し、麻生首相は郵政民営化推進派の意見に押されて結局盟友を切り捨てた。 多くの国民は、鳩山さんの正義を後押ししていたので、この仕打ちで、麻生人気は更に後退 してしまった。このまま衆議院を解散したら、自公明は民主党に勝てる勢いは無いだろう。

Home