2009年11月
『亀田興起』  Nov. 30, 2009 ▲Top
 亀田兄弟のボクシングは面白いと思う。ファイトが有って動きに無駄が無くパンチも強い。 これまで国内の試合では負けたことが無いのも素晴らしい。 過去に2男大毅が、内藤大助の世界チャンピオンに挑戦したとき、手強い相手に反則を 繰り返し、まるでプロレス紛いの荒業まで飛び出し、大差で判定負けをしたことがある。 それは亀田家の汚点でも有ったが、今回、長男興起が真正面から戦いを挑み、見事に 雪辱を果たした。内藤大助は序盤の打ち合いで鼻血を出していたが、解説者に依れば 鼻の骨が折れていると言わせたほど鼻が腫上がっていた。それでも内藤は傷に怯むことなく 最終回まで前へ前へと出て戦った。前に出て打っては引き足の早い亀田に、内藤は有効な パンチは当たらず、判定で負けてしまった。相撲の世界でも、横綱朝青龍は強いけど品の 無さで嫌いなフアンも多い。ボクシングでも亀田の強さは認めるが、あの生意気な言葉と礼儀 知らずの口の利き方はどうしても好きになれない。試合前に3回でKOだと言った小憎らしい 言葉の始末をどうつけるのか強い興味を持っている。

『新聞記事の転載』  Nov. 29, 2009 ▲Top
 地元新聞に掲載された記事が、地域の古い文化を残すべく熱心に活動している様子を詳しく 紹介していた。その新聞記事の内容は活動グループにとって側面からの援助に叶うと考えて、 その一員が製作しているホームページに転載したいと希望した。早速新聞社の読者センターに 電話したところ、若い女性が出て新聞記事が読者の役に立つなら転載して良いとの返事だった。 しかし、その返事は直ぐ後、記事を管理するメディア推進部から、社内規定により転載は駄目と の訂正連絡が来た。社内規定での転載許可条件は、記事の中に特定の名前が出た本人 以外は駄目と言うものであった。しかも転載希望の場合は必ず転載許可を受けて許可番号と その記事から新聞社へのリンクも義務付けられている。そこで、正式に転載許可は受けられ なくても、新聞社名の明示とリンクをつけて転載した場合どのような罰則を受けるのか聞いた。 すると、社内規定には禁止条項は明記してあるが、詳しい罰則規定は確認できなかった。 こちらとしては、記事を転載した為告訴され裁判沙汰や罰金刑等を受けるのは避けたい。 その点を問いただすと、相手はそれ以上は答えられなかった。現実はそんな質問を受け なかったことにして欲しい。万一の場合も見て見ぬふりか、見なかった事にすると言った。 あくまでも愛読者の行為を、単なる社内規定で罰金や告訴してまで処理しようと言うのではなく 強いて言えば、遠慮して欲しいという希望だと解釈し、この件は善意の転載をすることにした。

『パンク』  Nov. 28, 2009 ▲Top
 昔は自動車のタイヤにはチューブが仕込まれていて釘など拾い、よくパンクしたものだ。 しかし、今はチューブレスタイヤが主流で、万一釘が刺さっても、インナーライナーが 穴を自動的に塞いで保護し、空気が一気に抜けるという現象は起き難くなっている。 昨日ゴルフに出かけた時、ゴルフ場まであと1km位と言う所で、車の右後輪がパンクして 動けなくなった。予約時間が迫っていて、スペアタイヤを交換する時間はないと判断し、 直ぐタクシーを呼び、車は帰りまで道路脇に放置して行く事にした。しかし異常に気付 くのが遅く、空気の抜けた車輪で約500m程走った事を考え、知人の修理屋に電話をし、 ゴルフをしている間に放置場所に行き、パンクしたタイヤの修理交換を依頼した。 タイヤはぼろぼろに傷んでいたと言うので新品タイヤへの交換は正しい判断だった。 帰りは車の放置地点まで弟に送って貰い、パンク修理の終わった車に乗り換えて 家に帰ることが出来た。パンクの原因は聞いていないが、ぎりぎりながらゴルフの 時間には間に合ってよかった。さて、幾らの修理代が請求されてくるのだろう・・・

『散髪屋』  Nov. 27, 2009 ▲Top
 長年通っていた床屋は、家から一番近い店で料金が3500円は、当たり前と思い込んでいた。 数年前、我が家から少し遠いが、新しい店が開店。整髪だけなら1500円と格安の料金と作業の 早さに惹かれそこを利用するようになった。ところがその後更に、安い1200円の店が出来、当然 そちらをメインに替えた。先月また新規開店の広告が入り、整髪、髭剃り、洗髪とフルコースで、 僅か1000円と言う店が出来たので早速行ってみた。これまでの低価格店は、全て前払い制で、 髪を切る前に金を取られると言う嫌な感覚だった。しかも髭剃り、洗髪は別料金だった。しかし、 今度は料金後払い制で、気分良く迎えてくれ、椅子に座ると料金は同じですから髭剃り、洗髪も しませんかと聞いて来た。しかし家を出る前に髭剃りをして来たし、散髪の終わった後はプール に行く予定なので、整髪だけで良いと伝えた。理容師達はまだ学校を出たてと思われる若い人 ばかりで、調髪の作業は素早く手際よかった。昔は床屋と言えば、長い時間順番を待たされ、 髪を切っている間は世間話をしながら1時間近く掛かっていた。今は黙々と髪を切り10分程で 終了した。時間の無駄が無くて、1000円札1枚と安い所が気に入った。

『法事』  Nov. 26, 2009 ▲Top
 昨日は、家内の義兄の満中陰の法要だった。家内からは1ヶ月程前から法事の時間は 11時からと聞かされていた。朝早くからそわそわとし、家を出る1時間前位から礼服を着て 準備をした。家内はお寺の名前は西正寺と言い、場所は商工会館の隣だと言うので車なら 10分も掛からないと判断した。30分前に車に乗り急いで目当てのお寺に向かった。しかし 着いてみるとそのお寺は慶正寺で、西正寺ではなく完全に勘違いしていた。うろうろしている間に、 11時近くになり、目当ての西正寺は何処なのか全く判らず戸惑い、遅刻したことに凄く慌てて しまった。取り敢えず義兄の会社に電話して場所を確認したが、そこは遠くてどんなに急いでも 15分は掛かると判り、場所を間違えた家内と口喧嘩状態に・・・。兎に角急いで車を走らせた。 初めて行くお寺の場所は判り難く、途中2度ほど道を聞きながら辿り着いた時は、既に僧侶の お経は始まっていた。今まで約束の時間に遅れたことの無い私としては、こんな情けない 思いをしたのは始めての事。しかし、車の中で散々家内を責め立てたが、私自身ももっと 余裕を持って確認しておけばと反省し、それ以上家内を責めるのは止めた。納骨も無事終わり、 別会場で精進落しを戴く頃には、いつもの仲良い夫婦に戻ったのは、仏さまのお陰だった。 法事が終わる頃、お寺を間違えた出来事は、すでに二人にとっての笑い話になっていた。

『赤い羽根』  Nov. 25, 2009 ▲Top
 赤い羽根を胸につけた人を見かけた。はて、赤い羽根募金は昔のサラリーマン時代に通勤の 電車などで、赤い羽根を襟に付けている姿を良く見かけた風景であるが、今頃のことだったかな。 急いでNetで調べてみたら、毎年10月1日から12月31日まで行われていた。共同募金は1947年 から始まっており、今年で62年目だった。集められた募金の多くは社会福祉協議会に配分され、 高齢者や障害者に対する福祉の為や地域福祉活動の推進のために使われている。最近では 災害支援準備金としてや、または子育て支援活動に使われることも多くなっている。 これら共同募金会に対する寄付金については企業の法人等からの寄付金は「全額損金算入」、 個人からの寄付金については、所得税および住民税に係る「寄付金控除の対象」となっている。 この赤い羽根は、アメリカにおいて共同募金の象徴として使われていたものを日本でも戦後の 混乱期に戦災者への募金の象徴として採用したものが始まりで今まで続いている。

『寝ぼけ』  Nov. 24, 2009 ▲Top
 今日の一言は、何が何でも毎日書くという信念で、夜中の日付変更の時間帯になると、 ネタを考えて、書いてきた。しかし、たまにはどうしても思い浮かばないときは仕方なく 書くのを止めて一旦寝ることにして、夜明け前に早起きして書くこともある。昼間の疲れで ボケてしまった頭では、思い浮かばなかった話題もすらすら思い通りに筆が進むものだ。 実は昨日は、大学OB対抗ゴルフ大会のあと、懇親会でさんざん飲んだ後、自宅までの 約2kmを歩いて帰り、とても疲れていたが、その日の写真を取り込み、ホームページの アルバムサイトを完成させ、続いて、一言のネタを書き始めた。兎に角睡魔と闘いながら 書き終わったところで、ついに我慢しきれずダウン。今朝起きて、見ると昨夜の力作は どこにもセーブされなくて、どうやら其の侭電源を落としてしまったようだ。昼間の疲れが、 耐え切れず寝ぼけてしまったようだった。この一言も今朝は仕方なく、こんなネタでお茶を 濁すことになった。

『新嘗祭』  Nov. 23, 2009 ▲Top
 戦前派の私たちにとっては、11月23日は新嘗祭(にいなめさい)と呼んでいた。それが1948年に国民の祝日に 関する法律(祝日法)で勤労感謝の日と制定された。戦前の新嘗祭とは、11月23日に天皇自らが 五穀の新穀を神前に供え、また天皇陛下もこれを食して、その年の収穫を感謝すると言う祭りで、 宮中三殿の近くにある神嘉殿に於いてとり行われてきた。新嘗祭は遠い昔から国家の重要な 行事であり瑞穂の国の祭を司る最高責任者である天皇陛下が国民を代表して、農作物の恵みに 感謝すると言う儀式でした。「新嘗」とはその年に収穫された新しい穀物のことを言います。 農業中心の時代、この行事はとても重要な儀式でした。

『いい夫婦の日』  Nov. 22, 2009 ▲Top
baranohana.jpg  11月22日は語呂合わせからいい夫婦の日と言うことになっている。「いい夫婦の日」を 進める会では、日本中のご夫婦にますます素敵な夫婦関係を築いて欲しいと言う思い から、この日を語呂合わせではあるが、あえて「いい夫婦の日」と決めている。 普段は奥様に旨く伝えられない想いを思い切って伝えたり、気持ちをカタチにして贈る など、いいきっかけにするのは如何だろう。昔、ヨーロッパでは男性が女性に対して 結婚を申し込む際に、愛の言葉と共に12本のバラの花を捧げ、女性はその気持ちを 受け入れた証拠としてそのバラの1本を男性の胸に挿して応えたのが「ダズンローズ」 と言う風習だった。12本のバラの意味は感謝、愛情、尊敬、誠実、幸福、情熱、希望、 真実、栄光、努力、永遠、信頼等を現し男性はそれを誓ったのだと言う。

『なっとう』  Nov. 21, 2009 ▲Top
 納豆を食べるとダイエットが出来るという。但し、納豆にも食べ方の要領があるのだ。 整腸作用納豆菌は、口から入ると胃酸に負けずに腸まで届き、腸内の善玉菌を活性化 します。 一方では悪玉菌の増殖を抑え、発ガン物質や有害物質を減少させます。 その結果便秘が改善され、有害物質を分解する肝臓の負担を軽くして、体の機能を 健康に保つ役割を果たしています。さてダイエットに効果的な納豆の食べ方はと言うと、 ダイエットに必要な1日の量としては2パックを朝と晩に食べると、血中のイソフラボン量 が一日中安定することになります。冷蔵庫から出してすぐの納豆は、納豆菌の 繁殖力が衰えている為、少し常温中に置いてからにする。納豆は50回以上かき混ぜて、 後しばらく置いてから食べるとポリアミン量が増えます。ポリアミン量が増えるのを、 塩分で邪魔させない為、たれは、かき混ぜた後にかけて食べるようにする。これで 効果的な納豆の食べ方でダイエットできます。

『ビデオカメラ』  Nov. 20, 2009 ▲Top
evrio.gif  今月初め、大阪と高松からの友人を迎えてゴルフをすることになり、その一部始終を ビデオ撮影しようと、ポケットにも入るコンパクトなVictorのGZ-MC100を準備した。 撮影に入ってモニターのディスプレーを覗くと、妙に画面が白っぽいことに異常を 感じたがプレーに入ってしまったので撮影はそのまま続けた。 撮影が終わり編集段階で、やはり太陽光の多い場面は、殆どコントラストも取れない 白けた画像になっていた。どうやらカメラの異常と考えて、メーカーにメールで状況を 書いて、考えられる理由を問いかけ、もし修理するとどの程度の費用予測になるか 確認した。答えは自動の露出調整の異常から、機器のハード的な修理が必要との 判断で5000−15000円の範囲で修理代が掛かるとの回答だった。既にこのカメラは 購入してから3年を過ぎ、世の中ハイビジョン時代に入っており、この種カメラの残り 寿命を考えて、高い修理費を掛ける価値は低いと考えて、思い切って廃棄の決断 をした。これで新しいハイビジョンのビデオカメラの購入時期が迫ったようだ。

『釣り』  Nov. 19, 2009 ▲Top
chinu6-s.jpg  このところ天気も悪くしばらく釣りに行っていなかったので、ストレスが溜まっていた。 暇をみて部屋の中で竿の手入れや、仕掛けは何組も作ったが試す機会が無かった。前夜天気 予報で明日は晴れと聞いて、昨日久しぶり釣りに出かけることにした。家内にも釣りの話を して明日は10時迄には出かけるぞと話して置いた。翌朝早くから起きて支度を済ませて 家内の起きるのを待った。しかし何時もの事ながら、やっと起きたのが11時。潮の加減は 大潮で、まもなく満潮に近い。急がせたが結局時間的に昼食を摂って家を出たのは、12時半 頃になっていた。釣り場に着いてみると天気は良かったが、思いのほか風が有り波が 高かった。家内には足場の良い砂浜から投げ釣りをさせ、私は磯場に行って大物狙い を試みた。しかし餌は取られるが釣れなかった。家内の方も風の為に苦労しているようで あったが、それでも何とか20cm位のチヌと数匹のふぐを釣っていた。結局今回も夕食の おかずは唯一家内の釣ったチヌの塩焼きとなった。ご馳走さまでした。

『軽くなったPC』  Nov. 18, 2009 ▲Top
 昨日の一言で、PCの動きが重たくて、もうお見限りかと書いた後、思い直して もう少し真剣にメモリーについて再検討した。内部メモリーは買ったときと同じだが、 昔はパソコンが重たいと感じた事はなかったと考えて、当時と何が変わったかと 言えば、やっぱり、Cドライブのメモリーが残り少なくなっている事だった。 昨夜改めてCドライブを調べると、容量120Gの内、残りメモリーは20Gだった。 そこで、更に思い切って不用のプログラムの移設と、保存していたデータの内、 必要な物は、別のドライブに移し、当面必要無いデータは、DVDディスクに入れて Cドライブからは削除して、余裕メモリー領域を41Gに増やすことに成功した。 その上で、リスタートを掛けて見たら、驚くほど立ち上がりのスピードが速くなり、 アプリケーションソフトもスイスイと走り出した。お陰で思い込んでいた問題点は すっかり解決したことになった。早まった考えを正すことが出来てよかった。

『最近重たいPC』  Nov. 17, 2009 ▲Top
 今メインに使っているパソコンはDELL製で、購入した時点ではCPUも高速で問題なく、 それまで使っていたパソコンの不満が解消していた。しかし使い込むほどに、インストール したアプリケーションも増え、保存データも増えたと見えて、Cドライブの残りメモリーも1/4 を切っていた。それのせいか、最近立ち上がりに時間が掛かり、少し大きな画像を長い時間 扱っていると、途中で動きが止まってしまうことが増えた。そんな時は仕方なく一度リセットを 掛けて、再立ち上げしないと、仕事が出来なくなってしまう。特にビデオの編集をしている時は、 途中で画像の動きが止り、仕方なくリセットを掛け、全ての編集が終わるまでに何度もクリアー することがあった。そこで出来るだけCドライブの無用のプログラムや不要のデータを他の ドライブに移す様にしているが、それでも常駐しているプログラムやデータに無用の物が多い のだろう。暇があるときには、出来るだけディスククリーンアップやディスクデフラグを掛けて、 ドライブの整理をさせている。それでもすぐ同じ状態になってしまうのは、もうPCも限界かな。

『駐輪場』  Nov. 16, 2009 ▲Top
 マンション1階の駐輪場は、現在ほぼ満車状態である。入居当時から自転車置き場の 容積がやや小さくて余程整理して止めないと、はみ出る自転車があった。初期の管理 組合役員をしていた時代に、自転車を整理して停められる駐輪機の設置を提案したが、 費用が掛かるとの判断から居住者の賛同は得られず却下された。代わりに自転車の 登録制を実施して、登録証のシールを貼らせて、使用しない自転車の撤去と駐輪方法 の整理整頓等の実施で、何とか乗り切ってきた。しかしそれから20年以上経った最近、 自転車の台数も増えているのと、塾などで遅く帰ってくる学生達が自転車の駐輪時に、 疲れていて面倒なのか、駐輪方法が乱雑になっている事が多い。時には自転車の前輪 だけ突っ込んで其の侭と言うのもあり、通路に大きくはみ出して停められることもある。 そんな時、1台ずつ整理して並べて行くと結構駐輪スペースに余裕も出てくるものだ。 一度居住者の集まる機会に、駐輪方法を皆で協力し合うか、それともこの際、有料でも 駐輪機の導入を再検討するかの提案をしようと思っている。

『ごみの分別』  Nov. 15, 2009 ▲Top
 私の住むマンションでは、管理組合の規約で指定時間内に、ごみステーションにごみ出しを するよう決めている。ごみを入れた袋には部屋の番号か名前を書いて置き、万一の場合の 処理責任を明確にする事になっている。通常のごみは大きく8種類に分別して指定の曜日に出す。 正しく守られてない場合は回収を拒否されることがある。例えば当日出せるごみの種類を 間違えている場合は、ごみ回収車は回収出来ない理由を書いたメモを付けて残してある。 マンションの管理人は残されたごみを、間違えた本人が引き取るよう入居者通路に置いて、 引取りを待つことになる。実は、一昨日のビン缶類のごみ捨日に、勘違いして瀬戸物の茶碗 とお皿を出してしまった。部屋に帰ってから間違いに気づいたので、どうせ回収を断られて、 玄関通路に残されていると思って、後で管理人にごみの行方を聞いたら、本来残されても 不思議は無いのに、持っていたようだとのこと。どうやらごみ回収車の担当者によっては、 融通の利く人と、そうではない人との差がある事が判った。幸い今回はトラブルにならなくて良かった。

『ロストボール』  Nov. 14, 2009 ▲Top
lostbool.jpg  現役時代の昔に比べて、ゴルフに行く機会は減ったとはいえ、持参するゴルフボールは 絶えず補給しておかないと、思わぬOBや池ポチャでボールを失い、予備用の球が底をつき そうになることがある。昨日ショッピングセンターのゴルフ用品売り場で、16個998円と言う 超格安のボールを見つけたので買ってきた。ゴルフ場で自分のOBボールを捜しに行くと 結構見捨てられたロストボールを見つけることもあるが、中には長い間土に埋もれていて、 使えないものもある。しかし、ゴルフ用品店では、ロストボールを集めて、それを丁寧に洗浄し メーカーの同じブランド毎に纏めて安く売っていた。昨日買ってきたボールはダンロップツアー スペシャル。謳い文句はソフトな打球感の低価格ツーピースゴルフボール。オープン価格 だが、全くの新品なら1ダース2000円近くする。ロストボールとは言え、見たところ新品 同様で安い買い物と満足している。来週の為、さっそく買ってきたボールをバッグに補充した。

『前立腺肥大』  Nov. 13, 2009 ▲Top
 恥ずかしい話だが、私が初めて前立腺肥大ですねと言われたのは、40歳を超えた ばかりの頃の人間ドックでだった。その時は、診察した先生が肛門から指を入れて、 探ったあとの感想で、だからどうしろとも言わず、現状を認識させただけだった。自分 では、その前立腺肥大が日常生活に何の痛みも、苦しさもなく、多少出が悪いぐらいで その後の35年近くを過ごしている。ただ、同級生仲間には、前立腺ガンで切ったとか 予防のために手術したとか言う話を聞くにつけ、自分も何れその時が来るかと覚悟はして いる。今のところ不自由と言えば、おしっこを所望して便器の前に立ってから出始 めるまでに多少の時間が掛かることと、勢いが無いことぐらいだ。以前手術をしたと 言う同級生と旅行先で同室となり、彼がトイレで勢いのある音を立てておしっこをする のを聞いて、羨ましいと思った。でも私はあえて身体にメスを入れるのは嫌なので、 まだ当分は医者に行くのは我慢している。

『甘いもの』  Nov. 12, 2009 ▲Top
 昔から甘いものが好きではあった。疲れているときは特に身体が勝手に欲する のか、やたらと甘い物が欲しくなる。毎日夕方プールからの帰り道、ショッピングセンター の食品売り場を通り抜けて帰るのだが、大抵は我慢しきれず串団子を買ってしまう。 小さな団子が4個串に刺されて、3本入りのパックに小豆のあんこがたっぷりと乗せられて 僅か99円だ。安くて美味しいのが人気なのか、少し遅い時間になると売り切れている。 そんなときは、仕方なく少し遠回りだが店を替えて、別の店に行く。その代わりこちら 同じメーカーの製品なのに105円と少し高い。片や100円玉で買えてお釣り1円が 有るのに、こちらは100円の他に消費税分5円が必要だ。僅か6円の差だが、買い手に とってワンコインで買えるのと、100円玉だけで買えないのは心理的差は大きい。 どうしても食べたい時は仕方なく105円を出すことも有るが、昨日は素通りして我慢した。

『今日は何の日』  Nov. 11, 2009 ▲Top
 例によって、一言のネタに困ると今日の記念日を調べることにしている。すると、 11月11日は随分多くの記念日が有る事が判って驚いた。まづ「介護の日」だが、 いい日、いい日、毎日介護ありがとう、と言う意味だ。「配線器具の日」コンセント の差込口の形状を「1111」に見立てのこと。「ピーナッツの日」ピーナッツは1つの 殻に2粒の豆が同居する双子で11のぞろ目の日らしい。「下駄の日」下駄の足跡が 「11 11」に見えることから。「もやしの日」「煙突の日」「きりたんぽの日」等は 見た目が11が並んで見えるからだ。「磁気の日」は少し変わっていて磁石のN極(+)と S極(-)を「十一」に見立てての事のようだ。「サッカーの日」の由来はサッカーが 11人対11人で行うスポーツであることから等、夫々面白い発想が現れている。

『美味しい野菜』  Nov. 10, 2009 ▲Top
 少し前に、同じマンションに住んでいる方から、自分の畑で採れた野菜を頂いた。 頂いた野菜は新鮮な内にと、その日のうちに食卓に出して食べるようにしている。 やはり新鮮なうちに食べる葉っぱ類は水で洗っただけで、そのまま食べても美味しい。 昔は、葉っぱ類を食べる時は、マヨネーズかドレッシングが無いと食べられなかったが、 最近、この戴き物の葉っぱを食べるときに、何も付けないで食べる習慣が身について、 店で買ったものでも千切ってそのまま食べるか、精々だいだいかレモン汁をかけて食べている。 特に新しいキャベツは、葉っぱを千切っただけで其の侭食べても、シャキシャキと 歯応えがあって、甘味も十分あり美味しく頂いている。 先日、貰ったばかりのさつまいもを蒸かしたが、余り甘味が無くて美味くなかった。 聞いた話から、しばらく太陽に当てて干しておいた。昨日思い出して蒸かして見たら、 とても甘味が出て美味しかった。さつま芋の甘味は、採れたてよりしばらく 太陽に晒して置いておくと美味しくなることを発見した。

『記憶力』  Nov. 9, 2009 ▲Top
 最近、歳と共に記憶力の減退はとても気になることなのだが、私も段々痴呆症への 仲間入りし始めているのかと心配していた。先日、古い友人のお通夜に行った際も、 現役を退く前後時代の懐かしい(顔だけ覚えている)人達数名と顔をあわせた。無論 人が悲しんでいる会場なので、周りを気遣いながら知った顔の人には静かに目礼を して、目で挨拶を交わした。しかしもう10年以上会っていなかった事もあり、名前を 思い出そうとしたが、その場ではついに思い出せないまま、家に帰った。 しかしどうしても気になって仕方が無いので、昔を思い出すべく古い記憶を辿って いくと、暫くしてやっと思い出した。しかも会場で会った見覚えのある人達の名前が 全て、次から次へと記憶が蘇って来た。記憶が薄れていたが、頭の記憶領域への インデックスが再生されたので、その糸口が判ると、その時代が見事に浮んできた。 まだ、まだ痴呆症にはなっていなくてほっとした。しかし懐かしい人達に会えた事は 故人が引き合わせてくれた有り難い事だった。故人のご冥福を改めて祈念した。

『X線』  Nov. 8, 2009 ▲Top
 114年前の今日、ドイツのレントゲンが陰極線を調べていて金属でも木でも人体でも 透過してしまう不思議な光線を発見し、科学や数学の世界で、未知の物に対して用い るXと言う言葉を使ってX線と呼んだ。彼は実験中に偶然スクリーンに写った手の骨を 見て驚いたと言う。骨は筋肉よりも透過しにくいので、その影が写し出されたのだが、 レントゲンは生きた状態の人体の骨を見た世界で最初の人間となったことになる。 X線によって透過させた情報をコンピュータ処理をして、立体的な画像処理をしたのが CT検査となり、後に医学の進歩に大きく影響を与えた。肉眼では見えない体内を再現 する方法として、X線は貴重な発見だったが、長時間X線を浴びると生体に与える影響 が問題だった。後に、超音波を用いるエコー検査とか、磁気を用いるMRIなどコンピュータ の発達により、人体に安全な方法で体内を調べることが容易になったのは素晴らしい。

『通夜』  Nov. 7, 2009 ▲Top
 昨日、昼過ぎ突然FAXが動き出し、1枚の通知が送られてきた。見ると古い友人の 名前が、故人となった通夜の知らせだった。私の年金生活に少しでも足しになればと、 昨年まで彼の会社で週に一度だけ仕事を手伝っていた。一緒に働いた経験を通じて、 彼の健康状態は良く、まだこの世を去るには何か訳があると思った。夕刻通夜の会場 に駆けつけると、既に大勢の弔問客が来ていた。受付の人に死因について何があった か聞いたところ、自宅の傍の川に入って死んでいたのを見つけたと言う。状況から見て、 本人の不注意からの事故死らしいと言う。布団に寝かされた故人の顔は穏やかで綺麗 な顔をしていた。私より5歳ぐらい若く元気で、来週は仕事で台湾に行く予定だったと言う。 彼の浮気から、既に離婚している奥様は、会社では経理の仕事をし、良く愚痴を言って いたが、いざ亡くなって見ると喧嘩相手が居なくなって寂しいと涙を流していた。 彼女には心の整理がつくのに、しばらく時間が必要だろう。

『つめ』  Nov. 6, 2009 ▲Top
 普通に生活していて、つめが気になるのは、何気なく頭を掻いたりした時、頭の皮膚に 何となく爪が深く当たっているとか、靴下を履いている足の指が異様に爪の所が尖って いるなと感じたときだ。爪は皮膚の角質や髪の毛と同じようにケラチンというタンパク質で つくられている。ケラチンの硬さはシスチンという硫黄を含んだアミノ酸の量によって決まる。 つめが柔らかいのはカルシウム不足等ではなく、硫黄を含んだアミノ酸が不足している ことだそうだ。つめの伸びる速度は、指先を流れる血液の量によって影響を受け、血液の 量が少ないと成長は遅くなる。成人では手の爪で一日に約0.1mm 、足の爪で一日に約0.4mm の速度で伸びるようだ。大体新しい爪が1mm伸びていると無意識に爪切りしていたが、 大体1週間から10日に一度程度と言うことだった。足の爪切りはもっと頻繁だった事になる。

『ビデオカメラ』  Nov. 5, 2009 ▲Top
 最初の目的は仲間とゴルフ等に出掛けるときの撮影に軽くてコンパクトと言うことで、 ビクターのデジタルビデオカメラGZ-MC100を購入、取り扱いも簡単でやる気満々だった。 移動の際は胸ポケットにも収まるので、ゴルフのときは何時も持参撮影するつもりだった。 先日WEB仲間とゴルフをすることに成り、その日の出来事をドキュメンタリータッチで 記録して見ようと、予備の電池も準備して当日に備えた。ゴルフ場に着いてからスタート 直前まで着々と撮影してきたが、いざ自分の打順が来た時、それまで素振りすらする 余裕も無く、ティーアップすることになった。しかしスタート前の準備不足で、思うように 打てなかった。しかも続くシーンも兎に角ビデオ撮影を優先させたことから失敗続きで、 ホールアウトした時は無残に一人ダブルボギーを叩いていた。最初の思いとは異なり 撮影と、自分のゴルフの両立は無理と観念した。2ホール目からはカメラを仕舞いこみ ゴルフに集中したが、最初の失敗が何時までも引きづり、とうとうこの日100を叩いてしまった。 やっぱり二兎を追うものは一兎も得ず、自分がゴルフをしながら、写真撮影は兎も角、 ビデオ撮影は無理だと悟らされた。

『こむら返り』  Nov. 4, 2009 ▲Top
 日ごろから特別運動不足とは思わないが、時々右ふくらはぎが激しく痙攣する所謂 こむら返りを起こすことがある。静かに寝ている夜中、ふと足を伸ばした途端に激痛が 走って、あまりの痙攣にベッドの上で動けなくなった事もある。スイミングプールで 泳いでいる時の痙攣では、思わず溺れそうになった事もある。しかし度々起きている 事から、自分なりの対応は心得ている。2日前にもゴルフの最中に突然にこむら返りが 起きた。何時ものことなので、慌てずバッグに常時持っている綿テープを取り出し、 激しく痙攣しているふくらはぎの筋肉に、きつくテープを巻き付けて固まった筋肉を 無理に押さえつけ、そのまま直ぐプレーに戻り、歩くことも出来た。昔、頻繁に痙攣が 起きていた時期は、昔の兵隊さんのように家を出るときから布をゲートルの様に巻いて 出かけた。これで一日何の心配も無くゴルフは出来た、究極のこむら返り対策であった。

『みかんの日』  Nov. 3, 2009 ▲Top
mikan.jpg  農林水産省が今日をみかんの日と制定したのは11月3日を、いいみかんの語呂合わせ と言われている。昔は、みかんと言えば紀州みかんが主流だったが、その後全国で温州 みかんが栽培されるようになり、現在食べているみかんは「温州みかん」であり、400年程 前に鹿児島で生まれた日本原産のものが、品種改良され、しだい甘く大きなものとなった。 みかんを食べると言えば、大晦日に家族皆が揃ってコタツの中で、行く年くる年のテレビを 観ながら、みかんを食べているシーンが思い浮かんでくる。みかんの年間生産量から計算 すると日本人一人当たり食べているみかんは1年間に60個と言う数字になる。主な生産地 は1位愛媛県、2位和歌山県、3位静岡県の順位となっている。

『雨の中ゴルフ』  Nov. 2, 2009 ▲Top
 長年ゴルフをやってきて、ゴルフの最中に雨に降られた経験は何度もある。その為に日頃から 雨合羽も準備し、雨傘は、夏場の日傘もかねて、大きくて軽い物を選んでバッグに入れてある。 昨日は、天気予報で雨が降るとは覚悟していた。朝のスタート時に曇ってはいたが、もしかすると 持つかもしれないと思わせる雰囲気だった。でも昼近く空は一転して薄暗くなり強い風が吹き出し、 ついに雨粒が落ちてきた。午後は雨着を着て打ち始めたが、雨と同時に深い霧も出て、周りが 良く見えない。キャディも球の行方に注意を払うが、前後の組も全く確認できなかった。 濡れた手袋はグリップも滑る。それでもプレーは続けたが一番困ったのはグリーン上だ。 パットした球は、グリーン上の水溜りへ来ると、どんなに強く打っても途中で止まってしまう。 もし許されるならグルーン上でもウエッジを使って水溜りを飛び越したいそんなゴルフだった。 結局そんな雨の中でもホールアウトするまで続けるしかなく、スコアーは無残だった。 ネットスコア86以上は罰金1000円と言う競技ルールの中、私のスコアは惜しくもグロス90、 ハンディ3は無念のネット87。一打及ばず罰金を払って試合は終わった。全く楽しくないゴルフだった。

『ゴルフパター』  Nov. 1, 2009 ▲Top
paters.jpg  ゴルフを始めて、約50年になる。初めてクラブを握ったのは、中学生時代に我が家の押入れで 見つけた、アイアンの6番だった。あるとき勝手に持ち出して庭でスイングの真似事をしていた。 思い切り振り回した途端ダフッってヘッドの根元から折れてしまった。そのクラブはシャフトが 木製だった。当時は今時のようなカーボンもスチールも無かった時代だったのだ。無断で触り、 しかもシャフトを折ったのは大変な事なのだが、黙って折れたまま元に戻した。しかしその後父から 何も言われたことはなかった。正式にゴルフを始めたのは22歳で結婚し、新婚旅行の時、知人に誘われ、 いきなりコースを回ったのがきっかけで、以後練習に励んで次回正式にコースを回った時は57,58で回り、 自分でも初心者として満足した。スコアメイクのポイントは、パットにあるのはプロの競技を見ても分かる。 これまで、色々なパターを買っては試してきたが、今は宮里藍ちゃんが使っていた3ボールと言う、 多くのプロも愛用しているものがとても気に入っている。写真は左から右に古い順だが、その時々気に 入っては、また取り替えると言う繰り返しだがプロでもパターの選択に一番気遣いをしているようだ。

Home