2008年9月
『永久欠番』  Sep. 30, 2008 ▲Top
 王貞治は現役時代、長島茂雄と共に巨人軍の黄金時代を築き、ホームラン868本の世界記録 を作り、引退後ソフトバンクの監督として活躍してきた。WBCでは日本軍を指揮し強豪キューバ を相手に戦い優勝に導いた名監督としても特筆されている。その王監督が体力の限界を感じて 今季限りでユニフォームを脱ぐことになった。誠に偉大な野球人だった。巨人時代につけていた 背番号1番は1989年3月16日に巨人の永久欠番として認定済みだが、今回ソフトバンクの監督 として付けていた背番号「89」が、ソフトバンクの永久欠番となる可能性が出てきた。異なる2球団 で永久欠番となれば、プロ野球史上初の“快挙”となる。更に認定されれば監督業のみで使用 された背番号としても初の永久欠番となる。野球を意味する「89」は王監督の代名詞なのだ。

『メラミン問題』  Sep. 29, 2008 ▲Top
 中国で発覚したメラミン混入の牛乳事件は、世界中に食品の安全問題に影響を与えている。 メラミンは窒素を多く含む有機化合物で、接着剤、塗料、食器等に使われる樹脂の原料である。 中国では、水を加えて量を増やした牛乳に混ぜてタンパク質の含有量を多く見せかけ、価格を つり上げる行為が横行していた。このメラミンを大量に摂取すると、腎臓障害を引き起こすのだ。 中国ではメラミン入りの粉ミルクで、6000人以上の乳児が被害を受け、死者も出している。 米国で昨年、中国製ペットフードを食べた犬や猫が相次いで死んだ事件もメラミンが原因だった。 このメラミン混入の恐れがある中国製牛乳を使った丸大食品のお菓子回収問題で、国内の他の 食品メーカーも中国産原材料の購入中止に踏み切るなど、生産現場にも影響が広がって来た。 厚生労働省は全国の検疫所に、中国製加工食品の検査強化を指示し、食品団体に自主検査 するよう指導を始めたのは当然である。

『大臣の失言』  Sep. 28, 2008 ▲Top
 新しく船出したばかりの麻生内閣だが、国土交通大臣中山成彬氏の発言がついに問題になった。 大臣に就任すると何故、軽々しい失言が繰り返されるのかこんな常識も資質もない人しか、自民党 に居ないのか不思議に思う。曰く、成田空港の「ごね得」発言。戦後教育が悪かったので、公の為には 自分を犠牲にしてでもというのがなく、空港拡張出来なかったと言う。単一民族発言では、日本人は 内向きな、「単一民族」で外国人を好まない。まず国を開くというか、日本人が心を開くべきだという。 日教組発言では、大分県の教育委員会の問題なんて日教組だ。日教組の子どもなんて成績が悪くても 先生になれる。だから大分県の学力は低いんだと言う。これは失言ではなく普段から偏見を持った 信念・信条からでた本音だった。この発言は、中山大臣の日常の人格・教養をそのまま現している。 問題発言を指摘されて、発言を取り消したが、その後の宮崎県連大会では、一層拍車をかけた口調で 日教組をぶっ潰すと熱弁した。彼の心の中ではそう思っての発言だとすると、こんな大臣は失格で、 自ら辞任するのが当然だ。麻生内閣はスタート直後に座礁となったがどうなるか総選挙、大変だ。

『バッテラ寿司』  Sep. 27, 2008 ▲Top
battera.jpg  暑い夏が過ぎ、食欲の秋がやってきた。秋の美味しい食べ物はいろいろあるが、私は肉類より 魚が好きで特に秋のサバが美味しい。サバの料理では酢で締めたサバに白昆布をのせた押し 寿司「バッテラ」が大好物だ。バッテラの呼び名はその形が「バッテイラ」に似ていることからきた とされているが、語源の「バッテイラ」とはポルトガル語の小舟の意味だ。幕末のころ、伝馬船や はしけ船のことをバッテーラとかバッテイラと呼んでいたらしい。押し寿司に仕上げた四角い形が その当時の船に似ていることから付けられた名前で、今ではそんな形の船は無いが、名前だけが 残っている。

『アイデア募集』  Sep. 26, 2008 ▲Top
 インターネット検索サイトの大手グーグルが、創立10周年を記念して「人々に役立つアイデア募集」 と言うプロジェクトを始めた。環境や健康、教育等いろいろな分野に於ける画期的なアイデアを世界中から 募るもの。最終的に5つの案に絞り込み、それを実現させることの出来る団体を選び総額1000万ドル (約10億6000万円)を提供すると言う。誰かの頭の中に眠っている素晴らしいアイデアを 掘り起こすのが目的で、応募した人にとっては「人の役に立つという満足感が得られる」としている。 どれくらい多くの人に影響を与えるか、どれくらいの期間影響が持続するのか等を基準に選ぶらしい。 締め切りは10月20日とあるが、今、誰かの役に立つようなアイデアのある方は応募してみては如何。  アドレスは http://www.project10tothe100.com/

『チヌ釣り』  Sep. 25, 2008 ▲Top
 釣りの話は、この欄でもよく書いているが、家内の釣り好きの話も何度か出て来た。 私が仕事を持っていた時代は、たまの休みにしか釣行のチャンスは無かった。年金 生活になってからは私がサンデー毎日なので、新聞の情報を仕入れて何処で何が 釣れているかを調べておいて、私の予定表に約束事が書かれてなければ誘ってくる。 昔からよく言われているのは、「好きこそものの上手なれ」であるが、同じ釣り場でも、 いつも大物を釣るのも、一番数釣るのも家内なのが悔しい。昨夜も家内にせかされて 近くの漁港へ夜釣りに出かけた。本命の狙いはメバルだったので、最初の獲物は確かに メバルを数匹釣り上げた。その後しばらく当りが無くなり、家内は別の釣り場を探して どこかへ行ってしまった。しばらくして、大きなチヌを釣り上げたと帰ってきたが、サイズ は約30cmもあり、メバル釣り用の細いハリスと柔らかい竿で、よく釣り上げたと感心した。 塩焼きにして食べたが、とても美味しかった。

『月極駐車場』  Sep. 24, 2008 ▲Top
 私の住んでいるマンションは、分譲マンションで駐車場の設備は全戸数に満足 するだけはないので、抽選で取得しマンション管理組合との契約で使用権を得て いる。更に1軒に2台以上の車所有者にとっては、マンション内の駐車場では元々 足りないので、近隣の駐車場を借りるしかない。敷地内駐車場優先権者だけが得を するのは不平等感を生むことから、場内の駐車場は、外部の駐車場より割高に設定 して不公平をなくする工夫をしている。先日新しい入居者が来た時、内部の駐車場が 高いことを知り、外部の駐車場を借りることになった。建物周りには多くの一般駐車場 があり、それぞれに「月極駐車場」と書かれた札が立てられている。それを見てこの街 には、駐車場を一手に経営している大きな会社があると思い込んでいるのに驚いた。 彼は月極と言う会社か、人の名だと思い込んでいたのだ。実は、あれは「つきぎめ」 と書いてあるので、それぞれ所有者は違いますよと説明してはじめて納得したのだ。 世の中には、思い込みで、真実を誤解している人も居るのだと思った。

『横綱朝青龍』  Sep. 23, 2008 ▲Top
 今場所も白鵬、朝青龍両横綱がフアンの注目を浴びている。お互いモンゴル出身 力士ながら、片や真面目な取り口で好感の持てる白鵬に対し、色々と物議をかもす 朝青龍は、何かと批判の対象になってる。一昨日も豊の島との取り組みで右足が 土俵を割ったにも関わらず、自らが気付かなかった事を棚に上げ、審判部長を睨み 付け、支度部屋に帰った後も荒れまくっていた。更に昨日の安馬との取り組みでは、 立合い安馬に回りこまれて背中を許し、そのまま土俵外へ送り出された。これで安馬 に敗れて4敗となり、師匠の高砂親方は最悪は休場だと語り本日から休場するか どうかを決めるという。武蔵川理事長は今場所を途中休場するなら、来場所以降に 進退が懸かるとの認識を示している。どうも朝青龍は日本人の気質には合わない。

『雷とゴルフ』  Sep. 22, 2008 ▲Top
 昨日の日曜日は、所属ゴルフクラブの月例競技日だった。この数日前、日本に 接近した台風13号は殆ど雨風もなく行き過ぎたにも関わらず、一昨夜は強い雨と 雷が襲っていた。幸い朝起きた時には雨も止み、いくらか日も射し始めていた。 月例競技が始まり、アウトの7番ホールに来た頃、雲行きが怪しくなり、雷が鳴り 、雨も降り出した。9番に来た時は、雨は土砂降りで、傘も役に立たなくなり、雷 は近くで派手に鳴り響いてきた。それでも競技中なので止める事も出来ず何とか グリーンまで、球を運んできた所で、プレーを中止してハウスに引き上げる様 無線で指示が来た。ボールは最終地点に残したまま引き揚げた。1時間程雷の 様子を見た後、プレーが再開された。しかしインの5番で、又も激しい豪雨により、 グリーン上は水溜りでパットはまともに出来なくなり、又も中断した。結局その後の 雨足は衰える見通しも無いことから、競技は無効試合を宣言して中止された。 そんな悪コンディションにも関わらず、私のスコアーは好調で途中まで−4で来ていた。 そのまま競技継続ならば上位入賞が確実だったのに中止されたのが残念でならない。

『後期高齢者医療制度』  Sep. 21, 2008 ▲Top
 今年4月1日から発足した後期高齢者医療制度は、スタートと同時に対象となった 75歳以上の老齢者から一斉に不満が爆発した。「後期高齢者医療制度」の発足により、 「後期高齢者」は、国民健康保険やサラリーマンの健康保険などの医療制度に加え、 老人保健制度からもダブルで医療を受けられるという、いわば共同運営的なこれまでの 保険システムから脱退させられることになった。そして新たに「後期高齢者医療制度」に 加入することになり「自分は脱退は嫌だ!」と駄々をこねても、75歳になった段階で新制度 への自動加入という扱いなので、選択の余地もないのだ。このままでは、国民の理解が 得られないと、舛添要一厚生労働相は20日、75歳以上を対象に4月に導入した後期 高齢者医療制度について廃止し、年齢で区分しないこと等を柱とする新制度の創設を 検討すると発表した。福田政権後の新総裁のマニフェストにも書くという条件らしいが、 与党側にはまだ了解はしていないと言う議員もおり、実現にはまだひともめしそうだ。

『巨人逆転優勝へ』  Sep. 20, 2008 ▲Top
 巨人の逆転優勝がいよいよ本物に近づいてきた。現在の首位阪神とは最大13ゲーム の差が有った時は、今年の巨人に優勝のチャンスはないと思っていた。ふがいない巨人 の試合は生では見ていられなくて、翌日の結果をそっと見て、勝てば良いが負けた試合は、 見なくて良かったと自分を慰めていた。しかし、終盤に来て気がつけば阪神とのゲーム 差は縮まり3ゲームになっていた。昨夜の直接対決で、巨人の19歳の坂本は先制点を 含む3打点の活躍で、巨人優勝への夢を繋いだ。しかし、さすが首位の阪神のプライドで しぶとく反撃してきたが、極めつけの一発は、1点差に迫られた7回2死2塁で小笠原が 左中間へ通算300号の今季30号2ランを放った時だ。先発グライシンガーが粘り強く投げ リーグトップの16勝目をあげ、最後は抑えのクルーンが通算120セーブで締めた。これで 巨人8連勝で、首位との差が2ゲームとなった。明日、明後日の2連戦でメイクミラクル、 巨人の逆転優勝は完全な射程内に入った。

『バス』  Sep. 19, 2008 ▲Top
bus.jpg  年金生活になってから東京へ出かける用事が出来ると、必ず夜行バスを利用している。 理由は安いこと、夜の寝ている時間を利用して乗車し、朝起きると目的地に着くという無駄 のない事が嬉しい。この夜行バスは、限定28人乗りと言うゆったりしたリクライニング シートで、慣れれば楽に寝て過ごせる。車内にはトイレもあり、お茶やコーヒーなどは セルフサービスながら無料で利用できる。日常生活では長距離だけでなく、市内循環の ローカルバスもよく利用する。昔は色々な用事があって出かける時は自家用車を利用 していたが、今はガソリン代の高騰などもありバスの利用が増えた。この便利な乗り物 はどんな経緯でバスと言われる様になったかと調べてみた。元々の意味はラテン語で、 乗合馬車や乗合自動車のこと、また、そこに沢山の人々が乗るという意味があり、 英語の「オムニバス」からバス(bus)の語源になったもの。

『相撲の立合い』  Sep. 18, 2008 ▲Top
 北の湖理事長から武蔵川新理事長に代わってから、相撲の立合いが厳しくなった。 早く仕切りを終えて両手をついた側と、いい加減な仕切りで片手はついても残りの 片手は十分着かないまま飛び出し一瞬の隙で勝負に勝つという汚い相撲を排除し ようと言うもの。先日の白鵬−琴奨菊戦では行司の軍配が返っていたが、琴奨菊 の手つきが不十分と審判長が判断し、白鵬が投げた後にやり直しになった。取直し 後も白鵬が勝ち問題は無かった。しかし昨日の垣添−北大樹戦で、北大樹の手 つき不十分で途中からやり直しとなった。最初は両手をついて立ち、止められるまで 優勢だった垣添は、取り直しの一番で気の毒にも敗れた。今後ルールを変えて、 両者両手を確実についてから睨み合い、行事軍配が返ったら立上るようにしたら すっきり解決する問題だがどうなのだろう。

『大麻疑惑』  Sep. 17, 2008 ▲Top
 今回若ノ鵬の大麻所持容疑での逮捕に端を発し、昨年発生した時津風部屋の、 暴行死事件の反省から出来た再発防止検討委員会が実施した、抜き打ちの尿検査で、 露鵬、白露山にも大麻吸引の陽性反応が出た。再検査の結果も陽性が出て本人達の 解雇となり、北の湖元理事長の辞任を招いた。若ノ鵬は自ら大麻吸引を認めたが露鵬、 白露山の兄弟力士は、大麻吸引を断固として否定して問題が起きている。しかも協会 に対し解雇の取り消しを求めて訴訟に持ち込むという。検査結果が陽性と出た以上、 覆しようの無い判定にも関わらず、頑強に否定するのは外国人の扱いがいかに難しい かを示している。日本人的感覚で言えば、事ここに至っては、潔く検査結果に従い、 男らしく認めて自ら身を引くのだが、外国人には彼らの価値観が有り、恐らく永久に 争う積もりだ。話を難しくしているのは塩谷安男弁護士の論理で、大麻の陽性反応は あくまでも副流煙だと反論するところだ。裁判になった場合、結果どうなるかは裁判長 の判断任せだが、彼らの徹底抗戦は引き下がることはないのだろう。

『フィットネス仲間』  Sep. 16, 2008 ▲Top
 昔、急性肝炎を患い、半年近い闘病生活ですっかり体力を失ったところから、体調 を取り戻すために始めたフィットネスクラブのトレーニングも、かれこれ20年を過ぎた。 最近は筋トレより心肺機能を鍛え、有酸素運動の効果的なスイミングを主体にしている。 午後の2時前後になると何時もの準備をしてプールへ向かう。プールのレーンは7本 あるが、子供達のスイミングスクールもあるので、成人用に解放されるレーンは限られ ている。高齢の女性達が多い日は、レーンも女性達で独占されているし、泳ぐより遊び が多いので、一緒には泳ぎ難い。そんな中、何時も同じ様な時間帯で来ている男性達が、 顔見知りの私を見ると、自分達が泳いでいたレーンを空けて、待っていたよと声掛け て譲って呉れるのが嬉しい。同年代の彼らは、休み休み泳ぐのだが、私は1000mを一気に 泳ぐのを知っていて、私が泳ぎ終わると彼らが後を泳ぐのだ。いつも仲間には感謝している。

『お月見』  Sep. 15, 2008 ▲Top
 大潮の満潮時を狙ってチヌの夜釣りに出掛けたのだが、昨夜は仲秋の名月だった。 月が明るく海を照らして、チヌ釣りには最悪だった。チヌは用心深い魚なので、暗闇が ベストなのに、満月の明るさは全くお呼びでなかった。結果はやっぱりチヌは釣れずに 代わりにアコウが釣れたのは、外道と言うより結果オーライだった。ところで旧暦では 7、8、9月を秋としていて、真ん中の8月15日を中秋と言って来た。中国では昔から 月を見て楽しむ風習があり、それが日本に伝わったものとされているが、「月々の月 見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」と歌われた中秋の名月が昨夜だった。 月は昔から、農作の守護神として世界中に崇められる慣わしがある。その意味から 中秋の名月は作物の豊作に感謝するという意味も込められて来たものだろうと思う。 お月見には、昔からお団子とすすきを供える習慣があり、今もそれは残されている。

『敬老の日』  Sep. 14, 2008 ▲Top
 明日は敬老の日だ。新聞によると、全国で100歳以上の高齢者が9月末で36276人、 うち女性は3万人を突破していると言う。全体では昨年を3981人上回り、男性は初めて 5千人台となった。最高齢は沖縄に住む113歳の女性。男性の最高齢も113歳 で宮崎県都城市に住み男性最高齢としてギネス記録に認定されている。 愛媛県で100歳以上の高齢者は男性90人、女性566人の合計656人で全国8位 だと言う。100歳以上の高齢者は調査が始まった1963年は153人だったと言うから 年々長寿化が進んでいて、高齢者医療費が増加の一途をたどっていると言う。 ただ単に長生きしているだけでなく、いかに健康的に長生きするかと言う事を 論じなければならない。

『続・汚染米』  Sep. 13, 2008 ▲Top
 農水省は、汚染米取引に関する問題が何処までも拡大しているのを考慮して、 汚染米転売問題の再発防止策として、カビ毒や残留農薬を含んだ汚染米の売買を 全面的に廃止する方針を固めた。従来は第3国などから輸入した米が検疫などで 汚染米と判断された場合、人畜に被害を及ぼす恐れがあるとして、食用以外への 用途に限定して、低価格で購入希望者に販売してきた。しかし悪質な業者は、目的 を偽って再販し今回のような事件を引き起こし多額の利益を得ている。このところ 色々食品偽装等の話題が尽きない。昔、石川五右衛門が「石川や 浜の真砂は 尽き るとも 世に盗人の 種は尽きまじ」と辞世の句を残したが、何百年経っても人を騙 して悪事を働く人間が居なくならないなんて、全く情けない世の中だ。

『汚染米』  Sep. 12, 2008 ▲Top
 食の安全が叫ばれている中、又も大きな問題が発覚した。食を扱う業者のいい加減さに 腹が立つが、またその問題の汚染米を知らずに仕入れて商品に加工し、挙句の果てに 廃棄処分を余儀なくされた業者も気の毒なことだ。犠牲になった業者のお陰で、消費者 の口に入る前に処分される事は、何よりだった。この損害はいったい誰が保証するのだろう。 人事ながら気に掛かる問題だ。一番悪いのは、汚染米は食用には使用出来ないことを 承知の上、低価格で仕入れ、高額の利益を取って売りさばいた連中。しかしそれを監視 する農水省のずさんな管理体制。更に転売禁止の品を食品原料として安く仕入れた業者も、 馬鹿な連中だ。ただ、まだその汚染米を商品とされたものでの被害は報告されていないが、 今後の成り行きが注目される。

『納豆』  Sep. 11, 2008 ▲Top
 正直な話、子供の頃は納豆を見たことが無かった。納豆と言えば、甘納豆しか 知らなかった。考えてみると、父親が大の甘党であり、極端な偏食家だったので、 母は、父の嫌いな食べ物は、あまり食卓に出さなかったのに違いない。 大学生になって、学生寮に入った時、毎朝の食事には必ず納豆が出たので、無理に 食べるようになったのは、他に食べるものがないので仕方なかった。結婚してからは、 健康の為だと、家内に散々講釈されてやっと本気で食べられるようになった。 整腸作用納豆菌は胃酸に負けずに腸まで届き、腸内の善玉菌を活発化させる働き がある。一方では悪玉菌の増殖を抑え、発ガン物質や有害物質を減少させてくれる。 これによって便秘が改善され、有害物質を分解する肝臓の負担を軽くして、体の機能 を健康に保つ役割を果たしてくれる働き者。今は好きな食べ物の一つとなっている。

『夜釣り』  Sep. 10, 2008 ▲Top
あこう  昨日は昼間に釣り道具屋に寄った関係で、夜釣りを思いつき、夕方から近くの 漁港に行ってみた。昼間は強い風が吹いていたが、夕凪のせいで海は静かだった。 小潮ではあるが丁度満潮を迎える地合いで、電気浮きをセットして釣り始めた。 餌は朝鮮ごかいと言う、やや大きめのゴカイだ。最初に釣れたのは20cmほどの 「あこう」だった。アコウはハタの仲間で、姿形も美しく、美味で数も少ないことから、 昔から愛媛でとれる魚の中で最も高級な魚だ。 大きな口で、赤みがかった褐色 に橙色の斑点、背のちょっと後ろ寄りのところに大きめの濃い褐色の斑紋があるのが 特徴である。岩礁域に住んでいて、大きくなると全長40cmぐらいになるが、成長は 遅く、めったに釣れない。この魚、関東ではあまり評価されず人気もない。それが 関西では「夏はあこう」とデパートの魚屋でも一番勧められる魚である。このあと 風が強くなり、納竿しして帰途についた。

『大麻疑惑』  Sep. 9, 2008 ▲Top
 スポーツ選手のドーピング問題は、よく起こる事件だが、相撲界の大麻疑惑は珍しい事件だ。 始まりはロシア出身力士の若ノ鵬が、落とした財布が警察に届けられ、調べたら大麻が入って 居たことから事件が露呈した。日本人にはあまり一般的ではない麻薬も、外国人にはごく簡単 に飲用している向きがある。不運なことは大麻の入った財布が警察に届けられたことだった。 財布を拾って正直に届けた人は、全くの善意でした行為だったが、届けられた所が悪かった。 その後、全力士の抜き打ち検査でまた二人のロシア人力士の大麻疑惑が発生。繰返す検査結果が 陽性反応となった露鵬と白露山の兄弟力士は、頑固に否定したが、世界でも信頼度の高い 検査機関で認定した結果なので、いくら否定しても無駄だ。二人の言い分を信頼し続けた 北の湖理事長は責任を取って辞任し、理事会は露鵬と白露山を解雇した。伝統ある日本の国技が 多くの外国人力士で成り立っている現状で、乱れきった角界をどうするのか武蔵川新理事長の 建て直し策が問われることになる。

『夢』  Sep. 8, 2008 ▲Top
 今朝起きて、昨夜の夢が後を引いてなんだか気分が落ち着かない。夢の内容はこんな話だ。 東京の何処かの駅から、所沢駅まで切符を買おうと財布を出し、駅員に料金を聞いた。 料金は520円と言われ、紙幣の入った財布を仕舞い、小銭要れの財布をポケットから出し 中から硬貨を出そうとした。手元がすべって、何枚かのコインが、財布からこぼれた。2枚 程は、手元の台の上に止まったが、1枚は足元に落ちていった。途中手の平に一度は掴まり そうになりながらも、結局は床に置かれていた他人のカバンのポケットに入ってしまった。 ポケットは小さな入口で、上から見えているけど、手が入らない。切符売り場には大勢の人 が並んでいて、私の次の人が急いでいる様子。慌てるがどうしてもその硬貨が取れない・・・ 何しろ、それは他人のカバンなので、変な行動は泥棒と間違えられそう・・と気をもんだ。 そこで、目が覚めてしまった。その硬貨はとうとう取り戻せないままになった。取り戻すために もう一度寝ようかと思ったが、あれは夢の中のことと諦めた。でも、やはりまだ変な気分だ。

『わき腹の痛み』  Sep. 7, 2008 ▲Top
 一昨日夕方、気がついたら左わき腹がとても痛くて、うつむくことも身体を捻る ことも出来ない状態になっていた。何かでわき腹の筋を違えたようだ。見ていた テレビも集中できず、我慢が出来ないので、早めに寝ることにした。昨日の朝、 起きる時は、痛みの和らいでいることを祈る気持ちで目覚めた。しかし、わき腹の 痛みは相変わらずであった。此の侭では今日のゴルフコンペも無理なので何とか 痛みをこらえてストレッチをし、ゆっくりと身体を捻る運動をして見た。その後また、 身体を休め、夕方からは毎日の習慣でスイミングに出かけた。何時ものクロールで 少し泳いでみたら、それほど痛みを感じなかったので、そのまま1000m泳ぎ、あと サウナで20分ほど身体を温めて家に帰った。夕食後イメージトレーニングで身体を 回転させてみたら、ゴルフのスイングは出来そうと感じた。今朝早く起きた感じでは、 ゴルフが出来そうに思えたので出席することにした。一晩寝たお陰であれほど痛 かったわき腹は何とか我慢出来そうだ。今日の結果は明日の一言で報告しよう。

『巨人逆転優勝の夢』  Sep. 6, 2008 ▲Top
 今年のセ・リーグペナントレースで、最悪のスタートだった巨人と、無敵の快進撃を続けた 阪神とは、そのまま最後まで、阪神の独走が続くと思っていた。早々と阪神にマジックが点灯 し優勝の文字は巨人に関しては無関係と見ていた。ところが後半戦に入って、阪神がもたつき 始め、逆に巨人が息を吹き返してきた。一時は最大で13あったゲーム差は昨日でに3.5に 更に阪神のマジックも消えた。はるか遠くに見えていた首位の背中を完全に捉え、虎の尻尾は はっきりと見えてきた。巨人は残り26試合このまま星を落とさぬよう丁寧に試合を続ければ、 逆転優勝は可能な所まで来た。高橋・小笠原をはじめ打線も好調になってきた。阪神も長いレース を首位で走り続けた疲れが出ている。巨人のラストスパートの頑張りで逆転優勝の夢は見えた。

『Google Chrome』  Sep. 5, 2008 ▲Top
 3日に発表されたWebブラウザ Google Chrome を早速ダウンロードしてみた。最近はいろいろ トラブルの多いIE7よりもFirefoxを常用しているが、Chromeの使い心地は悪くない。最大の 特徴はページの表示速度が飛躍的に向上したと言う。使った感じはFirefoxとよく似たものだと思う。 画面はとてもシンプルで、余計な表示が無い分すっきりしている。ブラウザーの使い勝手を向上 させたと言う各種の機能が面白い。よくアクセスするWebページのサムネール表示やアドレス欄と 検索欄を統合したワンボックス化や、時系列の履歴表示や検索、シークレットモードなどは、 今までのIE等には無かった機能で、Firefoxに似ている。「新しいタブ」を開くと、よくアクセス するWebページがサムネールで表示され、よくアクセスするページが自動的に登録されている。まだ、 全ての機能を試した訳でもないし、このブラウザが完成したものではないβ版だが、IEを脅かす ものであることは間違いない。

『ガソリン価格』  Sep. 4, 2008 ▲Top
 今年4月に揮発油税などの暫定税率が失効してから、全国の平均小売価格は徐々に上がり始め、 8月4日に最高値の185円10銭を記録していた。そのため消費者の買い控えが広がり、スタンドは 閑古鳥が鳴くなか、8月中頃から値下げに踏み切るスタンドが増え、徐々に値下がりしていたと言う。 石油情報センターが3日発表した石油製品市況の週間動向調査では、1日現在のレギュラーガソリン の全国平均小売価格は、前週に比べ1リットル当たり5円50銭安の176円20銭となっている。 原油価格の下落を受けて石油元売り各社が卸価格を1日に5−7円程度引き下げたことから、 全国で平均小売価格が値下がりしたものだ。180円を割ったのは6月30日以来で、約2カ月ぶりの 安値となった。とは言っても140円台だった1年前に比べて、相変わらず高いことには変わりが無い。

『アースマラソン』  Sep. 3, 2008 ▲Top
 大阪のお笑いタレントの間寛平さんが、マラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」に 挑戦すると発表した。12月から2年以上かけて、陸上20000km、海上16000kmの"走破"を 目指すと言う。寛平さんは、これまでもホノルルマラソン17回完走するなど、芸能界でも豊富な マラソン歴を誇っている。世界一周を完走するまでは、帰国しないと決めており、途中経過は インターネット上の特設サイトで公開する予定だ。挑戦する寛平さんを支えるのは吉本興業が 2012年に創業100周年を迎える記念事業の一環だとの事。12月17日に大阪をマラソンで 出発し、来年の1月1日に千葉・鴨川からヨットで出航し、太平洋経由でアメリカ大陸、大西洋、 欧州、アジアを横断し、ゴールの大阪を目指すと言う。海路を横断する為にヨットスクールにも 1年間通ったという。芸の上では、へらへらしているが、これまでのマラソンなど見る限りは、 アスリートとして確かな実力は持っている。無事に成功することを祈りたい。

『総理の辞任』  Sep. 2, 2008 ▲Top
 福田総理の辞任劇は突然の事で驚いた。かって国民の期待を背負って53歳と若い安倍晋三が総理に なった時は、さすが祖父に岸信介、父が安倍晋太郎と言う政治家一家の育ちの良さに将来を託した。 しかし、若さゆえに厳しい国会運営を乗り切れず自ら辞任した。辞任の理由として本人は緊急記者 会見で「テロ特措法の再延長について民主党の小沢代表との党首会談を打診したが、断られ、 このまま自身が首相を続けるより新たな首相の元で進めた方が良いと判断し、私が総理である ことが障害になっている」などとした。今回の福田康夫総理も、父に福田赳夫元総理を持ち、 恵まれた政治家一家だった。突然辞任の安倍総理の後始末をするべく引継いだが、福田総理も 結局、同じ天敵小沢民主党に行く手を阻まれ、やっぱり挫折してしまった。後任には麻生幹事長が 囁かれているが、麻生太郎も祖父に吉田茂元首相と言う大物政治家を背負っている。何れも家系 や育ちだけで成り立つている日本の政治は今後どうなるか、与野党間の争いにも不安ばかりである。

『はぜ釣り』  Sep. 1, 2008 ▲Top
kohaze.jpg  毎年夏が終わりに近づく頃あちこちの、はぜ釣りの名所を求めて釣りに行くのを楽しみに している。なぜ、はぜ釣りかと言えば、あの愛嬌のある顔が決め手かも知れない。ハゼは 身近に多く住んでいる小魚で、釣るのも簡単だから馴染みが深い。夏から秋にかけて、 内海の防波堤や河口での釣りにも最適だ。子供から大人まで人気があるのは当然だろう。 小魚なので食べ方のバラエティは少ない。一般家庭では、もっぱら天麩羅か唐揚げが多い。 昨日は夕方になって、2日程前に釣りに行った時に余ったゴカイを冷蔵庫に保存していたのを 思い出し、我が家から5分程のところに流れている国領川の河口付近に出かけた。干底から やや満ち潮になる頃、足元を探り釣りをしたら、日没までの1時間程で、20匹ほど小ハゼが 釣れた。家に帰ると夕食の準備は終わっていたので、魚は冷凍保存する事にした。

Home