2008年11月
『AFカメラ』  Nov. 30, 2008 ▲Top
 今では殆どのコンパクトカメラは、構えて写せばピンとも露出も自動で調整して くれるオートフォーカスが当たり前になっている。馬鹿チョンカメラとも揶揄するが、 素人でも簡単に写せる便利な機能を持っている。昔写真を撮る時は、露出計で、 明るさを測り、絞りとシャッタースピードを換算表で出し、カメラにセットし、距離を 測って、レンズの位置を合わせて写していた。慣れないと手間が掛かった割りに 露出不足や、ピンボケは当たり前だった。一眼レフが出てきて、距離のセットは 直接ミラーの仕掛けで焦点確認できる様になった。1977年コニカが初めて自動焦点 カメラ「ジャスピンコニカ」を発売して失敗の無い写真が撮れる様になり、以来全て のカメラに採用されるようになったもの。最近では赤外線を発射してピントを合わ せる方式が主流になっている。但し、自動でピントを合わせるには、タイミングが あり、構えて一瞬メカニズムが働いて、機構部分が調整された瞬間を見計らって シャッターを押さないと、正しいピントは合わない事を知っておかないといけない。

『ファクシミリ』  Nov. 29, 2008 ▲Top
 我が家の電話機は、昔、遠距離の息子からの連絡用にと、ファクシミリと共用のものを 送ってくれ、それを長年使ってきた。先日来、何故か勝手に通話中になっていることがあり、 外から掛けてくる電話が、時々掛からないと言うクレームがあった。 その時は、電話線のコネクターを差し替えたり、受話器を置き直したりすると、正常に 戻ったので、問題は解決したと思っていた。しかし昨日は受話器が鳴って出ると、FAXの 信号音なので、FAX着信にすると切れてしまう。相手は自動で何度か繰り返し送信を していたようだが、結局どうしてもFAXの受信が成功しないので、相手に電話機の故障を 伝えて、新しいFAX機を買う事にした。販売店で調べたら、昔と違って今のFAXの主流は、 昔のロール紙から普通紙タイプに変わっていた。適当に選んだ機械購入のとき店員から 一緒にリボンカートリッジを購入するよう勧められた。今までのロール紙はインキが不要だったが 今後は余計な手間が掛かるのかと、不満を言いながらもしかたなく予備分まで買い込んだ。 結局電話機の故障の為、つまらぬ出費をして気分の悪い一日だった。

『集中力』  Nov. 28, 2008 ▲Top
 ゴルフには集中力が大事だ。ゴルフを始めたのは22歳の頃だった。若さもありボールを 打つときの集中力は結構あった。今考えると当時のドライバーは木のヘッドで、今のメタル ヘッドに比べて真のスイートスポットに当たらないと、満足に飛ばすことは出来無かった。 それでも20〜40歳頃迄は打つ瞬間の集中力でヘッドの芯に当て、キャリーで250ヤードは 飛ばしていた。50歳代の頃にはメタルウッドが商品化され、歳とともに落ちたパワーを十分 カバーして余りある飛距離を出すことが出来た。無論スコアメイクには、グリーン周りの アプローチの小技やグリーン上のパットにも、集中力が伴わないと纏まらない。そして60歳代 以降になると、いいゴルフをしたいと言う気持ちも脳に伝わらず集中力が届かなくなった。 かっては一流プロと言われた人たちでも、シニアになると信じられないほどスコアが纏まら ないのがそのいい証拠だ。彼らはシニアと言っても、まだまだ若いと言える。力もそれほど 落ちたとは思わないが、結局は集中力が落ちた事が原因で18ホールを昔のようなスコアで プレー出来なくなったのだと思う。試合になると集中出来る17歳の石川遼君の若さが羨ましい。

『ふぐチリ』  Nov. 27, 2008 ▲Top
fuguchiri.jpg  寒くなってくると、からだの温まる食べ物はホッとする。そしてこの時期ポン酢味が効いた なべ物は美味しい季節である。今年夏ごろから釣りに行くたびに外道で釣れた小さなふぐは、 内臓を取り除き、皮を剥がれた状態で我が家の冷凍庫に溜め込まれてきた。外道で釣れた ものなので、食べるには数が足りなかった事も理由で、今まで食卓には出てこなかったが、 昨夜の食事に、やっとふぐチリとしてお目見えした。料理屋で出てくるほどは大きくないが、 小さくても身はふぐ味に変わりない。鍋にはふぐの他、豆腐にナス、きのこ、ねぎ、春菊など 本格的な食材を、ポン酢の効いたダシで食べると幸せを感じる。食べ終わった後、ご飯を 入れて卵で綴じた雑炊にすると、美味しさを二度楽しめた。久しぶりのふぐ料理に、今度は 本格的にふぐを釣りに行きたい欲望が沸いてきた。

『ゴルフ』  Nov. 26, 2008 ▲Top
 私がゴルフを始めたのは、50年程前サラリーマンになって直ぐだった。技術系だった仕事は とても忙しく毎晩遅くまで残業を余儀なくされた。そのうちに神経性の十二指腸潰瘍になり 医者の処方で薬を飲みながら仕事をしていた。ある時、神経性の潰瘍には気分転換に何か 仕事以外の事に夢中になれるものがいいと知り、父や義兄がやっていたゴルフを始める事に した。上野徒町のアメヨコに行き、アイアンの6番だけ買い込み、家の近くの空き地で素振りや アプローチショットの練習だけしていた。入社5年程してゴルフセットを買い揃え職場の先輩達に 誘われてコースに出るようになった。長い間練習だけはしていたので、初心者とは言え直ぐに スコアは上達し、会社仲間のハンディ25で始めたのも、すぐハンディは切り上げられた。 その後、ゴルフもブームが来て、会員権も買いメンバーコースには月に2〜3回は通うようになり、 オフィシャルハンディも10まで上達した。しかし仕事もあり、それ以上にハンディを縮めることは 出来なかった。現在はグランドシニアになってパワーも落ち、ハンディも17迄下がってしまった。 もう昔のようなパワーゴルフは出来ないが、体が元気である限り、何時までもゴルフを続けたいと 願っている。

『喪中はがき』  Nov. 25, 2008 ▲Top
 毎年年末が近づくと受け取るのが、喪中を知らせるはがきである。現役を退き、日常の 付き合いも少なくなり、お互いの触れ合いは、年末年始のハガキだけの関係が多くなった。 年末とはいえ、まだ11月も半ば過ぎと言う頃なのに、今年も既に12枚来ている。何時もの 年より早目で枚数も多い感じだ。ハガキの内容を拝見すると、ご両親の場合は長命の方で、 90歳以上100歳までが4名あり、よく長生きされたものだ。ご兄弟の場合は、まだ75歳程度まで なので、ご病気だったものと思われる。お気の毒なのはご家族でも娘と、お孫さんと有るのは 事故なのだろうか。息子と言うものもあるが、これも病気か事故なのだろう。この手の知らせ は直接問い合わせる訳にも行かず、推測するしかない。人様の家庭を詮索する積りはないが、 喪中ハガキを受け取るのが一番つらい知らせだ。

『いそがば回るな』  Nov. 24, 2008 ▲Top
rishikawa.jpg  今日のタイトル「いそがば回るな!」は、諺としては何か言葉が間違っていると思うところだが、 実は、これは今プロゴルファーとして、一番注目されている石川 遼君のブログのタイトル名だ。 ブログの書き出しに、遼くんが尊敬するタイガーウッズを目指し、マスターズへの近道はプロ転向 であると考えた気持ちを表した言葉だそうだ。回り道、寄り道も決して無駄とは思わず、経験不足 でも未熟な自分を見つめながらマスターズへの道を探したいと書いている。2008年1月10日、 記者会見を行いプロ転向を宣言。16歳3ヵ月24日の史上最年少のJGTOツアープロとなっている。 石川遼君の魅力は、平均飛距離300ヤードを超えるドライバーショット。最後まで攻め貫く姿勢 を通すプレースタイルで、積極果敢にイーグル・バーディーを狙っていくゴルフが身上だ。昨日の ダンロップフェニックス最終日は、最大5打差あったマークセンを1打差まで追い上げ、堂々の単独 2位に順位を上げたが、石川遼君の実力には、もう誰も異論は唱えないだろう。3日目にボールを 蹴ったりロストボール等の無駄なスコアが無ければ、充分優勝は可能だった。しかし、これでプロ 初年度である今年の獲得賞金は1億円突破する事は可能なので、いそがば回るなを地で行った 事になる。

『勤労感謝の日』  Nov. 23, 2008 ▲Top
 私達の子供の頃は、この日を新嘗祭(にいなめさい)と言っていた。この日は今年の豊作を 神に感謝して、神前に今年収穫した作物をお供えするお祭りだった。実際には天皇陛下が 五穀の新穀を神前にお供えし、天皇自らもこれを食して、その年の収穫を感謝する祭儀で、 宮中の近くにある神嘉殿で行われていた。戦後は新嘗祭を改めて勤労感謝の日として国民の 祝日となった。しかし新嘗祭自体は伊勢神宮及びそれに連なる神社の祭事となり、伊勢神宮 には天皇の代理人がお参りし、大御饌(おおみけ:神が召し上がる食事)を供える儀式となっている。

『くすぐりエルモX』  Nov. 22, 2008 ▲Top
elmo.jpg 【くすぐりエルモX】
 一昨日のゴルフ大会での賞品に、くすぐりエルモと言う人形を貰った。大きな箱に 入っていて、中をのぞくと、赤い服を着たぬいぐるみ人形が入っていた。箱から出して 見ると、とても重たい。どうやら中にごつごつとした硬いものが入っている。箱から 出す時、どこかに触ったのか突然人形が声を出し、くねくねと動き出した。慌てて 床に置くと、いかにもくすぐったそうに身体をくねらして大笑いする。しばらく大暴れ した後、最後に大きなため息をつくように、「フー」と言う仕草で終わる。はじめての ことなので面白く、2度目、3度目と触ると動きのパターンが3種類あることも判った。 人形の名前が「くすぐりエルモX」と言うように、くすぐる場所は、顎の下、お腹、左足 と判った。最初はフローリングの床に置いて、動かしていたが、ばたばた動く音は、 とても大きくて、下の部屋に響くほどなので、絨毯の部屋で無いと近所迷惑だった。 エルモとは、セサミストリートで人気キャラクターのエルモ君で楽しいおもちゃだ。
くすぐりエルモ君の動画を見る

『ボジョレヌーボー』  Nov. 21, 2008 ▲Top
 秋になると、町で話題になるのがボジョレ・ヌーボーだ。決まりごとは毎年11月の 第3木曜日に解禁となるもので、この日以前に店に入荷していても販売出来ないし、 飲んでもいけない。そして産地は、フランスの郊外にあるワイン作りの盛んな丘陵地、 ボジョレー地方で作られたワインに限られるのだ。そして「ボジョレー」「ボジョレー・ ヴィラージュ」という銘柄の新酒だけが、「ボジョレー・ヌーボ」と呼ばれるワインになる。 赤のボジョレ・ヌーボーは、ガメイ種というブドウから特殊な方法で造られ、ジュースに 近いフレッシュな風味である。決して高級なワインではなく、味もワイン通には「うまい」 と言えるものではないという評価だ。でも、渋みが少なく、口当たりの良い軽めのワイン なので、価格的にも気楽に飲めるワインと言えよう。日付変更線の関係で、一番早く 解禁日が来るのが日本と言うわけだ。

『飲酒運転』  Nov. 20, 2008 ▲Top
 最近の報道を見ていると、本来率先して守らなければならない立場の行政関係者や 今回など現役警察官が泥酔に近い状態で飲酒運転をし、途中の交通事故も無視して 逃げた事件等がある。これらの飲酒運転者の卑劣な点は、人を刎ねた後、引きずるなどの 人身事故にも関わらず、人に知られると、飲酒運転が厳しい処罰である事を恐れて逃げる ところにある。万一不幸にして人身事故を起こしたとしても、その場で被害者を救助すれば 命だけは助かったかも知れない。しかし何れの場合も、自分の身を守る為被害者のことを 無視して逃げた所が許せない。私達も昔は酒を飲んでも車を運転していた時代はある。 その当時は他の交通手段も乏しく、罰則も緩やかだった。幸い飲酒運転で事故を起こした ことはなかったが、もし事故を起こしても、逃げる事は絶対に無なかったと断言できる。 それは、自分が起こした問題で、逃げる事は更に罪を重くする事が明らかだからである。 今後、飲酒運転に対しては、より厳しい処罰をし、ましてひき逃げは二度と運転免許を 与えない事や、絶対に飲酒運転を許さないよう更に厳罰を処すべきだと思う。

『緑のおばさん』  Nov. 19, 2008 ▲Top
 昔、緑色の洋服を着て、黄色い小旗を持ち児童の通学路になる町の角に立って通学する児童の 安全を確保し、交通事故に巻き込まれないよう見守る、通称「緑のおばさん」と呼ばれる人達がいた。 1959年11月19日の今日、東京都が始めた制度で、正式には学童擁護員と言っていた。この時代は 戦後の復興期で戦争で夫をなくした未亡人などで、仕事の場が無くて生活に困っている人たちを、 東京都の臨時職員として採用して、失業対策と児童の安全確保を図ることを目的としていた。 後に、東京都以外の地域にも同じ制度が採用されるようになり、1965年には各都道府県の正式職員 として全国に展開されるようになった。緑色は「安全」とか「安心感」を現すという意味で選ばれた色で 全身を緑の服で覆われ、交通安全のシンボルカラーとされていた。現在は街中でみどりのおばさんを 見かける事が少なくなったのは、今は地域の町内会などが分担して行うようになったからだと思う。

『土木の日』  Nov. 18, 2008 ▲Top
 今日のことをWEBで調べていたら、「工学会」の創立が明治12年11月18日であること から、11月18日を「土木の日」と制定されたという。また11月18日を漢字で重ねて書くと 土木と言う字になることから、土木の日とされたともいわれているが、面白い発想だ。 人類の長い歴史の中では、治山治水が重要な発展要素で、人々の生活の社会基盤をなして きた。戦後の荒廃の中から土木事業の活躍で驚異的な復興を成し遂げてきた。今では、 世界屈指の経済大国と言われるに至っているが、道路、上下水道、住宅、公園、街づくり など、社会資本の整備、蓄積については、欧米先進国に比べまだまだ遅れているのが実情 である。土木の日に鑑みて、更なる努力が必要だと感じている。

『紅葉狩り』  Nov. 17, 2008 ▲Top
 先週の土日週末、友人2人と小豆島の寒霞渓へ紅葉狩りに出かけた。当初時期的な状況を あまり考えず、ぶらりと気ままな旅と考えていた友人に対し、せめて宿ぐらいの確保をと、 WEBで検索して少し慌てた。土日であったことと、紅葉が最盛期と言う寒霞渓は団体客で 埋められていて、空き部屋確保が困難と思われたが幸いにも「天空のホテル海廬」に一部屋 を予約確定出来た。行楽当日の天気予報は西から崩れていて雨が予想されたが、実際は日中 素晴らしい快晴に恵まれ、雨は夜中と明方迄の寝ている間だけで、行動する時間帯は全く問題 なかった。初めての寒霞渓は紅葉真っ盛りで、素晴らしい景観だった。最初車で山頂駅に着き、 様子がわからないままロープウエーで下りた。期待した下は見所もなくすぐ引き返す事にしたが 登りのロープウエーは約2時間待ちだ。長い行列を見て待ち時間が長すぎると、歩くことにした。 足元の悪い登りを約1時間半程掛けて歩いたが、へとへとに疲れた。しかしホテルに帰っての 露天風呂温泉で疲れを落し、夜の食事と酒が旨かったことは論を待たない。翌日は有名な醤油 工場を見学後、沢山のお土産を買い込み帰途についた。寒霞渓の紅葉はとても素晴らしかった。

『E−メール』  Nov. 15, 2008 ▲Top
 インターネットの普及は目を見張るほどに発展し、特にメールのネットワーク化は今やこの世界に 未加入者は仲間との連携から外されてしまうほどである。これまでなら、グループ間の連絡は、 電話か郵便かと言う方法であったが、郵便では切手や封筒など費用が発生するし、郵便ポスト へ投函する手間もかかる。連絡する仲間が多い場合、処理件数も大変だった。直接的な電話 も手軽で早い面もあるが、運悪く繋がらない場合それっきりになる恐れもあった。その点メールは、 相手が多数でも、同送メールで確実に相手のパソコンまで届けられる。万一不在でも、サーバー に保存されて届けられる仕組みだ。最近我々老人仲間も遅ればせながら、メールを開設する者が 増えてきた。まだまだ知識や操作が未熟な為、トラブルも多い。先日も不慣れな仲間から届いた メールに返信したら、アドレス不備で戻ってきた。改めて調べてみると、どうやらアドレスの途中に ドットが2個重なっていて、それがエラー原因と判ったので、修正したら送信できた。似たケースで こちらのメールに返信を送ったが、送れないという仲間が居た。どうやら、返信機能を使わず、 アドレスは自分で打ち込んだらしい。じつはそれが間違いの元だった。私のアドレスは最後が ドットコムなので、彼は勝手にその後にドットJPを足したという。実は日本では最後にJPが必要 と思い込み、自分では正しくタイプした積りでいたと言う。その為アドレス違いでエラーになったのだ。 一度同級生仲間を集めて操作技術の講習会が必要だと思っている。

『夢』  Nov. 14, 2008 ▲Top
 昨夜の夢には些か慌てた。いや夢の中で慌てたというべきか。夢は現役時代と思われる 設定だった。会社の仕事で、職場の同僚数名と海外へ出かけることになり、時間厳守で 空港で落ち合うことになっていた。荷物などの準備は予め終わっていて、出かける時間の 30分前、早めにタクシーを呼んだ。さて車が来て家を出るとき、パスポートと航空券を 確認したら、何処に仕舞ったか判らなくなった。荷物の中を全て空けて探したがどうしても 見つからない。探しているうち1時間もあっという間に過ぎ去り、約束に間に合わなくなった。 取り合えず、待ち合わせの仲間に連絡して、パスポートが見つからないので行けなくなったと 汗をかきながら言い訳をしているところで、目が覚めた。目覚めてからパスポートや財布など 大事な物は、何時も部屋のドアの前の物入れに置いてあるのを見て、夢の中でそれが何故出て こなかったのか考えたら、夢の中の現役時代とは埼玉に住んでいた時代のことで、今は四国に 住んでいるのだ。財布やパスポートの決まった置き場所は、当時の家には存在していなかった。 25年もの次元が違うので幾ら探しても無い訳だった。でも夢でよかった。

『東芝製冷蔵庫』  Nov. 13, 2008 ▲Top
floor.jpg  20年ほど前、今のマンションを購入し、移り住むことになった時、薄型の東芝製冷蔵庫 に買い替えて使う事にした。それを十数年使っている内、モーターの異常を感じて、新しい 東芝製冷蔵庫に買い換えた。販売店から配送担当の人が来て、古い冷蔵庫を引き取り、 新しい物に置き換え、元の置き場所のフローリングが腐って穴が開いていたので、取りあえず 穴は塞いだらしい。帰り際、万一上に乗ると踏み抜く恐れがあるので気をつけるよう 言い残して帰った。その時は、穴の意味を深く考えず居たが、ある時冷蔵庫を動かした時、 フローリングの床が異様に黒く焦げ、ボロボロになっているのを見て変に思っていた。数日前 新聞記事に、東北地方で古い東芝製冷蔵庫の欠陥が元で、火災事故が多発。原因は、 モーターの加熱の為、床から火災が起きていたことが判明。新聞広告で、同型冷蔵庫の 使用を止め、販売店に連絡するよう書いてあった。そこで思い出し調べたら、我が家の古い 冷蔵庫はその種類で、床の穴はモーターの加熱で焼け焦げ、火災寸前の穴だった事に気が ついた。昨日東芝に電話して来てもらったが、まさしくモーターの加熱が原因で床に穴が 空いていたことが確認された。調査の担当者は、原因となった冷蔵庫は既に交換されて いるが、床の穴は修理に全額の保証をするので、見積もりを出すよう依願して帰った。 それにしても、これだけ焼け焦げた穴が空いていたのに、よく火を出さなかったものと、 安堵したが、この程度で済んだのは運が良かったと言うべきなのだろう。

『定額給付金』  Nov. 12, 2008 ▲Top
 麻生首相は、追加経済対策の柱とする総額二兆円の定額給付金を考えている。国民1人当たり 1万2千円を支給し、18歳以下の子どもと65歳以上の高齢者には8000円を加算する方向だ。 確かに、年金生活の高齢者にとって一時的には有り難いお金だが、その反面3年後には消費税を 10%に上げると言われている。給付金も元を正せば我々の税金から出すのだ。払った税金から戻す 訳だが、余っているなら最初から減税すればよかった。にも関わらず3年後の増税はどう言う訳だ。 更に定額給付金の支給に当たっては、高額所得には受け取りを辞退するよう促すと言う。一体高額 所得とは、幾らを基準にするのだろう。もし自主的に辞退する人が居るとすれば、その人の収入は、 今後色々な事例に対し、何時も高額所得者として扱われることになり、不利な立場に置かれる恐れ が生じる。それなら、改めて生活に余裕のある高額所得者から自主的に献金を募り、それを原資と して低所得者だけが、自ら申告して給付金を請求すればより良い方法と思うが如何だろう。これで 給付金を受ける側には、自分が払った税金から支払われるという矛盾も無くなる。

『道路標識』  Nov. 11, 2008 ▲Top
 先日のニュースで見たが、正規の道路標識である一方通行の看板を、民間人が独自に 取り外し、市販されている一時停止の看板に取り替えて、地域の道路の安全確保を図って いたという。運悪くその標識を無視して一時停止を怠った車が、警官に道交法違反として 摘発された。しかし調査の結果、本来公安委員会で正規に設置された標識ではないことが 判明、五人の処分を取り消した。代わりに標識を勝手に取り替えた近くに住む、建築設計 事務所経営の男性が書類送検された。この男性は、ほかにも近くの進入禁止標識二枚が 汚れていると判断し、新しい標識と入れ替えていた。標識三枚の購入代金計約二万六千円 は自ら負担していた。調べに対し交差点で車がスピードを出すと子供が事故に巻き込まれる 恐れがあり、危ないから設置したと供述しているが全く善意の行為だ。本来なら感謝状が 授与されてもおかしくないと思うが、法律は曲げられないのだろうか。

『金儲け』  Nov. 10, 2008 ▲Top
 昔勤めていた会社に入社して数年した頃、会社の株を上場することになり、社員 に対し持ち株制度が行われることになった。確か初期の株価400円位で公開すること になり、当初1000株程購入することにした。またその後は持ち株会が毎月の給料 から天引きで一定金額分の株の購入が行われ、何年か後には4000株くらいに増えて いた。更に輸出優良企業として株価も急上昇しいつの間にか4桁になり資産価値として 数百万円位になっていた。会社の株は価値があってもその侭では売買出来ないところ、 金儲け話に目が眩み先物商品取引業者のセリフに乗せられ、持ち株を担保に商品相場 に手を出した。当初は月数十万円の利益配当はあった。しかし業者任せにしているうち 運用に失敗、結果として担保の株を全て処分せざるを得なくなった。その後、会社の株価 は最高4000円以上になり、其の侭持っていれば数千万円以上の価値になっていた事になる。 怒った家内の反対で、それ以降お金の運用は一切禁止された。実は昨今の株の暴落で、 思う会社の株価が過去最低に下がっている。株を買うなら今がチャンスと家内に話したら、 間髪をいれず却下された。貧乏人は欲の絡んだ一攫千金の望みは無理なこと、利益は僅か でも無難な運用が一番だと諭され凹んでいる。

『市長選挙戦』  Nov. 9, 2008 ▲Top
 今日は新居浜市長選挙の日だ。私自身は一昨日期日前投票を済ませているので 今日は、予定通りの所要に出かけることが出来る。それにしても、投票を済ませる 日までの宣伝カーは、喧しいとは言っても我慢できた。しかし昨夜我が家の周りで ボリューム一杯の音で候補者名を連呼してた街宣車はうるさく感じた。既に投票の 義務を果たした自分にとっては、もう今更替える事は出来ないので、幾ら大声を 出されても関係ないのだ。従って、大きな音は雑音にしか聞こえない。それにしても、 選挙カーのウグイス嬢もこの頃になると、可愛い声ではなく、喧しいだけになるのは 何故なのだろう。聞く側に興味が無くなったから、候補者の名前だけの連呼には、 親しみより反発心が沸いてしまった。夜の制限時間一杯まで騒音を立てていた相手 側の候補者は、落選すればいいと思ってしまったのは申し訳ないけど、正直私だけ ではない人間の真理だったと思う。

『期日前投票』  Nov. 8, 2008 ▲Top
 昨日は、前日から決めていたように期日前投票に出かけて、市長選挙の投票をした。 時間は夕方の5時過ぎころだったが、勤め帰りと思われるサラリーマンや、家庭の主婦 等が多く来ていた。当日夕方のニュースでも放送されていたが、他人に成済まして投票に 来た少年が、投票券は持っていたが、申告書に書いた内容に間違いがあり、係員が 選挙人名簿との照合で不審と判断。尋問の結果、同級生の友人から頼まれて代理投票に 来たが、生年月日や住所欄を書き間違えたことから違反が発覚したもの。その所為か、 投票所入口付近から、受付、投票券の記載場所などを見張る係員が何時もより多くて、 一種異様な雰囲気であった。本来、自分には不正は無いはずなのに、ニュースを知って いた事、係員に監視されている状態等に、すっかり舞い上がりドキドキしながら投票した。

『市長選挙』  Nov. 7, 2008 ▲Top
 アメリカ大統領選挙で世間が騒いでいる間も、我が新居浜市では任期満了 に伴う市長選挙の戦いが進んでいて、あと3日しか残されていない。候補者は、 現市長と、実業家の新人候補N氏の戦いだが個人的にはどちらも親しい友人だ。 現市長は、私がパソコン通信からインターネットの時代に入る頃、互いに切磋 琢磨した仲間だ。また新人候補のN氏は、私の現役時代に企業の勉強会等で 一緒に学んだ仲間でもあり、ゴルフ仲間でもある。二人を天秤に掛けるとすると どちらも同じバランスをするような人物で、優劣を付け難い。しかし現実の投票 ではどちらかを選ばなければならず、忠ならんと欲すれば、孝ならず、孝ならんと 欲すれば忠ならずの心境である。人には言えないが、決心して今日こそは期日前 投票に行くつもりだ。

『アメリカ大統領』  Nov. 6, 2008 ▲Top
obama.jpg  長期間に亘った激戦を経て、ついに新しいアメリカ大統領に、初めての黒人である オバマ氏が勝利した。1776年の独立宣言により建国されたアメリカ合衆国は歴代、 白人の大統領が治めてきた。独立後も奴隷制度等は続き1862年にはリンカーンに より奴隷解放宣言がされたが、法の上でのアフリカ系アメリカ人や、先住民などの その他の少数民族に対する人種差別は、その後も100年以上に亘り続いたのだ。 建国以来232年目で初めての黒人大統領誕生は、これからのアメリカを大きく変化 させるであろうことは間違いない。バラク・オバマはアフリカ人の父と白人の母との 間に生まれた混血なのだから、アメリカ人を代表する象徴的な出来事と言えよう。

『夜行バス』  Nov. 5, 2008 ▲Top
 最近は、東京方面へ旅行する時は、何時も安くて便利な夜行バスを利用している。 夕方までの用事を済ませてから出発できるのと、翌朝6時頃に到着するのがとても 時間的無駄が無くて気に入っている。ただ、リクライニングシートとはいえ、中途半端 な姿勢で一夜を過ごすので、慣れない人は体の疲れを感じるようだ。私の場合 乗車する前に、思いっきり酒を飲み、乗るとすぐ酔って寝てしまう状況を作っている。 今回の旅行の前に、尾てい骨に傷をして、座る姿勢が心配だったが、直前の 治療が効いて、殆ど痛みは関係なかったのは幸いだった。東京到着のその足で 水戸市まで行き、3日間ゴルフをしたが、睡眠も十分で、体調も問題なかった。 反省点は、往路、酔う為に飲んだアルコールは、不純物の多い酒だったせいか、 足のふくらはぎにとてもだるさを感じた。復路は不純物の少ない焼酎だったので、 ふくらはぎのだるさが全く起きなかったのは、その影響が無かったと思われる。

『コストコ』  Nov. 4, 2008 ▲Top
 久しぶりの関東遠征で、3日間水戸でゴルフの後、所沢の娘の家で孫達との再会を楽しんだ。 入間市に新しい店が出来ていると言う事で、娘の買い物に付き合った。店の名前は「コストコ」。 仕掛けは大型の倉庫である。アメリカから上陸のショッピングセンターで、買い物するには入会が 必要で、年会費4200円支払いカードを持っていないと、店に入れてもらえない。有名ブランドの 商品が物凄い物量で揃っている。入会すると割引クーポン券が貰え、安い買物が出来る仕組みだ。 10時開店と言うので、少し早めに着いたが、既に広い駐車場も満杯に近い来店客で、それに合わせて 店も開いていた。広い店内も大勢の客でごった返していたが、驚いたのはショッピングカート。 通常のスーパー等のサイズの4倍はある大きなカートながら、買い物をするとそれでも小さく感じる ほど買ってしまう。コストコ社の始まりは1976年、サンディエゴにある飛行機の格納庫を改造して 作られた「プライスクラブ」という名前の倉庫店で、今では「プライスコスコ」として世界に206の 倉庫店を有し、年間約1兆6千億円を売り上げていると言う。全商品について、会員が満足出来ない 場合は、商品と引換えの上、代金を全額返金する。また会員に万一ご満足いただけない場合には、 メンバーシップ有効期間中であればいつでも年会費を全額返金すると言う。店には食料品から家電・ 家具類まで、あらゆる日常の生活商品が並ぶかってない販売システムだ。

Home