2007年4月
『喫茶店』  Apr. 30, 2007 ▲Top
 今から50年くらい前の学生時代は、何かと喫茶店は良く利用した。考えてみると他に 一休みしたり、友人達と話をする適当な所が今ほど無かったので、喫茶店が一番安くて、 適当な場所だった。当時喫茶店でのコーヒー代は60〜80円、少し高級で生バンドの演奏 など入っていると120円位だった。一杯のコーヒーで如何に長く粘ったかが話題だった。 神田界隈の店で、コーヒーに殻つき胡桃が付いてきて、形を崩すことなく綺麗に皮を剥くと、 景品が貰えると、足しげく通ったことがある。時間のタップリある学生達にとって、 胡桃の皮むきはゆっくりと時間をつぶす事が出来て、良く利用した。大抵の喫茶店では HIFIの音響装置が設備されていて、クラシック、ジャズ、タンゴ、ラテン等、特定の ジャンルのレコードを聞かせる専門店では、好きな曲をリクエスト出来る楽しみがあった。 また、店毎に特徴のあるデザインマッチ箱を出しているので、それを集めるのも流行った。 持ち帰ったマッチ箱は、鴨居の上に並べて、遊びに来る友人達に自慢したものだ。 店によってコーヒーの入れ方にも色々あり、ドリップ式、サイホン式等に拘った入れ方を 客の前でデモンストレーションするのが流行った。最近は家で簡単に入れられるし、無駄に 時間をつぶす必要も無く、喫茶店を利用することは殆ど無くなった。

『麦飯』  Apr. 29, 2007 ▲Top
 その昔、貧乏人は麦を食えといった総理大臣が居た。今ではお米の生産量も、輸入による補充 も含めて米余りの中、麦飯を食べると言えば、貧乏人の口に入るほど、麦は一般的ではない。 昔、戦争で食糧事情が悪くなり、主食の米が不足し、金持ちしか白米が食べられなくなった。 しかし、白米だけでは栄養バランスが崩れ、ビタミンB1の不足による栄養失調で足のむくみや 浮腫が見られ、脚気と診断される人が多く出た。症状が進むと動悸、視力低下を起こし、ついに は心臓麻痺を起し死に至る人も出る。ビタミンB1は麦などの穀物や豆類に多く含まれるので、 雑穀を食べる食事で不足することはない。米の場合はヌカの方に含まれているので、精米した 白米ばかりを食べていると、ビタミンB1が不足することになる。この結果、脚気はお金持ちに 限って発生する「贅沢病」で歴代の将軍や天皇も脚気で倒れた例があったと言う。脚気に罹ると 膝の反応が弱くなるので、昔、膝の下を木槌で叩くという診断方法が学校の保健室などで良く 行われた。私の大学時代の学生寮の生活で、昼の弁当は当たり前のように麦飯だった。寮の おばさんに、麦飯弁当は学校で恥ずかしいと苦情を言ったら、脚気で死ぬよりましだろうと 怒られた事を思い出す。我々の健康を預かっている寮母として気遣っての事だったのだ。

『地震』  Apr. 28, 2007 ▲Top
 数日前、四国東予地方に震度5の地震があった。家族とテレビを見ていた時だった、 突然ドーンと言う音と共に、いきなり激しい縦揺れがきた。直ぐに台所のコンロを見た、 幸い炊事中のものは無いようなので一安心し、身の回りの本棚やスチール棚に手を 添えて、万一の落下物に注意した。幸い、棚から落ちたのは、小さなこけし人形だけ であった。揺れは縦揺れから来たので、咄嗟に直下型だと判断したが、津波や揺り 戻しなどが心配だった。テレビの地震情報が出るまでには数分掛かったが、幸い津波の 心配は無いとの報道で安堵した。高速道路、JR関係は、地震による万一の被害を 調べるため、しばらくの間通行制限を行っていたが、後の情報は大きな被害はなかった。 60年前、南海大地震を子供心に体験しており、大きな揺れで家の外に出るのも苦労した ことを覚えている。その時市内の水道管はズタズタになり、水道管の修理は数ヶ月掛かった。 大きな縦揺れで、家の外の電柱が上下に揺れて、根元から泥水が吹き上がっていた。 いわゆる液状化現象を目の前で見たのは衝撃的だった。 この辺りは、四国を縦断する断層帯が走っていて、近いうちに南海大地震が想定されて いるので、絶えず注意が欠かせない。今回は被害が少なくて幸いだった。

『ワリカン』  Apr. 27, 2007 ▲Top
 会社の同僚仲間、学生時代の同級生など、お互い同じ位の年齢同士なら、飲み代や 食事代などを頭数で割って、平等な支払いを負担するワリカンは当たり前である。 もっとも、中にレベルを超えるお金持ちがいれば、遠慮なく支払いを任せる事もある。 ワリカンとは割前勘定のことで、割り勘を考案したのは江戸時代の戯作者、山東京伝 だと言われている。英語では、ダッチカウント(オランダ人のおごり)と言う。 お金にケチなオランダ人でも、対等に払うと言う揶揄した言い方をするそうだ。 台湾では、お客と一緒の食事会でも、自分の仲間を呼び、大勢で中華料理を囲んで食べ 誘った人が全ての勘定を持つ。誘われた側のお返しは、別の日、誘ってくれた友人を、 自分の食事会のとき誘い返すと言う、あい身互いのシステムがある。 韓国にはワリカンの習慣はないそうで、飲み食いに行くときは、誘った者か、目上の 人が勘定を持つのが当たり前と言う。また、知り合いの店で食べたり飲んだりした時、 日本なら勘定を割引してサービスする事も有るが、韓国では逆に仲間だから少し位い 高く請求しても当たり前と言う習慣があるらしい。

『駅弁』  Apr. 26, 2007 ▲Top
ekiben.jpg  鉄道に乗っての旅行の楽しみに、夫々の土地自慢の駅弁を買って食べるというと言う 楽しみがある。昔ながらの木の香りのする折箱に郷愁を感じるのはもう古い人間なのかも。 学生時代、新居浜から東京までの汽車の旅は、無論蒸気機関車でほぼ1日掛かり、道中 2度は駅弁を食べる事になる。お茶は、最初の駅弁と一緒に買ったお茶の入れ物に、次の 駅弁買うとき、売り子がやかんのお茶を継ぎ足してくれるサービスがあった。昔の列車で 駅弁を買う時は窓を開けて売り子が来るのを待って買うのだが、大勢の客がいる時には、 停車時間内に買えない事もあった。また駅弁を買ってお金を払うとき列車が動き出すと、 お釣りを貰えなくなる可能性があるので、ぴったりのお金を用意し、せーので駅弁と支払い を済ませるコツが必要だった。駅弁と言う呼び方は、駅や鉄道路線の中で販売される弁当 を言い、「駅売り弁当」の略だ。 日本最古の駅弁は、1885年、その日開業した日本鉄道宇都宮駅で販売されたもので、握り飯 2個とたくあんを竹の皮に包んだものであったと言われている。現在のような折箱に入った 駅弁の形は、1889年に姫路駅で発売されたものが最初と記録されている。

『照明器具』  Apr. 25, 2007 ▲Top
 事務所など、業務用の照明器具といえば、殆どが蛍光灯を使っているが、一般家庭では 蛍光灯の冷たい明りより、何となく温かみのある白熱電球を使っているところが多いと思う。 現在一般に売られている白熱電球の大体の寿命は1000〜2000時間の寿命と言われている。 但し、白熱電球は、使用する電圧が定格100Vより高いと寿命が短く、逆に電圧が低ければ 寿命が長くなる。例えば100V用の電球を90Vで使用すると、それは効率の低い領域での使用 になるため、明るさは消費電力以上に暗いが、寿命は2〜3 倍程度に伸びるメリットがある。 蛍光管の寿命は、蛍光管の種類により異なるが、およそ6000〜12000時間と言うデータがある。 蛍光灯は点灯するときに負荷がかかり、点灯管方式の場合一回の点灯で約1時間寿命が縮む と言われており、頻繁に入切を繰り返す場所よりも長時間点灯する場所に向いている。数分 以内に再点灯するならば、つけっぱなしの方が寿命が長くなる。蛍光灯の直管タイプは、 ワット数が大きいほど定格寿命が長いので、器具が選べる場合は20ワットの球、2本より 40ワット1本を使うほうが寿命も長く、交換の頻度も減らせる事になる。

『ガムテープ』  Apr. 24, 2007 ▲Top
 一般的にガムテープと言って便利に使われているものには、布製のベースのものと クラフト紙をベースにしたものに大別される。正確には布粘着テープと、表面に光沢 のあるクラフト紙に粘着剤を塗布したものはクラフト粘着テープと呼ぶのが正しい 呼び方である。梱包等の際に簡単に貼れるので便利に使っている。元々ガムテープと 呼んでいた物は、クラフト紙(茶色の紙)をベースに、水溶性の糊材を塗って乾燥 させたテープで、使うときは、接着剤を塗った面に水分を与えて糊面を活性化 させて貼っていた。切手を貼る時の方法を思い出して貰えば分りやすい。当時はテープを 引き出して水に浸す装置が使われていたが、その後テープが改良され背面に蝋を塗布 する事により、接着剤を乾燥させずに巻き取れるようになり、現在のスタイルになった。 クラフト粘着テープより、やや高額になるが、布粘着テープやビニールテープのものも パッキンケースの梱包用に多く使われている。クラフト粘着テープに比べて、丈夫で 重ね貼りが出来る利点が重宝されている。

『インスタントラーメン』  Apr. 23, 2007 ▲Top
 インスタントラーメンは、世界に誇れる日本の発明品だ。その昔コーマーシャルに初登場 したとき、「3分間待つのだよ」という台詞が印象的だった。昭和32年、日清食品が即席 で出来るチキンラーメンとして発売し大ヒットした。袋を破き、どんぶりに入れて、お湯を 注ぎ軽く蓋をして3分間待つと、ラーメンが食べられるという画期的な商品だった。当時 の価格35円は、他の麺類に比べるとやや高かったが、油で揚げた麺には鶏がらなどから 取ったスープの味がついていて、麺をそのままかじっても、酒のつまみになった。 丼に入れて熱湯を注げば、すぐ即席のラーメンとして食べられるところが受けた。 昭和37年には、でん粉を使ってスープを粉末にする技術が開発され、麺と別の袋に入れ 添付したものが発売された。後に塩味、味噌味、カレー味など、スープの味が多様に展開 した。今では、フリーズドライ等によって乾燥粉末化されたスープがつく他、乾燥ねぎ等 も添付されるようになった。インスタントラーメンが出始めた頃、社会は高度成長期で、 入社間もない私達は、毎日残業で深夜に及ぶ日が多かったが、会社側が夜食用に大量の買い 置きをしてくれていて、毎晩の夜食はインスタントラーメンが愛用食になっていた。

『サマータイム』  Apr. 22, 2007 ▲Top
 世界中にはサマータイムを導入している国が結構ある。特に緯度が高くて日照時間が短い国 では、太陽が出ている間を、寝て過ごすのは勿体無いことで、日が昇れば1時間でも早く起き、 出来るだけ有効に太陽を浴びたいと望んでのことのようだ。現在サマータイムを設けている国 はユーロ圏とカナダ、米国ほか、それらの国と関係が深い、オーストラリアやニュージーランド、 メキシコ、キューバなどが実施している。アジアではロシアやモンゴルも導入国である。日本 でも戦後、占領軍が駐留していた頃の数年間、実施していた事がある。サマータイムが実施さ れるときは、突然時計を1時間進めるので、ある日を期して一斉に早起きする事になる。前日 夜遊びをした人は、何時もより1時間寝不足のまま会社へ行く事になる。実際の切り替えは、 日曜日の夜中の2時に時間調整をするらしい。もしも切り替えるのが平日だと、夏時間、冬時間 への切り替えをうっかり忘れている人などは、会社や学校に、一時間遅くか早くに着いてしまう ことになるので、日曜日に切り替える理由のようだ。幸い日本ではサマータイムは定着せず、 その後は今まで通り、なんの混乱も無く平穏に過ごしている。

『プラスねじ』  Apr. 21, 2007 ▲Top
 家庭内の一寸した電気器具類等を修理するとき、使われているねじを回すのに 必要なドライバーには、マイナスとプラスの2種類が必要だ。またねじの大きさ によって大中小を使い分けないといけない。なぜ頭の部分がいろいろあるのかと言うと 元々はマイナスのねじしかなかったのが、戦争中撃墜したアメリカの飛行機を解体 した時、使われていたねじがプラスねじであることを発見した。物を組み立てる時、 マイナスよりプラスの方が効率的な事が分り、日本でも使うようになったらしい。 では、便利なプラスねじがいいのなら、全てプラスねじにすれば良いのに、なぜ マイナスねじを使っている製品も有るのかといえば、プラスねじはアメリカの フィリップス社が特許を持っているので、パテント料を払いたくないメーカーが マイナスねじの生産を続けているようだ。利用者にとっては、いつも2種類の ドライバーを用意していなければならない無駄が生じていることを何とか解決して 欲しいものだ。

『射殺事件』  Apr. 20, 2007 ▲Top
 アメリカの大学で、銃撃による死亡者32名と言う大量殺人と、時をほぼ同じくして 日本に於いても、長崎市長の射殺事件が起きた。アメリカでは度々銃の乱射による大量 殺人事件が起きている。その度に銃規制の運動が起きるが、西部劇に代表される通り、 銃で自らの身を守り、国を開拓してきた歴史を受けて、全米ライフル協会が強行に 銃規制反対運動を展開し、銃による被害より、銃による護身を採っている。 スローガンでは「人を殺すのは人であって銃ではない」を掲げ、アメリカ合衆国憲法 修正第2条に定められた「武器を所持する権利」を根拠に、銃規制に反対している。 一方日本の長崎市長射殺事件は、指定暴力団山口組系水心会の、会長代行城尾哲弥容疑者 が、伊藤一長市長の背後からピストル二発の銃弾を発射し、いずれも市長の体内をほぼ同じ 弾道で通り心臓を打ち抜かれたもの。事件は、暴力団幹部が市の対応に不満を募らせ犯行 に及んだものらしいが、暴力団を中心に日本にも大量の銃器が持ち込まれている証拠だ。 世界中の銃規制を厳重に行わない限り、今後も起こり得る事件と言わなければならない。

『気温の変化』  Apr. 19, 2007 ▲Top
 今の時期は、丁度季節の変わり目なので、気温の変化が大きいのは仕方ないが、 特にこの数日、寒い日と暖かい日が繰り返しているので、着る物も厚手のものと 薄物との入れ替えに、仕舞ったり出したり迷っている毎日だ。ベッドの布団も、 つい先月までは、寒い時期のまま、毛布と厚手の掛け布団だったのを、数日前 余りの暖かさの為、家内に頼んで毛布を仕舞い、薄いかけ布団に取り替えたら、 昨日は雨が降ったこともあり、寒くて寝られなかった。また外に出かけるときの シャツ類も冬物の系統から、薄手ポロシャツ系にタンスの中身を入れ替えたが、 流石にベストだけは残した。冬の間愛用した湯たんぽは、思い切って御用済みと 押入れに仕舞った。昔からこの時期は花冷えと言うほど、寒さが戻る事はある ようなので、油断せず精々こまめな対応で、風邪等引かぬよう注意が必要だ。

『良い歯の日(4/18)』  Apr. 18, 2007 ▲Top
 今日は語呂合せで良い歯の日だそうだ。みんな精々歯を大切にする事をお勧め する。いい加減な歯磨きと、不精の手入れで歯を駄目にすると、食事の度に苦労 する事になる。私の場合、小さい頃から歯並びが綺麗で、中学時代にアメリカ人 の女性からも、貴方は歯が綺麗だから大事にしなさいと褒められた事があった。 その事から意識して歯磨きは丁寧にしていた。しかし高校生頃、親戚の歯医者で 歯石を取ってもらったとき、歯槽膿漏だといわれてショックだった。但しその時は どうすれば良いかは教えてくれなかった。学校を卒業して就職し、結婚生活2年目 位に、歯茎から血が出るので、会社近くの歯医者で見てもらった。歯は虫歯も無く 綺麗に揃っているが、歯茎が弱くて歯が伸びすぎ、根元がぐらぐらだった。 若い医者だったが、歯槽膿漏は放って置くと、顎の骨を溶かすので、早く処置を したほうが良いと脅かされ、数日後思い切って全て抜く事にした。25歳なのに 半分以上の歯を抜かれた顔は、哀れな老人顔だった。急いで義歯を入れたので 顔は元通りになったが、慣れるまではしばらく苦労した。しかし慣れてしまうと、 弱い歯では噛めなかった固い物も、平気で噛めるようになり、痛くなる歯も無い わけなので、今は早めの処置が良かったと思っている。

『なめこ』  Apr. 17, 2007 ▲Top
 以前、仕事の関係で山形に住んで居た時期がある。南国四国で生まれ育ち、社会人として 就職先の東京での生活を経ての北国生活には、色々な初体験が多かった。そんな中、山形で 初めて食べた物に「なめこ」がある。味噌汁に入れて食べたが、ぬるぬるとしていて、歯ごたえ があり、とても気に入っていた。山形での生活は、天童市と真室川町通じて2年半ほどだが、 先日その頃の友人から、久し振りなめこの瓶詰めを送って頂き、懐かしい味を思い出した。 なめこは栽培して食用にしていたとは知らなかったので、ある日、子供たちをつれて山歩き していて、林の中で大量に群生しているなめこを発見し、持てるだけ取って持ち帰った。 家に帰って、近所の人にその話をしたら、それは誰かが栽培していたものだと聞かされた。 今更返しに行く事もできず、知らなかったことと言うことで結局そのまま戴く事にした。 なめこの主な生産地は岩手、山形、秋田等の他、日本全国、中国、ヨーロッパ、 北米にも 分布しているようだが、食用にしているのは日本だけだそうだ。名前の語源は"滑らっ子" (ヌメラッコ)から来ていると言うが、たしかにそんな感じだ。

『山菜』  Apr. 16, 2007 ▲Top
 ようやく花見の盛りを過ぎ、桜も葉桜となった。気候は本格的なゴルフシーズン がやってきた。このところ天気が良くても強い風の日が多かったが、昨日は久し振り、 風も穏やかな絶好のゴルフ日和に恵まれ、所属クラブの月例ゴルフに参加した。 最近練習もさぼり気味で、肝心のショットは安定性を欠く荒れたゴルフだった。 年とともに飛距離の落ちたのは仕方ないとしても、ショットの方向性と距離感は 全くゴルフにならなかった。OB球が林に飛び込む度に、ボールを捜しに行って くれたキャディーが、なかなか戻ってこないと思ったら、なんと林の中から戻って きたときには、両手に一杯のワラビとイタドリを持ってきた。 林に入った私のボールを捜している間に、目に付いたワラビを取り始めたら、止ま らなくなり、手当たり次第に取ってきたという。結局私のボールは見つからなかった ようだが、両手に一杯の山菜は、今夜のヤケ酒のおつまみに最適と遠慮なく頂いた。 月例競技中はスムースなプレーの進行が義務なのに、山菜を取っていたなんて分ると、 他の競技者に怒られそうなので、目立たぬようにそっと持って帰った。見つからなかった ボール代わりの罪滅ぼしのつもりだったのかも・・・でもキャディーさんありがとう。

『包装用ビニール袋』  Apr. 15, 2007 ▲Top
 最近、一寸したお菓子や食品を包装しているビニール袋が、いざ開けようと すると、とても頑丈に封印されていて、簡単に開けられないと悩んだ事ありませんか。 包装された袋が、厚めの材料の場合は、見た目で手ごわいと感じて、はさみで切るが、 薄手の場合は、何とか手で破けると思ってしまう。しかし、いざ手で破ろうとすると、 これがなんと、なかなか切り口が破れなくて、無理やり引っ張ると、何処までも 伸びて、袋が大きく変形してしまうが、それでも破けないしつこさである。 中には、切りやすく、三角の切込みが入っているのに、それでも手で破けない。 すんなり、破ければ次に何かを入れる袋に使えるのに、と思いながらも、ここまで 伸びきってしまうと、再利用には適さない形になっている。折角なのにと思い ながら、腹を立ててぶつぶつ独り言で、文句を言いつつゴミ箱に捨てている。 それほど強力な袋でなくてもいいものを、あれ何とかならないものだろうか。

『トイレの話』  Apr. 14, 2007 ▲Top
omaru.jpg  不浄な話だが、トイレでお尻を拭くとき、手に紙を持ち、後ろに手を回しながら、 あれ? いつもは便座からお尻を持ち上げて外から回していたのか、それとも便座に 腰掛けたまま内側から手をいれていたのでは無かったかと、一瞬考えてしまった。 いや、これ実は夢の中での事なのだが、実際には寝ていたので、頭の中で手の回し方 に迷ったのだ。現実は人のトイレを覗いて見た事が無いので、正しい方法は知らない。 男と女では基本的に違うかも知れない。何故なら男の場合、前からでは邪魔なものが ぶら下がっているので、それを持ち上げて手を入れるのは困難だ。やっぱり後ろから回 して拭くのが正しいに違いない。では、拭く手は、右手か左手かと言うと、東南アジア では箸やホークを使わないで、直接右手で食べるところが多い。イスラム教やヒンズー 教徒は左手が不浄の手で、右手は食事を食べる手と言う戒律がある。必然的にお尻を拭 くのは左手がしきたりだ。以前右手を手術して使えなかった時、左手で拭いた事があるが、 慣れていない左手は実に不器用で、なかなか上手く拭けなかった。結局は直ぐに風呂場へ 行って洗ったことは言うまでもない。いやー、イスラム教徒でなくて良かった。

『ジンクス』  Apr. 13, 2007 ▲Top
 ジンクスと言う言葉は、日本では、普通はあまり悪い意味に使われることは少ない。 本来の語源はギリシャ語で、魔術に使われるキツツキの名前を意味している英語のJinx から来ている言葉だ。英語のジンクスは縁起の悪い事を指しており、どちらかと言えば 忌み嫌う言葉なのに、何故か日本では、縁起がいい場合につながる表現にジンクスと 言う言葉をあてていることが多い。朝一番に煎れたお茶に茶柱が立ったら、その日は 幸運なことが起こるというジンクスはよく知られている。また、白蛇が家にいると、 災難から守ってくれるとか、初夢に白へびが出てきたら、その年は良い年になる等。 西洋のジンクスには、道を歩いていて黒猫が前を横切ると、これから行く先で何か悪い ことが起きる前兆と言われている。それをキャンセルするには、もう一度出直すか、 一旦、12歩後ろに下がって、また歩き出せば良くなるようだ。逆に、黒色以外の猫が後を ついて来ると、幸運が訪れると言う。英国では月曜日にくしゃみをすると、何か危険な ことが起こる前兆とか言う。但しこのジンクスは、風邪や花粉症でおきた くしゃみとは関係がないとのこと。

『ハエ』  Apr. 12, 2007 ▲Top
 桜の花も満開の時期を過ぎ、気温も徐々に上がってきた。まだ風はやや冷たい が、天気の良い日中、冬の間固く閉ざしていた窓を開けたとたん、黒い点が目の前 を横切った。なんと新鮮な外気と共に、突然忘れていたハエが飛び込んできたようだ。 慌てて、窓を閉めると共に、飛び込んできたハエを退治するため、ハエ叩きを探した。 冬の間は、お役御免で、どこかに仕舞いこんでしまったので、咄嗟には見つからない。 やっと見つけて、ハエを探したが、何処へ逃げ込んだか分らなかった。もしかすると 飛び込むのは見えたが、一瞬こちらがうろたえている間に、外に出たかも知れない。 しかし、どこかに隠れていて、後で食べ物等に止まることでは困るので、暫くの間、 あちこちの部屋を探し回った。結局ハエは見つからなかったが、これから多くなる ハエの出現に供えて、居間の目立つところにハエ叩きを置くことにした。暖かくなる シーズンは空気の入れ替えの為、窓を開けることが多くなるが、小まめに網戸を閉め るように注意して、ハエや蚊の侵入は防いでいる。今回は季節の変わり目なので、 つい油断してしまった。今後、暖かくなると、五月蝿(うるさい)と言われるほど、 出没する事だろうが、その時はハエ叩きの活躍場面だ。

『ソメイヨシノ』  Apr. 11, 2007 ▲Top
 昔から、桜の花はぱっと咲いて、ぱっと散る、昔の武士道に似た散り際の 良さに例えられる。普通、蕾から開花が始まって、散り始めるまでは大体8日間 位と言われている。花冷えが続くと、満開まで20日間位かかることもあると 言う。しかし暖かい日が続けば、開花から3日位で満開になることもある。 江戸時代後期の頃、江戸染井村の職人が、色々な桜を掛け合わせて品種改良 を続けた結果、生まれた品種が「ソメイヨシノ」で、葉が育つ前に花だけが 綺麗に開花し、その咲き方が素晴らしいと人気を得て、日本全国に広まった。 今年は、気象庁の開花宣言が早すぎて、予想された頃は寒い日が続き、現実 はやや遅れて開花した。関東地方はようやく葉桜になる頃みたいだが、四国の 桜は今が満開で、ソメイヨシノは今週が見頃となっている。

『タミフル』  Apr. 10, 2007 ▲Top
 インフルエンザに罹ったら、タミフルの処方箋を貰って飲んできたが 実は、とんでもない異常行動を起こし、ビルから飛び降りる等の事件が 起き、大きな問題になっている。しかし一方で、インフルエンザ自体の症状 として、意識障害や精神神経系の異常症状が起きていることもあり、タミフル が直接原因ではないとの一部専門家の見解もある。現時点では、はっきりと原因 を特定できていない状況である。また、タミフルはインフルエンザA型とB型 には効果があるが、C型や細菌性の風邪には、効果が無いと言われている。 要するにタミフルは体内でインフルエンザウイルス(A型、B型)を増やさ ないようにする薬である。効果として、インフルエンザの症状がさらにひどく なるのを抑え、症状が出ている期間を短縮する。ただ、インフルエンザの ウイルスが増えていく時期に飲まないと、期待するほどの効果は得られず、 飲んだからといって、すぐに症状が軽減されるわけでもない。 現状では、タミフル以外にインフルエンザに効く薬は無いが、異常行動との 因果関係が明確でない以上、服用を見合わせているのが現実だ。

『マスターズ』  Apr. 9, 2007 ▲Top
 今年のマスターズゴルフも、本日の4日目で終わった。マスターズが始まると 毎朝5時前から起きて、テレビに釘付けとなる毎日だった。現役時代は出勤前の 忙しい時間ギリギリまで粘って見ていた。今年は例年になく、難しく設定された コースに、更に過酷な風と、低い気温に各選手はスコアメイクに苦労し、3日目 までにアンダーパーは無くなり最終日の今日はオーバーパーの競り合いとなった。 日本の片山晋呉も+16とふるわず、前日の51位から落ちてしまった。昨年優勝の フィルミケルソンは+10で終了。タイガーウッズも3日目には大幅に順位を上げ、 最終日は1打差のアップルビーと最終組で戦った。結果は前日の4位タイから -3で頑張ったザック・ションソンが、トータル+1の好スコアで首位を勝ち取った。 ウッズが逆転で栄冠を取るか、最後まで期待を込めて見守った。インに入って、 林に打ち込んだリカバリーショットで5番アイアンを折ると言う、アクシデントも パーでしのぎ、その後逆転のチャンスを期待させた13番イーグルは素晴らしかった が、やはり届かず惜しくも2位タイで終了した。これまで日本人選手も多く招待されて 来たが、成績は1973年の尾崎将司と、1986年の中島常幸の8位が最高だった。 尾崎将司は通算21回参加して10回予選落ち、青木功は12回参加して6回予選落ち、 中島常幸は9回参加して6回予選で落ちている。丸山茂樹は9回参加で6回予選落ち。 片山晋呉はこれまで6回出て、予選落ちはまだ1回しかない。今後の健闘を期待している。

『花祭』  Apr. 8, 2007 ▲Top
 関西では4月8日に、お釈迦様の誕生日を祝って花祭りを行う風習がある。 灌仏会(かんぶつえ)・仏生会とも呼ばれる法会は、最初インドで始まったもの。 奈良の猿沢の池の畔に建つ興福寺では、南円堂の前に花で飾った小さな御堂が 出され、そのなかに誕生仏(灌仏像)を安置し、甘茶をそそいで釈迦の誕生を お祝いする。竹の柄杓で甘茶を注ぎかける現在の習慣はは、明治以後に浄土宗 が始めたとされ、一般に花祭と呼ぶようになった。花御堂は母・マーヤー様が 無憂樹(むゆうげ)の下で急に産気づいて右脇から釈迦を産んだといわれる。 誕生仏は、釈迦が生まれてすぐに7歩進んで、右手で天、左手で地をさし「天上 天下唯我独尊」と宣言した。釈迦の体には竜王が天空から清浄な水を注ぎ、 産湯をつかわせたという伝説から、甘茶をかける風習が起こっている。

『期日前投票』  Apr. 7, 2007 ▲Top
 4月8日(日曜日)の県議会議員の投票日に、出掛ける予定があったので、 昨日、一足早く市役所ロビーに準備されている期日前投票所を訪れて、投票を 済ませて来た。以前は、投票日前に投票をする事を不在者投票と呼び、受付で 投票日の不在理由を細かく報告し、承認を取り付けた上で投票用紙を受け取り、 候補者の名前を書き込んだ。投票用紙は、小さな封筒に入れて封印し、更に大きな 封筒に入れて署名し、その封筒に立会人が署名した物を提出していた。正規の 投票日には、その外封筒を開封して、中の小さな封筒が正式の投票箱に入れられ のだと思うが、今は公職選挙法が改正され,投票期日の前でも選挙期日と同じ ように、投票用紙を直接投票箱に入れ、投票できる「期日前投票」の制度にな って居る。以前は不在理由について、しつこく質問された記憶があるが、改正後は 一応理由を書く宣誓書の提出は必要だが、3択形式の理由が印刷されていて、 どれかに○印を入れれば良いようになって居るので、難しい理由を言う必要が 無いのがすっきりして気持ちが良い。何はともあれ、これで国民の義務は果た した。

『オーディオ装置』  Apr. 6, 2007 ▲Top
 小さい頃から音響機器には興味が深く、高校時代には当時流行のHIFIの オーディオ装置を自作し、毎日好きなレコードを聞いていた。大学受験の 勉強もラジオを聴きながらの「ながら族」と言われた時代だった。小遣いが 溜まると、パワーアップの部品を買い、ボリュームを上げて楽しんでいた。 今なら間違いなく社会問題になるが、低音の効いた巨大な音は、我が家の 自慢だった。戦後復興で当時は市民の娯楽も少ない時代、友人からけしかけ られ、自作の音響装置も最大の音量なら、何処まで聞こえるかと聞かれた。 スピーカーを2階の窓から外に出し、音量最大で何キロ先まで聞こえるか 試した。当時流行の笠木シヅ子の東京ブギブギのレコードをかけ、自転車で 走ってみた。その頃市内には高層のビルが殆ど無かった時代なので、今とは 比較にならないが、4キロ先までは聞こえていた。大学卒業後の就職は趣味を 生かして音響機器の会社に入社する事になり、多くのスピーカーを設計した。 今は我が家自慢の音響装置も、外に聞こえる程の音を出せば騒音扱いになる ので、静かにヘッドホンで聴くだけだ。大音量のアンプも大型のスピーカー ボックスも無用の長物となってしまった。

『手品』  Apr. 5, 2007 ▲Top
 学生時代、同級生の友人にマジッククラブに所属していて、得意の手品 を我々によく見せてくれた男が居た。いわゆるテーブルマジックと言われる カードやコインなど簡単な小道具で見せる手品だった。なかなか種明かしは してくれないが、何度か見ているうち、段々手の内が判るようになり、自宅 に帰って自分でも練習を繰り返す内、何種類かの手品ができる様になった。 サラリーマンになって、会社の行事等で、一人一芸と各自得意のかくし芸 を披露しなければならなかったとき、学生時代に覚えた手品をやって見せた。 テーブルマジックと、舞台のマジックでは、見せ方が異なるが、その時は 何種類か自作の仕掛けを準備して、何とか舞台でのマジックをやり遂げた。 爾来、本格的にマジック用の小道具を買い揃えて練習し、手の中でハンカチ の色を変えたり、4つ玉、火の付いたタバコを消したり、出したり、切った ロープが繋がるなど、一寸したマジシャンの真似事を演じる事が出来るよう になった。今はあまり披露する機会もなくなり、手先の動きも衰えた。先日、 久し振りに思い出して四つ玉を出してみたが、残念ながら全く指先に馴染まず、 ぽろぽろ落としてマジックにならなかった。

『洗車』  Apr. 4, 2007 ▲Top
 何故なのか不思議に、車を洗うと翌日は雨に降られるというジンクスがある。 埃を被り、泥で汚れた車に乗るのは不愉快だし、人が見ても、何てだらしない 運転手だと思われるのもいやなので、天気の良い日は車を洗うようにしている。 久し振りの洗車なので、隅から隅までブラシで綺麗にして、ワックスまで掛けた。 さて明日はどこかに快適なドライブでもと思ったのに、翌日は黄砂に雨で、折角 磨いた車は、何にもならなかった、と言う悔しい思い出はありませんか?がっかりだよ! でも、しばらくワックスも掛けてなかった車に、掛けたワックスは車の傷みを ガードするのに役立った筈だ。車にとっても、ご主人様の心のこもった労わり を感じて呉れたことと思う。車を大事にする心は、安全運転にもつながり、 きっと幸せをくれる事だろうと信じたい。

『手袋』  Apr. 3, 2007 ▲Top
 若い頃、オートバイやスクーターに乗っていた時代がある。高速で走る時、 手が冷たくなる事や、万一転んだとき、最初に接地するのが手の平であり、 大怪我を避けるため、大きめで丈夫な皮手袋は必ず付けていた。その習性も あって、今では自転車に乗るときも、殆どの場合、手袋をつけて乗る事が多い。 先日、自転車で走行中、目の前を急に左折した車を避けるため、思わず急ブレ ーキを掛けた。当然ながら車輪がロックされてスリップし、その場で転倒した。 瞬間ハンドルから離れた手が、地面についたが、幸いオートバイ用の頑丈な 手袋をしていた為、怪我はなくてすんだ。普通に自転車に乗る時、冬場でない 限り手袋をすることは無いかも知れないが、自転車といえども転ぶとき、凸凹 の地面に素手をつくのはとても危険なので、たとえ薄くても手袋着用を習慣に する事を勧めたい。もし手袋をしていなかったら、きっと手の平は大きく擦り むけたことだろう。

『鼻毛』  Apr. 2, 2007 ▲Top
 人と面と向かい合って話をしている時、ふと相手の顔を見ていて鼻毛が妙に 気になったことがある。美しい女性の鼻毛を見つけたりすると、見てはならない 物を見てしまった罪の意識を覚えた事がある。そんな時、相手に鼻毛の事を言う わけに行かず、かと言って気になりだすと、そこにばかり目が行って話に集中 出来ず困ってしまう。とても素敵な女性と思っていたが、その時以来私の頭の 中から、その鼻毛の事を思い出さないよう必死で記憶を消去しようとした。折角の 美女のイメージがつまらない鼻毛と結びつくのがとても嫌な気分だった。爾来 自分自身が、もしそんな場面で、相手を困らせてはいけないので、毎朝顔を 洗う時、鏡に向かって丹念に鼻毛を調べて、早めに鼻毛カッターで始末している。 経験的に言うと、埃の多い環境では鼻毛が伸びるのも意外に早く、3〜4日毎 に切る位でも早すぎず、1週間以上も放って置くのは長すぎるかも知れない。

『桜前線』  Apr. 1, 2007 ▲Top
 遅れていた桜の開花も始まると、桜前線は一気に日本国内を進んでいる。 テレビや新聞でさくら前線の文字が躍ると、心が弾んで花見の場所を物色する。 花の名前の付いた前線と聞くと、いかにも気象用語のように聞こえるが、実は 気象庁の公式用語ではないそうだ。1963年に気象庁のお天気相談所がマスコミ 用語として作ったもの。正確には「開花(満開)等期日線」と呼ぶものだ。桜の 花が咲く時期になると、全国の気象台が桜の開花予想日・満開日を公表している が、これらの日付け点を1本の線でつなぐと、いかにも天気図の梅雨前線などに 似ているためにそう呼んで来た。基準にしている桜は本州ではソメイヨシノで、 2月から3月の気温を基礎にして開花と満開の予想日の桜前線を引いていく。 地図の上では比較的北に属する関東地方が、南国と思われる九州や四国より開花が 早いのが不思議だが、私の住んでいる四国東予地方はやっと咲き始めたばかり。 今年の花見は、どうやら来週あたりが最高潮のようだ。

Home