『携帯番号ポータビリティ』  Sep. 30, 2006 ▲Top
 携帯電話は一度持ってしまうと、中毒の様に離すことが出来なくなってしまう。 最初の頃は、携帯を持っている人を見ていると、まるでプライベートな時間が無い 様に、どこにいるときも電話に監視されているごとく気の毒に思った。携帯電話を 持っていない私の場合、会社か家を離れているときは、電話で呼び出されることも 無く、誰にも束縛されることの無い自由を満喫していた。しかし仕事の関係で会社 から携帯電話を渡された瞬間からは、日本全国どこに居ても、携帯のベルが鳴れば 自由は失われた。そして、自分自身もいつの間にか、携帯電話を持たずに外出する のは、とても不安で居られなくなり、携帯電話人間になってしまった。最初の携帯 を持って以来、友達、親戚、会社関係の人達に電話番号を周知してしまった関係で 同じ会社の電話機に拘ってきた。例え他社の電話機が魅力的でも番号を変える事が 出来なかった。しかし、今度、10月24日から携帯番号のポータビリティが運用開始 になり、自分の電話番号はいつも同じ番号を継続でき、電話機会社も自由に選択 できるようになる。

『日中国交正常化』  Sep. 29, 2006 ▲Top
 1972年9月29日は、日本と中華人民共和国との間で、国交正常化共同声明の調印式が北京で 行われた日で、日本からは田中角栄首相と、中華人民共和国の周恩来首相が署名した。 この、日中共同声明の内容に基づき、それまで中国国民党を率いて台湾に渡り、中華民国と 称して経済交流のあった現台湾政府との関係は断絶する事となった。中国本土を離れてその 支配権を持たない中華民国との国交が有っても、広い中国本土を実質支配する中華人民共和国との 国交が無いというのは、正常でなかったということから、この調印によって、正式に中国大陸 を支配する中華人民共和国政府との関係が正常化したことは大きな意味があった。 しかし、蒋介石率いた国民党が築いてきた中華民国(台湾)はこの時点で、中華人民共和国の 一部と解釈されることになった。中華人民共和国としては台湾の独立を認めていないので、 日台の関係は複雑な状態が続いている。

『ハンカチ』  Sep. 28, 2006 ▲Top
 今年の甲子園で活躍した早稲田実業の斉藤投手が、マウンド上で汗を拭うのに使用した タオル地の青いハンカチが大きな話題となった。同じようなハンカチは僅か500円程度の ものながら、斉藤投手が使ったハンカチと同じ種類と言うだけで、オークションでは 一時5000円以上の値を付けていた。中には使い古した中古のハンカチまでせりに出されて いたが、いくら野球フアンと言っても少し過剰反応かと思われた。ただ、これまでは何の 疑問も持たず普通の薄手の木綿のハンカチを持ち歩き、手拭や汗を拭いていたが、あれ以来 タオル地のハンカチなら、快適な吸水性で汗を拭うことが出来るのを再認識して、持ち歩く ようになった。最近では汗の臭いを消臭する繊維のデオレックスとか、5分ほどで汗の臭いを 急速分解するブリーズブロンズ加工されたものも出ている。急速分解消臭する繊維の ブリーズ・ブロンズは、肌と同じ弱酸性で、吸水性も非常にすぐれているので常にお肌が サラサラ感を感じるとか。斉藤投手のお陰で、タオル業界が急に活性化している。

『天気予報』  Sep. 27, 2006 ▲Top
yuyake.jpg  子供の頃、明日の天気を占うのに、下駄を空に向けて蹴り上げ、落ちてきた下駄が、逆さま なら雨、横に立てば曇り、正常に落ちれば天気と言っていた。大人達は、今のような人工衛星 による観測をしていた訳ではないので、長年の経験で空を眺めただけで天気の予想をしていた。 亡くなった母親に、明日は遠足だと言うと、西の空を見て結構正確に天気予報をしてくれた。 夕焼けの翌日はお天気がいいと昔の人は言うが、日本付近の天気は、西から東へ一日千キロ くらいの速さで移動する春や秋は、確かにそうなることが多いが、夏や冬は必ずしもそうではない。 夕方は太陽光が大気中を斜めに通ってくるので、波長の長い赤や黄色だけが遠くまで届いて、 赤く染まった夕焼けになる。西の空が夕焼けに染まるのは、これから東へ移動してくる天気が、 雲が少なくいい天気だということを示していたのだ。

『バードストライク』  Sep. 26, 2006 ▲Top
fuuryoku.jpg  バードストライク、近年クリーンエネルギーとして風力発電施設の立地が進む一方、野鳥保護を 徹底する必要があるとして、環境省は風車の色彩を工夫するなどの実証実験に取り組み始めた。 風力発電施設の周辺を通過する野鳥が、風車の回転翼に衝突して死傷する「バードストライク」 が多発して問題となっている。この問題は今に始まったことではなく、航空機におけるバード ストライクは、離・着陸動作中の速度が比較的遅く、高度が低い時に起こって居た。 バードストライクにより、ハヤブサが刺さった飛行機では、ジェットエンジンが主流の現在は 空気吸入口に吸い込まれる事故が多く、ヘリコプターではローターに巻き込まれる事故が多い。 飛行中に衝突することもあり、小型の鳥類であっても、高速で飛行する航空機にとって衝突時の エネルギーは大きなものとなり、最悪の場合、墜落に至るケースもあった。 新幹線などの高速鉄道でも起きるケースが多い。特に新幹線においてはかなり発生している様で、 先頭車両にはその際にできる跡が生々しく残っている場合もある。 風力発電施設のバードストライクは国内ではトビの衝突死が多い。風力発電の先進国である デンマーク、オランダ、イギリス、アメリカなどの報告でも、猛禽類や渡り鳥の衝突事故が 多いことが実証されている。しかし、各国共これといった有効策がないのが現状である。 環境省は野鳥を風車から守れ!と2007年度予算概算要求に5億円を盛り込んだ。

『反則金保険』  Sep. 25, 2006 ▲Top
 先月菊間港へ釣に行ったとき、帰り道の道路で一時停止違反の青切符を切られ、7000円の罰金を 払うことになった。考えて見ると一時停止違反、スピード違反は、気をつけているようでも時々 一斉検問の対象になっている。若い頃と違って、大きな違反ではなく、田舎の道路で30〜40km のような所を見落としていた等うっかり違反ばかりだ。しかし罰金は痛い。所で新聞で 知ったが、交通違反(青切符)の反則金を補償する無認可共済「全日本交通相互保障協会」と言うのが あったのだ。入会金2000円、年会費6000円を払えば、契約期間中(1年間)何度でも反則金の全額 にあたる保険金を支払う「ライセンス保険」なのだ。私の場合なら、十分ペイ出来たことになる。 反則金は普通車の場合、駐車違反で最高18000円、スピード違反は高速道路で最高35000円、 一般道で最高18000円、赤信号無視は9000円など。 無認可共済は根拠法がないため、保険と同様の金融商品を扱いながらこれまで認可を必要と しなかった。しかし、改正保険業法で、加入者が1000人を超える場合は規制対象になり、今回 9月末までに金融庁へ届け出なければならなくなった。同協会は今月4日に解散を決議し、清算 手続きに入った。ただし、フランチャイズ業者の多くは、加入者が1000人以下のため、規制対象 にならず、反則金保険事業の継続は可能なのだ。金融庁も結果的に保険を黙認せざるを得ない 状況にあるらしい。改めてこの保険加入について研究して見る価値がある。

『お彼岸』  Sep. 24, 2006 ▲Top
haka.jpg  日ごろ疎遠にしている人でも、お彼岸には御先祖様のお墓の手入れをして、お線香を 上げてお参りするものだ。この時期、墓地を訪れるとそんな人達の姿が多く見られる。 我が家は、私の両親の墓地と、家内の実家の墓地は、1km程離れた比較的近いところに あるので、同時に回ってお互いのお墓の草引きをし、お供えと線香を上げてくる。お墓 の周りに民家が近い家内側のお墓は、枯れた花や雑草など、処理する焼却炉はダイオキシン 問題から、市の命令で撤去されてしまった。従って今は、原則ごみは持ち帰らなければ ならないが、私側のお墓には、焼却炉が設置されていて、枯葉やごみの処理は簡単である。 最近、お墓参りの順序は、家内側のお墓参りをして、出来たごみを持って私側のお墓に 行くと、ごみ処理が出来て、とても都合よく片付くことになる。墓参りでもっとも問題なのは、 深く伸びた雑草に潜む、やぶ蚊の群れだ。短い時間なのに、お参りを済ませるまでに、 体中何箇所も蚊に刺されてしまうことがある。それも長袖、長ズボンの上からだ。 お線香の煙が、蚊よけになるかと、一杯火をつけて煙を立てるがあまり効果はない。 今回は、スプレー式の殺虫剤を、その辺中一杯撒いて、草引きをしたので、スプレーは 1缶全て使い果たした。でもお陰で今年は蚊に刺されることは無かった。

『竜巻』  Sep. 23, 2006 ▲Top
 台風13号が九州地方などを襲った日、宮崎県内では大きな被害の出た延岡市のほか、 日南市と日向市でも竜巻が発生していたことが、宮崎地方気象台の調査で分かった。 竜巻とは、積乱雲や積雲に伴って発生する強い上昇気流をもった激しい渦巻きで、 雲の下からたれるように、柱状の雲(漏斗雲)ができ、地面から巻き上げた塵や砂等が 螺旋状に立ち上がり、雲の軸がまっすぐ、または曲がりくねった形に見える。 竜巻の中心は周りよりも気圧が低く、その為地表付近では竜巻の中心に向かって螺旋状に 風が吹き、中心に近づくほど上昇気流となって周囲の空気や物を巻き込みながら移動する。  宮崎地方気象台によると、宮崎県沿岸部は台風が北上する際、積乱雲の塊が海上から いくつも入って上空を覆い、竜巻が発生しやすくなるという。昨年9月にも台風の 北上に伴い、宮崎市内で「F1〜2」の竜巻が確認されている。 今回は、列車が転覆するほどの突風なので、昨年よりも大きな規模だったと見られている。

『花道』  Sep. 22, 2006 ▲Top
 ゴルフで、グリーンを攻めるとき、素直に攻められないように、バンカーや池等で 意地悪く設計されているホールがある。しかし、少し正面を外した脇に、幅を狭めて ルートが作られている。最後のショットでグリーンを狙う時、このルートから攻めると、 トラブル無くいけるところから花道と呼んでいる。歌舞伎等では、舞台正面の客席を 横切って張り出した部分を花道と呼ぶ。花道は舞台の場面によっていろいろに変化する。 例えば、舞台の設定が屋内の場面では、花道は廊下になり、屋外の場面では道になる。 このように花道は、舞台とは異なる場面を演じる場所として、重要な役割を果たしている。 相撲の世界でも、力士が土俵に向かう通路を花道という。これら花道の由来は、実は 相撲の歴史に一番関わっている。奈良・平安時代には宮中で盛んに相撲大会が行われて いた。この相撲大会では力士が東西に分かれて勝敗を競っていた。東方の力士は葵の花、 西方の力士は夕顔の花をつけて登場したので、花をつけた力士が通った所から、通路を 花道と呼ぶようになったと言われている。また、色々な場面で活躍した人の、去り際に も、華々しい人生の花道と言う言い方もある。

『修理費用』  Sep. 21, 2006 ▲Top
 私のビデオカメラは、古い順にソニー、キャノン、ビクター製の3台を持っている。 少し前に、娘達が旅行すると言うので、一番古いソニー製のビデオカメラを貸していた所、 何処かにぶつけて、レンズ部分が壊れてしまったと返してきた。そのままでは使えないので、 先日ソニー製品のサービス店に修理の見積もりを依頼した。数日して、見積もりの連絡が 来たが、レンズ部分は機械的に壊れているので、正常なレンズに交換しないと駄目と言うことと、 中の回路基盤がショートしているので、基盤交換が必要で、修理費は15,000円と回答されてきた。 他にもカメラはあるし、古いカメラの修理にそんな高額な費用をかけるのも勿体無いので、 修理依頼は中止した。 一昨日、今度は愛用のインクジェットプリンターが、カラー印刷は正常なのだが、黒インキ で印字するテキスト文字だけが、何故か印字しなくなった。近くのメーカーサービス店に 電話で修理見積もりを依頼した。結果はヘッドの目詰まりなので、交換修理は7,500円だと いわれた。最近インクジェットプリンターも価格がこなれているし、オークション価格では、 修理代と同じ位の価格で新品相当が買える時代だ。修理は止めて、新しいものを買うことに した。可能な限り修理してリサイクルしたい所ながら、修理代が新品に近い費用では どうしようもない。電気製品や精密機械にはこんな問題が多く発生しているが何とかならない ものだろうか。

『バスと汽車』  Sep. 20, 2006 ▲Top
 私たち子供の頃、市内の移動は大抵バスだった。遠くへいく場合は汽車(国鉄)を利用した。 市内にも、西原町の新居浜港と国鉄新居浜駅との間には、住友鉄道(私鉄)が走っていて、 時々利用したことがある。その時代は、当然蒸気機関車なので、石炭の黒煙を撒き散らしていた。 夏場の乗車は暑いので、窓を全開する関係から、煤煙対策に窓には網戸が付いていた。 網のメッシュで大粒の煤は一応排除出来たが、汽車を降りる頃にはすすで鼻の穴は黒く煤けていた。 新居浜市内の交通は、瀬戸内バスと、市営バスが共存して走っていた。瀬戸内バスは ガソリンエンジンだったが、市営バスは、バッテリーで走る電気自動車で、音が静かで人気が あった。瀬戸内バスのガソリンは、戦争中の燃料不足から、木炭で走っていた時代もあった。 木炭バスは、時々バスを停めて、車掌が車の後ろに積んだ、釜の調子を見たり、火を 起こす送風機を手で回したりしていた。瀬戸内バスは、いつも乗客で溢れ、車に入りきれない 乗客が、乗降口にぶら下がる様にしがみ付くのを女性の車掌が腕で包むように、外から支えて 乗っている風景を良く見かけた。しかし市営バスはバッテリーの充電にコストが 掛かったのか、車の故障が多かったのか、長くは続かず、いつの間にか廃業していた。 多分利用者の多い路線を選んで走る瀬戸内バスに比べ、利用者の少ない路線を走らされた 市営バスの宿命から、赤字経営で廃業せざるを得なかったのだろう。

『ベータ版』  Sep. 19, 2006 ▲Top
 インターネットエクスプローラのバージョン7のベータ3版を何気なくダウンロードした。 IE6に比べて、画面が大幅に改善され、殆どの操作は適切なアイコンが設置されて、スムース に画面コントロール出来るのが気に入っている。ソフトウエアーの開発では、良くベータ版が 出される。ベータ版とはまだ本番になる前のテスト版のこと。つまり、バグがあるかも知れない 試用期間のソフトやアプリケーションのことを言う。その段階ではまだ不都合な箇所が残って いるかも知れないが、無償で提供される代わりに、利用者が我慢をして使い勝手のテストを しているわけで、使用上の不都合にクレームは付けられないのが原則だ。 とは言っても、ベータ版は他の開発途上版と比べれば徹底的にバグを解消しており、正式版の 機能を一通り備えた完成品に近い状態と考えて間違いない。現在このIE7ベータ版を入れて 最大の問題点は、伊予銀行のネットバンキングが接続できない事だ。伊予銀行によれば、現在 正式にはIE6しか認めていないので、ベータ版が正式版になるまでは利用出来ないとしている。 慌てて、IE7を入れてしまったパソコンからの銀行操作が出来ないので、もう一台の予備の パソコンはIEの更新を控えていて助かった。伊予銀行には早くIE7の認定を急いで欲しいものだ。

『台風13号』  Sep. 18, 2006 ▲Top
 強い台風13号として予報に注目していたが、九州に接近、上陸する見込みになり、 土曜日の「いも炊き会」は、野外の会場が営業取りやめとなった。仕方なく場所を 近くのお好み焼き屋に変更。昨日の日曜日はホームコースゴルフ場の「月例会」だった。 朝起きたとき、外は雨もなくゴルフに支障なく見えた。急いで出発の準備をして車まで 出た所で、大降りの雨に急変、これから接近する台風の影響が出始めたと思われた。 車がゴルフ場に着いた頃は土砂降りで、台風接近を考えてゴルフを諦めてキャンセル を申し込み、キャンセル料2500円を支払い帰途についた。しかし、家に帰り着く頃、 雨は止み空は晴れてきた。この状態ならプレーは可能だった。悔しいことに、 罰金まで払ってキャンセルした以上諦めるしかなかった。結局ゴルフを止める決心を した後から、夕方まで全く雨は降らなかった。本格的な台風の影響が出て来たのは、 夜になってからで、台風13号に振り回されて、2日間の予定は全く狂ってしまった。残念!! その後の台風は、九州地方を中心に、かってない暴風雨に晒され、各地で大きな被害が 出ている。更に進路は北海道まで日本海側を進むと見られ、沿岸は厳重な注意が必要だ。

『セレブ』  Sep. 17, 2006 ▲Top
 最近、テレビや雑誌で良く使われる言葉に、単なるお金持ちでもセレブと言う。 元々、セレブとは、名士や有名人を意味する言葉で、「celebrity(セレブリティ)」 の略であり、著名人や有名人の他、美しく優雅で知的な淑女を言う場合が多い。 多くの場合、マスコミで華やかな話題を提供する有名俳優・モデル・スポーツ選手 ・実業家などを指す。例えば、海外ではスーパーモデルのナオミ・キャンベルなどが、 国内では叶姉妹などが、このように呼ばれている。また、それらが身に着ける装飾品等 を「セレブ御用達」と言う。セレブと言う言葉の意味を明確にしないまま言葉が独り歩き したため、単なる成金の金持ちや高価なブランド品を身に着けると、セレブな生活と 使われるようになった。今では、金持ちであれば誰でもセレブと言われるようになった。

『マッチ』  Sep. 16, 2006 ▲Top
 石器時代の人類にとって、火は重要なものだが、火を起こす事は大変な作業だった。 一度手に入れた火種を、継続的に残すことを覚えて、生活の中で活用出来る様になった。 今なら簡単に火を付けられるライターが有るが、1827年にイギリスの科学者ジョン・ ウォーカーが塩素酸カリウムと硫化アンチモンを頭薬とする摩擦マッチを考案するまで 続いていた。形としては今のマッチと同じだが、いろいろ問題点もあった。1830年、 フランスで黄燐マッチを発明した。これは頭薬を何にこすりつけても発火した。、 昔、西部劇の映画のシーンでは、壁やお尻などで火を着けるのを見たことがある。 それなりに普及はしたが、自然発火が起こりやすく、また黄燐の毒性が問題となった。 その後、赤燐を頭薬に使用し、マッチ箱側面にヤスリ状の摩擦面をつけた赤燐マッチ が現れた。側面に赤燐を使用し、発火部を分離することで、頭薬をそこにこすりつけて 発火させる安全マッチが登場し。日本でも1875年にマッチの製造が開始された。 マッチの普及により箱自体に、店の名前を印刷したり、広告等を描くことが可能で あることから、マッチ箱を収集する者の対象になったこともある。

『飲酒検知拒否』  Sep. 15, 2006 ▲Top
 飲酒運転による悲惨な事故多発に、取締りを強化した警察に対し、運転者が 罪を逃れるあの手この手が話題になっている。最近、飲酒運転の取り締まりの際に、 警察の呼気検査を拒否するなどして、道路交通法違反の飲酒検知拒否容疑で検挙 される件数が増えていると言う。理由は、検知拒否の罰則は罰金刑だけ。正直に 計測されて、万一酒酔い・酒気帯び運転で懲役刑を言い渡されるよりも、軽い処分 を狙い、運転者が検査逃れを図っているらしい。今の法律では、酒酔い運転の罰則は 3年以下の懲役か50万円以下の罰金、酒気帯び運転は1年以下の懲役か30万円 以下の罰金になったが、検査拒否は5万円以下の罰金だけなのだ。このため検査 拒否が増えたとみられている。検査拒否以外にも、警察官の姿を見て逃走を図る 悪質運転者も増えている。福岡で8月に3人死亡した飲酒運転事故では、逮捕された 運転者が、検査前に友人の大学生に頼んで運ばせた多量の水を飲んで飲酒隠しを 図っており、この場合は水を運んだ大学生も証拠隠滅で逮捕されていた。 飲酒運転撲滅の為には、もっと整合性のある厳しい法律の改定が必要だ。

『飲酒運転』  Sep. 14, 2006 ▲Top
 これだけ社会問題になり、警察の取り締まりが強化されているにも関わらず、酒を 飲んで運転しているやからが後を絶たない。飲酒運転で人身事故を起こせば最長20年の 懲役を科せられると報じられていても、車のハンドルを持ってしまうのは何故なのだろう。 警察による飲酒運転取締まりの様子をテレビで見ていると、違反者の殆どは、酒酔い の認識の無いことが浮き彫りになっている。警察の検問を受けるまで、自分の体内の アルコール度が判らない所に問題があるようだ。  三菱自動車やトヨタ自動車は、クルマに搭載したセンサーが運転手の酒気を感知すると エンジンがかからなくなるシステムの開発に着手している。日産自動車も、蛇行運転を クルマが感知して飲酒事故を防ぐなど、様々なアイデアを検討している。 現在の車は、あらゆる動作を電子制御でコントロールすることが出来る。酒を飲めば、 呼吸器のアルコール度は、計器で簡単に数値が出て来るのだから、運転者が席に着くと、 スターターのキーと連結して、アルコール度を計測し数値を表示する。この時点で 運転者は、基準値に対する自分の状態を認識することが出来る。そして値が基準値以上 なら赤色灯が回り、スターターは回らない。数値から計算して、安全運転可能時間まで あと何時間と表示し、それまで運転者は絶対にハンドルを握らないというアイデアは どうだろう。

『秋刀魚』  Sep. 13, 2006 ▲Top
 天高く馬肥ゆる秋と言うが、このところ天気が優れず鬱陶しい秋雨が 続いている。天気が冴えないと食欲まで減退する。しかし秋雨のお陰で 気温はめっきりと下ってきて、夜寝るときは、窓を閉めるようになった。 さて、その食欲をかき立てる食べ物といえば、何と言っても秋刀魚だろう。 七輪で火を起こし、金網の上で焼くサンマから滴る油の焦げる臭いは 堪らぬ食欲を掻き立てるものだ。サンマは秋になると産卵の為、千島列島 から本州の太平洋側を南に下り、親潮に乗って9月から10月に三陸沖を 通過、11月には銚子沖にやってくる。この頃が最も脂ののった旬なの だが、市場のサンマは北海道辺りでその前に漁獲されたものが出ている。 旬の頃、脂ののったサンマは、丸ごと焼いて大根おろしで食べるのが最高。 大根おろしは青首大根よりも、辛味の強い地大根のおろしが、一番サンマ に合う。新鮮なサンマの肝はトロッとしていて甘味があり、 実に美味い ものである。サンマは肝を食べなければ意味が無いと言われるのも、 そんなところから来ている。

『帝王切開』  Sep. 12, 2006 ▲Top
 2006年9月6日、日本の皇室としては初めて、秋篠宮紀子さまが帝王切開を実施され 親王が無事誕生した。帝王切開とは正常分娩が望めない状況のとき、開腹手術により、 分娩する方法で、古代ローマの皇帝ジュリアス・シーザーがこの方法で産まれたことから、 後にこの分娩方式を帝王切開と言われるようになったとされている。紀子さまの場合、 見事親王の誕生は、帝王切開に間違いない。古代中国などでは、占いにより皇帝の誕生日 に重要な意味があり、誕生日をコントロールする為、帝王切開で出産日を決めたと言う話も 残っている。昔の帝王切開は、お腹を縦に切っていたが、今は手術後の為に、お腹の横皺 に沿って水平に切った方が、お腹の曲げ伸ばしに自然なので、現代では横に切開する方法が 増えているらしい。但し手術としては、縦に切る方が子宮の形状からやり易いそうだが、 紀子様の場合、余計なことだが、縦横どちらに切られたのだろう。 因みに、昨年私の手の平に出来た大きな異物を取り除くのに、メスの入れ方は、全て手相の 皺に沿って何箇所も切り腫瘍をとり除いた。縫合した後の傷口が治った今は、手相の皺以外に 傷跡は何もわからないし、手の平の動きに何の違和感も無いのは、同じ理屈なのだろう。

『公衆電話記念日』  Sep. 11, 2006 ▲Top
 今から106年前の今日、上野駅と新橋駅に公衆電話が設置されそれを記念して、9月11日は 公衆電話の日と制定されている。当時の電話は受話器を持って、交換手を呼び出し、相手に 繋いでもらわなければならなっかたので、結構面倒だった。 私の大学生時代(昭和28年頃)でも、まだまだ電話の普及は進んでいなかったので、 家の近くで電話のあるところへは、あらかじめご挨拶をして、電話番号を聞いて置く。 自分に用事があるときは、そこに電話をして貰い、呼びに来てもらって電話をしていた。 当時の名刺には、電話番号の末尾に呼び出しと書いてあり、自分の家の電話ではない事を 書き、掛けてくる人は、呼び出してもらう謝礼の言葉を添えてもらう心遣いが必要だった。 考えて見ると、世田谷区で私が下宿していた家から、呼び出してもらう家までは、100m 近く離れていて、夜など呼びに来てくれるのには、とても恐縮していたが、当時はそんな ことは当たり前のようにしていた。電話があると言えば、お金持ちの証拠で、ご近所への サービスは、当然の奉仕と考えていたのだろう。その頃は急ぎの連絡は、電報も良く使われた。 「カネオクレ」「チチキトクスグカエレ」など、短い文章でも、行間を読んで立派に通信の 内容を伝えていた。さしずめ現代の携帯メール並みなのだろうが、料金は1文字何円の世界 なので、如何に文字数少ない電文にするかが命だった。

『水洗式トイレ』  Sep. 10, 2006 ▲Top
 今では下水道の普及で、水洗式トイレはごく当たり前になってきたが、地方によっては 下水道整備が遅れていて、未だ煙突のある汲取式トイレもあるように見られる所がある。 私が結婚した昭和32年、東京の文京区で新婚所帯を持った借家では、大家さんと共同の台所と、 共同便所だった。当時東京都内の下水道整備は急ピッチで進んでいたが、水洗化への進化過程で、 簡易水洗式と称して、台所や洗濯場の水を一時的に溜める水槽を作り、その水を一定水量流す ことで下水道に流し込む方法が取られた時期がある。このときの便器は、旧来の和式便器で、 今までの肥溜めは無いものの、便器の下は空洞の空間があった。底にはコンクリートで固めた 水路があり、落ちてきた排便を溜めておいた水で流す方式だった。以前のように、前の 利用者の排便は流されているので、臭いもないし、自分が出したもの以外は何も無いのが とても快適だった。やがて公団住宅の抽選に当たり、本格的な文化生活が出来るようになった。 正式の水洗トイレでは、生まれたばかりの子供たちのオムツは、水洗便器の中で洗ってから、 洗濯機で洗濯するという方法をとったが、とても合理的で便利だった。更に自宅を購入する 時には、ウォシュレット式を注文した。以来、外でのトイレもウォシュレット式でないと、 我慢するほど、元の方式には戻れなくなっている。

『救急の日』  Sep. 9, 2006 ▲Top
 昭和57年度から毎年9月9日を「救急の日」、また「救急の日」を含む 一週間を「救急医療週間」と定めて、市民の救急医療や救急業務に対する正しい理解と 認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図るため、行政の関係機関により啓発 活動が実施されている。全国の救急隊が搬送する心肺停止状態の患者は、年間約9万人 近くいるが、そのうち約半数が、家族や救急隊員の目の前で心肺停止が確認されてる。 その命は、そこに居合わせた人、そして救急隊員が、必要な応急処置を行うことで、 救うことのできる命である。救急現場においてより多くの命を救うため、平成3年から 導入されているのが「救急救命士制度」で、救急救命士は、救急隊員の中でも、除細動 (電気ショック)や器具を使用した気道確保などの高度な救急救命処置を行うことが できる資格をもった隊員である。現在、全国では約6万人程の救急隊員が活躍しているが、 そのうちの1/4が救急救命士の資格をもっている。救急救命士による心肺停止患者の 救命率は、一般救急隊員による救命率より7%近く高い。救急救命士が行う高度な 救急救命処置によって、心肺停止状態で搬送される患者の救命率は、確実に向上して いると言う。

『平和条約の締結』  Sep. 8, 2006 ▲Top
 昭和26年9月8日この日、第二次世界大戦を戦ったアメリカ合衆国をはじめ連合軍の 諸国と、日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結されたのが サンフランシスコ平和条約である。昭和26年9月8日、日本側首席全権の吉田茂に よって署名され、翌年の昭和27年4月28日に発効した。日本国内では、昭和27年4月28日 条約第5号として公布された。この条約によって、連合国は正式に、日本国民の完全な 主権を承認した。なお、国際法上では、この条約が発効されるまでは「戦争状態」が 、続いていたとされ、ポツダム宣言の受諾を表明した昭和20年8月15日や、降伏文書に 署名をした昭和20年9月2日以降も戦争状態は継続していたものとされている。 この条約によって日本は朝鮮の独立を承認、朝鮮に対する全ての権利、権限及び請求権の 放棄。日本の台湾・澎湖諸島の権利、権限及び請求権の放棄。南洋諸島の権利、権限及び 請求権の放棄。南西諸島や小笠原諸島を合衆国の信託統治に置くことの承認をしている。 更に、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を 受諾した。これら条約文は英語・仏語・スペイン語であり、日本語の正文はない。 従って、その後の解釈には日本の外務省がおこなった和訳が、正文に準ずるものとして 締約国の間で承認され、国会承認・内閣批准を受けた公式なテキストとして日本国内では 扱われている。 日本は、この条約を締結しなかった国々とは個別の平和条約を締結したが、現ロシアとは いまだに平和条約を締結しておらず、法的には現在も関係不正常状態にあり、北方領土 問題などを残している。

『跡継ぎ』  Sep. 7, 2006 ▲Top
 天皇家において、41年ぶりの男子誕生で、日本国中が祝福の拍手を贈った。 長い間、皇位継承で心配していた問題は、これで当面の跡継ぎは解決した。 我が家でも、結婚後、家内の健康が優れず、妊娠しても母子の状態が不調で、 3回の人工流産を経過した時点で、母からは跡継ぎを諦めたとまで言われ、 家内の失望ぶりは大変なものだった。しかし、何としても跡継ぎだけはと 更なる努力を続け、まずは9ヶ月の早産ながら長女を出産。続く妊娠には、 計画的な跡継ぎ出産を目的に、食事法などを取り入れ、見事に男子を懐妊し、 7ヶ月目の早産で未熟児ながら無事長男誕生。保育器の世話で育てることには なったが、跡継ぎ問題は解消した。我家にとって、後世に血筋を残すことに 命を懸けた妻は誇らし気だった。そしてその努力と根性には今も感謝している。

『いも炊き』  Sep. 6, 2006 ▲Top
 夏の終わる9月頃から、今では愛媛の郷土料理となった「いも炊き」が盛んになる。 「いも炊き」の発祥は愛媛県大洲市とされ、300年の伝統があると言われている。 愛媛県内各地の河原や公園で家族、職場、趣味のグループなどで、各家庭や 地域の特色、味付け、材料を用いて親しまれている。四国では「いもたき」が 行われるのは愛媛県だけと言われている。材料には里芋、大根、鶏肉や油揚げ、椎茸、 コンニャク等を、砂糖や薄口醤油、塩、みりんであっさりと味付けして煮込む。 一方私が、30年ほど前仕事の関係で、山形に赴任した頃、山形市内の馬見ヶ崎の 河原でも9月から10月にかけて、「いも煮会」が盛んに行われていた。山形のいも煮も 元禄時代から行われていると言い、愛媛と違うのは、牛肉をメインに、さといも 、こんにゃく、 ねぎや大根などを砂糖、醤油、日本酒で味付けする。 最近では、山形商工会議所青年部が平成元年に始めたイベントで、 直径6mの大鍋に里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3,500枚、ネギ3,500本、味付けの醤油 700リットル、日本酒50升、砂糖200kg、そして水6tを入れ、6tの薪(ナラ材)で煮炊き し、3万食と言う、まさに日本一のいも煮会が名物になっている。山形ではいも煮会に 誘われると、自前のマイおわんと箸を持って参加するのがマナーだった。

『石炭の日』  Sep. 5, 2006 ▲Top
 9月5日は、石炭の日(クリーン・コール・デー)。クリーンが9月、コールが 5日の語呂あわせから平成4年に資源エネルギー庁の呼びかけで、日本鉄鋼連盟、 電気事業連合会、日本石炭協会等8団体が石炭の日として制定したもの。 石炭は人類のエネルギー源として、古くから燃える石として利用されてきたが、石油 資源と比べて、採掘のコストが段々あわなくなり、次々と炭鉱が閉鎖されていった。 しかし、かつてのイメージとは違い、今、日本で利用されている石炭は、硫黄や窒素 酸化物が除去され、煙突から出る黒い煙や煤塵はなく、また酸性雨の原因となる硫黄 酸素物もほとんどないと言われている。また、地球温暖化の原因となるチッソ酸化物 や二酸化炭素もごく微量なのである。このことから、クリーンな燃料として、また 安定供給がのぞめる燃料であり、さらに将来、よりクリーンなエネルギーを作り出す 原料として、石炭を見直そうというのがクリーン・コール・デー(石炭の日)である。 石炭は古代植物が枯れて堆積した層に、地殻変動で圧力が加えられて出来たもの。 英国では石炭の層から石斧が見つかったことから、石器時代から石炭を燃料にしていた ことが伺える。日本では日本書紀に燃える水、燃える土が天皇に献上されたと記録され ていることから、石油と石油が浸み込んだ土か亜炭の類ではないかと推測されている。

『櫛の日』  Sep. 4, 2006 ▲Top
tuge.jpg  9月4日は語呂合わせで「くし(櫛)の日」だ。私は若い頃からスポーツ刈りに しているので、櫛の世話になることはない。櫛の日を制定したのは美容関係者らが 櫛を大切に扱い、美容に対する人々の認識を高めてもらおうと 1978年(昭和53年) に制定した。なお関連して9月1日〜7日を美容週間としている。日本で櫛が 使われたのは飛鳥時代以降という記録が残っている。西洋にも櫛は実用品として 普及していたが、日本では、単に髪を梳いて整えるだけでなく、かんざしなどと 同じように、そのまま髪に挿して髪飾りとして使用する方法が発達した経緯がある。 髪飾りとしての利用から、日本で発達した材料にはツゲやベッコウなどが多く 装飾を兼ねて使われてきた。今は余り見かけることは少なくなったが、昔は母の 鏡台には、きれいに手入れされたツゲの櫛を良く見かけたものだが、その母も今は亡い。 ツゲ櫛は、弾力性があって手触りがよく、油気も多く、静電気を起さず髪や地肌を 痛めないと言われている。静電気を起さないため、枝毛、切れ毛が防げるのだ。 古い日本語では髪のことも「くし」と言っていた。これは今でも「おぐし」 などといった表現で残っているが、これは櫛を髪に挿すところから「くし」 と呼んだもので「櫛」と「串」は元々同じ言葉の意味があったものらしい。

『ダイエット』  Sep. 3, 2006 ▲Top
 先週末の体重は69kg台と、その前一週間の間、夏休みで帰省中の娘と孫の相手で遊んで居た為、 日常的トレーニングのフィットネスクラブを休んだことが影響して4kg近く体重が増えていた。 それから一週間、これまで以上に毎日のトレーニングを厳しく再開したら、やっと66kg台まで 体重が戻った。昨日は天気も良く、家内と近くの海岸で魚釣りを楽しんだが、前日までの雨が上がった せいで空気が澄み切り、紫外線も強くすっかり日焼けした。汗も相当かき、日焼け止めに着ていた ジーンズの長袖シャツが汗を絞るほど濡れていた。1日中海岸線を釣り歩き、それだけ汗をかいた お陰で、昨日1日で更に体重が減り、長年目標にしていた64kg台にダイエット出来ていた。 ただしこのダイエットは単に汗で水分を排出したものでもあるので、水分の補給で体重はすぐ 戻ると思うが、それでも25年ぶりに目標にしていた64kg台への減量体験はとても嬉しいことだ。 食べたいものを我慢して痩せることまでは考えていないが、厳しい運動による減量なので、健康には 問題ないよう配慮しているつもりだ。

『土曜半ドン』  Sep. 2, 2006 ▲Top
 今では週休2日制が定着して、大抵の企業は土曜休日は当たり前だが、 昔は仕事の休みと言えば、日曜日だけで、祝日でも休める会社は、一流優良 企業に限られていた時代がある。欧米企業に比べて日本人は働きすぎだと言う 風潮が高まり、少しずつ労働時間の短縮が行われるようになった。そのころ、 実施したのが、労働組合と会社側の話し合いで始めた土曜日の「半ドン」制だ。 その為の工夫として月曜日から金曜日まで毎日の労働時間を30分だけ伸ばし、 それによる生産性の向上分を、土曜日の午後から休みにすることで、労働時間 短縮が始められた。社員にとって、土曜日の午後から、遊びに活かせる時間が 出来たことにより、生活に少しゆとりが出て、心身のリフレッシュが出来た。 これを契機に、労働組合と会社側との時間短縮について、検討が繰り返され 生産性が向上する毎に、労働時間の短縮を進めるようになった。更に生産性に 貢献するZD(Zero Defect)運動の導入や品質管理の手法を活用し、企業の 採算性は飛躍的に向上するようになった。無論生産現場の機械化オートメ化 の推進も、少ない人員で効率的な生産増に貢献したことは言うまでもない。 懐かしい「半ドン」と言う言葉は、その頃から一般化した言葉だが、元々は オランダ語の休日が「ドンタク」で、その半分と言うことからハンドンと 言われるようになったもの。「博多どんたく」も同じ言葉から生まれている。

『防災の日』  Sep. 1, 2006 ▲Top
9月1日は防災の日だ。1960年に国土庁により制定されているが、1923年のこの日に 突然襲ってきた関東大震災で、死者9万1802人、行方不明4万2257人、家の倒壊消失13万軒 という大災害を受けた。また、昔から暦の上で立春から数えて210日目のこの時期には 台風被害も多く、災害への心構えを促す日としている。災害時に備えて、家庭では、 いざという時の避難場所の確認や非常持ち出し袋を用意して置くことが大切だ。 用意する中身は一人で持ち出せる最低限のものを準備し、一年に一度は必ず点検し、 電池やミネラルウォーター、缶詰などは古くなっていれば新しいものと交換しておく。 また、災害直後には持ち出せなくても、後々使用できるように水やインスタント食品を 別の場所にストックしておくと万全である。最近は緊急時に役立つ携帯電話も、充電機器 は停電時等には対応できず、肝心のとき電池切れの可能性がある。コンセントなどから 充電するものでなく、乾電池等から充電できる方法なら、例え停電していても対応が可能。 また、手動で発電できる機器も出ているが、緊急時には役立つグッズと言えよう。 防災袋に入れる非常食には、乾パンと水の他、焼き鳥の缶詰等が良いようだ。 理由として、焼き鳥の缶詰に使われている油の溶ける温度が比較的低いことが考えらる。 加熱処理ができないため、口の中で溶けやすい油が使われているのが良いとのこと。 また、ビタミンCがストレスを和らげる効果のあることも上げられている。 災害は、忘れた頃にやってくる。いつも非常時に対する心構えを持ち続ける事が大切だ。

Home