『郵政民営化』  May. 31, 2005▲Top
 小泉政権最大のテーマである郵政民営化の詰めが迫っている。野党の民主党と社民党が 議事をボイコットしてそれぞれ地元に戻って、支持者の理解を得ようと躍起になって集会を 開いている。しかし支持者達は議会を放棄している野党に対する理解は厳しいようだ。国民の 税金を使って、議会を放棄していては、何の説得力も無いことを知るべきなのだが、この野党 は何を考えているのだろう。良きにつけ、悪しきにつけ正々堂々と論議を重ね、民主主義の 基本である多数決で法案が成立しても、それは仕方のないこと。与党の自民党にも、 多くの反対派が居て、過疎地の郵便局の存続に問題点を挙げている。少数ながら共産党は 単独でも頑張っている野党根性は立派で、議会を放棄するだけで能のない民主・社民党議員は、 せめて自分たちの対案を出す位の努力はして欲しいものだ。

『ホクロ』  May. 30, 2005▲Top
 2ヶ月ほど前、行きつけの皮膚科クリニックへ行ったとき、最近頬っぺたに目立ってきた ホクロ様のものが妙に心配になり医者に皮膚がんではないかと相談した。医者の見立ては、良性の 腫瘍で、老人性疣贅(ゆうぜい)(脂漏性角化症)だと言い、気になるなら週に1回液体窒素を塗布 すれば自然に消えるとの診断だった。以来毎週月曜日に通い、液体窒素の塗布を続けてきた。当初 目立っていたホクロのほとんどは、いつの間にか消え、以前は目立たなかったものを今はターゲット にしているが、2ヶ月が近づく最近は、顔中のホクロの殆どはなくなった。テレビなど見ていると、 きれいな女優さんが、顔の目立つ部分に大きなホクロなどがあると、こんな簡単な治療で取れる のに、なぜ放置しているのかと思う。多分仕事が忙しすぎて、治療の暇もないのか、それとも こんな簡単に治療できることを知らないのなら、教えてあげたい気持ちになる。

『サウナ』  May. 29, 2005▲Top
 フィットネスクラブの楽しみの一つに、ジャグジー風呂とサウナがある。筋トレやスイミング で疲れた身体を、更にサウナで汗を流すのはとても気分がいい。身体の調子が良いときは10分 以上入っていても大丈夫だが、体調の悪いときは6〜7分程度で我慢できなくなる。設定温度は 95度程度なのだが、耳や指先など、身体の弱い部分が最初に暑さに耐えきれなくなる。 どうやら、身体の末端に近いところが熱に弱いところのようだ。身体は乾燥している方が暑さに 強いのは、汗などの水分が熱を溜めやすいから、乾いていた時より暑さを感じやすいようだ。 従ってサウナで長い時間、我慢するためには、タオルで汗を頻繁に拭き取ると、身体の表面温度は あまり上がらないので、比較的長い時間我慢できる事を発見した。サウナで充分汗を流した後、更に ジャグジー風呂で、ゆったりと浸かると、疲れは全て取れる感じがする。最後にシャワーで すっきりと流し、気分爽快で家路に向かう。

『お酒』  May. 28, 2005▲Top
 お酒と言っても、日本酒の清酒に絞っての話ではなく、いわゆるアルコール全般を指す 飲み物の事だが、最近は年の所為かめっきり飲めなくなった。元々両親は飲めない質で、 酒の席では、飲まないで席を盛り上げる事で、自分は飲まなくて済む方法を取っていた。 私もその血を受け継いだ訳なので、飲み会は苦痛だった。しかし社会人になって、営業を 担当した時期は、どうしても接待などで飲む機会が増え、仕方なく毎晩家で飲む訓練をして、 少しは飲めるようになった。ある時、転勤した山形県の会社の、歓迎会で無理矢理、酒を 飲まされる羽目になった。その時覚悟を決めて飲んだら、1升近い酒が飲めて、本質的には 飲める体質を実感した。しかし酒が飲めるから好きという訳ではないので、飲まなくて 済むなら、出来るだけ避ける事にしている。当然晩酌などの習慣は今もってない。 これまでビールは大ジョッキ3杯を一気、サントリー角瓶1本をストレートで飲んだ体験が あるが、その後30kmの距離を運転して家まで帰った事がある。但し40年ほど昔の事なので 時効だが、無茶したものだ。今ならさしずめ即刻豚箱入り間違いない。

『蛍光ペン』  May. 27, 2005▲Top
keikopen.jpg  書類やメモを後で見直すときやその部分を強調する等、重要ポイントを確認し易いように マークする為の蛍光ペンは便利なツールである。要点の種類によって、色を変えたりして 置くと、更に分かり易い。蛍光ペンとは言っても、本当の蛍光塗料等のような自己発光機能 があるのか、照明の無い状態でも、目印になるか試してみた。実は夜釣りなどに行った時の 役に立つのかに興味があった。期待は時計の文字などの蛍光盤の様に、畜光能力があるかと 思ったが、そのような機能は全くなかった。ただ、ピンク系の蛍光ペンなら薄明かりの下で、 文字やアイコンの様な形を大きめに書いて置けば、確認し易い事は分かった。明かりの下で 見やすい黄色系は、明かりが無いと全く確認できなかった。

『マイカー』  May. 26, 2005▲Top
estima.jpg  10年前、現役を退いて以来、マイカーの買い換えに新車を選ぶことは経済的に出来なくなり 中古車に限られている。現在乗っている車は4年前、走行距離約13万km、のトヨタの中古 タウンエースディーゼルを35万円で購入、今17万kmを超えた所で、買い換えを考えていた。 中古車センターで、候補の車を探して貰い連絡して来たので、観てきた。今回の車は平成7年式 トヨタエスティマ・エミーナ、ディーゼルエンジン2200ccだった。状態は走行9万km、 外観、内装共に極上で新しいタイヤ4本とバッテリー新品を条件に、2年間の車検を付け、全て 含めて42万円と言うことで、購入を決定した。今の車は走行距離は相当なキロ数だが、エンジンは 快調で、何の不満も不安も無いが、次の車検を受ける為には、諸経費を入れて、10数万円かかる 事から、どうせなら、もっと程度のいい車の購入を勧められたもの。やがて来る夏休みには、孫達 が埼玉から帰省してくるが、帰省の終わりには、埼玉まで車で連れて行く約束なので、安全な車を 用意しておく必要に迫られていた。これで一応目途が付いた。

『リモコン』  May. 25, 2005▲Top
remocon.jpg  最近の電子機器は殆どにリモコンが付いている。一応各社各機器毎に混同しないように、 リモコンの赤外線信号は周波数を変えて工夫してあると思うが、実際はメーカーが同じだと 機器の種類が異なるにも関わらず、操作をすると、無関係の機器のスイッチが入ったり、切れたり 突然チャンネルが変わったりする。現在私のデスク周りには、リモコンで操作の出来る機器 は、パソコン2台に内蔵のTVリモコン、ビデオ関係はSONY-ベータ、SONY-VHS 、SONY-Hi8、SONY-DVDの各デッキ、ビデオカメラはSONYとCANONの 2台、ビデオ編集用にSONYのモニターTV等がある。どの機器にどのリモコンが影響 するのか、正確に調べた事はないが、目的の操作を行う過程で、別の機器が勝手に動作して いる事には困っている。何とかならないものだろうか。

『真室川』  May. 24, 2005▲Top
mamuro.jpg  今から32年前、会社の辞令を貰って山形県最上郡真室川町へ転勤したことがある。 色々な訳があって、そこに1万坪の土地を求め、スピーカーの振動板の工場を建てた。 真室川音頭で名高く、昔は亜炭の炭坑で栄えたと言う町も、当時は人口12000人ほどの ひなびた町に、産業は山菜の缶詰工場が数軒ある以外、米作農家も冬場は人口の半分が出稼ぎ しなければ食べていけないような所だった。しかし、電子機器の発展に伴うスピーカー の需要に支えられて、会社は成長し、世界中をマーケットにするほどになっていた。 その後発展途上国の台頭によって、価格競争について行けなくなり、昨年会社の本社機能を 整理をして生産の主力は海外の拠点に移し、開業当時寝食を共にした社員の殆どは退職して しまった。私は創業から12年目で他の職場に移動したが、懐かしい仲間を忘れたことが 無かった。数日前案内のはがきが来て、6月に昔仲間を集めて「昔を語る会」を開くと言う。 四国から真室川までは1400kmもあるが、当時高校を出たばかりの若者だった連中も、 今は頭も薄くなる50歳を超えている勘定だ。ぜひ会いに行きたいと返事を出した。

『買い物』  May. 23, 2005▲Top
warabi.jpg  フィットネスでのトレーニングを終わるのは、毎日大体夕方6時頃になる。自転車での 帰り道、少し回り道してショッピングセンターに寄り道する楽しみがある。6時を過ぎる頃 には、大幅値引きの札が貼られる食品関係のチェックをして、食べたいものがあれば買う。 偶に1本99円の焼き鳥も、ビールのつまみに買うこともある。 デザートに食べるものも物色して回る。夕食後に食べるものとして、最近気に入っている ものは、100円のおしるこか、杏仁豆腐のパック、ぷっちんプリン。 どら焼き、おはぎも甘党の私としては外せない一品。 今日は久しぶりにあわしま堂のワラビ餅を買い込んだ。無色透明な餅に、きな粉をまぶして 食べるのが大好きだ。

『気力』  May. 22, 2005▲Top
 生活習慣の一部になっているフィットネスクラブでのトレーニングは、もう15年以上になる。 毎日の体調に関わりなくこれまでは続けてきたが、最近何となく行きたくないと思う日がある。 年のせいか、無理をしてやっても意味がないと考えてしまうのだ。もう気力が無くなって 居るのかも知れない。でも、自分の気力を鼓舞して、サウナだけでもいいじゃないかと、 気持ちをごまかして出掛けている。実際にクラブへ行ってしまうと、いつもの習慣で、1時間の ウオーキングと、数種類の筋トレと、1kmのスイミングは行うことになる。しかし、確実に 気力は萎えて来ている事を実感として感じている。人の気力は体調にまで影響するらしく、 毎日の昼寝の時間は、確実に長くなっている。行きたくない気持ちが睡眠時間を長引かせて いるのだろう。確か昔はトレーニングに出掛ける前の昼寝は、30分程度で充分だったはずなのに、 最近は1時間半くらいに伸びているのは、体力の衰えか、気力の萎えたことなのか。 でもトレーニングの後の身体は、やっぱりやって良かったという満足感で一杯だ。

『パソコン』  May. 21, 2005▲Top
 一昨夜、ビデオの編集中に、パソコンの調子がおかしくなった。最初メールを確認しようと メールソフトのサンダーバードを見ようとすると、何故か接続が出来ない。ライン接続に異常 が生じたかと、モデムとルーターの確認をしたが、いつもならこんな時ランプのつかないはず のラインは正常に点灯している。少なくともコンピュータの入り口までは大丈夫の様だ。 どうやらパソコンのOSに異常が発生したようだが、システムの復元ポイントが不明で、復元も 出来ず、結局リカバリーするしか無くなった。昨日は1日掛かりでリカバリー後の、各種設定 や、アプリケーションソフトの再インストールなどに費やしてしまった。お陰でここのところ メモリーに余裕がなかったのが、全てクリアーされて、システムの動きは良くなった。 但し、使い慣れていた漢字辞書までクリアされてしまい、再度辞書の構築をしなければならなく なったことは、計算違いだった。

『鳩その後』  May. 20, 2005▲Top
 ベランダにしつこく飛来する鳩を、その度に追い立てて、いささか疲れ気味の家内を見て、 鳩が止まるベランダの手すりの上に3段の釣り糸を張った効果は、昨日、鳩の羽を巻き付け 一瞬ながら宙づりにした恐怖が、絶大だったようだ。羽を巻き付かれた鳩は、脱出のため思い 切り羽ばたき、自らの羽を一本抜いて飛び去ったが、あれ以降全く姿を見せなくなった。 一羽の鳩が宙づりになった時、もう一羽も側にいたが、無事抜け出したとき、揃って飛び去った。 多分、互いにあそこは危険だと知らせ会ったのだろう。いつもは近くの屋根で見かける、あの つがいの鳩は今日一日、全く見かけなかった。孔子の言葉ではないが「君子危うきに近寄らず」 を身を持って悟ったに違いない。

『鳩』  May. 19, 2005▲Top
hato.jpg  1ヶ月程前にも、つがいの鳩がベランダに巣作りに飛んでくる話を書いた。この鳩は、 毎年この時期になると揃って飛んで来るのだが、来るたびに、大声で脅すと、一度は 飛び立っても直ぐ戻ってくるしつこさなのだ。もう1ヶ月経っても、こうして来るところ を見ると、まだ巣作りに成功していない証拠なのだろう。 わが家はマンション7階なのだが、決まってここを狙って来るのは、彼らには丁度いい高さ なのだろう。対策に、昨日から鳩の止まるベランダの手すりの上に、釣り糸を3段に張り、 飛んで来るとき羽が引っかかる様にしてみた。しかし、手すりには、問題なく止まるのだ。 今日も見ている前に、飛んできて、邪魔になるはずの釣り糸はお構いなしに止まったが、声を 挙げて脅したら、飛び立つときの羽ばたきが、釣り糸に絡まり、一瞬宙づりになった。 しかし、鳩は再度勢いよく羽ばたきして、絡まった羽を一枚残して、飛び去った。多分 それが余程こたえたのか、後は二度と来なかった。もうこれで懲りたのだろうか。

『気候』  May. 18, 2005▲Top
golf.jpg  福島でのゴルフの服装に付いて、5月の中旬という気候を考えた時、用意するウエアー類について 少し悩んだ。冬ではないので、ゴルフを始めてしまえば、少々の寒さでも長袖シャツにベスト程度で 充分と判断した。その代わりプレーが終わってからのウエアーは全て、半袖シャツとTシャツにした。 しかし、実際は雨模様の肌寒い気温で、用意したシャツとベストだけでは、寒さに対する準備としては、 最低限度の対応だった。幸い雨対策のレーンコートは、普段からゴルフバッグに入れてあったので、 それがウインドブレーカーの役割を果たしてくれ、それほど寒さを感じることなく済んだ。 履き替え用のズボンは持たず、1枚の着たきりだったが、濡れた雑草の中を歩いても、レーンコート のお陰で、それほどの汚れも付かず、寒さ対策にも役立った。

『指定席券』  May. 17, 2005▲Top
 今回福島へ出掛けるにあたり、切符手配の時、当初は自由席券を購入していた。 出発が迫ってきた頃、関東勢の参加者から、指定券が取れないなど、混雑予想が伝えられた。 出発前日になって、自由席が混んでいた場合を考えて、遅ればせながら、念のためJTBに 問い合わせて、一応全て指定席に切り替えて貰った。前日にも関わらず意外に指定席は簡単 に取れた。当日東京駅で、関東勢の参加者と落ち合い、意外に空いている列車なので、仲間 と同じ車両になれる自由席に座った。聞いてみると、どうやら前日近くに、団体用と思われる 大量のキャンセル券が出たらしい。結局帰りも自由席に座ったので、前日わざわざ高い 指定席に買い換えた意味は全く無駄になってしまった。しかし、結論から言うと、始発駅 東京からの乗車だったので、自由席でも座れたのだが、上野、大宮、小山など、途中駅から の乗車には、殆ど席の余裕は無かった。指定席券は保険だと思えば仕方の無いことだった。

『同級生』  May. 16, 2005▲Top
32meikokai.jpg  学生時代の同級生って、小学校、中学校、高校時代の友人の想い出は、薄れてしまったが、 大学時代の同級生は、大人になってからの付き合いでもあるし、4年間という長い期間を一緒 に過ごした事もあって、まだ記憶が残っている。大学を卒業してから48年過ぎたが、未だに 付き合いのある友人は大勢居る。昭和32年に明治大学工学部を卒業した仲間と言うことで、 ゴルフを楽しむ仲間が、32明工会と称する集まりで、毎年2回全国から集まってコンペを 楽しんでいる。今年は、福島県伊達郡霊山町の元町長をしていた同級生から、自らの町長時代 出来たパーシモンカントリークラブへ是非にと言う招待を受けて、19名の同好の士が集まり、 2日間のゴルフプレーを楽しんだ。既に全員70歳の古希を過ぎた訳だが、揃って元気な顔を 見せてくれた。天候は生憎の小雨の降る中ではあったが、久しぶりに会う仲間と、スコアを競い、 酒を酌み交わして昔話に花を咲かせた。

『三脚』  May. 11, 2005▲Top
sankyaku.jpg  三脚は、これまでカメラのセルフタイマー用や、同じ場所を繰り返し撮るときや、ズーム を効かせて望遠レンズで撮るときの、固定用に使うのに求めたものがあった。カメラの場合 本体の軽いことや、雲台を動かしても、シャッターを押す瞬間は、固定しているので問題 はなかった。最近ビデオ撮るのに、カメラのパンを効かせるとき、どうしても手ぶれ の影響を受けるので、三脚が必須となるケースが多くなった。実は、現実の問題としては、 普通のカメラ用三脚は華奢過ぎて使えないことが分かった。ビデオカメラを雲台に固定して ビデオの撮影をしながら水平に動かすと、ぎくしゃく動いたり、震えが写ったり、まともな 撮影にならないのだ。そこで、構造的に少し頑丈と思われるものを求めてきて、使って見た。 結果は、やはり中途半端は駄目なことを悟った。よくテレビカメラマンが大型の三脚を抱え ている姿を見るが、実はあれくらいの規模でないと、完全なビデオは撮れないことを痛感した。

『リチュームイオン電池』  May. 10, 2005▲Top
canonixy.jpg  最近ビデオカメラによる撮影・編集に凝っているのを見て、友人から小型ビデオカメラ をプレゼントされた。CANONの IXY DV M3と言う機種で、軽量・コンパクト設計 の上、静止画の画素数も200万画素で撮影できることから、旅行にデジカメ持参の必要もない。 ただ、小型軽量に拘った為か、長時間撮影には電池容量はもの足りなくて、不安である。 正規付属のリチュームイオン電池は7.4V容量が570mAhと少し心許ない。一応、同じ規格の予備 電池は1個あるが、明後日から出掛ける旅行に持参するために、ローカルで試し撮りをして、 電池の消耗度を試してみたが、やはり予備の電池1個程度ではもの足りない恐れがあった。 WEBで調査したら同じサイズながら、中国製の電池は容量が1.7倍のものがあることが 分かり急遽購入した。これで、旅行中の長時間撮影にも不安なく対応できるだろう。

『連休終了』  May. 9, 2005▲Top
 今年のゴールデンウイークは本当に長かった。サンデー毎日の私にとっては、実は連休も全く 関係は無い。但し、一般の人達が休みということは、行楽地もショッピングも何処へ行っても 人が溢れていて、のんびりしたくても出来ず、出掛ければ疲れるだけである。従ってこの期間は 殆ど家でテレビを見ていた。ニュースは、不幸な列車脱線事故の報道が、どのチャンネルも 繰り返し放映されていて、その報道の仕方は嫌になる程であった。確かに事故に遭われた乗客の 不運はお気の毒としか言いようがないが、マスコミは、重箱の隅をほじくる様に、他のJR社員の とった事故当時の対応の拙さを、そこまでと言うほど調べて、吊し上げた。 野球中継は、巨人フアンとしては情けない連敗続きで、しかも試合の後半に投手交代が行われると、 決まって巨人が逆転負けするパターンが繰り返された。打たれた投手より、何故そこで投手を交代 するのか監督の考えが分からない。 そして、負けた後の監督の言葉は、打たれた投手のせいににするが、負けたのは監督のせいである ことを認識していないのが情けない。野球の勝敗はすべて、監督の采配に掛かって居ることを もっと肝に銘じて欲しい。

『ゴルフシューズ』  May. 8, 2005▲Top
gshose.jpg  愛用していたゴルフシューズ、外観はまだ綺麗なのだが、内側のクッション材が破れて 剥がれかかり、足を入れる前に中を始末してから履かないと具合が悪くなっていた。軽くて、 足にはとてもフィットして気に入っていた。通りがかりの、ショッピングセンターで、 アメリカ製のゴルフシューズがとても安かったので、買ってきた。普通日本製なら、 24.5cmのサイズは、私の足に丁度フィットするのだが、試しに履いてみると、25.5cmでも少し 窮屈な感じがしたので、念のため大きめの26.5cmを買うことにした。本番で靴ズレをしてはと、 早速打ちっ放し練習場へ履いて行き、2時間で500発程打ってみた。家に帰って靴を脱いで 見ると、両足の小指の付け根が、靴擦れで血が滲んでいた。練習場だけで、それほど歩いた 訳では無いのに、こんなに酷い靴ズレれは初めてである。今更仕方がないが、やはりアメリカ製 の靴は、日本人の足にはフィットしない事を痛感させられた。 今週、同級生とのゴルフ大会に福島へ遠征するのに履いて行こうと考えていたが、僅か数時間で ゴミ扱いになってしまった。「安物買いの銭失い」は肝に銘じておこう。

『母の日』  May. 7, 2005▲Top
carnetion.jpg  毎年5月の第2日曜日は、母の日として、日頃お世話になっている母親の労を労い カーネーションを贈る風習が根付いている。今年の母の日は5月8日である。ちなみに、 父の日は6月の第3日曜日だ。母の日に何故カーネーションなのだろうと調べてみた。 カーネーションが母の日に選ばれたのは、母への愛という象徴だったからだとか。 名前の由来は、古代ギリシャ時代にさかのぼる。古代ギリシャ人は、オリンパス山の 主神ゼウスに花冠を捧げる習慣があった。カーネーションは、その時代、花冠を作る のに欠かせないもので、花輪を意味するラテン語CORONAにちなんでCARNATIONと名付け られたと言う。わが家では毎年、息子夫婦が忘れずカーネーションの花籠を送ってくる。 今年も早々と宅配業者が運んできた。親への感謝の気持ちに家内はいつも喜びを隠しきれない。

『列車ダイヤ』  May. 6, 2005▲Top
resshajiko.jpg  JR西日本の福知山線脱線転覆事故は、不幸にして乗り合わせた乗客に多くの死傷者を 出してしまった。列車の運転手も亡くなってしまったので、真の原因は謎の部分も残るだろうが、 残された状況証拠から多くの推理も進んでいる。事故の元になったダイヤの遅れを取り戻そうと したことが、取り沙汰されているが、日本人にとって、やっぱり列車のダイヤは拘りがあると 思う。バスや航空機は、レールの上を走るわけでないので、他の交通機関や、諸事情によって、 少々の発着時間のズレは仕方ないものと、最初から諦めている部分がある。 今回の場合、JRと他の鉄道会社と同じ区間での競争があり、スピード競争と定刻運転が命運を 掛けていた事が判明。直前のミスで遅れた時間を取り戻すためのスピードが、すべての要因と なってしまった様だ。起こってしまったことは仕方がない。問題は今後二度とこんな悲惨な 事故を起こさないよう、列車ダイヤは、目安のことに割り切る。ダイヤ表より早く通過するのは 困るが、定刻時間から30分以内の遅れなら、正常運転範囲内と国民の意識改革をし、列車運転手 のプレッシャーを無くしない限り、今後も起こりうることになる。

『消臭材』  May. 5, 2005▲Top
 部屋の中の臭いって、自分だけが長い間閉じこもって生活していると、臭いに馴れてしまって、 特別何も変わった臭いを感じることはない。部屋を空けていてしばらくぶりに入ると、外で 感じていた自然の臭いとの差で、感じることがある。それほど不潔な生活をしているはずはない けれど、何となく男臭さを感じるのだ。ベッドで寝ている間の汗の臭いか、部屋に残してある着衣 の臭いからなのか、老人性の独特の臭いが残っているようだ。 日頃自分では気づかぬ程度の臭いなのだろう。時々外出先から帰ってくると、家内が部屋の掃除を して窓を開放し、空気を入れ換えて居たが、改めて聞いてみると、締め切っていると、男臭いと 言う。最近部屋を出るときは出来るだけ、窓を開け放し、ファブ××ズという消臭材を買ってきて、 時々噴霧することにした。臭いには何種類かあるようだが、さわやかな臭いで、部屋の中の男臭さ は解消した。他人に嫌な思いをさせないためのエチケットと思って続けている。

『ハサミ』  May. 4, 2005▲Top
hasami-1.jpg  日頃身の回りには幾つかの種類の鋏が存在している。やはり用途によって使いやすい形や、 大きさがあるものだ。大きな素材を切るときは大きな鋏が切りやすい。また、堅いものを 切るときも大きな方が、力が入りやすい。机の上で紙を切ったりするには、軽くて中型の 鋏が扱いやすい。赤ちゃんの爪を切ったり、鼻毛等を切るのに大きな鋏では、切れないので、 先の細い小型の鋏が必要だ。 子供の工作用などに扱わせる場合は、刃先が尖っていると危険なので、丸みを帯びた形状が 安全だ。用途によっては先の尖った鋏が必要な場合もあるが、私は先端の鋭さを利用して ナイフの代わりの様な使い方をしていて、作業を誤り思いっきり手に突き刺したことがある。 病院で5針を縫う大怪我になった。本来の目的外の使い方には、形状が適当でないので注意 が必要だ。

『雑巾』  May. 3, 2005▲Top
 タオルの少し古くなったものとか、汚れが目立つようなシミが出来てしまったもの等、 清潔感に乏しいと判断したものは、自動的に雑巾の部類に入れて扱われる事になる。 ハッキリした雑巾扱いの場合、折りたたんだ上ミシンを掛けて、完全な雑巾の形になる。 その前の段階だと、タオルの形のまま雑巾として使うが、洗濯の際、綺麗に仕上がると、 一見して見分けがつかなくなり、何気なく顔を拭いた後に、家内からそれは雑巾だと 知らされることがある。一度は雑巾として使われても、洗濯後なので綺麗なものだが、 何となく後味が悪い思いをする。また、トイレの手ふきタオル等も、ハッキリとそれと 分からないで、洗濯後のものを気づかず、顔を拭くこともあるが、別に汚い訳じゃ 無いのに結構気になるものだ。

『折込みチラシ』  May. 2, 2005▲Top
 毎日配達される新聞には、曜日によって差はあるが、大量の折り込みチラシが配られてくる。 大型家電店、各社携帯電話、デパート、スーパーの食品、新商品や季節商品、特売商品など、 消費者を取り込む商品情報が満載されてくる。消費者にとって色々な情報はありがたい反面、 ゴミに等しい情報は迷惑でもあるが、暇に飽かせてチラシを眺めていると、結構楽しい面もある。 家内が長い時間掛けて見ているのは、スーパー等の生活消費財で、何処が安いか、幾らなら 買い時か、チラシの隅から隅まで目を通して、メモを作っている。メモが完成すると、自転車に 乗って、多少遠くても出掛けている。安ければ今がチャンスと買い溜めするので、貯蔵庫には 溢れんばかりの品が占拠してる。貯蔵品中には、安いだけで買ってしまったものも多くあるが、 女性にとって買い物はストレス解消の手段なので、無駄は承知で目を瞑っている。

『新聞』  May. 1, 2005▲Top
 毎朝朝刊の最初に見るページは、裏面のテレビ番組表だ。勿論トップページの大見出しは 簡単にチェックする。大きな事件、又は出来事も殆どは速報レベルのテレビで見ているので 新聞で初めて知る大事件などはない。概略確認すれば、細部まで目を通すことは少ない。 わが家で取っている愛媛新聞の場合、テレビ番組は、最終ページなのでトップページを 裏返せば番組表である。まずは夕方からゴールデンタイムの番組を確認し、毎週見ている 番組内容の解説を読み、鉛筆でマークしておく。同じ事を家内もやっているので、同じ時間 帯でチェックが異なる場合は、家内の選択が優先だ。私の見たい番組が家内と異なる 場合は、別の部屋のTVで見ることにしている。居間のテレビは家内の独擅場なので チャンネル権では逆らわない。スポーツ等のニュースは殆どテレビで見ているので、新聞を 見るのは勝敗結果確認のため。最近感じるが、新聞のニュース性はテレビで解決されていて、 あまり意味が無くなっている。

Home