【花火大会】  Jul. 31, 2004

▲Top

 台風10号が和歌山沖に接近し、明日は四国に上陸かと言う7月30日に、第47回にいはま 納涼花火大会が行われた。夕刻、台風の余波を受けて、強い風が吹き始め、にわか雨も降ったが、 花火大会が始まる7時過ぎには雨も上がり、風も収まった。東の空には満月も浮かび、花火大会 に風情を添えてお膳立てが出来た。暗くなり始める頃から、家族連れや若いカップルの浴衣姿が 会場の国領川河川敷をいつのまにか埋め尽くした。花火は四国屈指と言われる5000発が 打ち上げられ、夜空一杯に花を咲かせた。今年は打ち上げられる花火のそばで写真を撮ろうと、 三脚を持って、川原の見通せる場所に陣取り、打ち上げの始まるのを待ったが、いざ花火が 始まると、カメラのフォーカスとシャッターが自動では旨く取れず、暗い川原では思うように 手動操作も出来ず、失敗ばかり繰り返していた。とりあえずシャッターだけは一杯押したが、 後で調べてみたら、シャッターチャンスのズレとピンボケばかりで満足できる写真はあまりなかった。 デジカメで花火を写すのってホント難しい。

【台風10号】  Jul. 30, 2004

▲Top

 この週末を狙って大型台風が近づいてきた。夏の台風と言えば大抵は南のフィリッピン沖 あたりで発生し、南の海上で温められた海水温度の上昇で勢力を上げながら、北上してくる のが通常だが、今年は日本から南東の太平洋の海水温が異常に高く、そのあたりから急激な 上昇気流が発生して、台風が生まれているらしい。今回の10号がそれで、いつもの台風と パターンが異なり、東から西北西に横移動してきている。今年は既に北陸地方など大きな 水害をもたらした後だけに、10号の進路からみると、南の湿った空気を押し上げて、 東海から北陸方面に強力な雨台風を心配しているが、単なる危惧で済んで欲しいものだ。

【ハイカ】  Jul. 29, 2004

▲Top

 最初は何の言葉か分からなかった。外国人による偽造事件で高額なハイウエーカードが 狙われて、昨年発売が中止になったことから、ハイカが言葉を短縮したものだと知った訳だった。 毎年夏休みに埼玉から来る孫達を、帰りは車で連れて行く約束なので、高速道路の料金を 1枚のカードで清算出来る5万円のハイカは便利だった。今は1万円のカードを何枚も 持って清算しなければならないので、不便になった。それに5万円のカードは割引率も 高く58000円分使えたが、10000円のカードでは10500円、5枚買っても 2500円分しか得にならない大きな差がある。偽造集団は、そこが狙い目だったのだろう。 道路公団としては、普及が遅れているETCの利用促進を促す為、全てのハイカを無くする 計画もあるとか。まだまだ高額なETC端末であるが、ハイカが廃止されるなら、料金所を 通過する時の手間を考えると、いやでもETCを取り付けることを考えないといけないのかな。

【FD】  Jul. 28, 2004

▲Top

 外部記憶のメディアとして、FD(フロッピーディスク)は初期のパソコン用には 無くてはならないものだった。 重要なデータを保存したり、少々のアプリケーションも入れて運ぶことが出来た。 しかし、最近のアプリケーションは、大容量で、とてもFDに納まる内容ではなくなり、 FDに代わってCD−ROMの領域になった。机の引き出しには溢れんばかりのFDが 保存されているが、新しいパソコンには、FDのドライブの付いていないものも出てきた。 昔、8インチのFDが全盛だった頃のデータが、8インチドライブの生産停止以降、全く どうにもならなくなった事がある。同じように、効率の悪くなった3.5FDドライブも生産 中止になってしまうと、折角長期間保存してきた3.5FDのデータも使えなくなるので、今の うちにCDに移し替えて置かないといけないと思い始めている。

【受動喫煙】  Jul. 27, 2004

▲Top

 たばこの煙には、発がん物質等を含む4000種類以上の化学物質が含まれ、喫煙者だけでなく 周囲の人にも大きな影響を与えていると考えられている。特に窓などを閉め切った空間では、喫煙 者が吐き出す煙や、火のついたタバコの先端から上がる副流煙が空気中に長く滞留し、健康への悪 影響が指摘されている。私も学生時代から始めた喫煙の習慣を、結婚して妻の妊娠中期以降、妊婦及び 生まれてくる胎児への健康を考えて断煙をした。今から40年以上前のことだが、当時から喫煙の 健康被害は憂慮されていて、先進国の喫煙に対する考え方は相当進んでいた。禁煙後進国の日本も 最近のニュースで、東京都江戸川区職員が受動喫煙による健康被害を裁判に持ち込み、勝訴が確定 しているが、これにより公共の場での今後の禁煙対策に、より大きな弾みをつけることになるだろう。

【新居浜夏祭り】  Jul. 26, 2004

▲Top

 7月24・25日、熱く燃えた新居浜の夏祭りが終わった。昔は栄えていた昭和通りも、 最近では日中に歩いている人を見かけることも少ないくらい寂れてしまったほどだが、 この2日間の人出は、凄かった。24日のコンガ踊り、25日のよさこい踊り連と太鼓台を 見ようと、新居浜市民の殆どの人が、昭和通りに繰り出してきたと思う。極端な言い方だが、 私もこの2日間デジカメ2台を下げて写真を撮り歩いたが、日頃はめったに会う機会もない 友人・知人の殆どの人に会えたと言えるほどの再会があった。残念ながらデジカメの写真は、 明かりの弱い夜のことで、動きの早い踊り連を狙ったシーンの殆どは、ピンボケか露出不足 で公開できるような内容が少なかった。使えた写真は薄暮のうちに撮ったものばかりだった。

【麦茶】  Jul. 25, 2004

▲Top

 真夏の暑さで乾いた喉を潤す飲み物と言えば、無論ビールが最高だが、ビールはさておき 冷蔵庫で冷えた麦茶がお勧めだ。我家ではいつもペットボトルに詰めた麦茶が準備されている。 麦茶はお茶の一種だが、大麦を原料としているためノンカフェインである。その上、最近の 研究では「抗酸化作用」や「胃の粘膜を保護する作用」が発見されるなど生活習慣病予防に 最適なお茶として注目されている。家によって造り方は家伝の方法がいろいろあるようだが、 我家では西条市の打ち抜きで汲んで来た水をポットで煮沸したあと、コンロから下ろし麦茶 パック入れて、自然冷却を待つ。お湯が冷めてから小型のペットボトルに詰め替えて冷蔵庫に 入れる。冷蔵庫の棚には冷却したボトルが並んでいるが、新しいボトルは奥から入れるので、 手前から飲むのを原則としている。

【コンガ踊り】  Jul. 24, 2004

▲Top

orodri.jpg  暑い夏を何とか乗り切ろうと、全国各地で夏祭りの真っ盛りだ。新居浜の祭りと言えば 太鼓祭りしか考えられなかったが、近年夏祭りとしてコンガ踊りが定着してきた。 祭り気分を盛り上げる為に、地元中須賀と西町太鼓台も出演する。 一ヶ月ほど前から、地区の町内会や、同好会や企業の連が毎日のように練習を繰り返してきたが、 いよいよ今日はそのお披露目の日が来た。今では商店街の機能としては寂れてしまったが 、この日だけは昭和通りも長い踊りの舞台となって人ごみで埋もれてしまうことになる。 今年は20の連が登録されていて、昭和通りを西から東へと移動しながら自慢の踊りを披露する。 事前に各連の踊るタイムスケジュールが発表されているので、目当ての連を見るためには、 時間を見計らっての場所取りが必要だ。さあ、踊りで暑さを吹っ飛ばせ!

【セミの声】  Jul. 23, 2004

▲Top

 毎日蒸し暑い夜の為、寝苦しいまま朝を迎えるが、何だか数日前から急にセミの声が 耳に付き始めた。いつもの年はどうなのかはっきり覚えていないが、今年はセミの鳴き声が 遅かったように思う。たしか今週初めはまだセミの声はなく、朝も静かだった。 セミの幼虫は、長年土中で生活しているが気温が高くなると一気に羽化するのだろうか。 アメリカでは17年周期で地上に出てくるセミの種類がいて、今年がその年にあたり、 各地で大発生するとかニュースで知った。他に13年周期で発生する13年セミという 種類も居るそうだが、今年出現する17年セミグループが最大規模の数を誇るグループ だそうだ。大量発生してどこにでもいるなら、食べてしまおう?というアメリカ人が 居るようで、レシピがWEBや新聞でも紹介されている。プロテインが豊富だとか。 確かにステーキ食べるよりもヘルシーだろう。レシピはというと、トマトソースに からめて「ペンネアラシケイダ」だとか、ソースの味が頼りなようだ。 地上に出てきたばかりの、新鮮なやわらかい幼虫を料理するのがコツだそうだが、 味はどんなものなんだろう。私には試食の気も起きない。

【熱中症】  Jul. 22, 2004

▲Top

 連日のニュースでは猛暑に関することが報じられている。そんなときに 不用意に外で過ごすと熱中症に罹りやすいので注意が必要だ。熱中症の症状とは、体の中と 外の「暑さ」によって引き起こされる体の不調のこと。 気温が高かったり、激しい運動など で体内で発生する熱が原因で起こるもの。 日射病も熱中症の一種で、炎天下でスポーツや 激しい労働をして、大量の汗をかき、体の水分が不足してしまう状態である。 こうなると血液の濃度が高くなって流れにくくなり、体温調節など、体のコントロールが 出来なくなる。 夏の暑い時に激しい運動をすると、体は高くなった体温を下げるために、たくさんの汗をかき この失った水分の補給をしてやらないと日射病になるというわけだ。 不幸にして熱中症になってしまったら?すぐに運動を中止して、木陰などの涼しい場所に移動し、 十分な水分の補給をする。意識がおかしくなるような重症の場合は直ちに病院へ、熱中症で命 を落とすこともあるので侮ってはいけない。

【車中温度】  Jul. 21, 2004

▲Top

 夏場に露天駐車した後、車に戻ると、車内の温度が異常に上昇しているだけでなく ハンドル、シート、窓枠なども、焼け付くほどに熱せられていて、危うく火傷になり かねない事がある。 可能な限り、日陰になる場所を見つけて止めるようにしているが、いつもそんな場所に 停められるわけではない。また、停める時には日陰だったが、用を済ませて車に戻ってみると いつの間にか太陽の位置が移動していて、直射日光に晒されていたりする。そんな時に 有効なのが前面窓用にアルミ箔等で出来た遮蔽板だ。少しの時間でも止める時に、こまめに この遮蔽板を広げておけば、ハンドルや運転席の焼け方をセーブすることが出来る。 出来合いのもので、両サイドの窓用に適当なものがないので、前面窓用の遮蔽板を2つに 切って、窓のサイズに合わせて加工したものを造ると、駐車中の温度上昇をほぼ満足出来る 程度に抑えることが出来る。ぜひやってみることをお勧めする。

【金のなる木】  Jul. 20, 2004

▲Top

kane.jpg  我家のベランダの鉢植えに観葉植物が幾つか置かれているが、その中でひときわ 大きく育ってしまったものに「金のなる木」と言うのがある。べんけいそう科低木多肉植物で 南アフリカ原産のクラッスラ(Crassula)と言う。Crassulaはラテン語の分厚いという意味で、 葉の肥厚したことによってそう命名されている。知人からの戴き物だが、元はもっと小さな鉢に 収まっていた。初期の小さな鉢から大きな鉢に植え替える毎に木も大きくなってしまった。 濃緑色の小さな葉が、お金を連想させることから、観葉植物としても人気がある。 残念ながら、どう期待しても本当のお金にはならない。 今ではベランダから出す為には、そのままドアを通すことも難しく、小さく切り刻まなければ ならないほどになっている。 これから先、このまま育てていて良いのかどうか、判断に迫られているが決心はついていない。

【時計】  Jul. 19, 2004

▲Top

 動物の世界では、時計などないので自然の成り行きか、体内時計で行動している。 人間社会では、世界中が同じ時計を中心に動いている。私の生活も定職が無くなった今でも、 社会生活の殆どは時間にコントロールされて生きているので、正確な時を知ることは必須で あり、家の中には幾つもの時計が存在する。 最近100円ショップの時計を幾つか購入して、トイレや洗面所などに置いてあるが、何故 か100円の時計は時々時間が大きく狂って居ることがある。 気が付いて時間を合わせておくと、数週間は正常に動いているが、またしばらくして見ると、 大きく狂っている。その時間の狂い方は、何時間か止まっていたと思われる狂い方で、一定の パターンの狂い方ではないのだ。止まってしまったのなら電池が無いとか、はっきり壊れた のであろうが、そうでもないところが不思議である。 普通に買った時計は、電池がある限り正常に動き続けるが、100円時計は途中時々休憩する 不思議な仕掛けと思われる。なんでだろ〜。

【蛍光灯】  Jul. 18, 2004

▲Top

 話をしていて、反応の遅い人のことを、蛍光灯みたいなどと比喩するが、蛍光灯は 普通、スイッチを入れ電気を通じて、放電点灯するまでに少しタイムラグがある。 その点灯するまでの時間の遅れを、人の反応の遅れとダブらせて言う言葉である。 我家の洗面所の蛍光灯は長い間、その点灯管が古くなっていた為、顔を洗い始めて しばらくしてやっと蛍光灯がつく状態だった。昨日100円ショップで買い物していて やっと思い出して点灯管を買い、家に帰って交換したら、瞬間に点灯するようになった。 これで、評判の悪かった反応の遅い蛍光灯の汚名は返上した。こんなことならもっと 早く交換しておけば良かったのに、決して不精をしていたわけではないが、取りあえず 電気は点くので、外に出るとつい買うのを忘れていただけの事なのだが、快適になった。

【ゆうパック】  Jul. 17, 2004

▲Top

 これまで荷物の発送を頼む時は、大抵クロネコヤマトの宅急便か、佐川急便などに 依頼をしていたが、今回初めてゆうパックに電話してみた。電話に出たローカル郵便局の 係員は、先に自分の名前を名乗って心地よい応対ぶりだった。荷物の発送依頼を告げると こちらの住所電話番号を確認し、後ほど伺うとの返事。こちらの用意もまだ終わらぬうちに 玄関でピンポーン。電話を切って30分もしないうちに集荷に来てくれた。荷物の大きさ 重量をチェックする為に、メジャーと重量秤持参で、確認し、配送先住所から、荷物の料金 表を参照して支払額を告げられる。一連の作業の流れが大変いい。今回は使わなくなった プリンターをオークションで落札してくれた兵庫県までの発送だったが、手間のかからない ゆうパックサービスを改めて見直した。

【頭痛】  Jul. 16, 2004

▲Top

 昨日の昼過ぎから、妙に頭が痛い。寝不足か、それとも暑さのあまり扇風機のかかりすぎで 風邪気味なのか。とりあえずアスピリンを飲んで、いつもより早めの就寝をしたが・・・。 今朝起きても、まだ何となく頭が重いしすっきりしない。昔、40歳を少し過ぎた頃、 会社で仕事を始めると、きまって頭痛が始まったことがある。いつものことなので、会社の 薬箱からノーシンを一服取り出して飲むと、頭痛は治まり仕事を続けると言う生活をしていた。 或る時、眼科の先生に診てもらったら、あなたは遠視だから、目が疲れるでしょうと言われ、 遠視用のメガネを作ってもらってから、それまで持病と思っていた頭痛は一気に解決した。 あれから30年、今は老眼となり、何種類ものメガネを使い分けて仕事をしないといけないが、 この頭痛も目から来ているものだろうか。

【FMCサービス】  Jul. 15, 2004

▲Top

 NTT、英ブリティッシュ・テレコム(BT)、ブラジル・テレコム、韓国テレコムなど 世界の通信大手6社は、1台の端末で固定電話と携帯電話の両方を利用できる「FMCサービス」 を共同開発することで合意したと発表した。考えて見れば、家には固定電話、外出する時は 携帯電話と、一家に複数の電話機が存在するのが当り前の時代になっているが、そのため 二重に電話の料金を支払うことが日常化している。独り者には、携帯電話があれば固定電話は 不要と契約解除する人が多いが、社会の信用を得る為には地域に定着した固定電話を持って いることが、必須条件でもあり、複雑な気持ちで、2種類の電話を契約している人が多い。 今後、FMCサービスが定着すれば、固定電話は契約無用になる時代が来るかも知れない。

【タマちゃん】  Jul. 14, 2004

▲Top

tamachan.jpg  一時期、新聞テレビで話題になったアゴヒゲアザラシのタマちゃんが、荒川の棲家から 姿を消してもう3ヶ月もたつと言う。そういえば、2年前多摩川に現れて以来しばらく姿を 見せなくなり、その後たどり着いた埼玉県朝霞市の荒川に住みついてしばらくになる。 あの何ともいえない愛くるしい仕草で、日向ぼっこをする姿を一目見ようと、多くのフアン が押し寄せ、「タマちゃんを見守る会」まで作って観察していた。 ところが、国土交通省荒川上流河川事務所のライブカメラが4月12日に、泳いでいる姿を とらえたのを最後に姿を見せなくなったと言う。 タマちゃんを観察してきた「タマちゃんを見守る会」では、もう外洋に出てしまって居ない のかもしれないが、メンバーには気持ちの整理がつかない人も多いらしく、引き続き タマちゃんについて語り合う場として会を続けていくと報じていた。

【やけど】  Jul. 13, 2004

▲Top

 大阪市淀川区のある中学校で、体育担当の男性教諭が授業中に炎天下の校庭で、 1年の男子生徒に気合を入れさせる為に、はだしで走らせ、足の裏にやけどを負わせて しまったという。 真夏の太陽に熱せられた海浜などで、はだしで海までたどり着くのに大変な思いを することがある。大抵は海に入れば冷たい水で冷やせるので、我慢できるが、太陽に 熱せられた校庭は、砂浜以上の暑さだったに違いない。担当の教官も同じはだしなら その暑さがどんなものか分かっただろうが、命ぜられた生徒は、やけどを負っても 走る以外、道は無かったのだろう。地面は、相当の温度になっていたと思われる。 幸い入院するほどでもなかったと言うが、やけどを負った生徒は可哀想なことだった。 人に命ずる立場の人は、いつも彼らと同じ位置に自分を置いて判断していなければ ならないと言う教訓だったろう。

【MVP】  Jul. 12, 2004

▲Top

 7月11日、長野オリンピックスタジアムで行われたプロ野球の、サンヨー オールスターゲーム、全パシフィック−全セントラル第2戦は、全パの連勝で 終わった。試合で一番注目を浴びたのは、見事MVPを取った新庄選手だった。 最初の打席で、場外ホームランを予告する仕草を見せた後、初球から意表をつく セフティバントで全力疾走は、惜しくもアウト。 しかし第2打席は二塁打で出た3回、二死の時、三塁走者の新庄が、小笠原の打席 の際に、史上初となる単独での本盗を決めての先制点。 5回には3回に続いて二塁打を放って塁に出た新庄を、代打谷が右前打で帰した。 結局全パの2得点は、全て新庄がホームベースを踏んだ得点だった。北海道を 出る時、MVPを取るつもりで来たと、茶目っ気にインタビューに答えたが、 見せる、楽しませる野球を目指して頑張っている新庄選手に拍手を贈りたい。

【オークション】  Jul. 11, 2004

▲Top

 オークションで買い物をすると、せりのタイミングがよければ安い買い物が出来る。 買いたいものがあるときは、事前に市場の価値観を十分確認し、同じような商品は 全てウォッチリストに入れて、落ちどころ価格を記録して置く事がポイントだ。 最近のオークションをチェックしていると、業者による新品の販売を、大々的に 仕掛けて売っているものも多い。 自分が売りに出す場合、スタートの価格を低めにし、最低落札価格を抑えて置くと 入札し易く、程々に競りあがって落札に到達する。掲示する写真は、出来るだけ 神経を使って撮り、提供する商品を最大限綺麗に見せる努力は、効を奏すること 間違いない。このところ、スキャナー、プリンター、デジカメの購入を図り、 使わなくなったCFメモリーと、古くなったプリンターを処分したが、順調に 売買できた。

【サッカー】  Jul. 10, 2004

▲Top

 日本の先制点は、前半戦終了間際、中村のコーナーキックを、ゴール前で待つ福西が 頭を合わせて見事に入れたもの。昨夜のスロバキア戦の戦いぶりだ。主力選手を欠く ジーコジャパンながら、格下のスロバキアに対し終始積極的な攻撃を仕掛けていた。 しかし、体格的に優位なスロバキアの守りは堅く、日本勢も攻めあぐねていた。 そんな中、福西がセットプレーから先制点を挙げたのが、戦いに勢いをつけた。油断から 後半追いつかれたが、すぐ鈴木が勝ち越し点、柳沢も駄目押しのゴールを決めて無難に スロバキアを降ろした。ジーコ監督就任後の日本の通算成績は、14勝7分け7敗。 日本の次の試合は13日のセルビア・モンテネグロ戦(横浜国際)。

【夏休み】  Jul. 9, 2004

▲Top

 暑い夏がやってくると、我家では楽しみがひとつ増えることになる。日頃は遠く 離れている孫たちが夏休みを過ごしに来るのだ。最近携帯メールを覚えたばかりの 妻の携帯電話にメールの着信音がした。今年小学校6年生の孫からの文章は、今年は 何日から行って良いかとの問い合わせだった。1年間首を長くして待っている妻に とって、無論いつでもOKだ。あなたとママやお姉ちゃんの都合が付けば何時でも良いと の返事を長い時間掛けて書いていた。高校3年生のお姉ちゃんは来年が大学入試なので、 あまりゆっくりしていられないが、それでも受験勉強の合間を見て来ると言う。 これで日程が決まると、いつもの事ながら、カレンダーに×印がついて、楽しい秒読みが 始まる事になる。

【ユビキタス】  Jul. 8, 2004

▲Top

 情報化社会の進展で生まれてきた言葉に、耳慣れない「ユビキタス」という 新しい言葉が出現している。ユビキタスの語源はラテン語で何処にでもある、 いつでもある。偏在すると言う意味らしい。 要するに、いつでも何処でもコンピュータを利用できる環境を、ユビキタス・ コンピューティングと呼び、新しいステージの情報化時代に入ってきたと言う。 例えば携帯電話のネット接続機能を使って、旅先情報を検索したり、駅の券売機 で目的地の天気予報を知るなど、知りたい情報がどこでも簡単に入手できる ようになる。 家庭やオフィス、電車や自動車の中などで、人間の行動に従ってコンピューター が先回りして情報を伝達するような社会になることのようだ。

【電話線工事】  Jul. 7, 2004

▲Top

 NTTのISDN契約から、昔のアナログ回線へ切り替え工事を行った。と言っても NTT側は局内工事なので、工事終了直前に電話でこれからアナログに切り替えますとの通告。 それを受けて、こちらの屋内工事は自前で行わなければならない。電話の引き込み口から、 パソコンの常設している部屋までは2部屋離れているので、ISDNのターミナルアダプタ までとメインの電話機までは自前で配線工事をしていた。配線を纏める為に、塩ビのカバーを 床に這わせてあったのを開けて線を確認し、これまでの線の行きと帰りを交代させる。 不要になったターミナルアダプターを取り外して、配線完了。すっきりと配線も纏めなおした。 正常な通話音も確認して工事終了。こんな簡単な工事なら、不精しないで早くするべきだったと反省。 これで、これまで払っていた無用の高額基本料金の節約が出来ることになったが、計算してみると この数年間で10万円以上の無駄な経費を払っていたことになる。

【ISDN】  Jul. 6, 2004

▲Top

 インターネットを始めた最初の頃、ダイヤルアップではスピードが遅い従来のアナログ 回線から、ISDNに切り替えると、電話回線も2回線分使える便利さと高速性を売り物に していた。当然デジタル回線への契約切り替えで基本料金が高くなっていたが、仕方ないと 思い込み、特に気にせずこれまで来た。その後インターネット接続はISDNよりもっと 高速で、しかも常時接続のCATVに契約変更したが、ISDNの契約に関しては必要性が なくなっていることを忘れていた。最近、我家の携帯電話も2台になり、家計簿に置ける 通信費が掛かり過ぎている事に気づき、ISDNの契約をアナログに戻せば、基本料金が 安くなることを思い出した。NTTに電話したら、局内工事費に3000円程掛かると言われ たが工事を依頼した。2回線分使えなくなるというNTTの話も、最近は掛かってくる以外 殆ど使わない固定電話はこれで十分だろう。

【デジカメ】  Jul. 5, 2004

▲Top

 数日前に書いた隣の芝生のネタではないが、最近買ったばかりのカシオQV−R51が、 他人の持っているカメラと比べて、すごくいやになってしまった。と言うかQV−R51は 500万画素と言うだけで飛びついて購入し、それまで使っていた400万画素のQV−R40 は直ぐに人に譲ってしまった。ところが、新しいデジカメはフォーカスが甘くて、色調も嫌いだ。 妙に青っぽい写真ばかりで気に入らない。しかし今更QV−R40には戻れないので、買い替え る事にした。今度はコンパクトなCANONのIXY−Lだ。本日オークションで落札 したので、近日中に入荷することになる。これで、今年になってから3個目のデジカメを 購入したことになるが、他人の持っているデジカメが良いのか、私の写し方が悪いのか、 また、隣の芝生にならないことを祈る気持ちだ。

【警察官のノルマ】  Jul. 4, 2004

▲Top

 兵庫県警自動車警ら隊の捜査書類偽造問題で、同隊員はパトカー1台あたり月8件の 検挙を「目標」として課せられ、未達成者は始末書を提出させられていたという。 これは、警察側から見て、市民は日頃法律を守っていないものが多いので、奮励努力して 違反者を捕まえ、最低限度の罰金回収を達成せよ、と言うことなのだ。現実はそんなに 違反者が居るわけでは無いから、提出書類の偽造をしなければならなかったのだろう。 スピード違反者を取り締まるのでも、普段交通量は少ないが制限速度が30kmくらいの ところで網を張れば簡単に捕まえられる。確かにスピードの出しすぎは悪いが、姑息にも そんな場所に隠れて網を張るより、もっと別のことで警察官の務めがあるのではないかと思う。 警察の上部は、警察官の仕事は、市民から罰金を少しでも多く回収することが勤めで、 会社の営業マンが売り上げ増進の為に、汗を流してノルマ達成に働いている事と同様だと 勘違いしている。

【扇風機】  Jul. 3, 2004

▲Top

 私の部屋用に、昨年以来押し入れに仕舞っていた扇風機を出してきた。高層マンションの 利点で、これまでは窓を開けて置けば、適当な風が入ってきて、特別暑さを感じることも無かった。 しかし、この数日梅雨末期の蒸し暑さを我慢出来なくなったのだ。最近では扇風機も安くなって 買いやすくなっているが、今使っているものは、もう30年以上経った古いもの。殆ど手入れを していないので内臓のタイマーは駄目になったが、まだコンセントさえ差し込めば、羽が回って 役立ってくれている。部屋には一応エアコンも付けてあるが、使用するのは精々年間数える程で、 殆どは扇風機で事は済んでいる。エアコンを使うのは、夏の盛りの昼間外出する時など、窓を 閉めて出掛けるので、帰宅予想時間に合わせてタイマーを掛けておく。こうしておくと、夜帰宅 したとき、あのむっとする蒸し暑さを解消し、家の中が冷えて快適な温度になっている。

【隣の芝生】  Jul. 2, 2004

▲Top

 西洋の諺に「隣の芝生は青く見える」と言うのがあります。 同じような諺を日本では「隣の女房は美人」と言うのがあります。とかく自分のことより 他人を羨む人間の深層心理を表現するものだろう。無いものねだりの心境なのだろうが、 羨んでいる隣の人も、こちらの庭が青く見え、うちの奥さんを美人だと思っていることだろう。 旨いものを食べたいとレストランに入るとき、店先のサンプルを散々見て、どれも旨そうで なかなか決断しかねるが、最後にこれと決めて注文したあと、隣席の人が食べているもの の方が、もっと旨そうに見えてしまう事ないですか? 次の回、同じ店に行ったとき、その時羨んだ隣の人が食べていたメニューを選ぶかと言うと、 必ずしもそうでもないから人間の欲望って変だなと思う。

【三菱自動車】  Jul. 1, 2004

▲Top

 三菱パジェロが、時を同じくして、熊本と埼玉で走行中に全焼した。三菱ふそうから 端を発したリコール対策の不手際が元で、次々発生する車の事故や不具合は、 三菱自動車全ての車に欠陥があるように取り扱われて居る感じがする。 無論、中には本当の整備不良も含まれているかもしれないが、 ユーザー側としては、メーカーの言い分を信頼出来なくなった今、原因がどちら であれ、車の欠陥だったと思うのは当然であろう。トラック部門の欠陥隠しは、 いまや、三菱自動車だけでなく、三菱グループ全体に大きな不信感を持たれている。 自動車業界では、昔から殿様商売と言われ、デボネア等の高級車は、年間百数十台 程度の生産で、三菱グループ経営者だけの需要でも長年生産を続けていた。 こうした採算を度外視しても経営できた体質が、プライドだけを大切にする企業に 育っていったのだろうか。プライドは失ってしまったが、昔からの三菱フアンとしては、 この際、社内の隠蔽体質を一掃し、一日も早く立ち直って欲しいものだ。

Home