【大掃除】  Dec. 31, 2004

▲Top

 1年の最後となれば、やはり自分の部屋ぐらいは綺麗にしなくてはと、朝から張り切って 部屋の中の片づけと、普段手の届いていない隅々を重点に、大掃除した。私の部屋の絨毯は、 毛足の短い絨毯ながら、日頃、真空掃除機も角っこの方は、どうしてもゴミを吸いきれないのか、 絨毯に汚れが残っていた。雑巾を堅く絞って、丁寧に拭いていくと、垢すりの様に残っていた 汚れが綺麗に取れた。窓ガラスは、中性洗剤の薄い溶液でぬらした雑巾で、内外を丁寧に拭く。 問題の、網戸掃除の簡単な方法は、バケツにお湯を入れ、中性洗剤等を入れて良く泡立てます。 泡を網戸にブラシやスポンジなどで上の方から塗ります。泡は下へ下へと垂れて行くので、 下には雑巾か新聞等で受けておくのが良い。泡を塗り終わると、上の方から泡を拭き取って行く。 これで網戸の汚れは簡単で綺麗に拭き取れます。部屋の中が綺麗に片づくと、何だか気持ちよく 仕事が出来る感じがしてきた。

【干し柿】  Dec. 30, 2004

▲Top

hosigaki.jpg  毎年、年末が近づくと、渋柿を買ってきて、皮をむきベランダの物干し竿に 一個ずつひもを掛けて、干し柿を作っている。もしかしたら、最初から干し柿を 買った方が安いのかも知れないが(調べたことがない)昔からの習慣なので、 今年も一杯干した。いつも干し始めると、カラスやヒヨドリに狙われるので、用心 しているが、今年も油断している間に既に3個、かじられていた。鳥が近づくと 羽が引っかかり、嫌がるようにと、干し柿の周りに釣り糸を張り巡らして置くのだが、 いつの間にかその糸の間をくぐり抜けて、柿の実をつつかれてしまった。 鳥につつかれた柿は、そのクチバシから、どんなバイキンを着けられたか分から ないので、用心のためその実は捨てる様にして居るが、干し終わるまでに、いくつ 残るかが鳥との戦いだ。

【おしるこ】  Dec. 29, 2004

▲Top

siruko.jpg  年末の片づけを始めていたら、あずきが出てきて、おしるこが食べたくなった。早速家内に頼み 込んで、煮て貰うことにした。餅は買い置きしていたしゃぶしゃぶ用の餅を使うことにした。 調べてみたら、あずきは古く弥生時代から栽培されていたらしい。あずきにはいろいろ種類があり、 だいなごん、うずらあずき、しろあずきなどがあり、今では北海道が主要な産地となっている。 古来あづきは縁起の良い食べ物とされ、赤飯やおはぎなどにして祝い事の席に出てくる。 甘党の私にとってお汁粉は、大好物である。お椀についで出されると黙って二杯は食べてしまう。 お汁粉の甘みを出すために、一つまみの塩を加えて煮るのがコツで、お汁粉の膳には、みそ漬けや 塩コンブ等を添えて出すのも、甘みを強調するのに役立っているのだろう。久しぶり出来たての 旨いお汁粉を食べて落ち着いた。

【肩こり】  Dec. 28, 2004

▲Top

ceramag.jpg  私自身、日頃から肩こりを感じることは殆ど無い。徹夜仕事など、相当過酷な状況の時でも、 大抵は一晩寝ると、疲れは取れる方である。 だが、私の家内は、若い頃から、血圧が低く、何かあるとすぐ肩こりを訴え、そんな時は確かに 肩の筋肉がガチガチに凝こり固まっていて、マッサージしないと、ひどい頭痛まで起きてきて 大変だった。ある時、ゴルフの賞品で、磁気ネックレスを貰った事があり、肩こりに効くと言う ことから、早速家内に試してみたところ、それ以来不思議と肩こりを言わなくなった。 爾来、もう30年以上過ぎた今まで、家内の口から、肩こりの話は全く聞いたことがない。 いつの間にか体質が変わったのであろう。それは血液中の鉄分が、フレミングの 法則で言う磁界に影響されて、血流を促して筋肉の疲労を回復させる効果が働くので あろう。お陰で、結婚当初は、毎晩のように両肩のマッサージをさせられていたが、磁気 ネックレスを身につけるようになって以来、一度もマッサージを要求されたことがない。 これは劇的な効果で、磁気ネックレスさまさまである。

【年賀状】  Dec. 27, 2004

▲Top

nenga.jpg  お年玉付き年賀ハガキは、11月の初めから購入して、準備は出来ていたが、 酉年のデザインや文面をどう決めようか、長い間迷っていた。宛先名簿の管理は 昨年の住所録に、追加の宛先や、今年の喪中ハガキを集めて名簿から除くなどの作業も、 ぎりぎり間に合わせた。郵便局の締切り日が25日迄となっていたので、クリスマスイブ になって慌てて、文面の決定をした。インクジェットカラープリンターも、400枚の 印刷に掛かる前に、カラーインクの補充をして、途中のトラブルの無いように万全を期して 印刷を開始。プリンターへのハガキのセットは、一度に40枚程度しかセット出来ない ので、文面と住所の印刷に、都合20回の用紙補充をしなければならなかった。しかし、 何故か印刷の時、ハガキの挿入方向を間違えて逆さまの印刷が25枚もあった。 郵便局に手数料1枚5円を払い、新しいハガキに交換して貰い再プリントして印刷終了。 全てのハガキに一言づつ添え書きをして、ポストに投函した。これで何とか新年の 配達に間に合うことだろう。

【万歩計】  Dec. 26, 2004

▲Top

manbo.jpg  これまでに幾つかの万歩計を購入し、外に出掛けるときに、ベルトに付けて、1日の 歩数をカウントしたことがある。普通に外出したときは、車に乗る時間が長いので、歩数 としては、大して歩いていなかった。日頃通っているフィットネスクラブの、新しい ランニングマシーンは、時間、距離、心拍数、消費カロリー等に加えて歩数もカウント するようになっている。これまでのランニングマシーンには、歩数が表示されて居なかった ので、時速6kmで1時間歩いた時の歩数を表示させて見たら、意外に8500歩程度だった。 以前、万歩計を付けて真剣に歩いたときは、少し歩いただけと思ったが10000歩くらいは 歩いていた。ランニングマシーンで、歩くときはスピードが速いので、大股で歩くことに なり、歩数は稼げず、普段の歩き速度の場合は、歩幅が小さくて、回数が多いのだろうか。

【ふぐ料理】  Dec. 25, 2004

▲Top

tessa.jpg  昨夜はクリスマスイブ、久しぶり友人を誘って、フグのフルコース料理をいただいた。 大きな皿一杯に敷き詰めた「テッサ」を豪快に箸で掬って食べるのも味わった訳だ。 一流板前が薄くスライスしたフグの刺身は、見事に透き通り、皿の模様しか見えていない。 ふぐ料理の事を、鉄砲に例えて言うのは、良く当たるところから付いたものだが、 「テッサ」とはフグの刺身を指し、普通には刺身醤油で食べるところを、一番危険と 言われるフグの肝を混ぜていただくのが、最高の食べ方。現在命があるので、鉄砲は 外れたと言うことか。新居浜名物ふぐざくも食べ、最後に出る雑炊に、ふぐざくの 残りの「タレ」を入れて食べるのが一番美味しい食べ方だ。さすがに新居浜一番のふぐ 料理店「波満蝶」美味しいふぐ料理をご馳走様でした。

【体力】  Dec. 24, 2004

▲Top

 最近とみに体力の衰えを感じるようになってきた。何がと言う訳ではないが、やはり これも年のせいかと感じる事が多い。あと1ヶ月程で、いよいよ古希を迎えるのだから 当たり前と言えばそうだが、ゴルフではドライバーの飛距離が1年前より20ヤード は落ちた。アイアンの飛距離は、2番手長いクラブを持つようになった。プールで 泳ぐとき、2km以上泳いでも平気だったのが、今は1kmが必死のノルマである。 何だか最近は体力の衰えを、気力で持たせているだけの様に感じはじめている。 私の両親は、揃って73歳でこの世を去ったので、自分の寿命もあと3年かも、と覚悟 を決めている。でも、この体力の衰えはやはり、自然にその時が近づいて居るのだろうか。 せめて、この世に居る間は、周りの人の迷惑になることなく元気で居たい。

【水泳用具】  Dec. 23, 2004

▲Top

 水泳から始まったフィットネスクラブ通いも、約15年になるが、スイミングパンツは、当初から 競泳タイプ(ビキニ型)を愛用している。多くの人が愛用しているパンツルックは何故か違和感がある。 パンツ型は、泳ぐとき裾のひらひらする部分があると、水の抵抗を受けて泳ぎにくいのだ。 競泳型の水着は、少し窮屈な感じがするくらい、体にフィットする方が、水の抵抗が少なく、泳いでも 身軽い感じがする。スイミングパンツの寿命は上手に使えば1年位は持つが、使用期間と共に生地が延びて きて、全体に締まりのない、だらしなさを感じたり、ゴムの部分が溶けて来るのが買い換えのタイミングだ。 キャップは、生地の密度の高いものか、ゴム又はシリコンなどの材料が頭にフィットして泳ぎやすい。 ゴーグルの良いものは、さすがに最初は曇り止めが効くが、長続きはしないので、後は曇り止め液を塗って 対応するのが効果的である。そして水中で曇り難くく、見通しの良いゴーグルは快適な泳ぎが出来る。 曇り止め液がないときは、石けん水を塗ると、一時的な曇り止め効果が得られるので知っていると便利。

【ゼムクリップ】  Dec. 22, 2004

▲Top

 細い針金をぐるりと巻いた、例の用紙をクリップするものだが、ちょっとした書類を纏めるのに とても便利なもので、大抵机の引き出しにいくつも転がっている事と思う。しかし、世の中には 本来の目的以外にも、色々な使い方をしている方も多いのでは無いだろうか。例えば食後のつま楊枝 代わりに曲がった針金を伸ばして使ったり、伸ばしたついでに、パソコンのCDドライブが詰まった ときに取り出すのに、この針金を突っ込むと、簡単に取り出せるのを知っていればベテランだ。 事務机の引き出しの鍵を忘れたときにも、先端をちょっと曲げて回せば、ベテランなら開けるのに 重宝する。 めがねのつるを留めるネジを失った時も、この針金はネジの代わりの一時しのぎに役立つ。 電気のヒューズ代わりにも使えるが、こればかりは下手をすると、大電流を通してしまうので、 大きな事故になりかねない。電気の事を知っていれば良いが、素人は危険なのでヒューズ代わり には絶対に使わないことだ。

【ひじき】  Dec. 21, 2004

▲Top

 わけもなくイライラして、奥さんや子供にあたったり、ストレスが溜まっていませんか。 もしかしたら、カルシウム不足が原因かも知れません。歯や骨を形成しているカルシウムは、 精神面にも作用し、不足するとイライラやストレスの元になると言われている。 ひじきのカルシウム含有量は、牛乳の14倍。毎日を気分良く過ごし、健康的な生活を送る ためにも、ひじきを食べると良い。わが家では毎年この時期になると、幼い芽が出た ひじきを採集してくるが、今年も香川県仁尾町の海岸へ出掛けて、大きな袋一杯採ってきた。 カルシウムを多く含むひじきであるが、ひじきのカルシウムは水に溶けにくく油には よく分解する特性を持っているので、ひじき料理には油を用いると吸収が良いと言われている。 サラダ油で炒め物、マヨネーズでサラダ風など、ひじきは油を使って料理するのがこつ。 その点、昔ながらのおふくろの味「油揚げとひじきの煮物」は、実に利にかなった料理と いえる。今日は早速鍋一杯のひじきを煮て食べ、カルシウムの補給をした。

【イラスト】  Dec. 20, 2004

▲Top

zen-santa.jpg  最近お気づきと思うが、表紙左メニュートップの写真が、イラストに代わっている。 ハンドルネームNORIさんと名乗られる方からの投稿で、私のイメージをイラストで、 色々なシリーズにして送ってくれるので、折角だから時期に合わせて、発表することにした。 イラストのイメージは、あくまでも制作者による私のイメージなので、私に似ているか どうかは問題ではない。無論、制作者のNORIさんにはまだ一度もお会いしたことはない。 現在使用中のイラストはクリスマスバージョンと言うことで、サンタクロースの扮装と思われる。 これまで頂いているイラストには、このほか、冬ソナバージョン(ペ・ヨンジュン風)、紅白 歌合戦バージョン(大晦日)、正月バージョン(来年は酉年)など楽しいものもあるので、順次 発表する予定である。ごらんの皆様は楽しみにして頂きたい。 また、NORIさんには続けて面白い企画のZENさんイラストを引き続きお願いします。

【鉱石ラジオ】  Dec. 19, 2004

▲Top

 私が中学1年生(昭和22年)の頃、理科の実験で、鉱石ラジオを作ったことがある。 今のダイオードに代わるものとして、キラキラ光る方鉛鉱と言う鉱石に針金の先を接触させて 検波器とし、同調コイルとバリコン(可変コンデンサー)を組み合わせ、マグネチック式 レシーバーで放送を受信した。その後思いつきで、小型マッチ箱に入る大きさ一杯のスパイラル コイルの枠を自作し、試行錯誤ながら適当な回数の蜘蛛の巣状コイルを巻き、バリコンの代わり にトリマーコンデンサーを使った超小型LC回路を構成させ、マッチ箱に組み込んだ。苦労の末、 NHK新居浜中継局の放送を立派に受信出来る携帯型鉱石ラジオを完成させた。仕組みとして、 電源は一切使わず、立派にラジオ放送を聞くことが出来たのだ。当てずっぽうで巻いたスパイラル コイルと、トリマーコンデンサーの容量は、比較的高い周波数で放送していたNHK新居浜局と、 まぐれのように同調できたものと考えられるが、担任の教師や両親からは天才扱いされた。 振り返って見るとエジソンやグラハムベル程の自慢話はないが、幼い割には結構色々新しい試みに チャレンジしたものだ。

【ブーツ】  Dec. 18, 2004

▲Top

boots.jpg  30年程前、山形県最上郡真室川町で数年暮らしたことがある。真室川音頭も名高い雪国で、 12月頃から降り出した雪は、大抵根雪(ネユキ)となり、5月の連休近くまで根雪が 残る年もあった。国道や県道の除雪は何とかなっても、当時町には、除雪車も少なく 町道までは、なかなか除雪が行き届かなかった。当然積雪の時期になると、町内の 交通手段は歩く以外には方法が無く、長靴かブーツが必需品だった。初めての冬は 十分な用意もしていなかったので、都会で穿いていた革靴で、駅へ降り立ったとき、 足元に注意しても、滑っては転び、歩く事も立ち上がることも容易ではなかった。 2度目の時は、靴底に滑り止めのある、ブーツを履いて出掛け、凍った道でも何とか、 歩けるようマスターした。普段の生活は長靴でも、出張など旅行に出る時は、格好も 悪いので、愛用のブーツで出掛けていた。最近片づけをしていて、懐かしい当時の ブーツが出てきて、雪深い最上地方の景色を思い出した。

【お金】  Dec. 17, 2004

▲Top

 世の中にはお金持ちが居るものだと、感心したのは数日前の話。老夫婦が一代で築いた 資産10億円を気前よく寄付したのだ。そして残る人生をあと30年間過ごすだけの余裕も 残してあるという。誠に優雅な人生の様だが、実は親族が多くいて、下手に遺産を残すと もめ事を起こす事が充分考えられるので、事前にその種を始末しておく事が目的だとか。 確かに、親子兄弟等親族に金持ちが居ると、遺産を巡ってのもめ事は尽きるところがない。 人の金を当てにされると、のんびり生きても居られない事になる。事前に始末しておけば もめ事も起きず、お互い平和に暮らせるというもの。話題の老夫婦は割り切った感想を 漏らしていた。わが家には、後に残す資産は全くないので、もめ事が起きるはずもない。 貧乏なので、遺産相続の心配もなく、平和で幸せ(?)な生活で良かった。

【接着剤】  Dec. 16, 2004

▲Top

 家の中の器具・装置などが、ちょっとした弾みで壊れた時の修復に活躍するのが接着剤だ。 構造物の材質によって、有効な接着剤の種類も異なるので、普段の買い置きも色々ある。 木工用、プラスチック用、金属用、又は接着素材が異種同士の場合などで、当然相性がある。 一番簡単に接着するのはアロンアルファ等に代表される瞬間接着剤がある。アクリル系 なので、ガラス・陶器・金属などの接合面が広く取れるものや、紙など浸透する素材には 効果的な接着が期待できる。ゴム系のボンドも革製品等可塑性のものには良いが、堅い ものの接着にはあまり強度がない。比較的万能なのは、2液性エポキシ接着剤だろう。 1液性の接着剤に比べて、扱いが面倒ながら、混合方法で反応時間をコントロール出来る ので、接着の確認がし易い利点もある。また2液性の利点は長期保存が効くことだろう。 1液性は手軽な反面、一度封を切ると、シンナー等溶剤の自然蒸発で、保存期間が限られる のが欠点である。わが家では、アロンアルファ、ボンド、エポキシ接着剤の3種は常時買置き するよう心がけている。

【ふとん】  Dec. 15, 2004

▲Top

 日本人の生活は、寝るときに畳の部屋なら敷き布団に掛け布団、寒ければ間に毛布か 掛け布団を重ねるかだろう。最近はフローリングの部屋にベッドの生活も多いようだ。 いずれの場合も、上には軽い掛け布団というのが普通だ。しかし、外国やホテルのベッド等は 掛け布団の代わりに、毛布を重ねて使うが、ベッドメイキングの時、周りをきつく敷き込 まれているので、寝るときに一部分だけめくって体を滑り込ませると、窮屈で堪らない。 ホテルでは、エアコンが効いているので毛布は1〜2枚のことが多い。しかし寒く感じる時 スペアの毛布を出して使うこともある。この毛布は意外に重たいもので、きつく挟まれた 体に重たい毛布は、朝起きるとぐったりと疲れを感じることがある。普段軽くて温かい 羽毛布団に慣れている体に、あの重たい毛布は、まるで煎餅にされた気持ちで、何とも 馴染めないものだ。

【朝食】  Dec. 14, 2004

▲Top

 サラリーマン等の若者に、朝の出勤前に時間の余裕が無いと言う理由で朝食を食べない 人たちが多いという。夜遅くまで仕事や遊びで、睡眠不足を引きずった朝は、もう少し 寝ていたいと言う思いに駆られて、朝食を犠牲にする気持ちは分かる気はする。 しかし、一日のスタートである朝食を食べないと言うことは、給油しない車で出掛ける 様なもので、遠距離のドライブは不可能、途中でガス欠になってしまう。快適な一日を 過ごすためには、栄養バランスの取れた朝食を摂ることが基本で、車の仕業点検でガソリン 満タン、オイルやタイヤの空気を点検する様なもの。昔から、「腹が減っては戦が出来ぬ」 の諺通り、いい仕事をするためにも、しっかりと朝食を摂ることをお勧めしたい。

【ノートPCと生殖能力】  Dec. 13, 2004

▲Top

 手軽に持ち運べて、何処でも仕事が出来るノートパソコンは、ビジネスマンにとって、今や 大事な道具だ。ノートパソコンを使う場合、大抵は座って膝の上で操作するのがスタイルだ。 ところが、ニューヨーク州立大学の研究者らが発表した調査結果によると、ノートパソコンを 膝に乗せて使った場合、パソコンの発熱で陰嚢の温度が著しく上昇し、精子の数が減少する 可能性があると言う。この調査は21歳から35歳までの成人男子を対象に実施されたもので、 ノートパソコンを膝の上に乗せた姿勢では、陰嚢の温度が最大で2.1度上昇することが判明。 欧州で行われた生殖能力に関する複数の調査からは、一般に陰嚢の温度が1度上昇すると精子の 数が最大40%減少することが明らかになっているという。 いま、ノートパソコンを扱っているのは、若いビジネスマンが一番多いが、只でさえ少子化 が問題になっている現代社会で、これ以上男子の生殖機能を低下させないように、 何とかしなければならない。

【電磁波障害】  Dec. 12, 2004

▲Top

keitai.gif  携帯電話の普及は世界的に広まっている。特に発展途上の国に於いては、これまでの 通信回線等インフラ設備の遅れを、無線接続で補えることから、急速な展開をしている。 そんな中、携帯電話の発する、電磁波が人の健康に影響を与えると警告する学者がでて、 問題となっている。これまでの研究は主に、携帯電話の使用と脳腫瘍との関係、携帯電話 の電磁波が血圧に及ぼす影響、幼児期のガンと基地局との距離の関係などを取り上げている。 一方、最近の研究では、いわゆる「電磁波過敏症」の科学的根拠などを検証する傾向が見ら れる。これは、頭痛や倦怠感など複数の症状を引き起こすとされ、携帯電話やアンテナ塔に 接近することで発症すると一部で考えられている。もともと携帯電話の発する電磁波とは、 ほんの微弱な電波なので、それほど大きな障害になるとは考えにくいが、耳元にかざす毎日 の積み重ねは、例え微弱な電磁波でも絶対安全と言えないところもあるので注目している。

【大腸ガン検査】  Dec. 11, 2004

▲Top

 毎年、健康管理のための検査に、大腸ガンの検診を受けている。あらかじめ検査を 担当している医療機関から、送られてくる検診器具に便を取って送るのだが、結果が 知らされるまでの期間が、とても長く感じられる。数年前、家内に返送された結果には 陽性の疑いがあるので、近くの病院で精密検査を受けるよう指示があり、内視鏡で検査 の結果、ポリープが幾つか発見されて、除去手術をした。除去したポリープの組織検査 は良性だったのでひと安心した。その後も毎年、この検査を実施しているが、今年も 検査報告が送られてきた。不安と期待で封を切って見たら、夫婦揃って陰性だった。 これで、しばらくは安心して生活できるかな。

【個人情報保護法】  Dec. 10, 2004

▲Top

 インターネットの普及により、いろいろな情報が錯綜するようになり、その中で 扱われる個人情報の漏洩が問題になっている。個人情報取扱事業者の義務について 定めた法律が2005年4月1日から施行されるに先立って行われたセミナーを受講 してきた。まずこの法律の適用対象事業者は個人情報を5000件以上を扱う業者に 対するものではあるが、内容としては、無論もっと小規模であっても注意義務はある。 これまでの個人情報漏れは、殆ど内部犯行が多く、マスコミの報道で会社の信用を無くし 大きなダメージを受けている。犯罪になるケースはいたずらや、嫌がらせで金銭の要求 をされたものが多い。脅迫、恐喝、架空請求、なりすまし等は足が付きにくいものが多い。 会社などに登録された個人情報のCDなどを持ち出せば窃盗罪、社外からアクセスして 取り出せば、不正アクセス禁止法違反となる。ただし、従業員が所有する情報媒体に コピーして持ち出した場合は犯罪にならないので、現在情報窃盗罪を検討している。 これまでのケースで、万一情報が漏れてしまった場合の賠償は1件当たり500円が 相場ながら、件数が多いと多額の賠償金が必要になるので、厳重な対応が必要だ。

【ライトアップ】  Dec. 9, 2004

▲Top

centerpark.jpg  毎年恒例となっている新居浜市役所前中央公園のイルミネーションランプが今年も 12月1日から点灯され、素晴らしくライトアップされた。 イルミネーションランプは、中央公園内の樹木を利用して、木の枝に添わせた数万個の ランプにライトアップされ、市民の憩いの場を優しく演出している。公園内には、他にも 色々にデザインされたキャラクターもあり、子供連れの家族や、若いカップルが公園を訪れて、 素敵な光のショーを楽しんでいた。イルミネーションの点灯は12月一杯続けられる予定 のようで、夜の公園に人を誘いだす効果をもたらしている。テレビのニュースで紹介され たので、私も早速デジタルカメラ持参で出掛けて撮ってきた。

【新紙幣】  Dec. 8, 2004

▲Top

sinsatu.jpg  11月1日に新紙幣が登場してから1カ月経ち、ようやく今日初めて新しい千円札をお釣り として受け取った。改めて良く観察すると、印象的な色合いは似ているので、混ざっていると ちょっと見は同じ様に感じてしまった。お陰で初めてだったか何度目なのか自信がなくなった。 普段、街での買い物の際、千円を超える買い物はカードで支払うことも多いので、お札に触れる 機会が少ないのは事実である。新紙幣と言えば、2千円札も発行以来長い時間が経っているが、 今もってお目に掛かった事がないのも、買物で高額の買い物はカードを使い、お金を扱わない ことが原因なのだろう。金は天下の回りものとは言うが、こうしてみると私のところにはあまり お金は回っていないようだ。

【めがね】  Dec. 7, 2004

▲Top

 昔から遠視だったので、遠くはよく見えていた。40歳過ぎからデスクワークの時に 目の疲れを感じるようになり、遠視を調整するめがねを掛けるようになり、今では遠近両用 のめがねが必須となってしまった。数年前までは、ゴルフの時だけはめがねを掛けないで プレーしていたが、いつの間にか遠くを見るのも、めがねが必要になり、ゴルフの時だけ 1.5度の単焦点眼鏡を掛けるようにしていた。最近は普段の遠近両用を掛けたままコースに 出るようになった。しかし、遠近両用眼鏡は、アドレスからスイングに至る間に、頭の回転と 視点移動の行程で、距離感に狂いを生じるようで、つまらないミスショットが増えている事に 気づいた。単焦点眼鏡に取り替えるとミスが減るので、明らかにめがねのせいと思う。 遠くだけが見えるめがねだと、手元でカードを付けるときには不自由だし、遠近両用では、 旨く打てないしで、このところのゴルフに悩んでいる。目の衰えは確実に進んでいて、 ゴルフの先行きも、このまま続けられるか不安になってきた。

【死球】  Dec. 6, 2004

▲Top

 野球のデッドーボールではなくて、ゴルフ場での出来事だが、先月月例競技のプレー中、私の 打った球が、同伴競技者に当たってしまった。状況は私のドライバーで打った球は、良い当たりで、 グリーン迄残り150ヤードの地点に止まっていた。同伴競技者は既に第2打を打ち終わり、自分 の球の位置を確認する目的で、私の位置より前に出て探していた。第2打の地点に立った私の目には、 同伴者を左前方に現認していたが、目的のグリーン方向からは大きくはずれているし、多分 打つまでにはもう少し避けてくれると思いこみショットした。しかし打った球は、何故か当たり 損ねて、左前方へ大きく引っかけボールとなって飛んだ。 左前方にいた同伴競技者は、瞬間大きくのけ反ったが、除けきれず左腹部をかすってしまった。 その場は、大したことは無いとプレーを続けたが、昼食時にシャツをはぐって当たった場所を確認 したら、直径5cm程の内出血で、黒ずんでいた。遅ればせながらフロントで湿布薬を貰って 手当をして置いた。 あれから2週間経った昨日、久しぶり会ったので、聞いたところ、まだ内出血の跡は残っていると言う。 運良く当たった場所が脇腹で良かったが、当たり所が悪ければ、大変な事になるところだった。

【ストーブ】  Dec. 5, 2004

▲Top

kamakura.jpg  つい3週間ほど前まで、扇風機が部屋に鎮座していたのを仕舞ったばかりだが、さすがに12月に 入ってから、肌寒く感じる日が多くなり、4日前から電気ストーブを出してきた。わが家の生活 スタイルは、フローリングの部屋ばかりなので、こたつを置く習慣はなく、しかも電化マンション なので、暖房はエアコンか電気ストーブに限られている。暖房効率としては、石油ストーブ等の方が 高いと思うが、マンションの構造は密閉度が高く、火を使うストーブの系統は、空気を汚す可能性 が高いので、使っていない。30年程前、山形県に住んでいたいた時代は、一部屋ごとに石油ストーブ を置き、居間にはこたつが必需品だった。寒さを感じるのは、雪が積もるまでの事で、家の周りを雪が 囲み始めると、風が遮られ家の中の密閉度が高くなり、暖房の効率は高く、寒さを感じなくなる。 雪で作ったかまくらの中が温かいのは、その仕組みなのだ。思い返すと積雪前の今頃が一番寒かった。

【カレンダー】  Dec. 4, 2004

▲Top

 気の早いと笑われそうだが、I銀行の受付に行って来年のカレンダーを貰ってきた。 昔から、わが家で愛用しているカレンダーは、1枚のカレンダーで1年が表示され、それぞれに 予定や、実績などが書き込めるものである。このタイプのカレンダーは、壁に貼っておき、分かって いる予定や、忘備録的な書込をしておくと、1年間の予定や実績が一目で分かりとても便利である。 一昨年までは、上半分には絵が描かれていて、下半分がそのカレンダーのタイプだったが、昨年から 肝心の下半分は、普通のカレンダー形式の物に変わって、これまでの様に、予定の書き込む覧が 無くなっていた。銀行の案内係に聞いたら別に下半分の予定表だけの物もあるが、一般には出して いないと言う。欲しいと希望すると、奥から特別に出してきてくれた。今年も窓口へ行って、昨年 同様に予定の書き込める物が欲しいと伝えたら、一応特別だと言いながらも出してくれた。 I銀行では何故、この予定表式カレンダーを特別扱いしているのか分からないが、私と同じ様な 使い方をする人が結構いるのだろうと思う。

【師走】  Dec. 3, 2004

▲Top

 1年の経つのは早いものだ。街へ出掛けると何処へ行ってもクリスマスソングが聞こえて 来る季節になっていた。早めに買って置いたお年玉付き年賀状もぼつぼつその気になって準備 しなくては・・。家の中も、そのうち片づけなければと思いつつ、年の瀬までには等と先送り してきたが、いよいよ腰を上げなくてはならなくなった。不要品を整理して、使わないパソコン は先日親戚の子供に上げたし、プリンターやデジカメもオークションに出したら、即日落札された。 まだまだ使う宛ても無いものがいっぱいあるので、この際思い切って全てオークションに出そうと 決めている。毎日仕事に行くことがなくなってから、背広やワイシャツの類は殆ど着ることも ないため、この10年間で、新しい物を買ったことがなかった。偶に正装しようとしたら、いつ の間にか体型が変わっていてボタンが合わないので慌ててしまった。年末大安売りの間にでも、 身体に合わせて新しく買いそろえて置くかな・・・。

【はぜ釣り】  Dec. 2, 2004

▲Top

haze.jpg  朝から天気が良くて、仕事も無かったので、久しぶりにはぜ釣りに出掛けた。釣場はいつも よく出掛ける香川県の仁尾町に決めた。ついた頃は丁度潮の満ち込み時で潮に乗って、ハゼが浅瀬に 寄って来る時間なので、素早く竿の準備を始めた。撒き餌のアミエビの効果もあってすぐに魚が 寄りはじめた。餌は日本ごかいを頭から針に刺しハゼの群れに投げると、すぐに食いついて来た。 大きさ15〜20cm位の、形の揃ったサイズがまたたくの間に25匹ほど釣れた。満ち潮の7分 程で食い渋り始めたので、竿を置いて、持参した弁当を食べながら一服した。 同道した家内が、今釣ったハゼの頭を刎ね、内臓を出して簡単な料理をしてからクーラーに入れ 帰り道についた。家に帰ってから、あらためて3枚におろし、身は天ぷらに、骨は焦げるほどの 唐揚げにして食べた。仁尾は海が澄んでいることもあって、魚の腹を割いても匂いもなく綺麗。 酒のつまみに、この時期のハゼは最高の美味であった。

【キャンビー】  Dec. 1, 2004

▲Top

 9年前、テレビを見ながらパソコンが出来る、というので買ったのが、NECのキャンビーだった。 当時は、色々な機能がついていて素晴らしいものだった。CDが4連装されているのはキャンビーだけ の機能で、その後の機種にはないのも珍しい。マシーンとしてはあらゆる機能を満載していたので、 ボードを追加するには自由が利かない面があり苦労もあった。当時としてはCPUも最高速で早いと 思っていたが、その後の進歩はめざましく、より高速のCPUが出てきて、いつの間にか、TVの機能 だけしか使われなくなり、そして、いつの間にか押入にしまわれる存在になっていた。 昨日親戚の中学生が、親にパソコンをねだっていたので、廃棄寸前のキャンビーでも良かったらと、 話をしたら、それでも欲しいと言ってくれたので、すぐさま埃を払って届けてあげた。プリンターは 一足早くゴミ処理場に捨ててしまっていたので、急遽オークションで落として、付けてあげる事にした。 廃品に近い windows95 ながら、古いソフトはそれなりの早さで動いていて、初心者の勉強には十分使え ると、喜んで貰えた。もしゴミ処理場に持っていけば、1万円近く廃棄料を取られるところだったので、 お金が掛からず済んで良かった。

Home