【韓国ブーム】  Oct. 31, 2004

▲Top

 このところ新聞・TVを連日賑わせるほど韓国の話題が沸騰している。TVコマーシャル にも素敵な笑顔のヨン様が繰り返し出てくる。これすべて冬ソナの人気から来たものだろう。 20年以上も前になるが、当時の仕事の関係で、定期的に毎年4回、都合15度ほど、韓国に 出掛けていた時代がある。 昼間の商談のあと、夜は毎晩接待漬けだったが、韓国の女性の美しさは比類の無い程に感じた 事を思い出す。韓民族すべてが美しい訳ではなく、顔の彫りが浅い韓国特有の顔をした人種も いるが、際だって美人と言われる人種がいる事も事実である。日本人には、八重歯に代表される 歯並びの悪い顔が多いが、韓国人は印象として、歯ならびのきれいな人が多いのも特徴がある。 ユンソナ、チェ・ジウなどきれいな歯並びをしている。アメリカ等でも、子供の歯並びの悪さは、 親の責任とされ、成人するまでの間に、必ず歯列矯正をさせるのが常識だ。 歯並びはその国の文化を表すと言う。韓国人の歯並びの良さは、その文化が育ててきたもので、 結果、本物の美男美女が生まれてくるのだろう。

【惨殺】  Oct. 30, 2004

▲Top

 イラクで拘束された香田さんは、期限を切って日本の自衛隊がイラク撤退をしなければ、 殺すと武装集団に脅されていた。しかし日本政府の絶対にテロには屈しないと言う対応は、 ついに期限を過ぎ、その後の安否が危惧されていた。が、ついに香田さんと思われる遺体が 発見されたと言う。武装集団は、宣言通り人質の死刑を執行したことになるが、これで 日本人若者が、甘い考えで渡航の禁止されている地帯への立ち入りを控える様になるだろう。 死んだ者に鞭打つつもりはないが、そもそもこの若者は何がしたくて、金も持た ずにバクダットへ入ったか理由が分からない。只単に、イラクで何が行われているか自分 の目で見たかったと言う理由だけでは、誰も同情出来ない。後に発見された死体は間違い だったと訂正されたが、香田さんが助かったと言う保証はない。

【人質】  Oct. 29, 2004

▲Top

 イラクでまたも、旅行者が人質となって捉えられたと言うニュースが伝わってきた。 前回の人質事件では、純粋のボランティア達であったことや、犯行グループが地元の 武装集団だったことも幸いして、仲介に入った聖職者による解放交渉が旨くいった。 今回の犯行グループは、もっと凶暴な過激派集団で簡単な話では無いという。そもそも 単なる興味本位で、危険と分かっているイラクに旅行したことは、無謀でバカな行為。 解放条件は自衛隊の撤退だが、日本政府には撤退の意志は全く無い事は以前から分かって いる。関係する家族は、彼を助けるために政府に泣きついているが、禁止されている イラクへ入国した時点で、自己責任を分かって居たはずであり、今更命乞いするのはおかしい。 ましてや、非常識な行為を助けるために、一国の政治を変えろとは言える事ではない。

【生命力】  Oct. 28, 2004

▲Top

 新潟県中越地震で発生した長岡市の土砂崩れで、車ごと巻き込まれた小出町の皆川貴子 さんら母子3人のうち、長男優太ちゃん2歳が助け出された瞬間をテレビで見ていて、 感動した。そして人の生命力の強さに驚いた。岩と車の間の僅かな空間に、92時間という 長い時間、飲まず食わずで、小さな命が生き続けていたのだ。助け出された瞬間、下半身は 紙おむつが取れて裸だった。前夜は気温も低かったと言うが、よく耐えられたものだ。 助け出されるまでの狭い空間で、身体を動かすことも出来なかった事で体力が消費されず、 命が守られたのだろう。続いて救出された母親の貴子さんは即死状態だったという。現在も 長女真優ちゃんの救出が続けられているが難航している。救出隊も強い余震が続く中、 自分たちの命をかけて必死に頑張って居るが、僅かな希望も捨て無い姿は本当にご苦労様です。

【停電】  Oct. 27, 2004

▲Top

 昨日深夜、突然大きな衝撃音と、稲妻の様な閃光と共に停電した。最初はわが家の ブレーカーが落ちた位に思ったが、窓から見る限り、百メートル以内の近所も真っ暗 なので、ローカルの停電だと気づいた。停電の瞬間から、近所で大きなモーター音 が聞こえはじめ、それが停電の直接原因かと思った。大きな音源を探してみると、隣の STnetと向かいの四国電業のビルから聞こえて来るので、多分停電に対応して非常用 自家発電のエンジンが動き出したものと分かった。四国電力に電話して、停電の事実を 伝え、対応をお願いしたが、停電が解消するまでに1時間ほど掛かった。原因は、台風 の影響で配電線の異常箇所から漏電ショートし、地区のブレーカーが落ちたものと判明。 爆発音に似た衝撃音と、激しい閃光を伴っての停電だったので、心配した住民が大勢出て 原因を調査していたが、大事で無くて何よりだった。しかし隣の奥様は、パソコンで 仕事のデータを入力中だったので、最初から入力し直しだと、がっくりしていた。

【自然災害】  Oct. 26, 2004

▲Top

 自然災害の恐ろしさを今年ほど重ねて体験したことはない。台風の怖さは何度か経験有るが、 殆どは強風の経験で、水害については、余り記憶がなかった。これまでの台風は太平洋から高知県 に上陸しても、四国山脈に遮られて、大抵は和歌山側に進路を変えるのが普通で、四国山脈を 越えて瀬戸内側に来ることは少なかった。しかし今年は太平洋高気圧の影響で、進路はいつもと 異なり、一旦九州の西側から瀬戸内海側に侵入するコースが多かった。台風の速度が遅くて 近づくまでに長い間雨を降らせるのも、今年の特徴だった。都合4度の来襲では、瀬戸内側の 山々は、多くの水分を含み、一気に崖崩れを呼び込んだ。市内道路の冠水も度々繰り返され、多くの 住宅に床上、床下浸水と、車の水没を招いた。台風後のボランティア達は多くの被災者にとって 救いの神だった。今度は新潟県中越で、群発性直下型地震で多くの家を壊し、交通網をズタズタに している。天災は忘れた頃にやってくると言うが、今年は忘れる暇もなく繰り返し来ている。 台風24号以降は、もう来ないで欲しいものだ。

【祭りが終わって】  Oct. 19, 2004

▲Top

 新居浜の太鼓祭りも終わった。多くの市民が1年間待ちに待って迎えた祭りなので、 それぞれに楽しみ方がある。祭りの3日間、朝から晩まで太鼓台の後をついて回るだけで 楽しめる人、各地域のかき比べを、タイムスケジュールを組んで、次々と見て回る人。 色々の情報を互いに連絡しあって、見て回る人など様々だ。私も祭りの3日間は、 弁当をリュックサックに詰め、朝から各地を走り回って写真を撮った。車では、交通規制 でパフォーマンスの会場に近づく事が出来ないので、車は1km程手前の離れた所に止め、 そこから折りたたみ自転車を出して走る。一昨年からだが、これは結構名案で効率よく迅速に 移動が出来た。そして今年は小さくて軽い脚立を持って歩いた。人の多い会場では、カメラの アングルが低いと、人の頭しか撮せないので、脚立は効果的だった。今年も各地で衝突があり 多くの話題を残した祭りだったが、それぞれ問題点は反省しなければならない。

【恩師】  Oct. 18, 2004

▲Top

 新居浜の太鼓祭りに合わせて、高校時代の同級会が行われた。卒業以来全国に散らばり なかなか故郷に帰って来る機会の無い人たちも、お祭りには帰りたいと言う狙いを込めて 案内を出したら、思わぬ程大勢の同級生が集まってくれた。殆どの人は既に何度か会って いるので、久しぶりの顔ばかりだったが、これまでの同級会で見たことのない人が居た。 胸につけた名札を見て、思い出した。なんと高校1年生の時の担任の先生だったのだ。 高校卒業以来初めてお会いするので、51年振りだ。ご挨拶をしてこちらの名前を言うと フルネームで覚えて居てくれて嬉しかった。先生のお年を聞くと、我々と7つ違いと、余り 年が離れて居ないので、最初見た時は同級生と勘違いしていた。まだお元気なので安心した。

【携帯電話】  Oct. 17, 2004

▲Top

 来月1日から、改正道交法が施行されるため、運転中の携帯電話の使用が禁止になる。 警察では、県内の国道など主要な所で、ドライバーへの一斉指導を始めている。 改正道交法では、運転中に携帯電話を手に持ち、通話やメールの送受信をすると、乗用車で 行政処分の基礎点数1点、反則金6000円が科せられることになる。今は警察官が歩道に 立ち、ドライバーが携帯電話で話しながら運転している車を止めて、来月からは道交法違反 で厳しく罰せられますよと注意するだけらしいが、すれ違う車を見ていると5台に1台は、 携帯電話を手に持って運転している。実際携帯電話で話ながら運転している車の後をついて 走ると、ハンドルが変にぶれたり、スピードが流れに添っていないなど、危険が一杯である。 違反者は特に女性が多い感じだが、運転しながらメールを打つのだけは止めて欲しい。

【太鼓祭り】  Oct. 16, 2004

▲Top

 いよいよ今日から、新居浜人の血が騒ぐ太鼓祭りが始まった。昔は市内の地区毎に、祭りの 期日が少しずつ違っていて、それぞれのお祭期間中は、太鼓台を追いかけて仕事も勉強も手に つかなかった。公然と休めるのは、土日だけで、普通の人は有給休暇を取るか、首を覚悟で 欠勤するしかなかった。確か10年ほど前から、新居浜市の祭りは曜日に関係なく10月16日 〜18日と各地区共統一される様になった。そして、その3日間は、新居浜市の特例で、殆どの 企業・学校・役所、お店は公休日となり、市民はこぞってお祭りに集中出来るようになった。 新居浜生まれの人にとって、太鼓祭りは特別のもので、遠く離れて生活していて、 盆と正月に帰省しなくても、祭りだけは、どんなにしても帰って来る人が多いのも特徴だ。 昨夜当たりから、東京・大阪・いや海外からもこの3日間の太鼓台を担ぐために、 仕事を犠牲にして続々と帰って来ている。 祭り期間の新居浜市は、異様な雰囲気で、一気に人口が膨れあがる。そして祭りの3日間が 過ぎると、来年の祭りまで365日の秒読みが始まる不思議な人たちなのだ。

【食欲の秋】  Oct. 15, 2004

▲Top

 天高く馬肥ゆる秋という季節になった。最近、しばらく振りに会う人と話す時、 「少し太りましたか」と言われる事がある。確かにこの数ヶ月、フィットネスクラブへ行く 回数が少し減っていることと、飲み会が多いことも原因して、基礎体重が1kg位増えて いる日がある。しかし大抵はその日の内に減量しているので、自分的には体重管理は出来て いる。この10年間基礎体重は殆ど変化していない。人の健康の度合いは顔から太って、顔 から痩せて行くらしい。顔を見て「太りましたね」と言われた時は、年を取った割には 「元気そうですね」と言ってくれていると善意に解釈することにしている。3度の食事は、時間 通りの規則正しい食生活で、食べ過ぎることもなく、あまり間食もしない。晩酌の酒類を飲む 習慣もない。健康である証拠に、何を食べても美味しいし、ゲテモノ以外好き嫌いはない。 健康を維持する為の努力はしているので、「太りましたね」の挨拶言葉は外見的な 健康のバロメーターだと思うことにしている。

【月の輪熊】  Oct. 14, 2004

▲Top

 日本国内の殆どの地域で熊の出没情報が流れている。殆どが月の輪熊と見られ、特徴は 黒い毛に覆われた首の回りに見える、白い三日月の様な模様だ。野生の熊と出会った事は ないが、動物園などで見る月の輪熊は、愛嬌のある動作で餌をねだる姿等、何となく愛らしく 見える。しかし実はとても凶暴な性質らしいので、山を下りて人里に現れたら注意が必要 なのだ。熊の主要な餌は、ドングリ系の木の実らしいが、今年は台風の影響で木の実が 早く落ちて、他の動物に食べられ、餌不足に困り、山を下って人里に出没していると言う。 TVのニュースで見たが、柿の実をとるために、細い木の先端まで上り、美味しそうに 食べていたが、木登りが上手いのに驚いた。熊に襲われたら木に登って逃げるのがいいと 本に書いてあったが、熊の方が木登りが上手いので、駄目と分かった。

【新鮮野菜】  Oct. 13, 2004

▲Top

 今年の東予地方は、3度の台風襲来で、畑の被害が大きく響き、野菜の供給が不足している。 そう言えば、食卓から青い野菜類が姿を消してしばらくになる。わが家では毎週新鮮な野菜を 仕入れるために、西条市の「ときめき水都市」や「新鮮市場」に買い出しに行くが、最近は 青物野菜は種類も少ないし、高い値段が付けられていて、手がでないこともある。 仕方なく、青物ではないが、ビタミンCが含まれているから、代わりにしようと、他の食品で 補ったりしている。ハウス物など、3度の台風でひどい被害を受けた為、畑の修復にも時間が 掛かっていて、当分期待はできない。これから寒くなる季節だけに、ビニールハウスの被害は 、年末に掛けての青物供給に大きな影響を残している。

【読売巨人】  Oct. 12, 2004

▲Top

 今季の巨人軍は、開幕3連敗で始まり、締め括りも3連敗で終わった。今季最終戦の阪神 には見たくもない惨敗。昨年のストーブリーグの補強では、史上最強打線と言われた自慢の バッターを揃えた。結果一発ホームラン攻勢では、確かに259本とシーズン最多本塁打の プロ野球新記録を樹立した。しかし通常打線には繋がりがなく、ここぞと言うシーンではなか なか得点に結びつかなかった。期待されたベテラン投手陣は殆どが打撃投手?並みに打たれ、 一発だけでは勝ち越すことは出来なかった。他球団の投手の様な野性味のない、投手陣を立て 直さない限り、幾ら打ってもザルの様な守り方では勝利はない。池谷公二郎投手コーチと須藤豊 ヘッドコーチが責任を取り今期限りで退団することが決まった。巨人軍は今年も怪我に泣いた 清原など余剰選手を、来期に向けての大型トレードの噂が始まっている。

【国民年金未納】  Oct. 11, 2004

▲Top

 また国民年金の話で恐縮だが、何処までも続く未納問題は深刻だ。未納問題が表面化して 未納3兄弟等と国会でも大きく取り上げられたが、肝心の社会保険庁が、正しい運用をしていない ことも発覚するなど、嫌気をさして余計に未納者が増えているような状況である。 公的年金には、国民年金のほか、会社員対象の厚生年金、公務員が入る公務員共済などがある。 厚生年金や公務員共済は保険料が給与から天引きされるのに対し、国民年金は口座振替以外、 金融機関で納付したり、徴収員に保険料を支払ったり色々なケースがあるところが問題。 会計検査院の調査では、未納のままになっている「督促対象者」が約1000万人もいることが、 分かり、滞納額は最も少なく見積もっても1300億円に上ると言う。公的年金である以上 公平な徴収を義務づけるよう、税金と同じような徴収の仕組みを確立しないと収まらない。

【高速道路の逆走】  Oct. 10, 2004

▲Top

 ニュースによると、昨日、深夜に和歌山県海南市の阪和自動車道下り線で、24kmも逆走した 車があって、大型トラックや乗用車など4台を巻き込む事故になり、逆走車は側壁に衝突して停止。 運転していた大学1年の男性が病院に運ばれたが、間もなく死亡したという。実は私も昔、夜間の 名神高速を走っていて、どうしても眠たくなり、大津サービスエリアに車を止めて、一眠りした。 20分ほど寝て、運転再開しようと本道に戻るとき、寝ている間に方向感覚を失っていたようで、 合流地点にさしかかった時、前方から来る車のヘッドランプがこちらを向いているのに気づき、 慌てて引き返し、反対方向へ反転して事なきを得た。しかし、あのとき合流地点で対抗してくる 車が無くて、そのまま走行車線に入ってしまったとしたら、恐ろしい事故に発展した可能性があり、 寒気がした事を思い出した。昼間ならともかく、夜の運転では、こうした勘違いで一旦本道に入って しまうと、抜け出す方法が無いので、思わぬ事故になることは理解出来る。それ以降は、注意して 走行方向を確かめるようにしている。

【USBメモリー】  Oct. 9, 2004

▲Top

 これまでデータファイルの長期保存に、小さな容量ならフロッピーディスク、大きなファイルは MOに取り込んできた。データの記録だけならCDRへの保存も併用するが、データの更新が絶えず 伴う場合にCDRは向かないのでMOが重宝していた。最近データの保存に愛用し始めたのがUSB メモリーだ。MOに比べればメディアの単価は高いが、小型で携帯に便利なことと、MOの場合 に比べて、今は殆どのパソコンのUSB対応できる事がうれしい。自分のホームページの更新 には、これまでは自宅のパソコン環境を使用しないと作業出来なかったが、大容量のUSBメモリー に、普段更新に使うアプリケーションソフトと、HPソースを入れて持ち歩くようにしている。 こうすることにより、出先からでも最新の情報に更新することが可能になり、気楽に出掛けられる ようになった。考えて見ると、ギガ単位も実現するメモリーがこれほど小さく便利な物になるとは 思ってもいなかった。

【集中豪雨】  Oct. 8, 2004

▲Top

 気象庁の予報によると、台風22号がまたもや週末にかけて四国地方を狙って接近している。 もし接近して被害を受けるような事があると、これまで経験したこともない、僅か3ヶ月 の間に4度目の台風被害を受けることになる。これまでの台風は太平洋側から四国を狙って 来ても、四国山脈に遮られて、ルートを燧灘に向けてくることは殆ど無かった。 しかし今年の進路は、九州の北部から瀬戸内海を西から東に抜けるようなルートを取り、過去に 例の無い台風被害を被ることになった。気象庁の分析では短時間に猛烈な雨が降る豪雨は、この 100年で増える傾向にあることを明らかにしている。年間の総降水量は減っているが、 局地的な豪雨の割合は逆に全国的に増加。特に夏の気圧配置に、強い雨の降りやすいパターン が多くなってきていると言う。強い雨は、冬より夏に、昼間より明け方に、北日本より九州・ 四国で、より大きく増える傾向にあるとしているが、出来れば予想を外して台風の進路がそれて くれることを望みたい。

【台風被害と祭り】  Oct. 7, 2004

▲Top

 今年3度の台風被害を受け、世界のニュースで報道され、一躍有名になった新居浜市だが 太鼓祭りまであと10日に迫ってきた。東川の氾濫で、床上浸水の被害に遭った親戚の家を、 見舞いに行ったついでに、このまま、いつもの年のようなお祭りが出来るのか、 今回災害に遭った地区を、改めて見回った。先週は尻無川を中心に見てきたので、 昨日は東川沿いに歩いてみた。床上・床下浸水の被害は、こちらの方が酷かったようで、 被災地域の方々の後始末は、一週間過ぎた今も続いていた。今は水位の下がった河原に2台の 車が川の砂に埋もれたままの光景も目撃した。。 東川中流付近の滝の宮町真光寺の墓地は、裏山から流れてきた土石流により、墓石が流されたり 埋もれたり大変な被害を受けていた。それを見て慌てて我が家のご先祖様を祀る瑞応寺と毘沙門 の墓を確認に行ったが、幸いにもこちらは直接の被害は無くてホッとした。通りすがりに、山根の 内宮神社の裏山が、大きく抉れているのを発見した。参道が土石流でふさがれているらしい。 祭り初日早朝の参道かきあげ迄に開通するのか、気を揉ませるが何とか実施の見通しという。

【蟻】  Oct. 6, 2004

▲Top

 小さな蟻の生命力というか生活力に驚いている。高層マンション7階に住んでいて、 月に1度のエレベーター点検の日や、どこかの階への引っ越し等があると、エレベーター が使えないことがある。そんなときは仕方なく階段を上り下りするしかないが、普段 スポーツジムで身体を鍛えているとは言え、階段の上り下りは大変な運動である。ところが 実は体長僅か3mmほどの小さな蟻の軍団が、7階の我が家に襲来してきたのだ。部屋の隅に 僅かにこぼれた砂糖の蜜に群がって、蟻の行列が出来ていた。あの小さな蟻は、この高い 場所にこぼれていた蜜をどうしてかぎつけたのだろう。多分日頃から偵察の蟻が活動して 見つけた情報を、地上まで知らせて、軍団がやってきたのだろう。その情報力と行動力、 行動範囲の広さに驚きを感じた。人間社会と共存する昆虫たちでも、ハエや蚊、ゴキブリ等は 羽があるので、こんな高い所まで侵入しても驚かなかったが、小さな蟻の来襲には、何か 人間も学ぶべき事があるのではないかと考えさせられた。

【年間最多安打記録】  Oct. 5, 2004

▲Top

 1920年に作ったジョージ・シスラーの持っていたメジャー最多安打記録257を、5本も 超えた所で、イチローの今期の挑戦が終わった。最終打率も3割7分2厘とメジャー移籍後2度目 の首位打者も獲得した。イチローの活躍にもかかわらず、自らのチーム・マリナーズは1度も勝率 5割を超えることなく、最初から最後まで最下位で終わった。 シスラーの記録の更新が秒読みに入った所で、ことしを締めくくる本拠地3連戦を迎え、イチロー は地元フアンの大喝采を受け、期待に応えて毎日ヒットを飛ばして記録を更新し、更に新しい記録 を残した。今季最終日、最後の8回の打席でも、左投手の外角変化球をセンター前に巧打し、この日 2本目のヒットで、年間最多安打記録を「262」に伸ばした。 この記録は今後10年位は残して欲しいとはイチローの言葉。出来れば自身で記録を更に更新 したいとインタビューに答えていた。打者としてのイチローには、絶えず目標を見据えてチャレンジ してきたが、次はジョーディマジオの持つ56試合連続ヒットの記録に、ぜひ挑戦して欲しい。

【太鼓祭り】  Oct. 4, 2004

▲Top

 新居浜市民が1年間待ち望んだ秋祭り、太鼓祭りが近づいた。昔は五穀豊穣を祝うお祭り だったが、近年は農業人口が減りつつあるので、太鼓台の為だけの祭りになってきた感はある。 しかし、今年は平年になく、3度もの台風災害を受けた年で、多くの地域で被災者が出た。 不幸にも多喜浜地区と、大生院地区では洪水に巻き込まれて死者も出た。未だに多くの人が 避難所生活を送るなど、太鼓祭りどころでない家庭もある。災害を受けなかった地区だけが、 お祭り気分で騒いでいいものか、ジレンマもあるだろう。しかし、自然には不可抗力もある。 悲しみにめげるのではなく、新しい復興にかけて、明るい祭りで気分を発散させ、新居浜 らしい祭りを盛り上げて欲しいものだ。被災者の多く出た多喜浜地区では、出場自粛を決めた 所もあるが、事情は理解できる。せめて出場する太鼓台だけでも頑張って貰いたい。

【イチロー】  Oct. 3, 2004

▲Top

 大リーグに残る、偉大な記録を84年振りに塗り替えた小さな日本人、イチローのその瞬間に 世界中が湧いた。たまたまテレビのチャンネルを何気なく回している内、CATVによる野球 中継に合い、イチローの打席が映し出された。シーンは丁度1回裏、初回2点リードされた後、 まさにイチローが先頭打者として打席に入るところだった。初球は見逃しのストライク、続いて 左へのファウルを2度打ったあと、4球目を叩くと大きくバウンドした球は、三塁手の頭上を 大きくレフト前に抜けるヒットで、簡単に257本目のタイ記録を達成した。続く第二打席は 2ストライク2ボールから真ん中低めのストレートを打って、打球はショートの横を抜けて センターに転がるヒットで、シスラーの年間最多安打を更新する258本目の記録達成となった。 第3打席もセンターの頭上を越えるかと思わせた当たりをセンターのニックスが背走しながら ジャンピングキャッチする好プレーで惜しくもセンターフライ。第4打席は3球目、内角の球 に少し差し込まれた打球が二遊間へ。ショートが投げるも、イチローの足が速く、ショート 内野安打と、この日、新記録は一気に259安打まで達成した。今後は自分が作った記録を 何処まで更新していくか、自分との戦いになった。すごいぞイチロー!

【新記録】  Oct. 2, 2004

▲Top

ichiro.jpg  ついにやったー!2日(日本時間11時)テキサスレンジャーとの1回裏トップバッターで イチロー選手は257本の年間最多安打のタイ記録に達し、続く第2打席には2遊間を抜くヒット、 第4打席にはセカンド内野安打で、一気に259号の世界新記録を達成した。 今日から迎えたマリナーズ地元ファンの待つ本拠地シアトルのセーフコフィールドでこの劇的な瞬間を 実現した。残り2試合で何処まで記録を伸ばすかを世界中が注目することになった。 ジョージ・シスラーの持つシーズン最多安打記録257本は、実に84年前の1920年の事であり、 それを超える瞬間は世界中の野球フアンが注目の歴史的偉業であった。球界の先輩達のコメントでは、 普通の選手なら記録への秒読みに入ると、極度のプレッシャーで、難しいものだと予測していたが、 イチローにはその予測は当てはまらない事を証明してくれた。シーズンを通じ、淡々と積み重ねてきた 実績から見れば、何の気負いもなく打席に立てば、見事なヒットを飛ばし、84年振り世界の記録更新 をしてくれるものと思っていた。今後前人未踏の数字を何処まで伸ばすか楽しみにしたい。

【台風被害】  Oct. 1, 2004

▲Top

 台風21号が襲ってきた29日は、強い風と、吹き付ける豪雨で、マンションから 一歩も外に出ることが出来なかった。我が家の玄関ドアは建物北側通路の西端に東向き に付いていて、北東の方角から強風と雨が吹き付けて来るので、ドアが風に押されて、 開けられない状態だった。報道では風に煽られたドアに指を挟まれて大けがをした人もいたが、 私も危うく、開けたドアの隙間に手を挟まれる所だった。台風18号の時は市内川東地区に 大きな被害を受けたが、21号は川西地区から西に被害が多かった。 市内を流れる尻無川、東川の水かさが急激に増し、上流からの流木が、橋の所で詰まり、 そこから溢れた濁流が周りの道路に溢れて、市内の殆どの道路が冠水した。 高速道路、国道11号、県道、JR等、東へ向かう交通のすべてが崖崩れで遮断され、現在 東へ抜けるためには、海上か、今治からしまなみ海道経由瀬戸大橋回りしか方法がない。 愛媛県の死者は合計11名と報道されているが、新居浜だけでも5名の死亡が確認された。 不幸にも亡くなられた方のご冥福を祈り、怪我をされた方の1日も早い回復を祈念します。

Home