『末続慎吾』  Aug. 31, 2003

▲Top

 世界陸上で一番期待されていた末続慎吾選手が、自らの宣言通りメダルを獲得した。 スタート直前、競技委員からスタートの姿勢についてクレームがついた。末続独特の 両足を揃えるロケットスタートの為、他の選手とは異なる足の位置から仕方のない 姿勢なのだが・・。 しかし失格にならない為、スタートには気を使ったのだろう。スタートは一瞬遅れた。 残り100mの直線に来たときの順位も大分遅れていた。しかし、そこからの粘りが 凄かった。必死に追いすがり最後のゴール前では団子になったが、頭半分前に突き出し 見事3位を獲得した。もし、スタートダッシュがもう少しスムースに出られていれば 金も夢ではなかった。有言実行メダルを取ったのは素晴らしい。末続選手おめでとう!

『MSブラスト』  Aug. 30, 2003

▲Top

 ウインドウズXPのセキュリティホールを狙って攻撃してくるウイルスの被害が 続発している。常時接続しているコンピュータが感染しやすいと言われていて、最近 購入したばかりの私のパソコンも常時接続でOSにXPを使っている。 夏休みで孫の相手や旅行などが重なって、ウイルス対策は全く出来ていなかった。 やっと時間が取れてウイルスバスター2003を購入し早速チェックした。 幸いまだ感染していなかった。報道では犯人と思われる18歳の少年を突き止め 近く逮捕の予定という。既に亜流のウイルスも幾つか発見されているようだが、 世の中を騒がせるのもいい加減にして欲しいものだ。

『北朝鮮』  Aug. 29, 2003

▲Top

 6カ国協議の場で、拉致家族の帰国問題話し合いは、予想はしていたが結果として 何の進展もなかった。北朝鮮の代表には恐らく何の権限も与えられていないので、 この交渉に期待をすることが間違っているのだろう。外交の難しさを感じるところだ。 相変わらず彼らの言い分は、先に帰国した5人を元に戻すことに拘っている。 拉致という犯罪行為に何の反省もなく、5人を戻せという論理は何処から来るのだろう。 「泥棒にも3分の利」か。交渉を一歩でも前進させるためには、もう一度TOP同士の 話し合いが必要である。

『FAX』  Aug. 28, 2003

▲Top

 最近は家庭の固定電話にFAXが組み込まれているものが多い。e−メールのような 手軽さはないが、長電話で難しい説明するよりは紙に書いて内容を的確に伝えられる のと、相手の在否に関わりなく意思が伝達できる手段として便利な機能である。 困るのは、DMのような類の発信に使われると、無駄に用紙が消費されることだ。 内容がどんなものであれ、着信するとそのままプリントしてしまう。 時には、留守中用紙切れ寸前になっているところに、無用のFAXの着信で用紙が 消費され、肝心の内容の受信が用紙切れでアウトになるケースがある。 FAXの受信は全てメモリーに保存し、内容はディスプレイで確認して必要なものだけ プリントするように出来れば、用紙の無駄使いがなくなるのだが・・・

『納豆』  Aug. 27, 2003

▲Top

 狭心症の発作が時々起きる私にとって、血液をさらさらにする効果があるという納豆は 毎食でも食べなければならない食品であるが、あのネバネバが、食べるときのお箸を介して 他のおかず等に付くのが気になって仕方がなかった。納豆が大好きな孫の食べ方は、ご飯に 納豆を混ぜて食べるのではなく、我々の常識を破って、納豆だけを別に食べてしまうのだ。 それを見て、私もやってみた。これなら納豆を食べた後箸を取り替えれば、ネバネバで 汚れた箸で他の食べ物に触れることもなくなり、気分よく食事が出来るようになった。 子供たちは納豆が本当に好きなので、そんな食べ方をしていたのだが、私の食生活の あり方まで変えてしまった。

『東京の夜』  Aug. 26, 2003

▲Top

 半年振りに東京の夜を徘徊した。現役で仕事をしていた20年程前にも 悪友に誘われては時々午前様になるまで遊んだこともある六本木辺りの変貌振りは 予想はしていたが、正直驚いた。いつの間にか高い建物がそびえ立ち、夜中の12時を 過ぎても人の数は溢れかえっていた。小さな店ながら安い料金で楽しませてくれる エンターティーメントの出し物が色々あることも知った。前回は金魚のショーを 楽しんだが、今回はマジックショーと、ものまねショーに連れて行ってもらった。 テレビで見慣れたのとは異なる人達ながら、巧みな演出で見るものを十分楽しませてくれた。

『本谷温泉』  Aug. 20, 2003

▲Top

onsen.jpg  東予市の北西のはずれに、本谷温泉がある。松山の道後温泉、玉川の鈍川温泉と並び 伊予の三湯と称されている。泉質は低張性アルカリ性冷鉱泉で、神経痛、筋肉痛、関節炎、 五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、やけど、切り傷、婦人病等に効く。 市営のため利用料金は大人300円こども200円と安い。 昨年建物を増築し露天風呂も増設し広くなった。宿泊施設もあり大人1人一泊4000円 子供2000円で利用できる。毎週の様に釣りに行く我々にとって、東予市以西に出掛けて 行った帰りは、疲れを癒すオアシスとして毎回利用している。

『危険な遊泳』  Aug. 19, 2003

▲Top

imabari.jpg  孫達の四国も残り2日となったので、最後の海水浴と魚釣りを兼ねて、 今治の頓田川河口へ出掛けた。2人の孫はすぐに水着になり泳ぎ始めた。 朝の内は潮が引いていて、遠浅の海は遠くまで背が立った。 午後近くなると潮が満ちて浜辺に近いところでも背がやっとという状態になっていた。 ここは潮流の速いところなので、孫達には気をつけるよう注意していた。 日ごろプールでは泳ぎの得意な二人は、持っている浮袋に油断したのか、我々が 気がついたとき、すでに相当沖に流されていた。 あわてて大声で帰ってくるように叫んだが、そのときはもうパニックになった子供たちの 力だけでは帰って来られなかった。ZENさんは、急いで海水パンツに着替えて海に飛び込んだ。 日ごろスイミングで鍛えているので、二人の元へはすぐ泳ぎついたが、そこから岸までは、 強い海流のため大きな浮き袋は、大人の私が引いてもなかなか進まない。 長い時間が掛かって何とか無事岸にたどり着いたが全員へとへと。 それにしても今日のニュースにならなくて良かった。

『ロケ中の事故』  Aug. 18, 2003

▲Top

 先週、石原プロのロケ撮影中、若い役者の運転する車が、突然暴走し見物客に 向けて飛び込み、多くの負傷者を出した事故では、色々の判断がでた。 事故が起きてしまったことは、不幸な出来事だが、その後の関係者の対処判断が 高く評価されている。負傷者の中に重症を負って集中治療室に入っていた女性の 容態も、どうやら峠は越えて、一般病棟へ移られるところまで回復したらしい。 事故の当事者の役者と渡哲也社長は、女性が完治するまで見舞いを続けると言う。 多額の費用を掛けて撮影してきた作品は放送中止を宣言しているが、被害者や フアンは彼らのけじめと誠意を十分理解したので、放映の可能性はあるかも・・・

『曽我健太』  Aug. 17, 2003

▲Top

 今年の夏の甲子園で特別話題になって活躍していた今治西のサードで4番打者 が曽我健太だ。5歳の頃にみかん畑の運搬用トロッコで左ひざ下から先を失った。 それにもめげず小学校3年の頃から野球を始め、今治西高校では投手を勤めた 時代もあったが、県の選抜大会では4番の強打者として大活躍してきた。 マスコミによる過剰な報道がプレッシャーとなり、思い通りの結果は出せなかった が、義足を感じさせないその立派なスポーツスピリッツは高く評価できる。 がんばれ曽我健太!

『停電』  Aug. 16, 2003

▲Top

 世界一の大都市ニューヨークで大規模な停電が続いて大騒ぎだった。文明生活では 全て電気が支配しているといっても過言ではない。私の住んでいるマンションに 例えてみると、停電の時間帯が昼間だったので照明はともかく、食事の為の煮炊きは 電化住宅なので、お湯も沸かせない。屋上の水道タンクが尽きると水も出ない、 何よりも水洗式のトイレの水が流せない。。 冷蔵庫の食物は腐るし、氷が溶けて水浸し、真夏の暑さの中、エアコンも動かない。 外に出るにもエレベーターが動かない。インターネットもテレビも使えないので、 世の中のニュースが分からない不安など、この停電を身近に置き換えて考察すると 大変なパニックである。

『冷夏』  Aug. 15, 2003

▲Top

 今年の夏は一体どうなっているのだろう。8月なのに夜寝るとき思わず布団を 被って寝るなどということは、これまでの夏の夜の経験として少ないことである。 当然、冷房はつけていないのである。 雨の多いことも気温の上がらない理由だろうが、これでは世の中の歯車 が狂ってしまう。当然、農作物も心配であるし、夏暑いが故に売れるものが 売れないと景気全般に影響する。天気が悪くて露天プールの水温が上がらず、 雨によって更に水温が下がり、冷たいプールへ飛び込むのに躊躇する。 しかし、報道によると反対にフランスなどでは、猛暑・熱波のために多くの犠牲者が 出ているといわれている。地球規模ではバランスしているのだろうか。

『お坊さん』  Aug. 14, 2003

▲Top

 お盆のシーズン、お寺のお坊さんは大変ハードなスケジュールで檀家廻りを 強いられているようだ。昨日は家内の実家の法事で高松まで出掛けた。 事前の通知ではお坊さんの来る時間が、予測で3時から4時とやや開きがあった。 毎年の例ながら、昨年は4時近かったこともあるが、万一を考え3時には到着し お坊さんを待つことにした。案に相違して今年は3時過ぎに早々とお坊さんが自前の タクシーで来てくれた。到着するなりいつもより短めのお経をあげて、次の檀家へ と待たせていたタクシーで帰っていった。お坊さんの予定表を見るとこれまでに 廻った16軒と残り3軒の檀家訪問が残っていた。お坊さまご苦労様です。

『魚釣り』  Aug. 13, 2003

▲Top

 孫が帰省してきてから2週間の間に、魚釣りは5回出かけた。間に台風 等があって、楽しみにしてやってきた割に、釣行の回数が少なく不満らしい。 釣りに出かけるには潮の干満も見なければならないが、孫達に言わせると 何でもいいから、釣竿を持って出かければ満足だという。確かに日ごろ 周りに海のない埼玉県に住んでいるので、海に対する憧れみたいなもの があるのだろう。昨日もプールの帰りに海を見に出かけたら、釣り人が 残して帰った餌が数匹あったので、早速竿を出して釣りを楽しむことに。 30分程でハゼ7匹とチヌ1匹が釣果だった。

『パン食』  Aug. 12, 2003

▲Top

 若い頃の体形は痩せ型でいくら食べても太れない体質だと思っていた。 30歳代になっても見た目の痩身は、なんとなく貧弱な感じが自分で嫌だった。 それまでの食生活は、米食主体だったが、欧米人が大きな体型をしているのは きっとパン食系の生活に要因があると考え、食生活にパン食を取り入れた。 所謂中年太りの時期とマッチしたのかも知れないが、爾来体重が増えて見事に 自分の望む体つきに変化していった。以来3度の食事に米食がなくても平気の 習慣がついたが、最近は昔のように痩せたいと思って色々な努力をしても残念ながら 体型は変わらない。また昔のように米食に戻せば痩せられるのだろうか。

『子守番』  Aug. 11, 2003

▲Top

 所沢市から孫たちが夏休みを過ごしに来てから2週間が経つ。折角の 夏休みなので、出来る限り楽しんで過ごさせてやりたいと思っているが、 野暮なことに私自身が色々なボランティア活動や頼まれ仕事など山ほど 抱えているので、孫の子守と両立させるのに四苦八苦している。 昼間は自分のトレーニングでもあるので市民プールに連れて行き、夜は 会議がない限り近くの岸壁へ夜釣りに行っている。 今までは暇が出来ると昼寝が出来たが、さすがの元気印も寝不足気味だ。

『同窓会』  Aug. 10, 2003

▲Top

 高校時代の同窓会に顔を出した。卒業以来殆ど会ったこともなかった同級生 に会った。顔は忘れてしまっていたが、話をするうち記憶が蘇ってきた。 女性の出席者には、卒業後の同級会で時々は会っていたので顔見知りではあるが、 学生時代の記憶は殆どない。そもそも名前が変わってるので、昔の思い出と 中々結びつかない。戦後の貧しい時代だったせいで、修学旅行も なく、授業以外に何かを一緒にしたと言う思い出作りがなかった事もある。 高校卒業して50年、その学校を訪れても昔の校舎はなく、新しい建物では思い出を 探そうとしても何の面影もない。強いて言えば同じ敷地だったというだけだ。

『台風』  Aug. 9, 2003

▲Top

 8月の台風が日本列島の中心部から上陸したのは、大変珍しく久しぶり ではないかと思う。この時期の台風の多くは通常進路を北西にとり九州の 西側を通るケースが多いが、今回の台風10号は四国の東端から近畿地方に 入り日本列島を縦断するように進行している。 この台風は太平洋の湿った空気をそのまま持ち込んで 強い風に加えて大雨を降らせている。幸い愛媛県は進路を外れたため、 雨風とも大したこともなく過ぎたので、この辺りの台風被害はあまり なかったようだ。しかし各地で台風の被害が報道されているが、一刻も早い 復旧を祈念している。

『NEC・PC98シリーズ』  Aug. 8, 2003

▲Top

 NECが独自のアーキテクチャーでPC98シリーズパソコンを発売し始めて以来 21年間、国産のパソコン市場をここまで引っ張ってきたが、いよいよこの秋で生産 打ち切りを決めたようだ。当初全てが英語文化圏のパソコンを、独自の日本語で 扱うことが出来たNECパソコンは、日本国内の90%以上のシェアーを持って いた時期もあったが、DOS/V互換機で富士通等の安値攻勢を受け始めてからは、 次第に勢力が衰え、自らもついにDOS/V互換に政策転換しトップシェアーの 座を明け渡すようになってしまった。我が家でも今は使われなくなったが、懐かしい PC−9821Ct16(通称キャンビー)があるが、単なるテレビとしてだけ 動いているに過ぎなくなった。

『使い捨てデジカメ』  Aug. 7, 2003

▲Top

degicame.gif  日米で使い捨てデジカメが売りだされて話題になっている。米国のリッツカメラでは 『ダコタデジタルシングルユースカメラ』(200万画素)を10.99$(1,320円)、日本では 旭工学、アルテック、三洋電機が『レンズ付きフラッシュメモリ』(30万画素)として 使いっきりデジカメ(1,980円)をそれぞれテスト販売されている。写し終ると焼付け、 又はCD盤にするのを条件にカメラは回収され、メモリーを消去してまた店頭に出てくるらしい。 日米では画像品質や撮影後の処理に違いはあるが、狙いはフィルム式使い捨てカメラの 時と同じ、旅先などでの手軽な撮影なのだろうが、柳の下の「どじょう」は居るのだろうか。

『自動ブレーキ』  Aug. 6, 2003

▲Top

 日産のシーマに追突の危険を感知して自動的にブレーキする装置を組み込んだ。 自動ブレーキシステムはうっかり運転者にとっては、効果的な手段になるだろう。 運転中前方を見ているつもりなのに、ボーっとしている瞬間がある。突然前の車が ブレーキを踏み、迫ってくる車に驚いてこちらも急ブレーキを踏むことがある。 一瞬の出来事ながら、対応が遅れれば、追突事故は避けられない。そんな時 急激に接近する車を検知して、自動的にブレーキを掛けてくれると、事故は減る だろう。ゴルフ場のキャディカートは、前車との距離が一定の間隔になると 自動的にブレーキが掛かるようになっている。技術的には既に解決済みだ。

『電池』  Aug. 5, 2003

▲Top

 デジカメ用の電池に、充電式電池又はアルカリ電池でないと動かないものがある。 通常電池の代表だったマンガン電池では新品を入れても殆ど動かない。電池の電圧を 計ってみるとマンガン電池の初期電圧は高い。その点ニッケル水素、ニッカド電池などを 計測すると初期電圧は決して高くない。しかしニッケル水素電池やニッカド電池などは 電流容量が大きいので、消費時間に対して電圧が安定して持続しているのが特徴である。 長時間持続する電池には高価であるがリチューム電池がある。 充電は効かないが、外出先で長時間使用するときには大変威力を発揮する。 アルカリ電池は充電出来ないと思っていたが、「充電式アルカリ電池PURE ENERGY」 という充電の出来るものがあるという。一度試してみたい。

『新居浜コンガ踊り』  Aug. 4, 2003

▲Top

conga.jpg  新居浜にも夏祭り独自の歌と踊りをと、12年前コンガ調の歌を作り、それに振り付けを し、商工会や商店連合会などが中心に新居浜コンガ踊りとして普及させてきた。 今年で12回目となる新居浜コンガ踊り大会が8月2日、3日にかけて昭和通り一杯に 展開された。 夕方6時の打ち上げ花火の合図と共に各連の踊りがスタート、市内を東西に貫く昭和通りを 舞台に熱の入った踊りを競った。最近は各連独自の創作振り付けもし、今年は27連が出場した。 西原太鼓台と中須賀太鼓台も出演し新居浜らしいお祭りを演出して盛り上げた。

『10円プール』  Aug. 3, 2003

▲Top

  新居浜には10円プールと呼ばれて親しまれている人気の市民プールがある。 今のご時世に子供10円、大人60円で2時間まで自由に利用できる施設なのだ。 子供向きには、幼児用プールと本格的な流れるプール、ウオータースライダーも あって、夏休みのちびっ子たちが毎日大勢来ている。隣には50mの競泳用 プールもあり、中学生以上大人まで快適なスイミングが楽しめる。 露天のプールなので、孫の帰省以来毎日せがまれて通っているうち、 僅か数日で体はもう真っ黒に日焼けしてきた。 

『滑空』  Aug. 2, 2003

▲Top

kakuu.jpg  35kmのドーバー海峡を、一切の動力を使わないで空中を渡り切った冒険家がいた。 イギリス側9000mの上空から飛び降り、背中につけた小さな羽を操りフランス側に 向けて斜めに滑空しながら海峡を渡り切ったという。最大時速200kmのスピードは 生身の体には大変な速さだし、寒さも想像を絶するものだったと思う。高度があるので 当然の酸素不足は器具を使って補給したらしい。テレビでその姿を見たときは、まるで ジェット推進機をつけて飛んでいるような錯覚を覚えさせた。所要14分間の飛行?落下? は見るほど楽ではなかったらしい。お疲れ様でした。 

『せみ』  Aug. 1, 2003

▲Top

 梅雨明け宣言の少し前あたりまで、せみの鳴き声など殆ど聞こえて いなかったように思う。この数日、気がついたら朝の目覚めはせみの鳴き声 で自然に起きるようになった。せみの鳴き声を聞くと暑い夏が来た感じがする。 戦争中(58年前小学4年生の頃)新居浜市内の爆撃を避けて、市内南東部の 東田地区へ疎開していたことがある。近くの神社の境内に大きな古木があり、 その木には所狭しとせみが止まっていた。両手を回してやっとという大きな 木を登ってかご一杯せみを取った懐かしい時代を思い出した。 

Home