【タバコ】  Mar. 31, 2003

▲Top

 タバコを吸い始めたきっかけは、大学に入って同級生からタバコを勧められたとき 吸えない自分が恥ずかしくて、幼い子供のようだと思われてはと、最初の夏休みの間、 密かに練習して、煙を吸い込んでも何とかむせないで吸えるようになった。 夏休みが終わって、学友の前でタバコを出してどうぞと差し出したときは、 皆もびっくりしたが、こちらはカッコウつけて鼻から煙を吐いていい気になったものだった。 そのタバコを止めた理由は、結婚して最初の子供が生まれるとき、家内からタバコの 煙は子供の健康に悪いからと言われて止めることにしたが、随分単純なきっかけで 始めたり止めたりしたものだ。

【ベッド】  Mar. 30, 2003

▲Top

 今は万年床に出来る便利さと高さがあるので、寝起きが楽なことから、 ベッドを使っている。折りたたみの出来る タイプで、足に車が付いているので不要なときは折畳んで片付けたり、自由に 動かすことが出来て掃除のときも楽である。うるさいのは、折畳の為の蝶番部分 が、寝返りを打ったり起き上がったりするたびに、ぎしぎしと音を立てるのだ。 構造的に欠点があるらしく、稼動部に油をさしてもあまり変わらなかった。 従って、使うときは出来るだけ音の出ないよう、静かに寝起きするように しているが、何とか音のしないベッドにしたいものだ。

【ラジオ放送】  Mar. 29, 2003

▲Top

 最近ラジオを聴く機会が殆ど無くなった。以前は車で走っているときは必ずカーラジオ を聞いていたが、カーナビを付けてからは、カーラジオを聞くことは全くなくなった。 そのカーナビもローカルを走るときは、地図よりテレビを見ていることの方がが多いのだ。 ラジオの放送内容は大抵つまらないディスクジョッキーで他人のリクエスト曲を聴かされる だけで、ニュース性もなくつまらなかった。カーナビのTVは市内でも良く写っている。 写っているといっても、運転中は画面を見られないので音声部分を聞いている訳だ。 TVの場合、昼間ならワイドショウ的ニュース番組が多いので、聞いているだけでも十分だ。 夜なら、見逃したドラマなど、音声だけでも十分満足している。ラジオって昔はもっと 楽しいものだったのだが、今は何故か魅力の乏しいつまらない内容になっていると思う。

【ヘッドセット】  Mar. 28, 2003

▲Top

 車を運転しながら携帯電話をかけるのは、片手運転になり、咄嗟の出来事に 対応できない恐れがあるので、非常に危険である。確か法規上でも禁止されて 居るはずであるが、町で見かける限り殆どの車は運転しながら 携帯電話を掛けている光景が多い。私の場合、イアホン型のヘッドセットを 用意していて、運転中電話が掛かってきたとき、必ずヘッドセットを装着し、ハンヅフリー にした上で会話するようにしている。僅か千円程度の投資で、片手による危険運転から 開放されるので、まだ携帯電話を手に持って運転されている方々へ、是非とも ヘッドセットの準備をお勧めしたい。

【メモ】  Mar. 27, 2003

▲Top

 サラリーマン時代からの習性で、身の傍にはいつもメモ用紙を欠かさず用意している。 自分の記憶力について自信が無いことも一つだが、人との約束事などを忘れず果たす為に 正確にメモしておくことは大切なことだと思っている。勤めていた時代はノートを 使用して、部下や同僚との打ち合わせや、報告を聞くときも必ずノートに逐一記録し ながら、それを見て話を進めるようにしていた。我が家のトイレの壁にはメモの 書けるカレンダーが貼ってあり、色々な予定や実績を書いて置くようにしている。 夫婦二人しか居ない家の中ながら、口に出さなかったお互いの行動予定を、 確実に伝え合うのに大変役立っている。

【体重計】  Mar. 26, 2003

▲Top

 肥満管理の為に始めたフィットネスクラブでのトレーニングも間もなく 15年になる。途中病気療養の為に1年ほど休んだ時期はあるが、ほぼ 続いている。フィットネスクラブでは、毎回体重と体脂肪率、血圧、脈拍等 の他トレーニング内容をカードに記録しているが、記録カードのストックも 相当な厚さになっている。始めた頃70kg以上の体重で、腹の周りに厚い 脂肪が付いていたのが、今では脂肪の厚さは1cm以下に減っている。 長年続けることで、脂肪の減少とともに体重はどんどん下ったが、 トレーニングによる筋肉が付き始めて、少しだけ体重が戻っている。 毎日体重を測定し、数値を記録することにより、体調を意識し節制する ことが自然に出来るようになった効果が大きい。

【速度違反】  Mar. 25, 2003

▲Top

 この10年間、交通違反等に問われたことが無かったのに、先週指定速度違反で 取締りを受けてしまった。その区間は僅か1Km程の村落の中を抜ける県道だった。 以前からその界隈は地元の人達の生活路線なので、制限速度も40kmに指定されて 居ることは知っていた。にも関わらずなぜその時スピードが出てしまったのか 全く思いつかない。急いで居たわけでもないし、その区間に至る前後の走行も 決してスピードを出していたわけでもない。測定されたスピードガンの記録は 20.1とのみ印刷されていたように見えた。悔しいが自分の車が速度違反なら 仕方ないと、潔く署名捺印して、後日反則金を振り込んだ。しかし、後で考えて 見ると、20Km以上と以下では反則金の金額も少しは違ったのでは・・ 僅か1の数値の測定誤差の有無について、反論しても良かったのではと思った。

【孫子の兵法】  Mar. 24, 2003

▲Top

 今回のイラク攻撃で、アメリカは「孫子の兵法」を取り入れた作戦を立て居ると言う。 基本的には戦わずして勝つこと。それは即ちお互いの犠牲者を最低限度に抑えることが 出来るわけだ。戦争を早く終わらせる為に敵に衝撃と恐怖を与えることによって、 この戦いには勝ち目の無いことを早期に悟らせることで、今回の緒戦では命中精度の 高い兵器を使って、民間人への被害を出来るだけ避けて、敵の命令系統を失わせる様 中枢部をじゅうたん爆撃をしたとしている。今後果たしてイラク軍はどのように反応するのだろう。

【打ち放題】  Mar. 23, 2003

▲Top

 最近のゴルフ練習場では、プリペイドカード方式のところが多いが、 それらの中で、事前にカードの登録をすると、2時間に限り打ち放題になるところがある。 但し、時間内に200発以上打たなければ元取れないないので、一生懸命、数打たないと 損だとばかり、一打一打を粗末に打ってしまう傾向がある。 折角練習に来ているのに、打つた数ばかりに集注してしまい、どんな風に打つかの練習目的を つい忘れてしまうことがある。4〜5年前までは2時間に600発以上 打っていたが、打った数ほどの効果はなく、ただ汗をかいただけだった。 最近は昔ほど、気力体力がなくなってきた証拠に、2時間で400発程度打つと 疲れを感じるようになった。やはり年のせいなのだろう。

【影武者】  Mar. 22, 2003

▲Top

 イラクへの空爆が開始され、アメリカ軍はフセイン大統領とその家族 が一緒に居るとの情報でピンポイント攻撃した結果、死亡又は負傷を与えた のでは無いかと憶測していた。しかしその4時間後フセインによるTV演説が 放映されたが、あの眼鏡を掛けたフセインの顔は何か異様な印象であった。 これまでと違って何故か原稿を読んでいた。猛烈な爆撃を受け、大混乱している 中で、原稿を用意して演説する余裕などあっただろうか。 これまで本人が演説するのに原稿を見ながらしゃべっていたことは一度も無かった 事を考えると、これは明らかに影武者に予め用意した原稿を読ませたに違いない と考えるが如何。

【携帯電話】  Mar. 21, 2003

▲Top

 いつの間にか携帯電話の登録台数が固定電話の設置台数を超えているが、 固定電話の役割ってなんだろうと考えてしまう。考えて見ると、固定電話は 登録者の身分を証明する役割を果たしている。固定電話の番号って、まづ 変わらないので、本人や居所を証明する役割を果たしてくれるが、携帯電話の 番号では、何処の誰べいと証明は難しい。浮き草みたいなものである。 携帯電話は便利で最近は自宅の固定電話を使うことが少ない、といってもなかなか 固定電話をなくす事が出来ないのは、そんな背景があるからではないだろうか。 いつも肌身離さず携帯電話を使っている貴方、家の電話機なくすこと出来ますか?

【嵐の前】  Mar. 20, 2003

▲Top

 いよいよ開戦の日が来てしまった。ブッシュ、フセインどちらも引かぬ覚悟なので、 秒読みに入っていて、間もなく戦闘は開始されるのだろう。今はまだ嵐の前の静けさだが・・。 直接戦闘をする兵隊は別にして、一般市民はただ攻撃に曝されるだけで 好き嫌いに関係なく、ただ逃げ回るしかない。 アメリカは戦闘開始と共に3000発の精密誘導爆弾や巡航ミサイルの集中攻撃を行うと言う。 ただし、ペルシャ湾から発射される巡航ミサイルは、首都バグダットに着弾するまでに 1時間も掛かってしまうらしい。イラク市民は、攻撃開始の情報を得てから、身を隠す までに十分な時間はあるのだろう。出来るだけ市民への被害が少ないことを祈りたい。

【開戦前日】  Mar. 19, 2003

▲Top

 ブッシュとフセイン両大統領のメンツが対立したまま、いよいよ明日の開戦を 迎える事になってしまった。28万人の敵軍隊に国の周りを固められ、明日から戦争が 始まると言うのに、ニュースに映しだされるイラク市民や子供達の表情に危機感が 無いのはなぜなのだろう。アラーの神が守ってくれると言う信仰心なのか。 強力な兵器を準備して開戦に備えているアメリカに対して、戦場となるイラクは 平然と攻撃開始を待つ姿勢には、これまで隠し通してきた切り札兵器が出てくる のではないかという不気味な空気を感じる。

【イラク】  Mar. 18, 2003

▲Top

 ブッシュ大統領の最後通告が、いよいよ宣言されるときが来た。残された道は アメリカによるイラク攻撃が行われるかフセインが亡命するかどちらかしかない。 このままでは既に兵力をイラン周辺に集めて、戦闘準備が完了しているアメリカが 24時間以内に攻撃開始することは間違いないだろう。 戦争はどちらが正しいにしても、悲惨な結果を招くことは間違いない。 一国の独裁者が自分のメンツだけで、自国民に戦争を強いることに ためらいが無いのだろうか。今からでも遅くないのだが・・・・

【想う会】  Mar. 17, 2003

▲Top

 あごひげあざらし「たまちゃんを想う会」が、またまた物議をかもしている。 先日はたまちゃんを捕獲して、北極圏へ連れて行くつもりが失敗したばかり。 今度はたまちゃんが餌に困らないようにと、川にホタテ貝を撒いているところを 県職員に警告を受けている。この団体はなぜ自然のままでいる動物にここまで 構うのだろう。人間が餌をあげると、自然ではなくなり、その餌が無いと逆に 生きていけなくなるのでは。これまで自然のままで生きてこれたのだから、放って 置けば、自力で生きていく道を見つけるはず。餌が無ければ、あるところを 自分で探して移動するだろう。人間が勝手な手を出すべきではないのでは。

【電源アダプター】  Mar. 16, 2003

▲Top

 最近の家電機器には低電圧で動くものが増え、電源アダプターが付いている場合が多い。 アダプターにもいろいろあって、電圧や電流容量とメーカー毎にコネクター規格が異なる ものが次々増えて困っている。 あって困るものではないのかも知れないが、どのアダプターがどの機器用 なのか混乱するところが困るのだ。取説に曰く、必ず当社製品をお使い下さい と書かれていて、異なるメーカ製の場合、万一異常が生じても保証できないと念を 押されている。同じ電圧なら、コネクタなどを統一して、共用が効くようにすれば いいものを、わざわざメーカー毎に少しずつ異なる規格を採用しているのはなぜなの だろう。統一されると、無用なアダプターを買わなくて済む分コストダウン出来るのだが。 いつの間にか我が家には使われていないアダプターが一杯溜まっている・・・。

【人食いバクテリア】  Mar. 15, 2003

▲Top

 タイトルを聞いて、南米のピラニアを思い出したが恐ろしいバクテリアだ。 短期間の間に人の筋肉や皮膚を壊死させるのだという。正式名称は「劇症型A群溶血性連鎖球菌」 と言うらしい。初期症状が風邪に似た症状ながら、発熱は低いので見過ごしやすく、気づく のが遅れて死に至るとか。これまでの調査結果では2000年から30人の死亡とされているが、 このほかに死亡原因がこのバクテリアにやられたものと、因果関係が明らかにされていないものも 相当あると考えられている。おのおのがた油断召されるな。

【自転車】  Mar. 14, 2003

▲Top

 自転車が安くなった。実用型ならば新車でも1万円以下で売られている。 更に持ち運びに便利な折りたたみ式でも1万円以下で結構いいものがある。 私のワゴンタイプの車の後ろには、いつも折りたたみ自転車を積んである。 松山や高松などで、繁華街へ出掛けたとき駐車場に困ることがある。 無料又は安く停められるところがあれば少し遠くてもそこに車を置き、 自転車を出して用を済ませる。 車による遠距離移動と自転車による近場移動の組み合わせは大変便利である。 新居浜ではお祭りシーズンの太鼓台の写真撮影に一番重宝している。

【英和辞典】  Mar. 13, 2003

▲Top

 日頃机のそばには、英和辞典を置いている。何かと書き物をしていて 英語の綴りに不安な時や、間違いは無いと思うが、念のために確認するとき など、一応字引で調べておくように心がけている。 ただ、現在使っているのは三省堂発行の最新コンサイス英和辞典と、 表記は新しそうだが、実は昭和41年の発行である。 昔担当した貿易関係の仕事をして居た頃は、この字引が活躍していたのだ。 今では英単語を引いてもコンピュータ関係などの新しい技術英語は、日本語訳の 意味がよく判らないものや、時には字引に出てこない単語もある。 ボツボツ新しい字引を購入しないと駄目な時期が来ているようだ。

【たまちゃん】  Mar. 12, 2003

▲Top

 横浜で自然に生息しているアゴヒゲアザラシ「たまちゃん」を網で捕穫しようとしている。 捕獲はうまくいかなかったようだが、目的は自然の環境に「たまちゃん」を戻すことらしい。 やっているのは動物保護団体「マリンアニマル・ライフライン」とかで、自然に生息している 筈のたまちゃんを捕まえて、何処に連れて行こうと言うのだろう。巨体の鯨が浅瀬に 乗り上げたのとは違って、アザラシは身軽な身体で自由に動けるのだから、なにも 人間が余計なお世話で、嫌がるたまちゃんを捕まえようとする保護団体は何かはきちがえて いるのではないのだろうか。放って置くことこそ自然なのでは。

【明大マンドリンクラブ】  Mar. 11, 2003

▲Top

 明治大学の後輩たちが修業のために、3年毎に演奏旅行で来るマンドリンクラブの お世話をしているが、今年も明後日、新居浜での演奏会を控えている。 昔、私が明治大学に入学したばかりの頃は、古賀正男先輩がご健在だった頃で、 私も少しばかりギターを弾いていたので、クラブに入部したいと、部室を訪ねて いったことが有る。入部して教えてもらってもっと上手になりたいと思ったのが 大きな間違いで、入部の条件は、楽譜初見で演奏が出来ないものは駄目との 厳しい話であった。残念ながら、初見で演奏できるほどの腕はないので 入部はあきらめたが、練習している部員達の演奏は素晴らしいものだった。 聞くところによると、最近マンドリンクラブの部員は、年々少なくなって 居るようで、部員の補強に苦労しているらしい。 今年の演奏会はどんなメンバーで来るのか密かに期待している。

【ニトロール】  Mar. 10, 2003

▲Top

 一昨年暮れ、初めて体験した胸苦しさが狭心症の発作だったことを 知って以来、これまでの1年半の間に、5度ほど発作が起きている。 症状が起きるのは、寝ているとき、テレビを見ているときなど、 決まって静かに過ごしているときに起きる。突然上半身が締め付けられる ような症状から来るとき、又は身体の半身がなんとも言えない虚脱感、 肩から先が人のもの?って思うほど自分の自由にならない感じなど 色々な症状から始まる。そんな時すぐにニトロールと言う舌下錠を口に 含ませる。数分経つと効き始めて症状が治まるのだが、今ではこのニトロール を肌身離さず持っていないと不安で旅行も出来ない。

【誕生祝い】  Mar. 9, 2003

▲Top

taijin.jpg  インドネシア旅行中のこと、バンドンの Pagoda Restoran という中華料理店で 夕食をとるために入ったとき、どんな料理を頼もうかとメニューを見ていると 店の人から今月誕生日の方はいるかと質問を受けたので、2月生まれは私ですと 名乗ると、中国風の王様?の装束を持ってきて着せてくれた上、両隣に美女が寄り添い、 右手に槍、左手で蝋燭の付いたケーキ持たせ、皆でハッピーバースデー の歌を歌ってくれた後、ローソクの火を吹き消すミニセレモニーをやってくれた。 その後、ポラロイドカメラで写真を撮って、すぐに記念アルバムにしてプレゼントされた。 ちょっとした心使いだけれど、旅行者にとって、とても思い出に残る店になった。

【テニス】  Mar. 8, 2003

▲Top

 最近シルバー世代や家庭婦人など、日ごろの運動不足や ストレスの解消、コミュニティー社会の形成などを目的にテニスの愛好者が 増えている。埼玉に住む我が娘夫婦もすっかり地域のテ二ス愛好家 になり切ってるようだ。暇があれば、インターネットで空いている テニスコートを探し、予約が出来ると仲間内にメールで連絡をとり 集まるのだ。テニスを日常的にしているし、暇があるとコーチについて練習も するなど熱心なことには尊敬するばかりだ。日ごろテニスとは無縁 な身ながら、誘われて試合形式のプレーをしてみたが、例えご老人といえども 試合慣れした方々とは勝負にならない事を思い知らされた。 相手の絶対取れないところに球を打てる技を覚えなければ試合には勝てないことを。

【大きな古時計】  Mar. 7, 2003

▲Top

tokei.jpg  昨年突然大ヒットした平井堅の「大きな古時計」、原曲は1876年ヘンリー・クレイ・ワークというアメリカ人の作曲で、世界の童謡として親しまれていたものとか。 おじいさんが生まれたとき購入して、おじいさんが老いていくまで100年間見守っていた 時計はあまりにも大き過ぎて、床の上に置かれていたという。 歌を聴いているとそれらの情景が浮かんでくるような歌詞である。 最近これの秋田弁バージョンが話題になっている。 デッケークテ、セノタケー、フルークセー、トケッコーダバーという歌いだしの言葉も 最初聞いた時は何語か判らず、外国語(フランス語?)と思った。 歌っているのは秋田出身の伊藤秀志と言う歌手で名古屋のディスクジョッキーが 自費製作したものらしい。 いや、実に楽しい歌に仕上がっている。きっと今年はこの秋田弁バージョンが 大ブレークするはずである。ぜひ試聴をお勧めする。

【ウォシュレット】  Mar. 6, 2003

▲Top

 インドネシアの一般的なトイレで不思議だったのは、男子便器の 取り付け位置が異常に高いのである。特別日本人より腰の位置が高い訳でも ないのに不思議で、背の低い人は踏み台がないと届かない高さだ。 女性用の便器には金隠しはない。町のトイレでは水の入ったバケツと柄杓はあるが、 ティッシュペーパーの用意は無いところが多い。全て手で洗うらしい。 現地の女性に言わせると、水で洗うので清潔だという。それに比べて日本では、 ティッシュは設備されているが、水が用意されていないトイレは、いくら 紙で拭いても、匂いが残るから不潔だと言う。ホテルのトイレには、バケツの 代わりに、ホースの先端にノズルの付いたものが設備されていて、手動式の ウォシュレットの役割をしている。

【おみやげ】  Mar. 5, 2003

▲Top
cap.jpg

 海外旅行に出掛けると、お土産を何にしようかと考えるのも楽しみだ。 インドネシアへ出掛けるようになってからのおみやげの定番に、SANBAL (サンバール)という香辛料が喜ばれている。 適当な辛さが炒め物等によく合うもので、今回同行の連中がスーパーマーケット へ買出しに行って、店中の在庫を買い占めてしまったほどだ。 また、好評なのが帽子。好みの名前を刺繍をしてもらって日本円300円程度なので 知人、友人の名前を入れてもらってお土産にするのだが、オリジナルの楽しさ が受けて毎回色々な人から注文を受けている。

【衛星放送】  Mar. 4, 2003

▲Top

 1年ぶりのインドネシアでのゴルフツアーを終えて、9日ぶり無事帰国できた。 旅行中、万一にもアメリカによるイラク攻撃が実施された場合、同じイスラム教国の インドネシアもどうなるか情勢に不安があり、毎日のニュースに関してはNHKの 衛星放送を首っ引きで見ていた。有難いことに最近の東南アジアでも、 一流ホテルなら大抵はパラボラを上げていて、日本の衛星放送を受像している。 それまでは、アメリカのCNNなどの英語ニュースを見るしか無かったが、 今では日本国内に居るのと同じ様に日本語でニュースも連続ドラマも見ることが 出来るのは大変便利なことを痛感した。

【久しぶりの日本】  Mar. 3, 2003

▲Top

 2月19日に成田を出発し、インドネシア到着後、ボゴール、バンドン、ジャカルタ等 其々の土地の友人達と会いながら、ゴルフツアーを楽しみ、帰国後は所沢の娘や孫達と 久しぶりに再会し、一緒にテニスなど楽しみ、今朝2週間ぶりに四国の自宅に帰ってきた。 2週間家を離れている間に、頭の中はすっかり外国ボケしていて、留守中溜まっている メールを読んでも、全く調子が狂っている。早速あちこちから電話が掛かってきて 現実に戻されているのだが、取りあえず2週間前のモードに早く戻さないと・・・・

Home