『日本シリーズ』  Oct. 28, 2003

▲Top

 最後の瞬間まで逆転劇を期待していた阪神タイガースも、望みの筋書き通りとはいかず、残念ながら シリーズを制覇出来なかった。シリーズに入る前に身体の不調を理由に今期限りの引退を表明 した星野監督だったが、選手にはその動揺が伝わったか、緒戦の連敗は意外だった。しかしその後の 3連続逆転劇は見事な戦いぶりだった。18年間優勝から見放されていた阪神をここまで 盛り上げた星野監督の功績は高く評価できる。来期からの阪神は誰が監督を務めるのか ストーブリーグのお楽しみとしよう。誰が引き受けるにせよこの勢いでセリーグを面白くして くれることと思う。星野監督にはゆっくりと肩の力を抜いて静養して頂きたいと願う。

『旧別子』  Oct. 27, 2003

▲Top

 1年ぶり、旧別子をハイキングして標高約1300mの別子銅山峰まで歩いた。 日頃フィットネスクラブでウォーキングマシーンや、スイミングで鍛えているとは言え、 山道を登り降りする筋肉は異なるのか、家に帰ってからの足の感覚はなんとなくぎこちない。 同行者には小学生から4歳の児童までいたので登り4時間、下り2時間の行程だった。 旧別子を歩いて思うことは、元禄時代の先人達はこの足場の悪い坂道を男子が45kg、 女子でも30kgの銅鉱石を背負って麓まで運んでいたのだと頭が下がる。 昭和48年に廃坑となり今は人も居ないが、古き時代を偲び、素晴らしく晴れ渡った秋空と、 紅葉に包まれた景色を楽しむハイカーが多数訪れていた。

『視聴率』  Oct. 26, 2003

▲Top

 民放テレビにとってはスポンサー収入が社運を制する。番組プロデューサーの使命は、 視聴率の高い番組を制作して良いスポンサーを確保することにある。 視聴率はリサーチ会社がモニター世帯に測定機を設置し、各モニターとリサーチ会社を 電話回線で結び、データを自動で収集・集計し、翌朝には視聴率がわかる仕組みになっている。 日本テレビのプロデューサーが自分の番組の視聴率を少しでも上げたいばかりに、モニター家庭を 探偵に調べさせ、視聴チャンネルを依頼したという。同じようにテレビ朝日系番組でも、 ホームページで指定番組を見た人にはプレゼント贈呈と流した。特にモニター家庭を 歓迎すると書いていたことをテレビ朝日が気づき、誤解を生むからと削除させたと言う。 これが実態だとしたら、ビデオリサーチ社の視聴率は捏造された数値であり、信憑性を失ってしまったことになる。スポンサーは今後、何を基準に判断すればよいのか判らなくなったのではないだろうか。

『逆転勝ち』  Oct. 25, 2003

▲Top

 今期限りで引退を表明した星野監督率いる阪神タイガース、いきなり2連敗した時は、猛虎軍団も ついに勢いを失ったかと思われた日本シリーズで、3連続逆転勝ちと言う快挙をやってのけた。 勝負の世界では贔屓する側が一方的に強いのも快感だが、負けている試合を一気にひっくり返し 逆転勝ちするほど熱狂するものは無い。日頃は阪神フアンではないが、惜しまれながらも引退を 決めた星野監督には惹かれるものを感じたので応援することにした。 海の向こうでは、松井選手の所属するヤンキースが、マーリンズ相手に2勝3敗と王手をかけられている。残る2試合を全部勝てば逆転優勝できるのだ。 見るものをはらはらさせながらも、最後は逆転勝ちをして、阪神とヤンキースが見事優勝することに 願いをかけて見よう。

『定年制』  Oct. 24, 2003

▲Top

 一般社会では、まだまだ現役で頑張れる人達でも60歳定年制で、後輩に道を譲って 残る人生は、陰に回ってボランティアで過ごしている。政治の世界でも73歳定年制を 実行しようとした。84歳の宮沢さんは潔く引退に応じたが85歳の中曽根さんは断固として 拒否した。 議員定数があるので老人が頑張って居る間は、いつまで経っても若い人の出る幕が無い。 これからの社会は若い人の時代なのに、老人がいつまでも昔流のやり方に固執していては、 政治も経済も停滞してしまう。巨人の原監督、阪神の星野監督を見習って、惜しまれるうちに 格好よく舞台を降りたほうが、過去の実績が光って見えるのに・・・

『酒気帯び』  Oct. 23, 2003

▲Top

 JRバス関東の酒酔い運転事件で、職業運転手のモラルについて、言及したことがある。 多くの乗客の命を預かる大型バスの運転手が、乗務前に酒気を断って乗るのは当然の義務であるが、 その後の乗務前チェックでも、まだ5人の運転手に酒気帯びが検知されていると新聞記事にあった。 職業意識の欠如と言わざるを得ない。そもそも大型の車を運転中事故が起きれば、同乗者のみならず 必ず回りにも大きな被害を及ぼすことは目に見えている。酒飲みの習慣のある運転手はバス等の 運転は出来ないようなシステムにすべきだ。最近ゴルフ場でも昼食時のビールを控える人が多く なった。3時間後の帰宅時に、万一酒気が残ってはいけないからと自重しているのだ。 自家用運転手でもそんな心掛けをするようになったのだ。

『開かずの踏切』  Oct. 22, 2003

▲Top

 JR中央線の高架化工事に伴い、三鷹―国分寺間の踏切の横断距離が伸び、歩行者や車が取り残されるなどトラブルが相次いでいるのをTVで見た。1時間に1回程度しか開かないこともあり、学生が学校に遅刻しても学校が認めているとか、開いても平均7秒間しかない為、足の不自由な老人は渡りきれず中間の避難所に待避して、次に開くまで待つと言う。下手すると老人が無事に渡りきれるまでに2時間以上掛かることもあり得る話ではないか。急ぐ余りに遮断機が閉まりかけたにも構わず渡ろうとした為に、列車側が危険防止に車両を止めて列車ダイヤが大幅に遅れた事件も起きている。石原大臣の一声で仮設の陸橋を渡すことになった様だが、鉄道が市民の生活路線を遮断しているのだから、この程度のことをなぜもっと早く自主的に対応出来ないものなのだろうか。

『七光り』  Oct. 21, 2003

▲Top

 松井秀樹選手がアメリカメジャーリーグで大活躍している。19日に行われたワールドシリーズ第2戦で、日本人としてはシリーズ史上初となるホームランを放って、チームに勝利をもたらした。日本人選手としてこれだけ素晴らしい実力を発揮してくれたことは誠にうれしい限りである。 今や松井選手が世界中の話題になっている影で、父親が歌手デビューすると言う。香西かおりとのデュエットでレコードを出すと発表されている。歌を聴いたがなかなかいい声である。しかしいくら声がいいにしても、この年で歌手としてデビューできるのは、親の七光りならぬ息子の「七光り」のお陰と言わざるを得ないだろうがおめでたい話だ。

『市民会議』  Oct. 20, 2003

▲Top

 新居浜市では市民が自発的且つ自立的に行う営利を目的としない社会貢献活動 (宗教的活動、政治的活動を除く)をしている人達を対象に「みんなで考えみんなで 行動する元気なまちづくり市民会議」を策定し、その公募が6月に行われ15名の 委員が委嘱された。会議に先立ち推薦で委員長に任命され、以来6回の会議を経て この度、提言書がまとまり明日(21日)新居浜市長に提案する日を迎えた。 概略は本日の愛媛新聞等にも出ているので参考になると思うが、詳しくは市長報告の後、 パブリックコメント等の手続きを経て広く報告したい。

『祭りの写真』  Oct. 19, 2003

▲Top

 新居浜太鼓祭の3日間が終わった。毎日早朝から夕方までお祭りの写真取材と 整理に終われ、ゆっくりと食事の時間も、十分な睡眠時間もない生活だった。 3日間で撮った写真は恐らく1500枚以上。デジカメのメモリーは256MB を使っているが、動画を取ることもあり、1日に何度か家に帰ってHDDに取込 まないとならないこともあった。夜や早朝などの暗い時の 写真は、ぶれていたり露出の悪いものがあったが、デジカメの場合多少は補正が 効くので、とにかくシャッターチャンスを求めてまづ撮ることを優先した。 しかしこれからこの写真を整理するのが大変だ。

『窮鼠猫を噛む』  Oct. 18, 2003

▲Top

 日頃は弱い鼠も、土壇場まで追い詰められると、猫にも噛み付いて対抗すると言う喩え。 新居浜太鼓祭の2日目、工場前のかき比べ会場には、早い順番で新須賀太鼓台が一番奥の 定位置に収まっていた。昨年は何度も鉢合わせの標的にしていた、西原太鼓台は 一番最後の入場となったが、やっと入場出来ると、今年も新須賀太鼓台を標的に鉢合わせの 準備を始め、相手に刺激的な怒声を掛けた。昨年は絶対平和運行を守り我慢して 控えていた新須賀が、今年は、ついに我慢の限界を超たか、自ら2度3度と先制攻撃で、 観衆を驚かせた。最初突っかけた西原は、只、立尽すのみで再三の攻撃を受け、 将に窮鼠猫を噛むで、鉢合わせは完全に新須賀の鬱憤を晴らした場面だった。

『鉢合わせ』  Oct. 17, 2003

▲Top

 新居浜の太鼓祭は、勇壮果敢で気性が荒く、喧嘩太鼓と言われて有名であった。 それは昔、農業で暮らしていた頃の地域同士の水利権や土地権利の争い、 漁師が漁場の争いなど、日頃の鬱憤を晴らす目的があったとも言われている。 近年では、祭りを盛り上げる為、見物人に見せるパホーマンスもあっただろうう。 鉢合わせはあくまでも相手の太鼓台を痛める目的なのが、けが人や死人を出すようでは 言語同断であることから、鉢合わせに対し警察の厳しい取り締まりが行われている。 昨日、お祭り初日から川東西部地区の田之上と町太鼓台が鉢合わせをして、警察により 双方の太鼓台の解体が命ぜられた。今年は総勢48台の揃い踏みと 楽しみにしていたのに、誠に残念なことである。

『太鼓祭』  Oct. 16, 2003

▲Top

 今日から3日間は、新居浜市は全てがお祭りモード。市内48台の太鼓台が 夫々の地域ごとの氏神様への奉納が行われ、太鼓台が集まりかき比べが行われる。 祭り一番は午前2時半から上部地区喜光地、北内、中筋、新田の各太鼓台が集合し、 内宮神社への宮入りが始まる。約400mの上り坂参道を肩に担いでかきあげる 勇壮なスタートが見ものだ。見物の人達も早くから見通しの良い場所確保に夜中 から詰め掛ける。この日の為に日本国中から舁夫が集まり祭りを盛り上げるのだ。 さてこれから、ZENさんも内宮神社へ写真を撮りに出掛けます。

『新居浜太鼓祭』  Oct. 15, 2003

▲Top

 昨年の祭りの翌日から、殆どの新居浜人が指折り数えて待ち望み、楽しみに しているのが明日から始まる新居浜太鼓祭りである。 太鼓祭りの為には仕事も放り出して夢中になるのである。 市内の会社は当然ながら、商店もほとんどは店を閉めて太鼓台の舁夫か見物に出掛ける。 元市民で今は土地を離れている人達も、仕事の段取りを付け、知恵を凝らして上司の 許可を取り、太鼓祭の為に帰省してくる。盆・暮れに帰省しなくても、祭りの3日間だけは、 帰ってくるのである。市内の全ての機能は太鼓祭りバージョンに染めつくされる。 祭りの3日間、天気予報は何とか雨の心配はなさそう。昨年出場できなかった太鼓台が 復活し、更に今年新調したところもあり、全48台のフル出場だが、さて今年の太鼓台の 活躍はいかがなものか、市民と共に楽しみたい。

『パイレーツ号』  Oct. 14, 2003

▲Top

 新居浜−東京間を夜中に走るバスの名前だ。夕方仕事を終えて食事をして 後はベッドで寝るだけの時間から、目覚めると目的地に朝6時過ぎに到着する。 まさに時間のロス無く目的が達成されるばかりでなく安いので、良く利用する。 月末に茨城県水戸市で行われるゴルフ大会に出場することになり、今回も この夜行バスの手配をした。いつもなら、早朝浜松町到着後、そのまま上野駅 に向かい、7時上野発の特急スーパーひたちに乗ると8時17分に勝田駅に到着。 待機している仲間の車に乗車してゴルフ場に向かい、10時スタートのプレイ が楽しめる。今年も23名の同級生が四国から駆けつける私を待ってくれている。

『ビール風味』  Oct. 13, 2003

▲Top

 酒税法の関係でビールの価格が上がり、それに対抗して出現した発泡酒が 余りにも需要が伸びた為、これにも増税が課せられ酒好き消費者にとっては 少しでも安く酒を飲む方法に頭を捻っている。最近九州地区限定販売で人気が出ている ビール風味の「ドラフトワン」を来年から本格的に全国販売するらしい。 発泡酒より20円安いこのドラフトワンは、エンドウ豆からとったタンパク質に ホップなどを加えてビール風味に仕上げた飲料。アルコール度数は約5%と ビールや、発泡酒と同程度とのこと。大衆にとっては仕事の疲れを癒してくれる 晩酌には、原料は何であれ少しでも安く飲める酒をいつも求めているのだ。

『K−1』  Oct. 12, 2003

▲Top

 K-1 WORLD GP 2003 開幕戦をわくわくしながらTV観戦していた。 注目の試合はボクシング元ヘビー級王者のボタとアビティ戦。ボタはあの マイクタイソンとも戦ったことがある選手。ゴング直後はアビティのキック・パンチ で、ボタも度肝を抜かれたのか、相手がスリップダウンして倒れた所を反則パンチ。 アビティは完全に失神し結局ボタの反則負け。続いての楽しみだった野獣ボブサップ 対レミーボヤンスキー戦も、前半はボブサップが馬力を発揮したが、後半は全く スタミナが続かず立ち止まってしまう。 レミーボヤンスキーのキック・パンチにヘロヘロとだらしない。2ラウンド目も 何とか前半に突進を仕掛けたが相手のキックやパンチは正直効いていた。しかしボタと 同じくスリップダウンして倒れた相手に反則のパンチを炸裂させ反則負けを喫した。 ボタもボブサップも試合相手に負けていたのが、闘争本能から反則を呼んだのだろう。 どちらも期待を裏切る不満の残った試合だった。

『同級会』  Oct. 11, 2003

▲Top

 毎年ながら、気候の良い10月頃になると同級会の案内がくる。 高校時代の同級生は成人してから地元を離れた人が多いので、開催は地元、 関西、関東と毎年各地持ち回りで行われている。大学は東京だったので就職も関東 中心で、私のように年取って地方へUターンした者以外はそのまま関東に居る者が多い。 どちらも夫々集まるのに皆の都合を勘案すると、ほぼ同じ頃になるので、折角 案内が来ても、どちらかを選択すると、片方は断るしかないが大抵は大学時代の 同級会を選ぶことになる。どうしても大学時代4年間過ごし合った親しさは、 高校時代より結びつきが強いのだろう。会って話をしても大人の楽しさがあるが、 高校時代の思い出話は、子供時代のレベルになることがつまらなくしているのだろう。

『マニフェスト』  Oct. 10, 2003

▲Top

 最近の政治家用語に、このマニフェストという言葉がやたらと使われている。 言葉そのものを辞書で引くと「明白な」、「明らかにする」、「宣言書」、「声明書」等と あるが分かり易くまとめると「政権公約」と言うことらしい。テレビに良く出てくる年老いた 政治家には、うまく正しく発音できないものも居るが、なぜ意味も良く分からない横文字を 使うのだろう。 ならば無理しないで日本語のそのまま「政権公約」と言えばいいのにと思う。 これまでも選挙公約を散々並べ立てて当選しても、実際は公約通り実現出来ていないことばかり なのに、横文字で表現すると実行できる様な錯覚になるのだろうか。

『105円ショップ』  Oct. 9, 2003

▲Top

 財務省によると、来年4月から商品の価格表示を総額表示しなければならなくなると言う。 100円ショップも当初は消費税込み100円で売られていた時期もあったが、いつの間にか 外税方式になって、100円と称する商品もレジでは消費税を含め105円払うのが当たり前になって いた。それでも店の名前は100円ショップで通って来たが、来年4月からは、105円ショップ に変わるのだろうか? それとも企業努力で消費税分を負担して100円ショップを通すのだろうか。 105円ショップと言う呼び名では、どうもインパクトに欠けるのだが・・・・

『太鼓祭り』  Oct. 8, 2003

▲Top

 新居浜市民が1年間を指折り数えて待ち望んでいる太鼓祭があと1週間後に迫ってきた。 遠く新居浜を離れて生活している人達にとっては、祭りに合わせて仕事の段取りを付けて 帰省することに全力を尽くす。市内の各部落からは、太鼓の叩く音が毎夜のように聞こえて くるようになるなど、町中がお祭りに向けて準備が整ってくる。何しろお祭りの間の3日間は 市内の殆どのお店は閉めて祭りに参加するので、生活必需品の確保も必要なのだ。 太鼓台が一番多く集まり大イベント会場となる山根グランドの観覧席は、半年以上前から 席取りの為のシートを敷き詰め、そのシートが風で飛ばされないよう、観覧席を構築している 石積みを剥がして、重石にするなどの無法も跋扈している異様な雰囲気だ。 何しろ太鼓祭りが終わらないことには、町中の正常な秩序は軌道に戻らない。

『危険運転致死罪』  Oct. 7, 2003

▲Top

 飲酒運転での事故はまだまだ減っていない。信じられないのは、バスやトラック等の 職業運転手が、酒酔い状態で運転すると言う神経だ。人間だから、色々なストレスを 発散させる為、翌日の仕事に持ち越さないのであれば、ある程度の酒はやむを得ない事も あろうが、業務運転の直前までとか、運転の途中で酒を飲むなどは異常なことである。 酒酔い運転で死亡事故を起こした運転手に、危険運転致死で最高刑の禁固15年の判決が 言い渡された。これは、気の緩みで一寸飲んで運転したでは済まされない罪なのである。 飲酒し、正常な運転ができない状態と知りながら、乗用車を運転して帰宅途中に居眠り運転し 5人をはねてしまったものらしい。「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」を徹底しよう。

『フィットネス』  Oct. 6, 2003

▲Top

 バブルの時代には、健康維持の為に高額の料金にも関係なく、会員が殺到して好調だった この業界も、不景気が長引いたせいで会員が減り、大勢いたトレーナーやスタッフを リストラするなどして、苦しい経営を余儀なくされているらしい。その結果従業員の質が低下し、 未熟で不慣れなトレーナーやスタッフに嫌気をさした会員が退会したり、会費の安いところへ移動 するなど、さらに経営を厳しくしているようだ。  私も8年ほど続いていて愛着があった所属クラブを10月から「FITTA」に切り替えた。 こちらが新しい会員を求めて入会金無料キャンペーンしている機会に、思い切って所属を移動したのだ。 来て見ると、あちらで最近見かけなくなっていた人達が、いつの間にかこちらに移動して いて、懐かしい顔ぶれが揃っていた。どうやら皆考えることは同じらしい。

『疑惑議員』  Oct. 5, 2003

▲Top

muneo.jpg  疑惑の総合商社と言われてあっせん収賄など4つの罪に問われ、保釈中の衆院議員が 地元北海道を隈なく回りお詫び行脚をしてる。報道を見ていると、女性の支持者が 多いのに驚く。後援者の有名歌手が中心となって新党まで結成して、次期衆議員選挙 に打って出る準備を始めている。地方にとって利益誘導型の議員は生活に密着している だけに、必要悪なのだろう。本人も地元後援者もこれまでの疑惑行為に全く反省の色は 無い。もしこのまま選挙に打って出て当選すれば、選挙民の期待に応えて、利益誘導型の 同じことを繰り返す可能性を秘めているのは目に見えているのだが・・。

『続100円ショップ』  Oct. 4, 2003

▲Top

 100円ショップは全国的に人気が高く、品揃えも豊富で、今では普段の 生活の中に組み入れられてきた。数年前には地域の生鮮野菜を100円で買える 単位で販売していたお店があったが、季節や天候で均一な仕入れが確保出来なかったのか、 いつの間にか閉店してしまった。ワンコインで買い物が出来るのは計算が楽で 手軽と言う心理に大きく作用する。最近時間単位を15分程度で区切り、100円で 遊べるカラオケやビリヤード、釣堀、インターネットなどが話題になっている。 100円玉1個の単位で3〜4曲歌い、1ゲームの玉を突き、メールをする、 分かりやすい単位だ。

『ごみ処分』  Oct. 3, 2003

▲Top

 マンション生活は、合理的でいいが、荷物の収納スペースの少ないことは 悩みの種だ。日頃夫婦2人の生活なので、使っていない部屋はどうしても日常生活の 不用品置き場になってしまう。 関東の友人が四国周遊旅行に来る機会に、我家で一夜を過ごすことになり寝場所の 部屋の片付けを始めたら処分するべき不用品が一杯出てきた。 この際なので思い切って処分することにして、それぞれ分別して市内東部の処理場へ 車一杯のゴミを持ち込んだ。指示に従って敷地内のそれぞれの処分工場を順に回って ゴミを持っていくと担当者が進んで車の中からゴミを取り分けてくれた。 残った雑ゴミは、市内西端の最終処分場へ持っていくよう指示を受けて移動したが、 何処のゴミ処理担当者も親切な対応で気分良く始末できた。ありがとう。

『ふぐざく』  Oct. 2, 2003

▲Top

 新居浜の名物料理と言えば、「ふぐざく」をあげる人が多い。ふぐ料理の一種だが 新居浜で発祥した料理なので、全国的に知られているかと言えば、まだそれほど メジャーではないかも知れないが、一度でも新居浜に来たことがある人なら、必ず 一度は食べていると言っても過言ではない。「ふぐざく」は、とらふぐの皮と身を 大きく刻んで、カワハギの肝と、もみじおろしと、刻んだねぎを混ぜて、ポン酢か すだちを掛けて食べるのだが、ふぐ料理ではこの食べ方が最高と言う人が多い。 10月1日、ふぐ料理が解禁になるが、昨夜は東京からのお客があり、ふぐざく発祥の店、 料亭波満蝶でこの秋旬の「ふぐざく」を戴いた。酒の肴としては最高に贅沢な食べ物だった。

『 薄型家電品 』  Oct. 1, 2003

▲Top

 長い間親しんできたテレビの形が薄型化に、ビデオカセットで録画してきた保存法が 薄っぺらなDVDディスクへと、家の中の省スペース化が大きく前進してきた。 ブラウン管式のテレビは、奥行きのある構造の為、部屋の中の置き場所はいつも 問題点だったが、液晶型やプラズマタイプの普及により、壁掛けに出来るほど薄型化が 可能になったし、ブラウン管から発するX線放射の害から逃れることが出来るようになった。 DVDの普及では、従来広い場所を占領してきたビデオカセットの保存棚も、小さな スペースで保存可能になった。DVDはランダムアクセスが出来るので、テープの様な 巻き戻しなども必要なく、再生の手間も掛からなくなった。操作ミスで大事なテープが くちゃくちゃになる腹立たしい失敗も無くなり、何よりもメディアの安いことが嬉しい。

Home