【厄除け祈願】  Dec. 31, 2002

▲Top

 我が家では、毎年大晦日から新年にかけて、香川県大内町の與田寺へ厄除け祈願に行くことにしている。15年前、私が急性肝炎から黄疸で生死をさまよっていたとき、親族が與田寺へ厄除け祈願をしてくれたお陰で一命を取留めて以来、毎年無病息災のお礼参りと翌年の厄除け祈願をしている。お陰で、家内に起こる色々な障害も大きなトラブルになることなく過ごすことが出来ている。神仏を信じることにより、病気やストレスから生じる人間の精神的に弱い部分を支えてくれている元になっている。今年も我が家にはいろいろな問題が発生したが全て大事に至ることなく過ごすことが出来た。来年も「無病息災」「延命長寿」「ぼけ封じ」を祈願しよう。

【おせち】  Dec. 30, 2002

▲Top

 年末の行事に忘れていたものがあった。そうそう、おせち料理である。子供達が巣立ってしまって夫婦2人だけの生活になってからは、昔ほど凝ったものを用意しなくなったが、それでもお正月間くらいは、毎食のおさんどんをしなくて済むように、ある程度保存の利く料理をしておく。お酒のおつまみになるようなもの主体にするので、かまぼこ類の加工したものとか小魚等の佃煮系統、豆類の煮物、私の好物栗キントン等・・・・。いや、私は料理に参加するのではなく、はたで寝ているだけである。

【年末】  Dec. 29, 2002

▲Top

 いよいよ今年もあと3日となった。昔の大家族時代の我が家の年末と言えば餅つきが最も印象的な行事だった。子供の頃、男ばかり6人の兄弟と両親の8人がお正月の間に食べるお餅として、毎年家の庭で6臼くらいついていた。一人一臼、餅をつくのがノルマなのだが、小さい弟達には無理もあり、長男の私が主役になるのは仕方なかった。兄弟が互いに家庭を持つようになると、餅の量は更に増えて、餅つきは朝から日が暮れるまで一日掛かりの大行事になったが、今では両親も亡くなり、兄弟も仕事の関係で離れ離れになりいつの間にか餅つき行事もなくなった。寂しいことに今では年越し用のお餅はスーパーで買ってくるのが年末行事になってしまった。

【夜行バス】  Dec. 28, 2002

▲Top

 年末が押し迫っての東京へ仕事で行ってきたが選んだ夜行バスには参った。往路の東京着予定は26日朝6時30分なのに、実際には3時間も遅れて着いた時間は9時半。本当なら仕事の予定時間8時半までは余裕があるので、サウナにでも入ってゆっくり朝食をと思っていたが、余裕もない1時間の遅刻だった。理由は東名高速内2箇所で事故があった為らしいので不可抗力だろう。帰り便は当初満席だったので、キャンセル待ちに予約、結果臨時便が仕立てられたが、これはトイレなしの普通の観光バスだった。2時間毎にトイレ停車は良いけど、そのたび起こされるし、毛布のサービスがないので、夜中は寒くて参った。往復23時間のバスの旅は厳しいものだった。

【笑っていいとも】  Dec. 25, 2002

▲Top

 同一番組、同一司会者で5000回の放送を続けた「笑っていいとも」がギネスに認定された。実に20年間良く続いたものだ。毎回紹介されて登場する出演者はこの20年間に繰り返し何度も出ている人も多いが、それはそれなりに交友関係が広い人なのだろう。芸能界でこの番組に出ていない人が居るとしたら、それはこの世界では通用していない人なのだろう。面白い企画の放送番組であっても長続きしないものが多い中、この番組がこれだけ続いているのは、それなりに視聴率を維持しているからなのだろうけど、司会者のパーソナリティだけではない何か魅力があるのだ。

【スーツケース】  Dec. 24, 2002

▲Top

 海外旅行に行くときのスーツケースは、1週間以内の時とそれ以上の時とで、 2種類のかばんを使い分けている。大きい方のスーツケースはもう20年くらい前から使って 居たものなので、引っ張って歩くための車が壊れて、使えないと判断、新しいのを 買い換えようと思っていた。 先日ディックで何気なく見かけていた同じ大きさ程度の小型ローラーを買ってきて、 取り替えたら立派に再生できた。 古いローラーはリベットで止めてあったので、ドリルで無理に壊して取りつけたが、 穴の位置が異なったので余分な穴が開いている。しかしどうせ下側に来るので、 見えにくいところだし廃物利用が出来たのでよかった。これでまた20年は使えるかな。

【大掃除】  Dec. 23, 2002

▲Top

 年末恒例の行事に大掃除がある。普段の生活では行き届いていない場所を片付けたり、掃除したり、埃を払ったり拭き掃除をしたりする。私の部屋は仕事部屋とベッドルーム兼用で、食事以外の時間帯の殆どはこの部屋で過ごしている。昨日は以前から課題になっていたスチール棚を奥行きの広いものに買い換えて、プリンターや周辺装置の整理をして、少しばかり快適な配置が確保できた。ついでに不要なものを思い切って処分したので、部屋の中がすっきりと纏まった。これで来年は気分新たに仕事が捗りそうな感じになった。後は年末までの天気の良い日に窓ガラスや網戸の掃除をしなくては・・・

【お年玉年賀はがき】  Dec. 22, 2002

▲Top

 今では日本の風物詩ともなっているお年玉付き年賀はがきは、いったいどのぐらい発行されているのか調べてみた。今年は38億6千500万枚で昨年より4%減。昨年は40億2174万枚だったそうだ。最近ではカラープリンターでの印刷需要もあって、インクジェット専用タイプも140万枚発売されている。これは昨年より12%増えているとのこと。我が家も今年はインクジェット用を400枚購入し、裏面のデザインとプリントは既に済ませていた。元旦配達保証の25日が迫ってきたので、昨日宛名プリントをした後、一枚一枚に一言書きをして郵便局へ持って行き、地域別に用意した箱に投函、取敢えず年末行事の一つは終了した。

【ブラウザ】  Dec. 21, 2002

▲Top

 私がインターネットを始めた頃までのブラウザは、ネットスケープナビゲーター(NN)が主流だった。新しいバージョンが出る度に、有償で購入してきた。その後マイクロソフト(MS)がインターネットエクスプローラ(IE)を無料で解放し始めて、世の中のシェアーが変わってきた。その後NNも無料でダウンロードできるようになったが、基本OSのWindowsにIEが無料で付けられるMSの戦略には勝てなかった。現在世界のインターネットのシェアーをIEが95%も独占していると言う。NNは僅か4%に低迷し、最後発のオペラが1%である。昔からの習慣で私は現在もNN4を主流に利用している。不完全なHTMLでもIEはいかにも正常なように表示されるが、NN4はごまかせない。HTMLを誤って使われたホームページのチェックには、NN4が今や貴重なツールである。

【ヤンキース】  Dec. 20, 2002

▲Top

 ゴジラ松井の移籍先がついにヤンキースに決まった。日本のプロ野球を代表する球団と言えば、東京読売ジャイアンツであるが、アメリカを代表する球団と言えばやっぱりニューヨークヤンキースであり、野球選手であれば誰もが一度はプレーしてみたいと憧れるチームであろう。過去にベーブルース、ルーゲーリック、ジョーディマジオなど大活躍した選手のいた球団でもあり、過去26回も世界一に輝いた強力なチームである。日本を代表する松井選手がヤンキースに迎えられたと言うことは、我々日本人としても最高の誇りであり喜びである。来年からの松井選手の活躍を見守りたい。

【うちぬき】  Dec. 19, 2002

▲Top

 西条市には、「うちぬき」と呼んで、地下水の自噴しているところが多くある。毎週1回新鮮野菜の仕入れを兼ねて、西条JAが運営している「水都市」という市場へ出掛け、そこの脇にあるうちぬきの水を大型のペットボトル10本に詰め、ミネラルウオーターとして一週間の飲み水に使っている。自噴水なので当然無料である。新居浜市でも昔は市内いたるところで自噴していたところがあった。急峻な四国山脈から燧灘に向かって流れてくる地下水脈が地下に溜め込んだ巨大な水瓶なのだろう。我が家の辺りの地名を若水町といい、近くに蔓淵とよぶ泉がある。昔は自噴していたらしいが現在はポンプで汲み上げている。この水をボトルに詰めて帰る人も多い。新居浜市内の地名には泉川、下泉、上泉、泉池、泉宮など泉と名が付いた地名が多いのも、昔から水の豊富な土地柄を示している。実際私が子供の頃は、街中を流れる小川は、清水が豊富に流れ、あちこちにれんこん畑があったのだが、今はもう昔を偲ぶよすがも無い。

【有言実行】  Dec. 18, 2002

▲Top

 私の好きな言葉である。物事を成すのは時に困難もある。予め目標を公言し、達成する決意が結果を生む。自分の言動に対する結果を出す為最大の努力が必要であり、結果が出ないときには恥を忍ばねばならない。例え結果が出たとしても自己満足以外特別な評価は期待できない。不言実行は結果によって目標だったことが判明するが結果が出ないときは黙していれば何の利害もない。世の中には有言不実行が目に余るが目標を表現するだけでも意識はある。不言不実行は一番情けない。私の有言実行は、45年前神前で誓った妻を大切にしますの言葉と禁煙宣言かな。

【年賀状】  Dec. 17, 2002

▲Top

 年賀状の受付が15日から始まった。本当は宛名印刷前の準備は殆ど終わっているのだが毎年の例では、早めの投函が済んだあと、喪中につき年賀欠礼のはがきが来ることがある。昨年も、20日を過ぎて投函したのだが、その後から数枚の喪中はがきが来て、既に年賀の祝状を出してしまって、早すぎの手配を悔やむことになった。今年は、もう少し待機して、ぎりぎりの25日に出すことにしようと思っている。

【名刺】  Dec. 16, 2002

▲Top

 現役で仕事をしていたときは、自分の所属会社の名刺を持って歩くことが必須アイテムだった。 初対面の人と会うときには名刺を交換することにより互いのコミュニケーションを図る目的に 無くてはならないものだった。戴いた名詞は、分厚い名刺ホルダーに大切に保存してきた。 仕事を離れてみて、古い名刺ホルダーを改めて開いてみると、最近1年位前までの名刺は まだ有効のようだが、それ以前に戴いたものの多くは、所属や会社や電話番号が変わり、 名前以外は殆ど現在を現していない事に気が付いた。ホルダーに保存してきた古い名刺は 単に骨董的価値しか用はないようだ。

【手帳】  Dec. 15, 2002

▲Top

 毎年年末になるとカレンダーと共に、新しい手帳を用意する。目的は、主としてスケジュールの管理用とインターネット関係の主要な覚書項目の記録である。サラリーマン時代は、大抵カバンを持ち歩いていたのでシステム手帳を使っていたが、定職を持たなくなってからは、邪魔になる荷物は持ちたくないので、手帳もシャツの胸ポケットに入る小型サイズにしている。この数年気に入って使っているのは(株)博文館新社のスケジューラC、 380円である。80×115×4の超薄小型ながらスケジュールとメモ帳に十分使える。数日前、来年分を買い求めて早速引継ぎ項目の書き込みを始めている。

【カレンダー】  Dec. 14, 2002

▲Top

 毎年年末が近づくと来年度のカレンダーを準備する。愛用しているのは、1年が1枚で表示されるタイプで日付の後にメモが書けるようになっているもの。中でも伊×銀行のものが気に入って必ず銀行に貰いに行って使っている。使い方はトイレの壁に貼って傍に鉛筆を用意してある。年間で予定の決まっている行事は、このカレンダーに全て書き込んでおく。こうすると朝晩の用足しの毎に、予定を確認できる。予定以外にゴルフや釣りなどの成果も書き込んでいる。家内との連絡もカレンダーに書き込んだメモで取りあうことが出来る。たまに、自分の予定を忘れていても、メモを見た家内から指摘されて思い出すこともあり便利にしている。過去12年間のカレンダーも壁一面に貼ってあるので、何年か前の今頃何をしていたかすぐ判って楽しい。

【北朝鮮】  Dec. 13, 2002

▲Top

 拉致疑惑問題は調査が進むにつれ被害者の予想数は膨れ上がっていて、一体何処まで関与していたのかと腹の虫が治まらない。拉致という無法行為を棚に上げて、日本に帰国した被害者を北朝鮮に戻せと言うの論拠の何処に正当性があるというのだろう。摩訶不思議な国だ。そして、今度は1994年の米朝合意による「核施設の凍結」を解除すると言う。世界平和を目指して、核の廃絶を進めているさなかに、北朝鮮の行為はイランと共に駄々っ子なんてものじゃない、世界の鼻つまみ者だ。誰かがきつくお仕置きをしなくては、気持ちが治まらないのだが・・・。

【禁煙】  Dec. 12, 2002

▲Top

 女性下着メーカーで307名の全社員が禁煙宣言をして成功したので全社員に特別賞与を出したとかニュースになっていた。私も35年ほど前、家内から煙害を訴えられて禁煙した経験がある。長年の習慣を変えるのは大変だったが、家庭内はともかく外でも禁煙を徹底する為の方法は有言実行で自分にプレッシャーを掛けて成功した。それは、会う人毎に禁煙したことをわざわざ宣言し、自分の名誉にかけて2度と吸わない事を強調し、自分への監視の輪を広げていったのだ。職場では上司、部下を問わず禁煙の効用を、事ある毎に話題にしているうちいつの間にか上司も禁煙を始め、そのうち部下も全員禁煙が定着した。何年か経ってもとの職場に行ってみたが、立派に続いていた。禁煙は有言実行が一番効果的である。

【デジタルデバイド】  Dec. 11, 2002

▲Top

 情報格差をあらわす言葉。情報化社会において、ハード、ソフト両面で、知識・技術の追従が出来ずに取り残されている人たちを総称してデジタルデバイドと呼んでいる。 これまでの社会生活で、紙と鉛筆とそろばんだけでやってきた人たちの多くは、このデジタルデバイドの対象者になっている。現代の情報化社会での情報格差解消は、行政の大きなテーマではあるが、行政の力だけでは解決が難しい。そこで、これまでIT関係の仕事をしていて定年退職されたり、家庭の主婦などでIT技術を身につけている人たちを集めて、組織化しNPOを立ち上げようと、今、動き始めている。行政も情報格差の解消には積極的に取り組む方針なので、来年度の予算化にも強力なバックアップ体制を考えている。NPOの立ち上げには多くのボランティアを集めたいので、興味のある人たちの声を聞かせて欲しい。

【寒波】  Dec. 10, 2002

▲Top

 昨日は、この冬一番の寒さを感じた一日だった。夜中、寒さで目覚めその後身体が冷め切って寝られなくなった。深夜に起きて押入れの布団を出すのも面倒なので、寝巻きの上にトレーナー上下と靴下履いて、再び布団に潜り込んだが、それでもしばらくは寒くて震えていた。気象庁によると太平洋側に発達した低気圧に冷たい北風が吹き込んで来た為とか。関東地方では平年より1ヶ月も早い初雪だ。雪に弱い都会のつねで、僅か1センチの積雪ながら、交通渋滞、陸路、空路の遅延・欠航騒ぎ、歩行者の転倒事故など大変な1日だったようだ。

【ノーベル賞】  Dec. 9, 2002

▲Top

 今から53年前、太平洋戦争の敗戦でまだ日本が混乱していた頃、湯川秀樹の ノーベル物理学賞の初受賞は、日本国民のプライドを取り戻すきっかけとなった。 あれから経済学賞を除く各分野で、受賞者が続き今回の小柴昌俊さん、田中耕一さんで 12名が受賞したことになる。いや正確には明日、12月10日ノーベルの命日に 授与されることになる。今迄の受賞者は人生で苦労をされた体験を評価して、 高齢者にならないと受賞の対象にならないと思っていた常識を覆し、僅か43歳の 田中さんの受賞は意外であった。何よりもご本人が一番驚いていた。 受賞を記念する英語のスピーチも立派にこなしたようなので、胸を張って明日の 受賞式に臨んで欲しい。

【ホールインワン】  Dec. 8, 2002

▲Top

 ホールインワン(エース)はゴルフプレーヤーの夢だ。夢だから実現したときの喜びはことのほかである。私など35年以上ゴルフをしているがまだ一度もない。(変な自慢だ・・)しかし万一エースを達成したときには、記念植樹や記念グッズを友人仲間に配るのが風習なので相当の費用が掛かる。従って殆どのプレーヤーはゴルフ保険をかけるのだが、この保険にはおかしな規約がある。即ちホールインワンの保険を貰う為には同伴のキャディが証明しないと駄目だと言う。最近のキャディ不足からセルフでプレー中のエースは認めて貰えない。同伴の競技者やゴルフ場が証明しても無効なのだ。その理由は保険の約款の中に明記されているので裁判でも何度か負けているらしい。そんなバカな、何のための保険だったのだろう。皆さんは、あの小さな字で書かれている保険の規約って読んでますか?

【カルロス・ゴーン】  Dec. 7, 2002

▲Top

 いわずと知れた日産自動車の社長だが、私の尊敬する人でもある。たまたま昨日来県されたのでローカルの話題になっていた。ゴーン社長は3年前突然フランスからやってきて、大赤字の日産自動車の社長になり、僅か3年で過去最高の利益を出したのだから敬服である。小さな会社がちょっとの改革で、そこそこの利益を出したのとは規模が違うのだ。彼の哲学によると、リーダーの条件は、1.成果を出すこと、2.透明性を出すこと、3.将来が予測できることだと言う。しっかり成果を出した。全て有言実行で透明そのものだし、将来を見通す力があってこそ僅かの期間で企業回復が出来たのだ。カリスマ性のあるリーダーは、ともするとワンマンになりがちだが、彼を見ていると、人の話にもしっかりと耳を傾けている。今回の来県もその一つの表れだろう。

【ボクシング】  Dec. 6, 2002

▲Top

 昔懐かしい「浪速のジョー」が復活すると言う。19歳でプロデビュー、8戦目で世界王座に就き日本中を湧かせたことがある。不幸にして網膜はく離で一旦現役を退いたが、ボクシングへの情熱は捨てがたいのだろう。32歳という年齢は決して若くないが、再び世界戦を目指しているという。最近の日本ボクシング界はスター不在で低迷している。ノンタイトルの10回戦ながら相手は元フライ級の世界チャンピオンだ。有言実行の辰吉なら、納得のいく試合を見せてくれることを期待する。

【ひじき】  Dec. 5, 2002

▲Top

 我が家では趣味と実益とストレス解消を兼ねて、毎週一度は夫婦で釣りに行くことにしている。磯場の釣りでいつも根掛の原因になる海草は、厄介もの扱いしていたが、先週の釣行の際、干底の岩場でまだ伸びきっていない若いひじきを取ってきた。日ごろ乾物になったひじきを水で戻して食べているものと違って、新鮮な生のひじきは、ぷちぷちと歯ごたえがあって最高においしいことを知った。今までは邪魔者扱いしていた磯場のひじきはこれからは粗末にしないようにしよう。

【座礁船】  Dec. 4, 2002

▲Top

 伊豆大島でまたもや外国船籍の運搬船が座礁した上、火災を起こし積荷の自動車が海底に沈んで漁場を荒らすと大騒ぎしている。現在日本近海で、大型タンカーなどが座礁して放置されている例が10隻もあるという。いずれも外国船籍で撤去には莫大な費用が掛かる為、捨て逃げだと言う。船の放置だけならともかく、中には積荷の重油で近海を汚された地元漁業者にとっては深刻な問題だ。地元自治体が費用を負担して撤去作業を行うようだが船主へ請求しても回収できないことが多いそうだ。

【忘年会】  Dec. 3, 2002

▲Top

 師走だ!、忘年会のシーズンがやってきた。既に11月の間に2つの忘年会があった。12月に入ると、毎週末は忘年会の予定がひしめいている。重なる忘年会は、重要度に応じて、失礼するようにしているが、こんな調子では身体が持つのか心配だ。また、忘年ゴルフコンペも毎週末にあるので、前夜の酒が翌朝に持ち越さないように調整もしなければならない。お酒は好きな方ではないが、飲み始めると止まらなくなりコップ酒で、ぐい飲みする悪い癖があるので、自制していないといけない。それより、これだけ飲む機会が多いと財布の方を心配しなければ・・・・

【ブラッシー】  Dec. 2, 2002

▲Top

 ゴルフクラブでウッドの2番のことをブラッシーと言った。ちなみに3番ウッドをスプーン、4番をクリークなどと呼んでいた。これらの呼び方は、昔のパーシモンで手作りされていた時代の名残である。当時は、ロフト角度がある程度規格分類化されていて、その角度によって番手が決められ、それぞれに付けられた愛称でそう呼ばれていた。今のようにメタルヘッド全盛になると、金型で大量生産できるし、色々なニーズにあわせて多様なロフト角度や素材を組み合わせて商品化。昔のような番手で呼ぶことも不自然で、木製ヘッドの時代と隔世の感がある。今ではドライバーかフェアウエーウッドかの分類に分けられている。

【ドライバー】  Dec. 1, 2002

▲Top

 ドライバーと言っても、車の運転手のことではない。そう、ゴルフクラブで通称ウッドの1番のニックネームである。昔は確かにパーシモン等の木で出来ていたからウッドの1番は正しい表現であった。今は殆どチタン等の金属製であるが、何故かウッドと言う。ウッドに対してメタルヘッドとは言うがメタルの1番とは言わない。ウッドのクラブに対してアイアンクラブもある。アイアンとは鉄である。アイアンにも3番から9番まである。最近のアイアンクラブも軽くて剛性の高いチタン製が多い。しかしこれも、チタンの何番と言う呼び方はしない。あくまでもアイアンの何番という呼び方だ。色々なものの名称が元々材料などから付けられて愛称となっていたものが、時代の流れで材料が変わってしまっても、昔の名前で呼ばれるものはこのほかにも結構多い。

Home