友人
大江浜漁港で夜釣り
Up date Mar.14, 2020
   
 令和2年3月13日の夜釣りは、前日の大江浜夜釣りで釣れた、アナゴとメバル釣りの釣果を 再度挑戦を目指し、その時余った青虫の餌と、冷凍エビを持って出掛けた。潮は、小潮で、 満潮が夜中の12時過ぎと余り良くないが、前日も悪条件の中、釣果を得ているので再挑戦だ。 夕食後少し休んで、9時過ぎ準備をして家から自転車で5分程の大江浜漁港に到着。 堤防の先端に陣取って足元を見ると、潮が低く何時もは海面が見えている所が、大きな石積み が見えて、海面があるのは2m程先で、潮が釣り頃まで満ちるには早すぎたようだ。 取敢えず、遠投で狙うアナゴの投げ釣り仕掛けを準備して夜釣り開始。青虫の餌は2日前に 買っておいた残りもので、やや元気がないのが気がかりだが仕方ない。続けてメバル釣り用に 短い竿に、メバル釣り目的に2本バリを付けた浮き釣り仕掛けを準備し、昨日釣れたメバル ポイントに仕掛けを入れる。しかし、まだ潮が低くて、ウキ下を加減しても底を引き摺る様で 底の異物に引っ掛かるので、少し沖目に再投入。しかし、アナゴ狙いの投げ釣りも、メバル狙いも 中々魚信はなくあっという間1時間半ほど過ぎた。ある程度満ち潮の水準が上が上り、水深が 1mを越えて来たころ、足元近くでやっとメバルの当たりが来た。 最初は、エサを咥えて走るが、なかなか針掛がしないので、しばらく泳がせておいて、少し 遊ばせた後で、軽くしゃくって見たところ、やっと針掛して最初の1匹目が釣れた。 すぐに同じ場所に新しい餌を付けた竿を下ろすと、瞬発を入れず、咥えて走った。最初の魚で 経験済みなので、しばらく様子を見て動きが止まったところで竿先を合わせると簡単に針が 掛かって2匹目が釣れた。3匹目もほぼ同じ場所に仕掛けを入れるとすぐ当たりが来た。 どうやら、同じ一族が群れをなして居たようで、順調に3匹が釣れた。しかし相手に悟られたか その後は、同じ場所では当たりが無くなり、いろいろ周りを探ったが、4匹目は居なかった。 あなご狙いの投げ釣りは最後まで反応がなかった。 時間も深夜12時を回ったので、帰宅時間と決めて納竿。本日の打ち止めとした。
001.jpg 002.jpg
最初に釣れた中型のメバル なかなか元気で暴れるメバルに苦労
003.jpg
釣れた3匹は同じポイントで釣り挙がったが一族郎党か?