令和元年9月16日
杉田深雪一族が新居浜へ
Up date Nov. 16, 2019
 孫の由佳里に二人目の子供が出来て1年過ぎ、大きくなった姿を見せに、母の深雪と叔母の美咲と長男結李の 一族で久しぶりに四国へやってきた。工程は、羽田から松山空港まで飛行機で。 松山空港からは、レンタカー借りて無事新居浜までやってきた。曾孫たちは、遊び慣れたおもちゃを袋一杯詰めて 持参し、着くなり部屋いっぱいに広げて楽しんでいた。同道した孫の美咲は、空港から来る途中、スマホを落とし、、 何処で落としたか分からなかったが、とりあえず色々捜索を掛けて居たら、空港で拾われている事が確認。 大事な携帯スマホは、新居浜まで送って貰える話が付いて解決、一段落した。新居浜到着後は持参し忘れた小物 や、食料など近くのコンビニで買い物。夕食を済ませた後、最初の行事は魚釣りでした。夜釣りなので、曾孫達は 足元が危険なので、家で留守番をさせ、娘と孫を連れて、家の近くの大江浜に出掛けました。釣れたのは、キス、 ハゼ、等の雑魚でしたが、孫の美咲の竿には大物が掛かり、暴れる魚を岸壁から上げる時、惜しくも糸を切られ 取り込みに失敗。逃がした魚は、大きいと言う諺もあるが、2号のハリスが切れると言う事は、想像以上のサイズ だったと思われました。まあ、今回は逃がしましたが、まだ残りの日程は1週間ありますから、リベンジを 誓って、また頑張るそうです。
001.jpg 002.jpg
黒沢結李(曾孫) 黒沢美羽(曾孫)
003.jpg 004.jpg
結李 美羽・結李
005.jpg 006.jpg
杉田深雪 幸恵・深雪
007.jpg 008.jpg
深雪 大物を取り逃がした美咲